« (26.1.24) NHK 超常現象 その3 超能力は誰にでも存在するか? | トップページ | (26.1.26) アルゼンチン・ペソの大暴落と新興国経済の凋落 »

(26.1.25) ためしてガッテン 大腸がんの最新情報 大腸がんは必ず治る!!

23119_016 
(友達の老犬  白内障を患っており目がほとんど見えない)

 私は常日頃思っているのだが、成人病医療については日本は間違いなく世界の最先端にいる。
何しろ日本は世界で最速の老人天国で周りを見れば成人病患者だらけだし、さらに日本では優秀な学生は医者になろうとするから日本の人的資源のほとんどが医学に向けられている。
だから医療に関する需要と供給がこれほどそろっている国はない。

  そう思っていたら今度はNHKの「ためしてガッテン」で大腸がんの最新治療法を紹介していた。
大腸がんで日本人は年間4万人以上が死亡しており、がんで死亡した人のうち女性では第一位、男性では第三位だという。
意外に多いのだな」という印象だが、大腸がんは早期に発見しさえすれば完治できる襲るるに足りないがんなのだそうだ。

注)「ためしてガッテン」の過去の情報については以下参照

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk/index.html

 実は日本では内視鏡検査が全国どこでも行われており、ポリープなどが見つかるとその場で切除してしまっている。検査と治療が一緒にできるのが自慢で司会者がはしゃいでいたが、このポリープのうち約1割ががん化するという。
だから「ポリープのうちに摘出してしまえば大腸がんに罹患することはほとんどない」のだそうだ。
それにも拘わらず大腸がんでの死亡者が多いのは検査の受検率が40歳以上で5%と極度に低いためだという。

 また私は全く知らなかったが大腸がんの一種で幽霊がんと言われているものがあるのだという。正式名は大腸きょし状病変というのだそうだが大腸の粘液を作る盃(さかずき)細胞横に異常増殖するがんで、盛り上がらないために通常は発見が難しい。
しかしそこに青い色の色素を振りかけるとそこだけ粘膜に覆われているために色素が付着しないので判明するのだという。

 あれやこれやの手段で大腸がんは簡単に見つかるようになってきたのだが、私が最も感心したのは小さなカプセル状の大きさの内視鏡を口から飲んで大腸まで移動させ内部を撮影してその映像を外部のモニターで確認できる方法だった。
昔見た映画で「ミクロの決死隊」というのがあったが、まさにそれの現代版で何ともちっぽけな内視鏡でそれが体の中を通過していく。

 ゲストの一人が「それなら大腸だけでなく喉、食道、胃、十二指腸、小腸のがんの検査もできるのではないですか」と質問していたが、このカプセルは大腸専用で、大腸のひだの隙間を見るために特別に開発したものだと、開発者が言っていた。
しかしこのカプセル型内視鏡はどう見ても応用範囲が広く、現在は大腸だけかもしれないがいずれは口から大腸まで一気通貫に検査が可能になると私でさえ思ってしまう。

 もう一つの最新技術はCTで1000枚余りの画像を撮影し、それから仮想的な大腸を作り出してそれをコンピュータ上で検査していた。仮想内視鏡というのだが、これも大変な技術だ。
これならカプセル型内視鏡が到達できないどこでも見ることができるのだから鬼に金棒という感じがする。
ひところ前だったらSFの世界の話だったのに、今ではほとんどが現実の物となっている。
しかもこうした最新技術を日本では保険適用でできるのだから、間違いなく日本は医療先進国だ。

注)内視鏡 6500円、カプセル内視鏡 3万円、仮想内視鏡 1万円の費用がかかるが、アメリカなどに比較すると信じられないような低価格だ。アメリカも医療先進国だが費用がかかりすぎて一般人はこうした医療を受けられない。

 何度も言って恐縮だが、日本は成人病の先端医療先進国になっている。今は日本人の患者専用だがこれからは世界中で成人病患者だらけになる。
この技術を日本人だけに利用するのは惜しく、全世界の人々のために使用するのが安倍内閣の成長戦略の一つになっているが、最も期待できる成長戦略だ。

注)日本の医療技術が成長戦略の一環になることはこのブログで何回も述べている。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat48360072/index.html

(別件)四季の道ミニマラソン大会(約5km)の募集が始まっています。

・日程 2月16日(日) スタート9時35分(四季の道駅伝の一環です)
・集合場所  有吉中学校正門前
・具体的なレースの詳細、およびエントリー方法は以下の「おゆみ野四季の道駅伝公式ホームページ」

http://www.oyumino-shatai.com/ekiden/

を参照して下さい。
ここからエントリーできます。

|

« (26.1.24) NHK 超常現象 その3 超能力は誰にでも存在するか? | トップページ | (26.1.26) アルゼンチン・ペソの大暴落と新興国経済の凋落 »

NHK ためしてガッテン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.1.24) NHK 超常現象 その3 超能力は誰にでも存在するか? | トップページ | (26.1.26) アルゼンチン・ペソの大暴落と新興国経済の凋落 »