« (25.10.29) NHK 病の起源 第4集 心臓病 高性能ポンプの落とし穴 その1 | トップページ | (25.10.31) 安倍外交の見事な成果 「飛んでイスタンブール」 トルコとの親善外交 »

(25.10.30) NHK 病の起源 第4集 心臓病 高性能ポンプの落とし穴 その2

201030_005 
(千葉市 昭和の森公園 ここで国際的なクロスカントリーの大会が開催される)

 この記事は昨日記載した「その1」の続きです。

 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-9241.html

  私はまったく知らなかったが、心筋梗塞は人類特有の病気だと言う。
そんなことはないだろう。チンパンジーだって心筋梗塞はありそうだ」と思ったがそうではないと言う。
心筋梗塞の原因は冠動脈コレステロールがたまるためだが、ただコレステロール値が高いだけではコレステロールはたまらないのだという。
血管を痛めるGcという物質が存在し、このGcが血管に付着しこれに対する免疫反応で血管が痛み,そこからコレステロールが血管の壁に厚くたまるのだそうだ。

注)人間よりゴリラはコレステロール値が1.5倍も高いのだが、心筋梗塞にならない。

 Gcなんて言われても何のことかさっぱりだったが、人類が脳を3倍以上に増やす過程で邪魔になった物質なのだそうだ。
これがあると脳の神経細胞の成長を妨げるので、哺乳類に一般的に備わっているGcを人類は脳を大きくするために今から270万年前に捨ててしまったのだという。

 一方動物にはこのGcが体内にいくらでもあって共存しており、Gc が体内に入っても免疫反応は起こらない。だからライオンがシマウマをいくら捕食しても心筋梗塞にはならないのだが、人類は動物の肉を食べれば食べるほどGcを体内に蓄えるため、血管のあちこちで免疫反応が起き血管に炎症が生ずるのだという。

注)ではなぜGcが哺乳類に一般的に存在し何のために役立っているのかの説明はなかった。

 人類の文明史は高々1万年だから270万年前の進化のことなど言われても困るのだが、を発達させる戦略をとったことで神経細胞の発達に邪魔になったGcを捨て去ったことが、人類に心筋梗塞が多発する原因なのだそうだ。
そして一万年前から農業・牧畜革命が始まり、ここに飽食の時代が出現したことが心筋梗塞が現代の病になった理由だという。

注)270万年前から1万年前までは常に飢餓状態だったから、Gcが無くても当然心筋梗塞はなかったことになる。

 「問題は飽食なのか!!」と思ったが、単純に飽食を否定するのもまた危険だと、この番組は親切にも妊婦に限っては十分な栄養が必要だと注意をしていた。
これはオランダで起こった歴史的事実に基づいた知見で、第二次世界大戦のさなかオランダはナチス・ドイツによって食糧封鎖をされたのでひどい飢餓状態に置かれた。
平均して一日400~800カロリーと言われ必要量の半分以下だが、この時オランダで生まれた子供に圧倒的に心臓病が多くなったのだという。

 実は心臓の筋肉細胞は胎児期にしか細胞分裂を行わず、生まれてからは胎児の時に分裂した細胞だけで一生を過ごすのだそうだ。
ところが栄養が少ないとこの心臓の筋肉細胞が死に絶えてしまい、薄い筋肉の心臓になるため心臓病を多発させるのだという。

 そして妊婦が飢餓状態になるとなぜ心臓の細胞に栄養分が行かないかというと、これもまた人類の宿命で栄養不良状態で最も優先的に栄養補給を受けるのが脳だからだという。
人類は常に脳を守るために心臓に負担をかけてきており、心臓は脳の奴隷のような存在で私はひどく心臓に同情してしまった。
そうかい、君はけなげに一生働いてももっぱら脚光を浴びるのは脳で君は下住みかい

 なお心臓病にならないための秘訣は足を常時使うことで、歩くと足の筋肉が下肢の静脈を締め付けるのでちょうど井戸から水をくみ上げるように血液を心臓に送ってくれるという。
よく足の筋肉は第二の心臓と言われているのがそれで、日常的に歩いたり走ったりしている人が心臓病になりにくいのはそのためだ。

 また最新医療で低出力体外衝撃波治療なるものが開発され、たとえば血管がつまりその先の心臓細胞が壊死した部分にこの衝撃波を充てると一種のマッサージ効果で血管が再生されて心臓の働きが回復するようになっていた。

 人類の宿命のこの心臓病も普段から歩いたり走ったりしていればほとんど問題なく、また最後の手段として衝撃波による療法も開発されているので、将来はそれほど恐れる病気でなくなるのかもしれない。

なお「病の起源」シリーズは以下にまとまって入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhknhk_1/index.html

 

 

|

« (25.10.29) NHK 病の起源 第4集 心臓病 高性能ポンプの落とし穴 その1 | トップページ | (25.10.31) 安倍外交の見事な成果 「飛んでイスタンブール」 トルコとの親善外交 »

NHK NHK特集 病の起源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.10.29) NHK 病の起源 第4集 心臓病 高性能ポンプの落とし穴 その1 | トップページ | (25.10.31) 安倍外交の見事な成果 「飛んでイスタンブール」 トルコとの親善外交 »