« (26.1.12) NHKクローズアップ現代  北朝鮮の張成沢氏の粛清はなぜ起こったか。 | トップページ | (26.1.14) NHK 日本式生活インフラを輸出せよ ジャパン・ブランドの時代 »

(26.1.13) NHK 超常現象 その1 超常現象はなぜ存在するか?

21_066 
(フランス南部 ル・ピュイにある教会の内部)

 NHKが「超常現象」という番組を放送したので、「とうとうNHKはオカルトに染まってしまったのか」と思ったがそれは誤解だった。
この番組は超常現象オカルト)をどこまで現在科学で説明可能かを追った番組で、イギリスにはSPR心霊研究協会)という組織があって名だたる科学者が心霊現象の科学的解析を行っている。

 心霊現象がしばしばおこると有名なマーガム城という城がイギリスにあり、幽霊が出たり冷気を感じたり人魂が出たり異常音が聞こえることで有名なのだという。この城の超常現象を最新機器を装備して2日間にわたって調査した科学者チーム(6名程度)がその調査結果を発表した。

 それによると冷気と幽霊を感じ、異常な電磁波の存在が確認されたがその後の科学者の追跡研究によって以下の説明がなされていた。

① なぜ温度変化が無い(温度計で確認)のに調査者は冷気を感じたか。

仮説)動物には恐怖を感じると温度を下げて動かなくなり、そうすることで危機から逃れようとする本能が備わっている。鼠の実験では蛇の臭いをかがすと体温が3度程度低下し、身体が動かなくなっていた。調査者も同じように恐怖感を感じて体温が下がったと考えられる。

② なぜ男の幽霊がいたと多くの人が証言するのだろうか。


仮説)城は建設から1世紀以上たっており、いたるところにシミや漆喰の崩壊が発生している。人間は本能的に人の顔を見て相手が敵意があるかないかを判断する性質がある(パレイドリア効果という)。安全かどうかは顔色で確認するからシミ等を人の顔と誤認したのではなかろうか。

③ 不気味な光はなぜ発生したのか。

仮説)強い電磁波が発生するとプラズマができる。これは0.5秒程度で消える黄色い光だが、同時に強い電磁波は脳の視覚野を活性化させてプラズマが消えた後も幻覚を見続ける。それが火の玉の正体だろう(ただしなぜ電磁波が発生したかは原因不明)。

 いづれも本能に基づく脳の錯覚が異常現象だという説明だ。この脳による錯覚で説明が可能と思われるものの一つに臨死体験がある。

④ 人は死に臨むとほとんど同様の夢を見る。暗いトンネルの向こうにおそろしく明るい花園や草原があり、そこにいくと今は無き父母や兄弟がいて、自分を誘っている。なぜこれが人類共通の夢なのか?

仮説)ネズミの動物実験では心臓停止後脳は約30秒間にわたって活発に動いておりすぐには死なない。その間に夢を見る。また空軍のパイロットの重力負荷の訓練で10G程度の重力が加わると血液が足に集中して頭は低酸素状態になる。この時パイロットは臨死体験と同様の夢を見る(Gショックという)。

 パイロットは「暗いトンネルがあってその向こうに光が差しており、そこに行くと一面の輝くような野原になっていて何とも気持ちがよく天国にいるような錯覚に襲われる」と臨死体験とほぼ同様の証言をする。
このことから臨死体験とGショックは同じで、脳が低酸素状態になると、人間は死の恐怖から本能的に逃れるために、そうすることによって穏やかな死を受け入れるためと推測されていた。

 一方現在の科学知識でどうしても説明がうまくいかない超常現象に「生まれ変わり」という現象があるのだそうだ。
幼児期に自分は○○の生まれ変わりで、どこに住んでいてどのような生活をしていたかを詳しく話すのだが、6歳を過ぎるころからそうした話をしなくなる。
科学者が詳細に調査して該当する人物を見つけることができる事例があり、幼児が話した内容が偶然とは思われないほど一致する事例がある。これには二つの仮説がある。

仮説1) 親やテレビで物語等を聞いていると子供はそれが実際にあったことと錯覚する。一方親はそうしたことを忘れてしまうが子供は事実と思って「生まれ変わり」の話をする。

仮説2)この世界には素粒子より小さな意識因子というものがあり、人が死ぬとその意識因子が浮遊する。その意識因子が幼児に取り込まれると「生まれ変わり」現象が起きる。

 超常現象と科学との相克は続いており、多くの超常現象を科学で証明できる可能性は高い。それでもどうしても説明不能な場合は今までの常識とは反する新たな上記仮説2のような新仮説も必要かもしれない。

NHKのこの番組はシリーズになっているから次回も興味深い内容になっているだろう。



(別件)四季の道ミニマラソン大会(約5km)の募集が始まっています。

・日程 2月16日(日) スタート9時35分(四季の道駅伝の一環です)
・集合場所  有吉中学校正門前
・具体的なレースの詳細、およびエントリー方法は以下の「おゆみ野四季の道駅伝公式ホームページ」
http://www.oyumino-shatai.com/ekiden/

を参照して下さい。
ここからエントリーできます。

|

« (26.1.12) NHKクローズアップ現代  北朝鮮の張成沢氏の粛清はなぜ起こったか。 | トップページ | (26.1.14) NHK 日本式生活インフラを輸出せよ ジャパン・ブランドの時代 »

NHK NHK特集 超常現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (26.1.12) NHKクローズアップ現代  北朝鮮の張成沢氏の粛清はなぜ起こったか。 | トップページ | (26.1.14) NHK 日本式生活インフラを輸出せよ ジャパン・ブランドの時代 »