« (25.7.21) 中国最後の虚勢 「経済は崩壊してもGDPは高成長だ」 | トップページ | (25.7.23) 自治体が倒産する。デトロイト、ストックトン、そして夕張 »

(25.7.22) 安倍首相、参院選勝利おめでとう。自民党の圧勝と民主党の凋落

 22824_083
(北海道東部 えりも岬から広尾に向かう黄金道路 江戸時代伊能忠敬がここを測量した)

 今回の参議院選挙は自民党が圧勝し、民主党が凋落した。自公政権は参議院でも過半数を超えてこれで安倍政権は安定政権となった。
思えば2007年の参議院選挙で自民党は敗北し、ねじれ国会になってから6年、日本政治のダッチロールが続いてきたがようやくこれで政治が安定する。

 通常国家の力を評価するのに、政治、経済、軍事、文化がありこれがバランスが取れていることが望ましい。5段階評価でオール5であれば申し分ないのだが日本は残念なことに政治の評価が極端に低かった。
私が評価すれば政治2、経済4、軍事3、文化4である。
日本が政治力を喪失していた間に極東の国家バランスに異変が生じている。

注)なお中国と韓国の私の評価は以下の通り。
中国: 政治5、経済4、軍事4、文化1
韓国: 政治3、経済3、軍事2、文化3


 その間世界政治で躍進したのは中国と韓国で、おかげで日本はこの二国からいいようにあしらわれ、日本は世界で唯一歴史を反省しない非道の国のように扱われてきた。
イ・ミョンバク前韓国大統領は「日本は弱くなったので何を言ってもいいんだ」とうそぶくし、パク・クネ大統領はアメリカの議会で日本非難の演説を行っている。
そして中国は尖閣諸島を日本から掠め取ろうとし、また沖縄独立派を後ろから操って沖縄を中国領にする準備に着手し始めた。

注)中国が沖縄独立派を支援していることは以下に述べておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-8809.html

 あれもこれも日本の政治力が衰えた結果であり、首相が1年も持たない国の元首はどこの国からも相手にしてもらえない。
そしてなぜ1年で崩壊するかというと自民党政権でいえば衆参のねじれで重要法案を通過させられず、衆参の同意人事で日銀総裁もまともに選べないからだ。

 オバマ大統領は8年、胡錦濤主席は10年イ・ミョンバク大統領の任期は5年だったのに、日本の首相は1年で、サミットの記念写真でいつも端に立ったのは、任期の短い元首は端という原則があるからだ。

 しかしようやくそうした政治のダッチロールが終わった。
自公政権は自公合わせて76名が当選し、過半数の121名を大幅に超える135名の参議院議員となり、参議院も晴れて自公で過半数を確保することができた。

 日本の憲政史上民主党が政権をとっていた3年間は、暗黒の時代と記載されるだろう。
鳩山政権はあり得ない辺野古以外の米軍基地の移設を約束して自爆し、菅政権は福島第一原発の処理を誤り、炉心をメルトダウンさせて、世界中に放射能をばらまいてしまった。
わずかに野田政権になってまともになったが、これは野田氏が自民党の手法をまねたからだ。

 かつて極東の経済は日本が突出していたが、中国や韓国の躍進で極東での経済力はいづれもどっこいどっこいになり、突出した国はなくなった。
経済に差がなければ政治力が物を言う。
私は安倍首相の政治スタンスは好きだ。安倍氏は明らかに右派政治家だが日本では長い間左派政治家が良心派だと誤認されてきた。

 中国や韓国に常にへりくだって戦後の反省をするのが左派政治家の常で、村山談話河野談話はその延長線上にある。
だがいくら反省をしてもそれを中国と韓国は受け入れず、「一生反省を繰り返せ」と言う。
もし中国や韓国がまともな国家であれば日本が反省をする意味があるが、中国は21世紀にまれな帝国主義国家で、内部にチベットやウィグルや内蒙古の植民地を持ち、国内の人権団体を圧殺し、ベトナムやフィリピンや日本の領土を掠め取ろうとしている。
そして韓国はその中国の手先となって歴史を歪曲している。

 左派であることはこうした帝国主義国家に加担することだが、幸い中国に親近感を抱いてきた民主党が凋落した。
安倍政権は衆参両院で安定政権になったのだから、政治力を回復し極東での政治バランスを取り戻してもらいたいものだと思う。

注)なお安倍首相の外交政策についてはその手際の良さが光っており、それは以下に述べておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-81f2.html

|

« (25.7.21) 中国最後の虚勢 「経済は崩壊してもGDPは高成長だ」 | トップページ | (25.7.23) 自治体が倒産する。デトロイト、ストックトン、そして夕張 »

評論 日本の政治 安倍内閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.7.21) 中国最後の虚勢 「経済は崩壊してもGDPは高成長だ」 | トップページ | (25.7.23) 自治体が倒産する。デトロイト、ストックトン、そして夕張 »