« (25.10.31) 安倍外交の見事な成果 「飛んでイスタンブール」 トルコとの親善外交 | トップページ | (25.11.2) クローズアップ現代 追跡 消えた重要文化財の行方 »

(25.11.1) 植民地支配はもう嫌だ!! ウィグル人の悲痛な叫び 天安門炎上

Dscf7363
(千葉 落花生の収穫の後)

 とうとう始まったという感じだ。中国は21世紀になっても植民地を持つまれな存在だが、その植民地とはウィグルチベットである(蒙古もそうした土地だ)。
もともとこの2国は実質的に独立国だったのだが、1949年国共内戦に勝利した共産党軍が、兵士の自給自足体制を賄うために植民地獲得に乗り出して支配した土地だ。
わが共産党政府は君たちの食料の面倒は見きれない。かってにチベットやウィグルに行って、そこで食料を調達しろ。後は君たちの勝手に任す!」

注)日本は戦国時代を制した豊臣秀吉が、不必要になった武士集団の生計維持のために朝鮮に攻めあがって、そこで暮らしをたてるようにしようとして大失敗をしている。

 あれから60年以上の歳月が経ったが、当初はあぶれた兵士の生活維持活動だったものが現在は中国の核心的利益になっている。
たまらないのはウィグルチベットで、この地域に漢族が入り込み少数民族の宗教や慣習を無視した政策をとり続けたためトラブルが絶えなかった。
今では漢族の人口の方がウィグル人やチベット人の人口を上回っている。

 ウィグルでは過去何回も暴動が発生したが、09年ウルムチでの暴動で192名が死亡し(ただし世界ウィグル会議の発表では3000人が殺害されたとなっている)、13年4月カシュガル21名の死者が出ており、そして13年6月には今回天安門に突っ込んで焼身自殺をした3名が住んでいたトルファン地区ピチャン県の暴動で35名の死亡者がでた。
実際はそのあとで中国の武装警察による残党狩りが行われており、何人拷問によって死亡したかは明らかになっていない。

注)一方チベットでは焼身自殺が続いており、すでに100名以上の死者が出ている。チベットの人は仏教徒で暴力を好まないため自分だけの焼身自殺という手段をとるが、ウィグルのイスラム教徒はそんな甘くない。

 中国政府発表によると死亡した3名夫婦とその母親で、金水橋に激突した後、車内にガソリンを撒き焼身自殺したという。今回の死者は5名で巻き添えになった2名は観光客だ。この3名の親類(どのような関係かは不明)が先のトルファンの暴動で武装警官に殺害されたことの復讐らしい。

 丁度天安門内部では共産党のトップ7名が会議を開いていて、今回の天安門広場のテロ行為には度肝を抜かれただろう。
公安の連中は一体何をやってたんだ。全世界にTwitterで天安門広場でテロが起きたことを知られてしまったではないか

 今回の事件は自動車で突っ込んだ後の自殺方式がガソリン自殺であるところを見ると、このテロ行為についてアルカイダとの関連はなさそうだ
もしアルカイダが関与していればシリアやイラクのように爆弾テロの形をとるはずだが、この3人は爆弾の調達ができなかったらしい。

 どこの国でも21世紀になってまで植民地をもっていることは難しい。世界の先進国は20世紀の間にこの問題を解決したが、中国は21世紀まで植民地を持ち続けたために今苦吟している。
現状のところウィグルの東トルキスタン・イスラム運動は世界的なテロ組織とのネットワークがないが、中国政府の弾圧は熾烈を極めているから自爆テロが発生するのも時間の問題となってきた。

注)中国が植民地帝国であることは前に詳細に記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/25210-e9be.html

 中国にはどうしようもない4つの格差があり、東西格差沿岸の裕福な省と貧しい山奥の省)、城郷格差(豊かな都市と貧しい農村)、業種間格差独占的な国営企業と競争下にある民間企業)、貧富の格差特権階級の共産党員と一般市民)の間で緊張が高まっている。
そこに支配国民と被支配国民の5つ目の植民地格差が加われば、中国社会に火がついてしまう。

 中国では少しでもこの緊張関係を緩和しようとしてこの11月に開催される中央委員会の会議で、農民が土地の使用権を担保に融資を受けられる制度を創設しようとしている(城郷格差の緩和)。
しかしそんなことになると地方政府が農民の土地を自由に取り上げられなくなるので(担保権の抹消をしなければならない)、地方政府としては死活問題になっている。
絶対に駄目だ。土地は国の物で少しでも私有を許すようになると共産主義社会が崩壊する」反対の大合唱だ。
既得権益層を崩すのは中国でも日本でも並大抵のことではない。

 今回のウィグル人親子の焼身自殺で世界が中国の闇に瞠目し始めた。今までは武装警察の力で弾圧をしていたのだが、中国のこの植民地問題は中国の屋台骨を揺るがし始めたといってよい。

注)中国は日本の尖閣諸島の領有を目指す等、いまだに帝国主義時代の切り取り自由の思想のもとにある。こうしたアナクロニズムの国が存在していること自体歴史の悲劇だ。

 
別件)「おゆみ野四季の道新」に「おゆみ野四季の道」と「おゆみ野四季の道 その2」のカウンター約2万5千を加えました。

 

 

 

|

« (25.10.31) 安倍外交の見事な成果 「飛んでイスタンブール」 トルコとの親善外交 | トップページ | (25.11.2) クローズアップ現代 追跡 消えた重要文化財の行方 »

評論 世界経済 中国経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.10.31) 安倍外交の見事な成果 「飛んでイスタンブール」 トルコとの親善外交 | トップページ | (25.11.2) クローズアップ現代 追跡 消えた重要文化財の行方 »