« (25.6.25) 世界に英訳ブログを発信しよう。だが悪戦苦闘の毎日だ!!I want to place the English translation blog in the world. But it's daily struggle | トップページ | (25.6.28) 日本は体性幹細胞による治療の意外な超先進国 Japan, a surprising super-developed countries of treatment with somatic stem cells »

(25.6.27) 最後のバブル大国、中国バブルが崩壊し始めた。影響は世界に及ぶのか? Bubble powers last, China bubble began to collapse. Affect whether the range in the world?

20120713_155920 

 時代の変わり目が早くてとてもついていけない。
FRBのバーナンキ議長がこの9月にもアメリカの超緩和策を転換するとアナウンスしたとたんに世界中が蜂の巣を突っついたような大騒ぎになってしまった。

 日本では昨年末からはじまったアベノミクスで株式も不動産も値上がりして資産家の懐が緩んでいたが、バーナンキ議長の一言でアベノミクスが終わってしまった。
世界中に金をばらまいていたアメリカが引き締めに入れば誰でもバブルに踊っているわけにはいかない。

 ミニバブルが終わったのはアメリカ日本だけかと思っていたら、ついに真打が現れた。
中国である。中国はリーマン・ショック時にも60兆円規模の財政資金を投入してこのバブル崩壊を乗り切っていたが、今その付けが一気に現れている。
こちらはまだバブルが崩壊していなかっただけ本格的なバブル崩壊だ。

 兆候はいたるところに表れている。短期資金が一時13%以上に上昇したり、中国の代表的な株式指数の上海総合指数奈落の底に落ちそうな気配になっている。
指数はすでにピーク時の3分の1まで落ちていたが、この一週間で5%以上の下落をしたので、投資家は真っ青になった。
一体中国に何が起こっているのだ。中国の成長は7.8%でなかったのか??」
GDPの成長率と実体経済の乖離の大きさに言葉を失いそうだ。

注)短期資金問題については以下にまとめておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-9d6f.html

 実は中国にはまともな会計基準などなく、特に国営企業は党の幹部の私物のようなものだから魑魅魍魎の世界で、儲かっているときは収益を海外に送金して隠し、儲からなくなると数字をごまかして平然としている。
すべてが安愚楽牧場と同じだと言えばイメージがわくだろう。

 今中国政府がもっとも懸念しているのは、アメリカのサブプライムローンと同様の不良債権が中国の銀行につみあがっていることで、中国発のリーマン・ショックが起こりそうなことだ。
中国中央銀行は融資についてはコントロールをしているが、いわゆる簿外の融資については全くコントロールが効かない。

 中国人はアメリカ人と同様儲かることならば何でもおこなうので、融資を絞られれてもあらゆる手段で中央銀行の目をかいくぐろうとする。
簿外の融資の形式も様々で、中国では国営企業に対する融資は甘いからこれを利用した迂回融資が盛んに行われている。

注)地方政府が信託会社を設立して資金を集める方法については以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b399.html

 景気回復のためには緩和政策が必要だが、不動産関連企業に融資をするとバブルを増幅するので、銀行融資は堅いと思われる国営企業に集中する。
鉄鋼業などは典型的にそうだが、一方融資をされても鉄鋼業界は過剰生産で青息吐息なので設備投資になどに使えない。
そこでこの融資金を利ざやをとって地方政府や不動産会社に迂回融資するのだが、一般に6%程度で調達して12%程度銀行間の短期資金レート並)のレートで貸し出しを行っている。

 だがここがいかにも中国的だが、企業からの迂回融資が中央銀行にばれると困るので、融資金を銀行に預金しそれを金融機関が融資をしたことにして、企業はバランスシート上に載せない.。
一方金融機関はこれも融資がばれるとまずいので、単なるコミッション取引にして手数料収入だけを計上する。
かくして地方政府や不動産会社に対する融資はすべて簿外になって中央銀行の目を逃れることができる。

 こうした簿外の融資(信託会社分を含めて)はS&Pの推定では350兆円規模に上っているが、本当は誰もその実態を知らない。
現在王岐山副首相をトップとする腐敗撲滅運動が実施されていて、この簿外の融資を洗い出しているが、王岐山氏といえども本当は何が何だかわからないだろう。

