« (25.12.8) 特定秘密保護法案成立 安倍政権の勇気ある決める政治 | トップページ | (25.12.10) 「ぽっぽや」とJR北海道 乙松の精神を引き継げない職員と経営者 »

(25.12.9) 四季の道駅伝の季節 マラソン指導が始まった

25217_140 
(これは第5回大会の時のスタート写真)

 例年の四季の道駅伝の季節がやってきた。この駅伝は今回で6回目を迎えおゆみ野の風物詩になった。
私はこの駅伝の実行委員を1回目から引き受けているが、嬉しいことに毎年毎年参加者が増え、今年は1000名程度の参加者になる見込みだ。

 この駅伝は小学生中学生を対象にした駅伝で、約6km四季の道小学生は5名、中学生は4名でタスキをつないでもらっている。それ以外に昨年からは一般の部を作って、駅伝ではなくこの約6kmを一周してもらうことにした。
昨年は30名の参加だったが、今年は人数を増やして50名の規模にしようと思っている。

 この四季の道は遊歩道で一般道との交差が少ないので実に走りやすい。高橋尚子選手が推奨したJOGコースの一つで、実業団の選手も時々練習している。
四季の道駅伝の開催日は来年の2月16日の日曜日だが、それ以前から準備が始まる。
私の担当は子供たちへのマラソン練習の指導と、当日のコース設定、それに一般参加者の募集とエントリーの受付だ。

 昨日(12月8日)から、子供たちへの駅伝の指導が始まった。指導は都合4回あって、今回はその1回目だった。
指導には四季の道ランナーズやちはら台走友会のメンバーが当たる。私の所属はちはら台走友会だ。
約1kmの道を往復してもらい、その後に近くの公園を使って駅伝のリレー練習をする。一周200m程度のコースだが、始まると全員一生懸命に走る。
特に低学年になるほど手抜きをしない。

 この12月から2月の開催日までは私の日程は駅伝一色になってしまう。この4回の指導以外におゆみ野南小学校でのマラソンの指導を引き受けているので、さしずめ私はマラソン教室の先生だ。
しかし本音を言うと毎年毎年走るのが大変になってきて、今では小学校3年生の児童にも負けてしまう。
67歳なのだから致し方ない点はあるが、体力が追いついていかないのだ。
うぅーん、もうそろそろ引退だろうか!!!しかしそれを言い出せないのがつらい。

 今年から私は現役のランナーを引退してもっぱらこうした駅伝やハーフマラソンの競技の主催者に転向しようと努力している。
自分が走れなければ若者に走ってもらおうということだが、プロ野球の選手でも引退した後コーチや監督になるのと同じだ。

 今はマラソンブームでどこのマラソンレースも応募するのが大変で、インターネットで一日粘っても応募できないレースが増えてきた。
参加料も毎年高騰してフルマラソンでも1万円、ハーフマラソンで6000円が普通になってきた。
いくらなんでもそれはぼりすぎだ
憤慨して私は参加料300円のおゆみ野・ちはら台フル・ハーフマラソンを主催している。個人が行う大会はこの程度の費用があれば実施できる。

注)私が主催しているおゆみ野・ちはら台フル・ハーフマラソンの内容は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-96f4.html

 5回大会から始まった四季の道駅伝の一般の部約6km走は私が提案したもので、提案した以上は責任を持って参加者を集めなければならない。すでに私が所属しているちはら台走友会や友達の四季の道ランナーズには声をかけたが、今後は四季の道の一般ランナーに声を変える予定だ。

 そのうちにこの四季の道と隣のちはら台のかずさの道を加えて、日本有数の駅伝やマラソンコースにするつもりだ。

四季の道ミニマラソン 大会要領

・開催日 2014年2月16日(日)

・種目 一般の部 ミニマラソン(距離 5.4km)
・参加資格 高校生以上
・募集人員 50名程度
・受付 当日受付 有吉中学校正門前  9時から
・スタート  9時35分
・参加料 500円



なお四季の道駅伝については以下にまとめて記載してあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47115562/index.html

 

|

« (25.12.8) 特定秘密保護法案成立 安倍政権の勇気ある決める政治 | トップページ | (25.12.10) 「ぽっぽや」とJR北海道 乙松の精神を引き継げない職員と経営者 »

マラソン 四季の道駅伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.12.8) 特定秘密保護法案成立 安倍政権の勇気ある決める政治 | トップページ | (25.12.10) 「ぽっぽや」とJR北海道 乙松の精神を引き継げない職員と経営者 »