« (26.3.28) ためしてガッテン アキレス腱で心臓病をチェック | トップページ | (26.3.30) 人生の黄昏とチップス先生 »

(26.3.29) 世界の政治は一寸先が闇 安倍外交のほころび

Dscf0030  
  政治の世界は一寸先が闇と言うけれど、世界政治がまさにそうなっている。
しばらく前まではロシアが軍事力でクリミア半島を制圧するなど誰も想像していなかったが、ヤヌコビッチ大統領がクーデターで親西欧派に追われると、プーチン大統領はクリミア半島に軍隊を派遣してロシアに編入してしまった。

 日本では安倍首相が中国包囲網の一環として日露協商を目指していたが、このクリミア問題ですべて棚上げになってしまった。
24日にはオランダのハーグにG7の各国が集まり、ロシアがこれ以上の軍事侵攻(東南部のウクライナへのロシア軍の侵攻)があれば、現在の微温的な制裁に加えて本格的な経済制裁を行うとハーグ宣言を出した。

 安倍首相はプーチン大統領と親密だが、G7の一員としてロシア制裁に加わることになりロシアとの経済協力は棚上げとなって4月に予定していた外相会談も取りやめることになった。この秋のプーチン大統領の訪日にもイエローランプがついている。
安倍首相としてはひどい誤算だ。
最も経済制裁と言っても本格的に導入できるかどうかはかなり怪しい。
西欧諸国はロシアからの天然ガスや石油の輸入で燃料の確保をしており、特に天然ガスの3割はロシア産だ。

注)クリミア半島情勢については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-c0f8.html

 アメリカは国内でシェールガス革命が達成されて世界最大の天然ガス産出国になっており、近い将来は最大の輸出国になる可能性が高いからロシアの天然ガスに全く影響されない。
みんなでロシアの天然ガスと石油の禁輸措置を取ろうと呼びかけているが、ドイツは天然ガス輸入量の約4割をロシアから輸入しているのでおいそれとアメリカの提案に乗ることはできない。
輸入制限は自国の首も絞め、せっかく好調なドイツ経済を失速させる。

注)北欧と東欧のロシア産天然ガスの輸入割合はほぼ100%。またチェコやオーストリアの輸入割合は5割を越す。

 ドイツでさえ輸入制限は非常に難しいのに他国はその比ではなく、もしロシア産の天然ガスがなくなれば世界の天然ガスの価格が高騰し、それでなくてもかろうじて安定を保っているヨーロッパ経済が再び激動に巻き込まれる。
ウクライナで自国経済をつぶすわけにはいかない!!!というのが本音だ。

注)ヨーロッパ経済の現状については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-e932.html

 アメリカはこのところもっぱらヨーロッパ問題に振り回され、アジアシフトがすっかり色あせてしまった。こうした時アジアで日本と韓国が反目しあっていてはおちおち西欧対策もとれないので25日にハーグでオバマ大統領が仲介して安倍首相とパク・クネ大統領の手打ちを行わせた。
あんたら、敵は北朝鮮なのに互いに敵対していては東北アジアの安全が確保できないではないか

 安倍首相はあいさつで韓国語で述べたりして終始にこやかだったが、パク・クネ大統領は全く反応せずそっぽを向いていたから、この手打ちが成功したとはいいがたい。
しかしオバマ組の盃を返すほどの勇気は日本にも韓国にもないから、親分の顔をたててとりあえずは会ったというところだ。

 このところ日本政治は安倍首相の出現で安定感抜群だが、安倍首相のパートナー達は激動の渦に巻き込まれている。
インドの国民会議派のシン首相は、この5月頃に予定されている総選挙で野党のモディ氏に敗北しそうだし、トルコのエルドアン首相は野党や反対派からひどい突き上げをくらって、ツイッターユー・チューブの接続を禁止してしまった。
俺に対する反対は許さない」ということだが、なにか先が見えたようだ。
またタイのインラック政権は選挙結果を最高裁判所から無効にされて、今やレームダックだ。

注)トルコ経済の問題点は以下参照

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-2e20.html

 こうして安倍首相がせっかく構築した中国包囲網にほころびが出ているが、唯一の救いは中国経済がすっかり下降局面に入り最近では銀行の取り付け騒ぎまで起こっていて、のぼり竜の時代が終わったことぐらいだろう。
中国そのものが自壊作用しているので包囲網が不要になる可能性もある。

注)中国経済の現状は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-f732.html

 本当に政治の世界は一寸先が闇だと思う。現在まともに国内政治を運営しているのはロシアのプーチン大統領、ドイツのメルケル首相と日本の安倍首相ぐらいしか見当たらない。
これからどうなるか予測することすら無駄なような時代で現実の動きにキャッチアップしていくのが精いっぱいのような時代だ。

 



|

« (26.3.28) ためしてガッテン アキレス腱で心臓病をチェック | トップページ | (26.3.30) 人生の黄昏とチップス先生 »

評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.3.28) ためしてガッテン アキレス腱で心臓病をチェック | トップページ | (26.3.30) 人生の黄昏とチップス先生 »