« (26.4.10) 沖縄独立運動と中国の野望 なぜ同じことを日本はしないのか? | トップページ | (26.4.12) NHK 英雄たちの選択 卑弥呼の外交政策 »

(26.4.11) ためしてガッテン フェリチンを知ってるかい?

23423_034 

 何か最近のためしてガッテンは新発見尽くしだ。私はほぼ必ずこの番組を見ているので非常に最新医療について詳しくなってしまった。いっぱしの医学生みたいだ。
今回は第二の鉄と言われるフェリチンが主役だった。

 鉄分と言えば通常私はヘモグロビンを想起するが、フェリチンとはこの鉄分の倉庫だという。
ヘモグロビンは鉄が4個結合した物質だそうだが、一方フェリチンは鉄の倉庫でこの中に約4500個の鉄分が入っているのだという。

注)説明ではヘモグロビンとフェリチンはほぼ同じ大きさだと言っていたが、鉄の原子4個と4500個が同じ大きさとはとても不思議だった。聞き間違いだろうか?

 もともと地球は鉄からできていて地球の重さの約3分の1は鉄だという。地中深く掘れば掘るほど鉄の含有量は多くなって、地球の中心は鉄ばかりになっているらしい。
地球は一般に水の惑星と言われているが重量比では鉄の惑星ということになる。
生命が生まれたのは海中の熱水鉱床と呼ばれる温泉が噴き出している場所だと言われているが、熱水鉱床からは鉄分が豊富に放出されており、ここに生命が誕生したということは鉄分を体内に取り入れることによって生命が誕生したことになる。

 ヘモグロビンは酸素を体内に運ぶ重要な役割をしていることはよく知られているが、一方第二の鉄と呼ばれるフェリチンは細胞分裂を支援する役割を持っているのだそうだ。
これが不足すると肌荒れ皮膚細胞の増殖が鈍る)、免疫力の低下免疫細胞が増殖されない)、うつ病ドーパミンやセリオドニンが生まれない)になってしまうのだそうだ。
簡単に言えば年を取って老化するということだという。

 医者が盛んにフェリチンが不足していますね」と言っていたが、フェリチンを投与するとうつ病患者の症状が劇的に回復していた。
このフェリチンが不足しているかどうかを見る簡単なテストは目の裏側をアカンべ-してみて目の裏側が白かったら不足している症状なのだそうだ。

 私もさっそくアカンベーをしてみたが、お世辞にも赤いとは言えず、どちらかというと白みがかっている。
大変だ、私はフェリチン不足だ。時として鬱になるのはそのせいかしら・・・・・・・」何かひどく心配になってきた。

 このフェリチン不足を解消するには鉄分の多い食物を食していればよいことになる。
牛肉や牛のレバーなどがそれで、一方野菜としてはホウレンソウや小松菜そして海藻のヒジキなどに多く含まれている。
私は知らなかったが動物性の食物からの吸収率は10~30%程度だが、一方植物性の食物からの吸収率は1~8%程度で、ホウレンソウやヒジキや小松菜をいくら食べても鉄分の補給には十分でないという。

 番組ではこの植物性食物からの吸収率を上げる方法として同時にビタミンCの摂取を勧めていた。ビタミンC が劇的に吸収率を改善するのだそうだ。
私などは朝も昼もトーストにマーガリンをつけて食べているだけだからひどく栄養が偏っているし、いまさら野菜を食べる気持ちにならないからこのフェリチン不足に伴う老化は避けられそうにない。

なおためしてガッテンシリーズは以下参照してください
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_6/index.html

別件)現在おゆみ野クリーンクラブのカンパを求めております。その資金を基におゆみ野四季の道の清掃活動やベンチの補修を行っております。ご協力をいただければ幸いです。

カンパの送付先

・千葉銀行 鎌取支店(092)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)

・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)


なお、おゆみ野クリーンクラブの活動の実態は以下を参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-9bc7.html

|

« (26.4.10) 沖縄独立運動と中国の野望 なぜ同じことを日本はしないのか? | トップページ | (26.4.12) NHK 英雄たちの選択 卑弥呼の外交政策 »

NHK ためしてガッテン 老化予防法関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.4.10) 沖縄独立運動と中国の野望 なぜ同じことを日本はしないのか? | トップページ | (26.4.12) NHK 英雄たちの選択 卑弥呼の外交政策 »