« (26.2.22) 自分の歴史を残しておこう。 21世紀の生き方!! | トップページ | (26.2.24) ウクライナの政治的混乱と経済情勢 誰が国債の償還を引き受けるか? »

(26.2.23) ボランティア教師繁盛記 だんだん大変になってきた!!

Dscf6418

  だんだんと大変になってきた。私はボランティアで子供たちに勉強を教えているのだがここにきて希望者が増大し始めた。
当初はこちらから声をかけて何とか教える相手を見つけていたのに様変わりだ。
私自身は人にものを教えるのはとても好きで、教え方も相手が理解しやすいように教えているからとても評判がいいのだが、しかしそれにしても私自身の時間的な制約もあって誰でも受け入れるという訳にはいかない。

 今教えている子供たちは中学2年生3名小学生6年生1名だが、もう一人中学1年生を受け入れることになりそうだ。
我が家で炬燵を取り囲んでの寺子屋なのだが、だんだんとそうした場所での教え方も難しくなってきた。
たまたま空いている部屋が一か所あるので、そこに文机を置いて教えるように変更しようかとかみさんと相談中だ。
何しろボランティアでやっているので金をかける設備投資は厳禁だ。

 教えている学科は数学と英語で数学は趣味で学んできた経緯があるし、英語は直接仕事で使用することはなかったがそれでもそこそこなじんでいるので教えることはできるが、最近理科を教えてもらいたいと言われて頭を抱えた。
理科と言っても物理の電気である。

 正直言うが私は物理が最も苦手だ。高校生の時この物理ほど分からない学科はなかったが、柔道部の学友でおそろしく数学と物理が得意な友がいた。
その友が「物理ほど簡単な学問はない」と言ったので私は目をむいてたまげ、それ以来この学友を尊敬してしまった。

 だから本当は物理はおしえたくないのだが、試験前になるとどうしても理科物理)も指導対象になってしまう。仕方がないので中学の物理を非常に丁寧に解説した本を購入して特訓をしている。

 物理の中で私が特にびっくりさせられたのは電流とマイナス電子の移動についてだ。私など電流の流れが電気そのものと思っていたがこれは一種の仮定で、実際はマイナスの電子がマイナス極からプラス極に移動しているのが電気だと聞いて驚いた。
じゃあ、電流というものは本来存在しないのですか???

 さらに私は静電気と乾電池やコンセントからとっている電気とは全く別物と思っていたが、同じ電気で一方は瞬間に放電し、他方は長時間の放電に耐えられるものと聞いてこれも驚いた。
こんな感じだから物理を教えるのは四苦八苦している。
俺は数学と英語しか教えない」と本当は居直りたいのだが、中学の勉強は主要五科目国語、数学、英語、理科、社会)でまんべんなく得点することだから子供たちにとってはどの学科も必須だ。
理科の点数が低ければ公立高校の受験が不利になる。

 ボランティア教師を始めて2年、ようやく軌道に乗ってきたら急に忙しくなってきてしまった。土日だけはマラソンや地区のボランティア活動にとってあるが、平日は実に忙しい。
朝起きて清掃作業を2時間して、さらにブログ作成に3時間程度かけ、終われば自転車で長柄方面にサイクリングを3時間、そして夕方からは学習指導で3時間で一日が終わってしまう。
まともに夕食を食べる時間が無くなってきており、昔のサラリーマン生活みたいになってきた。

 自ら望んだこととはいえこれでは病気もできず健康でいなければならない。
幸い病気は腰痛や膝痛と言った整形外科マターで、他には問題ないが、本当に病気になったら一発でアウトだ。
日本の子供たちのためにひと肌脱ぐ決心をしたのはいいが、健康な間だけと条件付きなのがつらいところだ。

私がなぜボランティア教師を始めたのかの理由は以下に記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-cf26.html

|

« (26.2.22) 自分の歴史を残しておこう。 21世紀の生き方!! | トップページ | (26.2.24) ウクライナの政治的混乱と経済情勢 誰が国債の償還を引き受けるか? »

ボランティア 教育指導 数学・理科・英語」カテゴリの記事

コメント

読んでいて昔のことを思い出しました。とても懐かしい気持ちです。特に物理に関する記述は多くの人の共感を呼ぶと思います。物理といえば当時、『親切な物理』という他の追随を許さない傑出した自習書がありましたね。今流にいえば、サルでもわかるシリーズになるのでしょうが、サルでもシリーズとの違いは、これをマスターした人は確実に偏差値70を超える、という事実です。友人の医者の息子が、文科系頭脳しか持っていないのにもかかわらず、偏差値73をたたき出したのに驚いた覚えがあります。では何故、皆が読まないのか? それは上下巻で800ページにも及ぶボリュームに匙を投げるからです。そういう訳で多くの人は、授業を受けて分からなかった時だけ部分読みしていましたね。今、試しにアマゾンで検索したら、現在でも販売されているんですね。良本は残るものなんですね。・・・・読み終えて、今日は懐かしさで気分爽快です。ありがとうございました。

(山崎)三太郎さんのコメントはいつも興味深いです。

投稿: 三太郎 | 2014年2月23日 (日) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.2.22) 自分の歴史を残しておこう。 21世紀の生き方!! | トップページ | (26.2.24) ウクライナの政治的混乱と経済情勢 誰が国債の償還を引き受けるか? »