« (25.7.3) シェレメチェボ空港の仁義なき戦い 緊急指令スノーデンを確保せよ  War without a code of Sheremetyevo Airport. Emergency directive, Ensure Snowden | トップページ | (25.7.5) 誰がモルシ政権を崩壊させたのか? イスラム急進主義国家の崩壊 »

(25.7.4) ようやく目が覚めたマスメディア。 なぜ中国の経済報道は間違いだらけだったのか? Mass media woke up finally. Why economic news in China was a mistake?

 21_963

  最近になってようやく中国経済の実態が知られるようになってきた。特に中国に金融危機が発生しそうになって、従来のような楽観的な記事が消えた。
それまでの日本のマスメディアは産経新聞を除いて中国のふりまく幻影に踊らされていたといっていい。

注)中国の金融危機の実態は以下にまとめて置いた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-9d6f.html

 特に頻繁に取り上げられるGDPは早くから研究者の間では疑問の声が上がっていたが(何しろやたらに発表が早く統計の専門家の作業常識を超えていた)、マスメディアは発表数字を垂れ流していた。
その数字が間違いだという根拠がない以上信用するとの態度で、おかげで中国は昨年は7.8%の高成長で、本年も7.5%の成長を維持していることになっていた。

注)中国がGDPの数字をどのように作成するかについては以下にその手法を記載しておいた。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/21910-f18a.html

 私がかつて金融機関で融資を担当していた時、決算分析と資金繰り分析をさせられたが、「いくら決算数字が良くても、理由の不明確な資金需要がある会社は怪しい」と教えられたものだ。
中国を会社に例えれば、実に立派な決算数字だが、何か得体のしれない資金需要が発生していてその理由が判明しない、というところだ。

 倒産間際の会社は必ず決算数字を操作し表面は安定している企業を装う。しかしそれでも資金繰りはひっ迫し、「あの会社は高利の金に手を出している」という噂が流れると、誰も融資をするものがなくなって、結果的に倒産する。
日本の最近の事例では安具楽牧場がそうで、決まった時期に配当が出なくなればどんな理由を聞かされてもアウトだ。

 最近中国がこの資金繰り倒産に陥りそうだという記事が、マスメディアに頻繁に登場するようになった。
私が主としてトレースしている新聞は毎日と日経だが、最近毎日新聞が中国金融危機の特集を組むようになり、地方政府の不良債権が雪だるま式に積み上がり、それを支えていたシャドー・バンキングが資金繰り倒産に見舞われそうだと報道している。

 一方日経は上海の株式の下落や短期市場での金利上昇を頻繁に報道するが、一方で中国経済のファンダメンタルは確かだとの姿勢で一貫しており、調整があってもわずかだと述べている(ただし海外の投資家の記事が掲載されるが、その評価は中国の終わりというものだ)。
今マスメディアは産経や毎日のように「中国危うし」派と日経(や朝日)のように「中国まだまだ」派に分かれているが、時間が経つにしたがって「中国まだまだ」派の立場が劣勢になるだろう。

 何度も言って恐縮だが、会社でも国家でも資金繰りに支障が出てくると、たとえ決算数字がいかに立派でも本当は不良債権の山が積みあがっているのだ。
中国では民間資本形成(具体的には地方政府によるマンション建設)が盛んで、これをGDPに計上しているが、実際は最終需要者に売れていない。
それを書類操作で販売できたことにしてGDPに計上しているものの、販売していない以上回収金はないのでどうしても資金手当てが必要になる。

 中国国内のこうした不良債権は350兆円規模に上っているとみられ、サブプライムローンと何ら変わりがないが、幸いにこの不良債権を小口化して販売している先は中国人なので、世界経済に対する影響が限定的だ(もちろん一部は投資信託として海外に向けて販売されているので購入している人はアウトだ)。

 いまだ日本では「中国まだまだ」派の新聞(日経や朝日)が中国の幻想にとりつかれているので、一般市民はこうしたメディアをうのみにしてはいけない。
決算数字はいかようにも加工できるが資金繰りはどうしょうもないので、特に中国の金融機関の資金繰り報道に注意すべきだ(海外のメディアの報道のほうが参考になる)。
そうすれば資金の流れから中国経済の実情を把握できるので、一部マスメディアの判断に迷わされることがなくなる。

注)中国経済がデッドロックに乗り上げていることは以下の記事で記載しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-d9d9.html

Mass media woke up finally. Why economic news in China was a mistake?

More recently, the actual situation of the Chinese economy has come to be known. In particular, the financial crisis is likely to occur in China, optimistic article have disappeared from the mass media.
Japanese mass media had been danced Ghost China except  the Sankei Shimbun.

Especially GDP is taken up frequently in particular, the voice of doubt had turned up among researchers, but the mass media had been pouring away announcement number.
Mass media was an attitude of trust because there is no evidence that the number is wrong, China was supposed to be a high growth of 7.8 percent last year, and has maintained a growth of 7.5 percent this year .

When I was in charge of the loan at a financial institution once, were made to the cash flow analysis and financial analysis, but was tought "the balance sheet figures at best , but the company needs uncertain funding of the reasons, it is suspicious" .
I place if the company analogy, China, It's a really fine balance sheet numbers, but demand for funds is  something nondescript and the reason is also not known.

Article recently that China is likely to fall into this financing bankruptcy, began to appear frequently in the mass media.
And "daily" newspaper that I traced primarily, is "Nikkei". Mainichi Shimbun began to form a feature of Chinese financial crisis recently.
It is reported non-performing loans of local government build-up to snowball, shadow banking supported it , and likely suffered a cash flow bankruptcy.

On the other hand Nikkei has reported frequently rising interest rates in the short-term market and decline of the shares of Shanghai. But the fundamentals of the Chinese economy has said that's for sure. And it's attitude with a slightly if there is adjustment.

And mass media is divided into group as Sankei or Mainichi "Watch Out, China", or group as Nikkei or(Asahi) "still China" now, but as time passes, group "still China" position is going to be outnumbered.

It comes out many troubles  on state's funding and company's funding, (haw closing number is a fine ), really, mountain of bad debt is built up.
It was very active private capital formation(Specifically, apartment construction by local government), which are recorded in GDP  in China, but do not sell to end-user actually.
It is recorded in the GDP by that they have sold in the document operate . However, there is no money recovered because it does not sell, inevitably, it becomes necessary financing.

We found these non-performing loans in China are up to 350 trillion yen. It's no different in any way sub-prime loan. But fortunately, Only Chinese are buying this bad loans . So, the effect on the global economy is limited.

In Japan, (Asahi and Nikkei) newspaper of the group "still China" is obsessed with fantasy of China yet. So the general public do not believe in these media.
It can be processed closing numbers in any way, but  we should pay attention to cash flow coverage of China's financial institutions (especially media reports overseas would be helpful).
That way, it is possible to understand the actual situation of the Chinese economy from the flow of funds, we never to be misled on the judgment of some mass media.

 

|

« (25.7.3) シェレメチェボ空港の仁義なき戦い 緊急指令スノーデンを確保せよ  War without a code of Sheremetyevo Airport. Emergency directive, Ensure Snowden | トップページ | (25.7.5) 誰がモルシ政権を崩壊させたのか? イスラム急進主義国家の崩壊 »

評論 世界経済 中国経済 不動産投資・統計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.7.3) シェレメチェボ空港の仁義なき戦い 緊急指令スノーデンを確保せよ  War without a code of Sheremetyevo Airport. Emergency directive, Ensure Snowden | トップページ | (25.7.5) 誰がモルシ政権を崩壊させたのか? イスラム急進主義国家の崩壊 »