« (25.7.2) 失敗記 またしてもつくばマラソンの登録に失敗した。2連敗だ。Failure report Failed to register Tsukuba Marathon once again. Two-game losing streak. | トップページ | (25.7.4) ようやく目が覚めたマスメディア。 なぜ中国の経済報道は間違いだらけだったのか? Mass media woke up finally. Why economic news in China was a mistake? »

(25.7.3) シェレメチェボ空港の仁義なき戦い 緊急指令スノーデンを確保せよ  War without a code of Sheremetyevo Airport. Emergency directive, Ensure Snowden

 21_354

 私が中国という国を快く思っていないのは、内部にチベット、ウィグル、内蒙古と言った植民地を持ち、さらにベトナムフィリピンから領土を強奪し、ついでに日本の尖閣諸島を奪おうとするなど、19世紀の帝国主義国家と何ら変わらない国家だからだ。

 だが一方で中国の戦略性には舌を巻くほど驚き、高く評価している。
今回のアメリカと中国のサイバー戦争でアメリカに対し一歩も引けを足らず、かえって有利に戦略を進めているのだから、さすが孫子の国と思う。

 アメリカが6月の初めに中国の習近平主席を呼びつけ、政府機関や防衛産業、およびアップルなどのIT産業に対するハッキング行為を証拠を示して追求したが、中国はその程度でひるむような国ではなかった。
さっそくたらし込んでいた元CIA職員NSA(国家安全保障局)嘱託職員だったスノーデン氏を操ってNSAがアメリカ市民や世界の市民の電話やメールを非合法で収集していることを暴露させた。

注)このあたりの経緯については以下の記事で詳述しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-cad6.html

 これでアメリカは全くメンツを失い、中国に盗聴を止めさす根拠を失ったが、今回アメリカ市民、世界市民の盗聴に続く第三弾がさく裂した。
今度はアメリカ在住の外国大使館やEUの代表部や国連本部38か所がNSAの盗聴対象だったことが暴露されて、世界各国からアメリカが非難される立場に追いやられた。

我が国大使館をテロの対象国として盗聴しているのはなぜか!!」
フランスのオランド大統領やドイツのメルケル首相から、怒りの電話がかかり即刻こうした盗聴行為を止めるように迫られてアメリカは全く立場をなくしている。
中国はしてやったりと得意満面のはずだ。

注)実際はアメリカが盗聴していることはどこの大使館でも承知の事実で、秘密会議は盗聴防止のある特別会議室で行う等、対応策をとっている。今回はその事実が白日の下にさらされたということ。

 
 アメリカは中国のカウンターパンチに押されぱなしだが、それでもこのアメリカと中国のサイバー戦争の決着はまだついていない。
アメリカがスノーデン容疑者を逮捕し、中国が金と女を使って国家秘密を暴露させた事実を公表すれば、世論は一気にオバマ政権支持に傾く。
だからアメリカはメンツをかけてスノーデン容疑者を逮捕しようと躍起となっている。

 一方で中国は何とかスノーデン容疑者をかくまっておきたかったが、香港中国本土ではいかにもスノーデン容疑者をたらし込んだのが中国だとばれるので、何とかエクアドル(ウィキリークスのアサジン容疑者もかくまわれている)と話をつけて、モスクワ経由で逃そうとした。
アメリカは必死だからそんなことをされては大変なので、すぐにスノーデン容疑者のパスポートを無効にして、モスクワからエクアドルへの航空券を購入できなくさせた。

 困ったのがロシア政府で、さっさとエクアドルに旅立ってほしかったのが、形式的にではあれ航空券などを販売すればスノーデン容疑者の仲間になってしまう。
仕方がないのでスノーデン容疑者をモスクワ・シェレメチェボ空港のトランジットルームに隔離して形式論理で対抗している。
スノーデンはまだ我が国には入国していないので、逮捕などできない」

 まさに映画ターミナルトム・ハンクスが演じた主人公になってしまった。
私はシェレメチェボ空港をよく知っているが、大国と言われる国の空港としては最悪の部類で、薄暗くて狭い何とも陰惨な場所である。
かつてロシアがソビエトと言っていた時代、できるだけ外国から人が来ないようにあるったけの知恵を動員し、監獄のような印象にした空港である。

 今このシェレメチェボ空港でアメリカ、ロシア、中国がパワーゲームを繰り広げている。
何とかスノーデン氏をエクアドルに逃したい中国・ロシアとそれを絶対に阻止したいアメリカとの戦いはどうなるだろうか。
アメリカがここでスノーデン氏を逃すと、次なる暴露でほとんどアメリカの正義は失墜し、中国は思いのままアメリカや日本の防衛産業や先端技術を盗みまくれることになる。
悔しかったら、お前も盗んでみろ!!!」という具合だ。

 一方アメリカがスノーデン氏を逮捕できれば、中国の孫子の兵法金と女でたらしこむ)が公になり、スノーデン氏の評判は地に落ち、オバマ政権は再び中国に攻勢をかけられる。
この勝負どちらが勝つだろうか。私はアメリカに勝ってもらいたいが、今のところ勝負はイーブンだ。

なおサイバー戦争の過去からの記事は以下にまとめて入っています。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46749968/index.html

War without a code of Sheremetyevo Airport. Emergency directive, Ensure  Snowden

I have hated the country of China.  Because China has a inside colony , Tibetan, Uygur, China and Inner Mongolia , and snatch territory from the Philippines and Vietnamsteal the Senkaku Islands in Japan. China is a nation which does not change any state of imperialism of the 19th century.

