« (25.11.5) NHK「ストラディヴァリウスの謎」 ミステリー小説じゃないよ! | トップページ | (25.11.7) 日本国中、偽装表示のオンパレードだ!! 「おもてなし」はどうしたの? »

(25.11.6) NHKドキュメンタリー 「科学捜査官 シャーロック・ホームズ」

231_003 

  NHKが放送しているBS世界のドキュメンタリーシリーズは時々興味深い番組を放送する。
今回はイギリスのプロダクションが制作した「科学捜査官 シャーロック・ホームズ」という番組だったが、この番組を見て警察の科学捜査がこの小説を契機に世界中に広まったということを初めて知った。

 それまでの警察の捜査方法は事件が起こるとまず目撃者を捜し、次にこうした事件を起こしやすい人物をしょっ引いてきて泥を吐かせるという手法で、もちろん泥を吐かない場合は拷問によって無理やり供述させていた。
日本でも江戸時代までは典型的にこの方法が採用され自白こそがすべての証拠だったし、その後も長く自白が捜査のきめてだった。

 現在でも多くの事件が自白優先主義になっていて、その後裁判でこの自白の信ぴょう性が争われている。
さすがに最近は自白よりも物的証拠が重視されるようになったが、こうした捜査方法を確立させた契機になったのがコナン・ドイル1888年に作り出したシャーロック・ホームズだという。

 ホームズの手法は事件現場を詳細に調査し、そこにある何気ない証拠から事件のいきさつを推理するという方法で、これは最近再放送されている刑事コロンボの捜査方法に受け継がれている。
あたしゃ、何かとてもつまらないことにこだわりがあって、これが解決しなければどうしても気が落ち着かないんですよ

 私は全く知らなかったがドイルが生きていた今から120年以上も前は、遺留品を集めることはせず、血痕は調べようがなく、弾痕から銃が発射された位置を測定する方法も確立されていなかったのだという。
小説の中でホームズが人間の血痕を調べる画期的な方法を開発したことになっているが、実際は1900年ウーレンフートによってその方法が確立された。

 また弾痕によってどこから銃が発射され、その銃の特定も小説の中で披歴されているが、実際にその方法がFBIによって確立されたのは小説が発表されてから40年後だという。
現在の科学捜査官はいわばホームズの弟子で、現場にまず行ってどんなに細かい証拠でも収集し、そこから演繹的推理を働かして事件の全貌に迫るのだそうだ。

 シャーロック・ホームズは何回もドラマ化しているので私も見ているが、ホームズワトソンが住んでいたベイカー街の部屋が一種の科学実験室になっていることに私はいつも驚いていた。
いくらなんでも家の中で科学実験をするのはやりすぎじゃないか・・・・・・
しかしこの科学実験がドラマで重要な役割をするのは、当時はどこの警察署にもこうした科学実験を行う施設がなかったからで、この部屋は世界初の科学捜査実験室だったことになる。

 私は長い間この小説をとても興味ある探偵小説とだけ思ってみていたが、実際は現在の科学捜査方法を予言した実に先駆的な取り組みであったことを知った。
そしてこのホームズにはモデルがあって、それはドイルが師事したエジンバラ大学ベル医学部教授で、ベル教授は患者が診察室に入ってきた途端に、細かな特徴から経歴や病歴を推理してしまったという。
彼は除隊したばかりの○○軍にいた兵士だ

 ドイルはこのベル教授の推理法を小説に応用したわけだが、それがくしくも近代的な科学捜査方法の最初の教科書になった。
一方私の悩みはホームズと異なり演繹的な推理力が不足していて、何よりも注意力が足らないことだ。細かな点を見落とすのは日常茶飯事でこれは昔からそうだったらしく、親父から「お前は注意散漫だ」とよく言われたものだ。
この年になって無理かもしれないが、何とかホームズの注意力と演繹的手法を身に付けたいものだと、ひそかに努力はしているのだが・・・・。

なお世界のBSドキュメンタリーシリーズは以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nkk/index.html


(別件)「絵てがみ」始めませんか?


苅田郷の蔵の2階、畳の間で「絵てがみ」教室開催いたします! 2013年11月18日(月) 
午前10時~12時

場所:苅田郷 蔵の2階 畳の間
   千葉市緑区刈田子町13
講師:中川 美穂(日本絵手紙協会 絵手紙公認講師)

参加費:1500円
申し込み:電話・ちらしのFAX・苅田郷ホームページより
     ホームページ問い合わせ

     http://www.kattago-tougei.com/
Photo_21_2





 

 

 

 

 

|

« (25.11.5) NHK「ストラディヴァリウスの謎」 ミステリー小説じゃないよ! | トップページ | (25.11.7) 日本国中、偽装表示のオンパレードだ!! 「おもてなし」はどうしたの? »

NHK BS世界のドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.11.5) NHK「ストラディヴァリウスの謎」 ミステリー小説じゃないよ! | トップページ | (25.11.7) 日本国中、偽装表示のオンパレードだ!! 「おもてなし」はどうしたの? »