« (25.12.21) FRBの量的緩和は手探り状態 「するべきか、すべきでないか、それが問題だ!」 | トップページ | (25.12.23) エコと自転車革命の時代 いつの間にか時代の先端にきてしまった! »

(25.12.22) 政府と仲井真知事とのチキンゲーム 辺野古への移設作戦

23120_004

  普天間基地の移設先は辺野古以外にはありえないのだが、沖縄県の仲井真知事は相変わらず「県外移設」を主張し抵抗している。
一方で政府は当初予定通り辺野古への移設を進めるため、先に自民党沖縄県連が主張していた県外移設」を撤回させた。
お前たち、もういい加減にしろ。選挙の時は目をつぶってやったが、しばらく選挙はない。これ以上駄々をこねると除名するぞ!石破幹事長が吠えた。

 自民党県連が賛成に回ったので、あとは仲井真知事から埋め立て承認の許可を得ればいいだけになってきた。
しかし仲井真知事はなかなかの狸だ。
今度は承認のハードルを上げて、① 普天間基地の5年以内の閉鎖、② 日米地位協定を改正して環境条項を新たに導入する案を政府に突き付けた。
どちらも一筋縄ではいかない案件で、特に普天間基地の5年以内の返還などあり得ない
また地位協定の変更についてはさっそくアメリカが応じない旨の報道官の発表があった。

 仲井真氏が本気でこのような無理難題を押し付けているのか、それとも交渉の手段としてまず条件を厳しくしたのかは定かではないが、私は交渉のためのブラフだと思っている。
仲井真氏としても苦しい立場なのだ。
沖縄県民の総意としては普天間基地の県外移設だが、アメリカが反対しており、また日本国内で基地を受け入れる他県などあり得ないのだから、結果的に辺野古に移設せざる得ないことは分かっている。

 もし駄々をこねて「それなら普天間を半永久的に使用する」とアメリカに言われれば返す言葉などない。
だから結果的には沖縄の要望が相当程度聞き入れられたという形で矛を収めざる得ないのだが、その落としどころを探っているのだろう。
俺は沖縄県の知事だ。沖縄振興策を代わりに手に入れないと住民から見捨てられる・・・・

 一方政府としてはこの問題でいつまでもぐずぐずしているわけにいかなくなった。
尖閣諸島周辺では中国の海軍が常に日本に対し戦争の機会をうかがっており、いったん事が発生すれば戦争状態に突入するつもりだ。
そうした時沖縄の在日米軍は最も頼りになる味方で、通常戦力では日本が優っても中国には核による報復攻撃の手段が残っている。
東京と大阪が焦土になってもいいのか」という中国の脅しに唯一対抗できるのはアメリカの核だけで、「ならば北京と上海を中国は焦土にするつもりか」と脅し返してもらわないと、日本は中国の侵略戦争に勝てない。

 普天間基地問題は単に沖縄住民だけの問題でなく、日本の生き死にの問題なのだから、米軍の攻撃力が減少するような妥協は日本政府としてはできない。
中国はこの日本の弱点を十分認識して沖縄左翼の背後でうごめいて、米軍の沖縄からの撤退を画策している。
中国としては尖閣諸島の領有に成功した後は、沖縄左翼を扇動して沖縄の日本からの独立を図る計画だが、そうなれば中国は完全に西太平洋を自国の内海にすることが可能になる。

注)沖縄の独立運動とそれを背後で支援している中国の動きについては以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-8809.html

 
 仲井真氏もそのことは十分知悉しているから、ハードルを高くして日本政府から沖縄支援策を十分勝ち取った段階で妥協を図るつもりなのだろう。
このチキンゲームでは政府が沖縄支援では大幅に譲歩をしても、辺野古への移設については絶対に譲れないし、5年後に普天間基地を返還させるなどとは論外だ。

 中国の侵略戦争を防ぐ唯一の方策は沖縄の防衛力を強化して中国に付け入るスキを与えないことだから、沖縄の軍事基地負担の軽減でなくその充実が実際は求められている。
沖縄は日本と中国がつばぜり合いをしている最前線で、ここで負けるわけにはいかないからだ。

注)アメリカの世界戦略と中国包囲網については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/24211-2e2b.html

|

« (25.12.21) FRBの量的緩和は手探り状態 「するべきか、すべきでないか、それが問題だ!」 | トップページ | (25.12.23) エコと自転車革命の時代 いつの間にか時代の先端にきてしまった! »

評論 日本の政治 普天間基地」カテゴリの記事

コメント

沖縄の人達は、辺野古移設を歓迎している人がたくさんいます。
辺野古の近辺の方は、辺野古に早く来てほしいと願っています。
本当に反対しているのは、普天間基地の土地を持っている地主です。
基地の土地を持っていると、地代が永続的に入ります。
普天間基地の近くには、地主の人達のりっぱな会館が建っています。
基地がなくなったら、どうなるのでしょうか?

反対する人の声は大きくて、賛成の人達はあえて声を上げません。

以前、夢見る鳩山首相が沖縄県庁に行ったときに目の前で見ていましたが、反対運動する人達は、50人ぐらいでした。
ニュースでは、さもたくさん居るように報道していましたが
うまく映像って写すのだなと感心しました。
この事があってから、私はマスコミを信用していません。

投稿: ma-to | 2013年12月22日 (日) 22時24分

なるほどma-toさんリアルです。ありがとうございます。

投稿: プラズマ | 2013年12月23日 (月) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.12.21) FRBの量的緩和は手探り状態 「するべきか、すべきでないか、それが問題だ!」 | トップページ | (25.12.23) エコと自転車革命の時代 いつの間にか時代の先端にきてしまった! »