But on the other hand, I astonished about the strategy of China,and I have a high opinion.
In the cyber war between the United States and China , China is fighting neck and neck with the United States, and China is promoting a strategy to advantage , I think China is a country of Sun Tzu.

America has summoned the President Xi Jinping of China at the beginning of June. So , USA sought to show the evidence the hacking for the defense industry and government agencies、 IT industry such as Apple, but China was not a country like flinch at that degree.

A former CIA officer and Temporary Employee of NSA (National Security Agency) , Snowden that has been acquired by China, exposed that NSA is collecting illegal to telephone and e-mail of citizens of the world and U.S. citizens .

America loses face at all ,and Ameriga lost the reason to put an end to the eavesdropping China.
In addition, this time,third bullet was exploding  following the wiretapping American citizens, citizens of the world .
This time was exposed that office of the United Nations and 38 representatives of the EU and foreign embassies of the United States resident was subject to NSA eavesdropping , the United States is condemned from all over the world.

"NSA's eavesdropping as countries of terrorism our country embassy is unforgivable!"
President Hollande of FranceGerman Chancellor Angela Merkel, angry phone call takes, America has lost its position at all under pressure to stop these eavesdropping act immediately.
China should puffed-up.

America has been pushed to counter punch of China, but still, end of cyber war between China and America is not on yet.
If the United States arrested a suspect Snowden and publish the fact that , China has exposed the state secret with a woman and money, public opinion tilts Obama administration support at a stretch.
So America has become a desperate attempt to arrest the suspect Snowden.

China wished to keep harboring Snowden suspect in mainland China and Hong Kong somehow. On the other hand, it is come to light that it is China's acquired Snowden suspect indeed . So China put the story  somehow, it tried to exile in Moscow

via to Ecuador  (Asajin suspects wiki lease network is also sheltered)

America is desperate, it's very such a thing.So America can disable the passport of Snowden suspect immediately, he was impossible to buy a flight to Ecuador from Moscow.

The Russian government was in trouble, Russia wanted traveled to Ecuador quickly him,But if Russia sell the ticket in formally it becomes a friend of Snowden suspect .
Since there is no way, Russia is countered by formal logic to isolate the transit room of Moscow Sheremetyevo airport Snowden suspect.
"Because he do not enter my country,so he is still in overseas, we can not be arrested him"

America, Russia, China is engaged in a power game in this Sheremetyevo Airport now.
What would come to a conclusion of the battle with China and Russia and America, China and Russia want to miss in Ecuador Snowden somehow, On the other hand the United States that want to absolutely prevent it,

If America  miss Mr. Snowden here, justice in the United States whould fall almost the next exposure. On the other hand China will be able to ride up stealing the advanced technology and defense industry in the United States and Japan l.
And said "if chagrin, you too! Dare steal"

.On the other hand if  the United Statescan arrest Mr. Snowden , could do publicly (debauch and woman in gold) Art of War of China, reputation of Snowden's fell to the ground, the Obama administration is subjected to offensive to China again.
This game which one will win?. I want to win the United States, but game is even so far.

 

|

« (25.7.2) 失敗記 またしてもつくばマラソンの登録に失敗した。2連敗だ。Failure report Failed to register Tsukuba Marathon once again. Two-game losing streak. | トップページ | (25.7.4) ようやく目が覚めたマスメディア。 なぜ中国の経済報道は間違いだらけだったのか? Mass media woke up finally. Why economic news in China was a mistake? »

システム サイバー戦争」カテゴリの記事

コメント

僕も国家としての中国は評価に値しないと思いますが、国家戦略に関しては我が国ももっと中国のように貪欲になるべきかと思います。中国のハニートラップは情報収集の為の必須アイテムとして有名ですもんね(笑)その矛先が日本に向いているのも周知の事実のようで、日本の大使館員や,公私を問わず中国訪問する各省庁の役人にも触手を伸ばされている事に関しては憂慮してしまいます。 他に中国のしたたかさを痛感した事があります。それは自衛隊基地付近のスナックなどに勤める中国人ホステスと自衛隊隊員の結婚がものすごい勢いで増えている事です。我が国も早く何らかの手を打たないと偉い事になりそうです(汗)

投稿: 神戸の哲郎 | 2013年7月 3日 (水) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.7.2) 失敗記 またしてもつくばマラソンの登録に失敗した。2連敗だ。Failure report Failed to register Tsukuba Marathon once again. Two-game losing streak. | トップページ | (25.7.4) ようやく目が覚めたマスメディア。 なぜ中国の経済報道は間違いだらけだったのか? Mass media woke up finally. Why economic news in China was a mistake? »