注)なぜ簿外融資を洗い出すことが腐敗撲滅運動に結び付くかというと、中国ではすべての融資にコミッションが要求され、共産党幹部の懐に入っているから。

 1990年代に日本の不動産バブルは崩壊し、2008年にアメリカを震源としてヨーロッパを巻き込んだサブプライムローンバブルが崩壊した。
そして最後まで残っていたバブル大国中国の不動産バブルが今崩壊しようとしている
この影響がどこまで及ぶのか、中国国内だけのバブル崩壊で済むのか、それとも世界を巻き込んだバブル崩壊になるのか、世界中がかたずをのんで中国金融界の行方に注目している。

注)中国は基本的に海外からの資金移動を制限しているので、バブル崩壊は中国国内にとどまり日本型のバブル崩壊になる可能性が高い。だがこうしたことは蓋を開けてみないと分からないのが普通で、リーマンショック時に財務大臣が「蜂に刺された程度」と称したがスズメバチだった例もある。

Bubble powers last, China bubble began to collapse. Affect whether the range in the world?


Turn of the era is too early, I do not keep up with the times.
Bernanke FRB has announced the United States will convert the easing measures in September. Then, it became a big deal around the world, such as poking a beehive.

In Abenomics that began from the end of last year, the bosom of assets house was loose because stock and real estate have risen in Japan.
Abenomics has gone over in a word of Bernanke.
America that was handed out money all over the world, enter the monetary tightening, everyone is no longer to dance to bubble.

If I thought that only the United States and Japan,Mini bubble that occurred after the Lehman Shock's was over, the star performer appeared at last.
It is China. China had survived the collapse of the bubble economy with the introduction of financial funds of 60 trillion yen to the Lehman shock. But bubble that was hidden has appeared at a stretch.

Signs are evident everywhere.
Short-term funds has risen to more than 13% time. In addition, it would be signs that Shanghai Composite Index stock index typical of China has become fall into the abyss.
Index had fallen to one-third of the peak already, but ,because she was falling more than 5% in the past week, investors have turned pale.

In fact,there is no such decent accounting standards in China.
State-owned enterprises, because it was something like the personal belongings of the executive of the party, to hide by sending funds overseas earnings when you are profitable, fudge the figures while the no longer profitable.

The Chinese government's most concerned about now is that a By bad debt similar to the sub-prime loans in the U.S. is building up to Bank of China, the collapse of Lehman Brothers from China is likely to occur.
China central bank has a control for the loan, but the control does not work at all for the loan of so-called off-balance sheet.

Like the Americans, the Chinese performed anything if that is profitable. When they are squeezed the loan , the Chinese try to write back of the central bank in any means.
Form of off-balance-sheet financing is also a variety. Loans to state-owned enterprises loose in China, bypass loan using this has been actively.

Easing policy is required for economic recovery, but lending to real estate companies amplify the bubble. So bank lending is focus on state-owned enterprises.
Such as the steel industry so typically, On the other hand, the steel industry in the overproduction be a loan, it can not be such as to capital investment.
Therefore, the entity bypass loan this loan. It is lent to real estate companies and local governments to take this margin loan. The loan raised by about 6% in general, the interest rates are borrowed at a rate of about 12%.

But bypass loan does troubles if it is
known to the central bank. So companies  deposit the bank loan. and the financial institution has made a loan to the real estate company it , company Remove from balance sheet on it.
On the other hand financial institutions so bad that the loan is known to the central bank this, they record only the commission money with a mere commission trading.
Thus, loans to real estate companies and local governments be able to escape the eyes of the central bank to become the off-balance sheet .

Financing of these off-balance sheet is up to 350 trillion yen in the estimation of the S & P, but who do not even know the actual situation really.
Corruption crusade that top the Deputy Prime Minister Wang Qishan is currently being conducted. It is washed out of this loan book outside, but in Mr. Wang Qishan, what could he do not know somehow.

Real estate bubble in Japan collapsed in the 1990s, the subprime mortgage bubble involving Europe as epicenter America in 2008 collapsed.
And bubble powers were left to the end, real estate bubble in China is going to collapse now.

|

« (25.6.25) 世界に英訳ブログを発信しよう。だが悪戦苦闘の毎日だ!!I want to place the English translation blog in the world. But it's daily struggle | トップページ | (25.6.28) 日本は体性幹細胞による治療の意外な超先進国 Japan, a surprising super-developed countries of treatment with somatic stem cells »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.6.25) 世界に英訳ブログを発信しよう。だが悪戦苦闘の毎日だ!!I want to place the English translation blog in the world. But it's daily struggle | トップページ | (25.6.28) 日本は体性幹細胞による治療の意外な超先進国 Japan, a surprising super-developed countries of treatment with somatic stem cells »