« (25.7.6) 今度はポルトガルが火を噴いた。EUの失われた5年 Portugal was blowing the fire this time. 5 lost Year of EU | トップページ | (25.7.8) ようやく反撃体制が整う従軍慰安婦問題 自民党の圧勝でアメリカ世論に対するロビー活動が復活する!! Finally, the comfort women issue counterattack system is ready. Lobbying for American public opinion is overwhelming victory in the revival of the Liberal Democratic Party! ! »

(25.7.7) ためしてガッテン 炭酸パワーの真実 意外に健康に効果的だ!!

21_1046_2 

 今回のためしてガッテンは、私のようなコカコーラの愛飲者にとっては非常に楽しい番組だった。
従来炭酸飲料骨を溶かすのであまり飲まないほうがいいと言われてきたが、私はそうした言葉を全く無視してコーラを飲み続けてきた。

 特にマラソンをして水分補給が必要な時はまずコーラを飲むことにしており、「山崎さんのように健康志向の人がよくそんなに平気でコーラを飲みますね」とよく言われたものだ。
経験的に私の身体にもっともよくあっているからだが、なぜそうなのかは知らなかった。

 今回の番組では最初に胃の中にあるカルシウムの結石をコカコーラを振りかけて分解して取り出す治療が紹介されており、確かに炭酸水はカルシウムを溶かす効果があるようだ。
考えてみれば鍾乳洞などは水の中に含まれる二酸化炭素によって長い間に削られてできたのだから、同じカルシウムでできている骨が解けるのもうなずける。

 ただしこの治療法はかなり長時間(映像の治療では2日間)カルシウムに炭酸を吹きかけた結果であって、通常私たちがコーラを飲むのは一瞬であり、さらに骨に直接触れるのは歯以外はないのだから、骨が解けると心配する必要はないという(骨を溶かすというのは都市伝説にすぎない)。

 かえって炭酸には意外な治療効果があることが分かっているのだそうだ。
大分県由布市で天然の炭酸水が出る場所があって、そこの住民はこの炭酸水を飲んでいるので健康になったと証言していた。
そのメカニズムは、体を炭酸水につけたり、飲んだりすると二酸化炭素が血管に吸収されて、酸素と二酸化炭素の比率が二酸化炭素側に傾く。
すると身体は酸欠になったものと誤解して血管を膨張させ、血流を促進させるのだそうだ

 この結果血のめぐりがよくなり、壊疽のような重篤の病気や簡単な傷が治るのだという。また同じく血流効果で胃腸の働きが促進されたり、その結果便秘予防にもなるという。
何とも素晴らしい効果だ。
ただしこれにも限界があって、だいたい炭酸水一日150ml程度で十分であり、500mlを超えると胃の消化液を薄めてかえって胃の調子が悪くなるという。

 私は夏に北海道で毎日80㎞程度2週間にわたって走るレースに参加したことがあるが、夏の北海道は内陸部になるととてつもなく熱い。
こうした時は店や自販機を見つけるとコーラをがぶ飲みしていたが2〜3日で完全に胃腸は崩壊しひどい下痢に悩まされたものだ。
過ぎたるは及ばざるがごとしというのだろう。

 さらに今回の番組の白眉は、コーラをいくら降っても泡が噴出さない方法があるという実演だった。
実際私はコーラを片手に持って走りながら飲んでいるが、常に泡の吹き出しには往生している。
「何とかならないものか・・・・」と思っていたら、信じられない方法で対処できることを実演してくれた。

 吹き出しのメカニズムは振ると小さな泡がいっぱいできるのだが、ふたを開けるとこれが一斉に上昇して周りの水分まで引き連れて噴出するのだという。
だからその小さな泡を弱い振動で再び消しておけば、ふたを開ければ少しの泡(二酸化炭素)だけが出て、水分の噴出を抑えられるという。
その方法がふるっていて、コーラをあごと鎖骨の間に挟んで30秒程度歌を歌えばいいのだという
番組の出演者がその方法で泡の噴出を抑えていたので私はすっかり感心してしまった。

よっしゃ、俺もやってみよう
毎日清掃活動の途中でよってコーラを飲んでいるジャスコで試すことにした。思いっきり振って次にあごの間に挟んで振動を与え、いさ蓋を開けたら思いっきり泡が噴出して体中がコーラびたしになってしまった。
どうやら弱い振動を与える時間が十分でなかったらしい(歌でなくウゥーと唸っているだけでもいいのだが、ジャスコで長時間そんなことをしていたら警備員が飛んできそうだった
このように失敗もあるがうまくやれば噴出はふせげそうだ。
今回は大好きな炭酸飲料(コカ・コーラ)の思わぬ健康効果と対処方法だったので実に楽しく見せてもらった。

なおためしてガッテンシリーズは以下にまとめて入っています。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk/index.html

|

« (25.7.6) 今度はポルトガルが火を噴いた。EUの失われた5年 Portugal was blowing the fire this time. 5 lost Year of EU | トップページ | (25.7.8) ようやく反撃体制が整う従軍慰安婦問題 自民党の圧勝でアメリカ世論に対するロビー活動が復活する!! Finally, the comfort women issue counterattack system is ready. Lobbying for American public opinion is overwhelming victory in the revival of the Liberal Democratic Party! ! »

NHK ためしてガッテン」カテゴリの記事

コメント

暑いですね~コーラ、アイスが売れて売れて夏本番ですね。
私たち夫婦も、ためしてガッテンのファンで楽しく見ています。
各一回のテーマに担当者が2か月半かけて制作していると知ってますます好きになりました。
ところで、冒頭の写真ですが、いつもきれいで感心しています。
何処を写した写真か知りたいと思っていますが、いろいろ著作権等の問題などがあり、何処の場所ですとコメントは難しいのでしょうね?
以前、山崎さんが写真についてコメントいていましたね、
あそこに書いていましたかね、そこらへんのこと?

(山崎)写真はすべて自分が撮った物です(そうでない場合は撮影者を記載しています)。
ただルーブル博物館やその他の美術館で撮影したものがあり(撮影OKの場所があります)、この場合は本質的な著作権は作者にあります。
このブログは無料で見ていただいていますので、商売で使用しているわけでありませんので撮った写真の掲載を許してもらっております。

投稿: アブラコ | 2013年7月 7日 (日) 22時29分

大半は山崎さんが写した写真なのですね。
すみません、写した場所どこに書いてあるんですか?

(山崎)実は書いてないので時々どこの写真か問われます。できるだけ書くようにします。

投稿: アブラコ | 2013年7月 8日 (月) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.7.6) 今度はポルトガルが火を噴いた。EUの失われた5年 Portugal was blowing the fire this time. 5 lost Year of EU | トップページ | (25.7.8) ようやく反撃体制が整う従軍慰安婦問題 自民党の圧勝でアメリカ世論に対するロビー活動が復活する!! Finally, the comfort women issue counterattack system is ready. Lobbying for American public opinion is overwhelming victory in the revival of the Liberal Democratic Party! ! »