« (25.10.11) 文学入門 南木 佳士 「ダイヤモンドダスト」 | トップページ | (25.10.13) NHK クローズアップ現代 日本の高齢者は世界最速ランナー  »

(25.10.12) クローズアップ現代 「父子家庭急増の陰で」 「虐待死事件の波紋」

191229_004      
(おゆみ野の朝焼け)

 NHKの番組を見て思わず泣いてしまった「これじゃ、どうしようもないじゃないか・・・・」そう思ったからだ。
先月の6日に江東区のアパートで5歳の男子児童が父親から虐待を受けて死亡した。
子供が下着のまま幼稚園に行こうとしたため折檻したのだという。
こうした場合常に子供に同情が集まるのだが、今回私はそれ以上に父親に同情してしまった。

 この父親は45歳で4年前に働いていた建設会社が倒産し、さらに昨年妻と離婚した後残された4人の子供を男手一人で育てていたという。
収入はなく生活保護をうけていたが、この父親は子供のために精いっぱい努力してきた様子がうかがわれる。
この5歳児童の好きなミートボールと卵焼きの弁当を毎日作り、保護者会には必ず出席し、忘れ物があると懸命に幼稚園に届けていた。

 幼稚園の園長がインタビューに答えて「お父さん、本当に頑張っているね。ありがとう」といつも思っていたといっていたが、こうした父親が起こした事件を虐待というのだろうか。
父親は明らかに子供を愛していたとしか思われず、折檻したのは「男だから強くあってほしかった」と供述していたが本心だろう。
子供を愛していながらなぜ父子家庭で虐待が起こるのか、私には構造的な問題に見える。

注)他の子供は女子でこの5歳の児童が一番下の子供のようだった。

 調査によると父子家庭は全国で約22万世帯あり、ここ10年間で28%増加したのだそうだ。結婚したカップルの3組に1組は離婚するのだそうだから母子家庭も父子家庭も増えるのは致し方ないところはあるが、父子家庭には特有の問題がある

 それはDNAに刻まれている一種の本能のようなもので、通常哺乳類の雄は子育てをしない。それはあたりまえで雄は母乳がでないのだから乳幼児を育てる能力がそもそも存在しない。
ライオンやオットセイやセイウチを見ても分かるようにオスはメスより一回り身体が大きく運動能力にすぐれ、その役割は集団を守ることと子孫を残すことだけだ
それは人間であっても同じで、家庭を守るために外で働いて収入を得、そして強くたくましくかつ頭のいい子を作るのが男の役割だ。

 そうした雄としての男性が子育てを始めるとどうなるかはすぐに予測できる。
なれない子育てにイライラが嵩じ、シングルファーザーの一人が言っていたように「一旦イラとスイッチが入ってしまうと抑えが効かない」状況になる。
当初はしつけのつもりでも、折檻としつけの差はほとんどない
しかも男には戦う本能が備わっているから、これにスイッチが入るとどうしようもない暴力になってしまう。

 通常の家庭であれば母親がいて子供を守り、父親の暴力の防波堤になるのだが父子家庭では止める人がいない。そうして今回のような事件に発展してしまう。
男は動物の種として子育てに向かないのだ。
番組では父子家庭の父親が他に助けを求めることなく、男の意地で子育てをしているが、行政やNPO法人の助けを求めるべきだと言っていた。

注)現在は父子家庭でも児童扶養手当がもらえる。

 だが行政やNPOに相談する前に、もっとも身近な存在である父母に依頼するのが普通だろう。通常日本には多くの元気な老人がいる。しかも多くの老人は生活が安定し年金生活で余裕がある。
すべての父子家庭や母子家庭に頼れる親がいるとは限らないが、日本には世界的に見ても飛び切り元気で収入の多い老人が多い。
この老人層こそは父子家庭の問題を解決する切り札ではなかろうか。

 今回の事件で「容疑者はなぜ親に頼らなかったのだろうか」ととても不思議な気がした。
老人は孫には優しい。男であっても老人になれば闘争心はまるでなくなって好々爺になっているのが普通で間違っても虐待死など起こさない。

 私はこうした父子家庭母子家庭もだが)の問題は老人が立ち上がらなければ解決しないのではないかと思っている。父親にすべての子育てを任せるのは、動物の本性からして危険すぎるからだ。
老人がこうした子育てに参加して父子家庭の問題の軽減を図ることが最も大切で、老人に頼れない場合のみ行政やNPOに頼るのが順序ではなかろうか。

注1)大津市で発生した中学二年生の自殺事件は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-23d7.html

注2)桜子ちゃんと楓ちゃんの餓死事件は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/2282-naze.html

 
 

 

|

« (25.10.11) 文学入門 南木 佳士 「ダイヤモンドダスト」 | トップページ | (25.10.13) NHK クローズアップ現代 日本の高齢者は世界最速ランナー  »

NHK クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.10.11) 文学入門 南木 佳士 「ダイヤモンドダスト」 | トップページ | (25.10.13) NHK クローズアップ現代 日本の高齢者は世界最速ランナー  »