« (25.11.1) 植民地支配はもう嫌だ!! ウィグル人の悲痛な叫び 天安門炎上 | トップページ | (25.11.3) 走れない、しかし自転車があるじゃないか!! »

(25.11.2) クローズアップ現代 追跡 消えた重要文化財の行方

102 

  悲しむべきか喜ぶべきか今日本の文化財が中国の収集家の手に渡っているらしい。
かつて日本もバブル最盛期のころ印象派の作品を買いあさっていたから別段不思議でもなんでもないが、通常の美術品ならともかく重要文化財となると話がきな臭くなる。

 日本には約1万点の重要文化財があるが、最近NHKが独自の調査を行った結果、このうちの76点が所在不明なのだそうだ。
直接調査をした記者の話では今回の調査はいわばサンプル調査の段階で、一点一点の悉皆調査をすればこの数はさらに増加しそうだという。

 重要文化財がなくなる原因は多様で、盗難にあったり、詐欺にあったり、また生活に困窮して所有者が販売した場合などがある。
重要文化財は文化財保護法で所有者の移転がある場合は現所有者の事前届け出と、新たな所有者の事後届け出が義務づけられているものの特別な罰則規定はなく、そうした届け出がなく転売されている事例があるようだ。

 放送で紹介された事例では滋賀県甲賀市にある大岡寺木造千手観音立像(鎌倉時)と木造阿弥陀如来立像(平安時代)の2体詐欺にあって持ち出され、その後ブローカーの間で販売が繰り返されていた。
そしてあるブローカーから大徳寺にこの仏像一体を1億円の金額で買い戻さないかとの話が持ち込まれていたが、住職としては騙されて持ち出されたものを再度売りつけられるのだから踏んだり蹴ったりだ。
住職にはそのような資金はなくがっくりと肩を落として歩いている姿が映し出されていた。

注)持ち出しの経緯は12年前に本堂の改築をしたときに、檀家の一人にあずかってもらったが、この檀家が持ち逃げしたのだという。

 私は全く知らなかったが今中国では日本の文化財のブームなのだそうだ。しばらく前まで中国の金持は中国国内の不動産投資に躍起となっていたが、各地方政府があまりに多くのマンションを作った結果、さっぱり売れなくなってしまった。
当然価格は低下してひどい含み損を持つまでになって、投資先を変え始めた。
マンションじゃだめだ。地方政府が馬鹿みたいに作るから全く希少性がない。投資をするなら日本の美術品がいい。日本のお寺は貧乏だから金を出せばいくらでも売ってくれる

注)中国経済の高度成長が終わり、日本のバブル崩壊後の状態に似てきたことは何度も記載してきた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-0acb.html

 億単位の金額で中国人投資家からブローカーに発注があり、いい品なら青天井で購入するという。金持ちが美術品の収集をして転売をもくろむのはどこの世界でも同じだ。
だが文化庁が重要文化財を指定した趣旨は、日本の優良な美術品の海外への流出を防ぐことだから、手をこまねいて中国人の金持にさらわれるのはまずい。

 今回のNHKの調査結果を見て、文化庁が動き出した。まず所有者が実際に持っているか否かの悉皆調査を定期的に行うとともに、所有者が困窮して保有できなくなった場合は、国の買取制度寄託制度を利用して文化財を守るのだという。
最も買取制度には上限があり毎年25億円程度で、一方良質の仏像はオークションなどでは10億円を超すことが多いから文化財を守りきるというのは少し無理がある。

 美術品の移動を見るとどこの国民が今一番金持ちか分かるのだが、中国には途方もない金持ちがいて日本を含む美術品の収集に余念がないという。
文化庁が悉皆調査をすれば重要文化財のかなりの多くが実際は転売され、その多くが中国人収集家の手に渡っていることが明らかになりそうだ。

 もっとも世の中にはさらに上を行く国があって、韓国は日本に窃盗団を派遣して日本から美術品を盗み出し、それを裁判所が14世紀に日本から盗まれたものだと認定して、国家がぐるになって窃盗を働いている。それに比べればお金を払って美術品を購入しようというのだから中国人の方がはるかに紳士的と言える。

注)韓国の国家総ぐるみの窃盗の実態は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/2531-8e12.html

|

« (25.11.1) 植民地支配はもう嫌だ!! ウィグル人の悲痛な叫び 天安門炎上 | トップページ | (25.11.3) 走れない、しかし自転車があるじゃないか!! »

NHK クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、子供と千城台からマウンテンバイクで四季のみちに行きたいですがどこから始まってますか?
またマウンテンバイクでおすすめの道が有れば教えて下さい
宜しくお願いします。

(山崎)四季の道は周回道路ですから、この道に入り込めば約6kmの遊歩道を走り切れます。楽しいのはこの四季の道とちはら台のかずさの道をつなぐコースですが、途中で少し道が分からない場所がありますので、まずは四季の道をマスターしてからでしょう。
千城台からは地図検索でしきの道に入り込んでください。

投稿: モヒーロ | 2013年11月 2日 (土) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.11.1) 植民地支配はもう嫌だ!! ウィグル人の悲痛な叫び 天安門炎上 | トップページ | (25.11.3) 走れない、しかし自転車があるじゃないか!! »