« (25.8.13) 中国人による北海道の森林買収  中国から飲料水がなくなる!! | トップページ | (25.8.15)NHK アメリカにおける化学兵器の人体実験レポート 「プロジェクト112」 »

(25.8.14) ボランティア教師奮闘記 一周年記念

23725_007
(穂高と梓川。初めてこの川を見たときはその美しさに感動したものだ)

 私がボランティア教師を始めてからほぼ1年たった。
最初は中学3年の男子生徒を教えたのだが、この少年はマラソンが非常に強いある私立高校を受験して合格している。
今は高校でマラソン選手のレギュラーになるために夏合宿をしているそうで、そのうちに京都の高校駅伝に出てくるかもしれない。

 今教えているのは中学2年の女生徒小学校6年の女生徒だ。
中学生には英語と数学を教えている。私が中学生だった時よりは教科書の内容はずいぶんとレベルアップした感じだ。
それでも参考書を購入して中学生並みのトレーニングを行った結果、中学の数学と英語の内容については熟知できた。
また最近の中学の教育方法も把握できたので、ボランティア教師に自信を深めている。

 小学生にはこの夏休みの期間に英語と算数を教えている。英語は本格的には中学から学ぶのだが、母親から「英語を教えてもらえないだろうか」と依頼された。
中学1年の教科書で教えているが、知識欲の旺盛な児童は易々と英語を理解していく。
私が教えている小学生は特に記憶力がすばらしく、私のような右から左に忘れていく人間の対極にいるみたいだ。
俺もこんなに記憶力が良ければそれなりの人物になれたのに・・・

注)昨年ボランティア教師を始めたころの文章を読み直してみたが、1年間まじめに教師をやってきたものだとしみじみ思う。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/24722-bc54.html

 小学生を教えたのは45年ぶりだ。大学1年生の時に小学生の勉強を見たのだが、その生徒はいわゆる有名中学を受験するとても勉強のできる子だった。
最初この家を訪問した時のことは今でも忘れられない。
母親から「この子はこんな問題も解けないのですよ」と示された算数の問題を見て脂汗が出た。
それは方程式を用いれば難なく解けるのだが、小学校の算数ではそれぞれ別個の解法が用意され、その解放のパターンを知らないと金輪際解けない種類の問題だった。

 私は深く反省し、大学にもいかず1週間自宅に立てこもって小学校の算数の解法パターンをすべて暗記し、ようやく小学校の算数を理解した。
今思えばたぶんあの時母親は私を試したのだと思う。
この先生大丈夫かしら?????」それでも首にならなかったのだから僥倖だった。

 あれから45年、小学校の算数の問題を解くのも久しぶりだ。幸いなことに私はその後高校の数学の問題を解くのが趣味の一つになっていたので、算数の感度は残っておりかつてのような脂汗をかくことはなくなっていた。
やれやれ、昔取った杵柄はどうやら健在だ!!!」ほっとした。

 前にも記載したが私がボランティアで数学や英語を教えているのは、生徒の中にほんのちょっとした手助けで落ちこぼれから免れたり、また素晴らしいほどの学力向上ができる子がいるからだ。
勉強にはある種のコーチが必要で、もちろんそうした人がいなくてもそれなりの学力向上は可能だが、コーチがいるといないとでは費やす労力に大きな差が出る。

 素早く理解できる方法があるなら、何も呻吟して学ぶ必要はないわけで、それがコーチの役割だと思っている。
すでに齢67歳になり神様のお迎えが近づいているので、最後の社会に対するご奉公と思ってこのボランティア教師をおこなっている。

注)ボランティア教師奮闘記は以下にまとめて記載してあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat51314868/index.html

 


 

|

« (25.8.13) 中国人による北海道の森林買収  中国から飲料水がなくなる!! | トップページ | (25.8.15)NHK アメリカにおける化学兵器の人体実験レポート 「プロジェクト112」 »

ボランティア 教育指導 数学・理科・英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.8.13) 中国人による北海道の森林買収  中国から飲料水がなくなる!! | トップページ | (25.8.15)NHK アメリカにおける化学兵器の人体実験レポート 「プロジェクト112」 »