« (26.4.21) 韓国経済の黄昏 リストラ最前線 KTの苦悩 | トップページ | (26.4.23) クローズアップ現代 無月経と疲労骨折の関係には驚いた »

(26.4.22) 中国との鎖国のすすめ このままいくと船舶も工場もすべて没収される!!

22425_099 

 「だから言ったじゃないの」という状況になってきた。商船三井が保有する鉄鉱石運搬船が中国によって差し押さえられた件である。
この案件は強制連行問題ではなく、1936年に中国人の保有する船舶2隻を当時の大同海運が借り入れたものだが、その後戦争で沈んでしまい船舶保有者に弁済がなされなかったという案件である。

 1936年というからもはや1世紀近く前の話だがこうした話が蒸し返されるところがすごい。中国には時効という概念がないのだろうか。
裁判そのものは1988年に提訴されたのだが、時の政府の方針もあってはっきり言えば取り扱いがサボタージュされてきた。
それが急に脚光を浴びだしたのは日中関係が緊迫化し始めたからで、10年12月に裁判が結審し29億円の賠償支払いを商船三井に命じたが、さらに11年12月には強制執行実施許可が裁判所から降りている。

 その後はやはり中国指導部の方針もあって、実際の強制執行を見送ってきたが習近平体制になってから日本とは準戦時状態になり今回の強制執行に及んだものだ。
日本からはなんでもふんだくってやる!!!
これは強制連行の賠償訴訟においても同様な措置を取るというシグナルであり、戦前から続いている財閥系企業はおちおちしていられなくなった。

 もともと日中間には1972年の共同声明で「中国政府は日本国に対する戦後賠償の請求を放棄する」明記されているので請求権は存在しないが、中国政府の最近の見解は「これは政府間の請求権であって個人の請求権を放棄したものではない」というものである。
その方針に従って14年3月に中国の裁判所は三菱マテリアル等に対する強制連行の訴状を始めて受理している。

 いよいよ始まったという感じだ。今後この種の集団訴訟は中国各地で出されて、途方もない金額の賠償請求が出されることは確実だ。戦前から存在し強制連行と関連した企業は確実に狙われると思わなくてはならない。
企業は日本政府の方針もあって賠償に応じないが、そうなると中国に存在する工場や中国の港を利用する船舶が差し押さえられてしまう

注)2010年、尖閣諸島海域で中国船が海上保安庁の船に当て逃げし船長が逮捕された時は、中国はすぐにフジタの職員をスパイ容疑で逮捕して対抗措置をとった。
日本政府も今回の船舶拿捕の対抗措置として日本の領海内に入ってくる中国監視船を拿捕すべきなのだが、そうした強硬措置を取ることをしないので民間会社は泣き寝入りをするしか手はない。日本政府をあてにできないのだ。


 私は前から中国本土に投資をして進出することは「キチガイ沙汰」だと述べてきたが、中国はこの種の政治リスクが高く、指導部の方針で政治が経済を圧殺する。
中国は法治国家ではなく中国指導部の意志で裁判も法律もいかようにも解釈されるのだから、こうした場所に工場を建設したり船舶で資材を運んだり、飛行機を飛ばしたりするのは「どうぞ強制執行をしてください」と言っているようなものだ。

 私は中国とは関係を完全に切って付き合わないのが一番だと思っている。
はっきり言えば中国とは鎖国をするのがベストの選択で、菅原道真の判断に倣うべきだと思う。
中国からは学ぶべきことは何もなく、投資財は愛国無罪という屁理屈で破壊され、さらに船舶すら強制執行されるような相手とまともな商取引ができると考える方がおかしい。

 最近の中国への日本の投資規模は昨年の半分に落ちているが、まだ投資を行うという気持ちが信じられない。
今すべきことは中国の投資を如何にしたら引き上げることができるか検討することで、間違っても前向きな対応などしたら習近平体制の餌食になると思った方がよい。

 何度も言うが中国に投資を行うなどとは「キチガイ沙汰で、今のうちに逃げ出さないとすべての資産を没収されるのが落ちだ。
商船三井の例はほんの手始めで、これから日本企業の資産が次々に奪われるものと思った方がよい。

注)中国の対日戦略が準戦時体制なのは何度も指摘してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-1267.html



別件1) 第2回ちはら台・おゆみ野ハーフマラソンのお知らせ

以下の日程でハーフマラソンを開催いたします。
① 4月27日(日曜日)
② 午前10時スタート(雨天決行)
③ スタート・ゴール ちはら台走友会のかずさの道の集合場所(前回と同じでセンドーのうえ)
ルートは以下の地図で確認できます

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=6d18ea2157947c484ad9c4ec04b246ef
④ 費用300円(実費)
⑤ 参加希望者はこのブログのコメントかメール機能を使用して参加希望を連絡してください。


*本件はかずさの道や四季の道を使用したハーフマラソンを開催するための準備大会です。

別件2) 現在おゆみ野クリーンクラブのカンパを求めております。その資金を基におゆみ野四季の道の清掃活動やベンチの補修を行っております。ご協力をいただければ幸いです。

カンパの送付先

・千葉銀行 鎌取支店(092)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)

・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)


なお、おゆみ野クリーンクラブの活動の実態は以下を参照してください。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-9bc7.html

|

« (26.4.21) 韓国経済の黄昏 リストラ最前線 KTの苦悩 | トップページ | (26.4.23) クローズアップ現代 無月経と疲労骨折の関係には驚いた »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.4.21) 韓国経済の黄昏 リストラ最前線 KTの苦悩 | トップページ | (26.4.23) クローズアップ現代 無月経と疲労骨折の関係には驚いた »