« (25.6.27) 最後のバブル大国、中国バブルが崩壊し始めた。影響は世界に及ぶのか? Bubble powers last, China bubble began to collapse. Affect whether the range in the world? | トップページ | (25.6.29) 中国経済の失速とコモディティ市場の崩壊 鉄鉱石も銅も金も値下がりだ!! Collapse of commodity markets and stall of the Chinese economy. Copper and iron ore and gold are fall! ! »

(25.6.28) 日本は体性幹細胞による治療の意外な超先進国 Japan, a surprising super-developed countries of treatment with somatic stem cells

21_711 

  私のように医学に対して多くの知識がないものからすると山中伸弥教授が開発したiPS細胞と、現在実際に治療が行われている体性幹細胞の区別がつかない。
先日クローズアップ現代で「体性幹細胞の闇」という番組を放送していたので興味深く見たが、おぼろげながらその違いが分かってきた。

注)大雑把にいうとiPS細胞は通常の体細胞に遺伝子を組み込んで幹細胞に変えたもので、一方体性幹細胞は人体の身体の中にある幹細胞を使用するもの。
iPS細胞は人間が作り出した幹細胞なので、正式の名称は「人工多能性幹細胞」という。
なお、iPS細胞については以下の記事にまとめておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-7b7d.html


 今日本では100か所以上のクリニックでこの体性幹細胞を使用した医療行為が行われていて、すでに1万人以上の人が治療を受けているという。
具体的な治療方法は患者の腹部の脂肪を取り出し、その中に含まれている体性幹細胞何にでも変化する細胞)を抽出して培養し、それを注射器や点滴で体内に戻すのだそうだ。

注)この治療はiPS細胞と違って人体内に存在する幹細胞を使用する。なお私は医学知識が不足しているので体性幹細胞があるのになぜiPS細胞を作り出すのかわからない。

 体性幹細胞はどのような臓器にでも変化するので、たとえば重篤な血管障害があるとその血管を再生したり、筋肉が委縮して身体を動かせない患者に投与すると筋肉が再生して身体を動かすことができる可能性があるという。
こうした患者に対して日本では治療が実施されているが、臨床試験もなくかつ厚労省の承認もなく行われている

 私はすべての医療行為は厚労省の承認のもとに行われているのだと思っていたがそれは誤解で、厚労省は医療保険制度との関連でのみ医療行為の承認をしている。
保険対象の医療については厚労省が承認いたします。しかし自由診療の世界は医者と患者の自己責任で行ってください」ということのようだ。

 このため日本ではこの最先端の医療に積極的な医師が、いわば実験的に体性幹細胞による治療を実施しているが、一方海外ではこの自由診療に一定の歯止めがかけられているのだそうだ。
問題の所在は体性幹細胞による治療はいきなり人体実験をしており、試行錯誤の過程で医療事故が発生することだ

 たとえば視力の衰えた患者の目の周りに体性幹細胞を注射してかえって網膜剥離になって失明したり、豊胸手術を行った患者が豊胸などならずに乳房にしこりができていた。
またしわ取りの体性幹細胞注射を行ってそこにあざができた患者がいた。

 私は当初この治療は難病で他に治療法がない場合に医師と患者が相談して実施しているものと思っていたが、どうやら美容整形にも適用されているようだ。
臨床試験も行われず厚労省の承認がない治療法で美容整形まで行うのはやはりやりすぎで、こうした最先端の医療は本当の難病で他に治療法がない場合にのみ行うべきものだろう

 番組に出演していた専門家は「臨床試験もせずに治療行為が行われると、一旦事故が発生した場合はその医療研究が10年から20年遅れてしまうので、安易に行うべきでない」とコメントしていた。
かつて心臓移植手術で札幌医科大学チームが失敗し、その後長い間心臓移植が行われなかった事例などを言っているのだろう。

 だが一方でこの自由診療による体性幹細胞診療は世界の重篤な患者から注目され、日本に集団でこの治療を受けに来ているという。
韓国では体性幹細胞による治療は法律で禁止されているため、韓国のバイオ企業が日本の医師と提携して、増殖させた体性幹細胞を日本で注入する医療が実施され、すでに8000名の患者が治療を受けているという(韓国だけで8000名だから全体では1万人をかなり上回った数字だとおもう)。
また番組ではロシヤバイオ企業がやはり世界中から患者を募り、日本のクリニックと提携して体性幹細胞治療(体性幹細胞の培養はロシアで行う)を行うビジネスモデルを作ろうとしていた。

 厚労省は今までこの自由診療による体性幹細胞治療に全く無関心で、すでに多くの患者がこの治療を受けていることにショックを受けていた。
あまりの拡大に驚いて厚労省は最低限のルールとして、医療のスタッフと設備についてチェックを行う法改正を準備していたが、今国会では継続審議になっている。

注)当初は医療効果もチェックの対象にしようとしたが、もともと臨床試験が行われていない医療行為だから効果まで含めると人体実験で医療効果を試していることになってしまう。

 私は驚くとともに感心してしまった。
なるほどね、自由診療の世界ではなんでもありで、医師と患者の自己責任で行われているのだ
日本では厚労省が承認した医療行為で事故が発生すると国の責任を問われるので、承認行為は遅々として進まず絶対に安全と海外で確認されて初めて承認される場合が多い。

注)厚労省は自由診療と保険診療の両方を同一患者に行う混合診療に反対しているが、自由診療については厚労省がノウタッチなので嫌がっていることを初めて知った(医療事故が発生した場合混合診療を認めるとどちらで起こっても厚労省の責任になるため)。
厚労省の体質については以下の記事にまとめて置いた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-b386.html

 こうした厚労省の体質に嫌気をさした患者と医師が自由診療という枠内で先端医療に取り組んでいるのが現実のようだ。
日本はこの分野で間違いなく世界の最先端を結果的に走っている。

 私はこうした動きに賛成で、特に他に治療法がない重篤な患者は大いに先端医療を自由診療で受けるのがいいと思う(反対に美容整形などに適用すべきでない)。
もちろん費用は掛かるがそれは自己責任の範囲の話で、お金を持っているが健康を損なっている人は金を持っている意味がないので、大いにこの治療法にかけてもいいと思う。

Japan, a surprising super-developed countries of treatment with somatic stem cells

From a person who does not have a lot of knowledge to medicine like me, I do not know the distinction between somatic stem cell treatment is being carried out in practice and iPS cells Professor Shinya Yamanaka was developed.
Look interesting, it has been found the difference while vague because it had been broadcasting the "darkness of somatic stem cells" in the show called "Today's Close-up".

In Japan, in the clinic of more than 100 locations, medical practice using this somatic stem cells have been done now, more than 10,000 people that are being treated already.
Treatment specific method is as follows.
Doctors take out the fat of the patient's abdomen. Next, the physician culturesomatic stem cells(cell change anything) contained therein. It told me that he returned to the body after a drip or syringe it.

Somatic stem cells to change in any organ.
For example, it is possible to regenerate the blood vessel there is a vascular disorder severe. Further muscle is shrunk, and administering it to a patient that does not move the body, may be able to move the body muscles playing.
Treatment with somatic stem cells have been implemented in Japan for these patients. But this treatment has been carried out without the approval of the ministry,and clinical trials  not performed.

I thought medical practice of all is being done under the approval of the ministry. But that is misunderstanding, the ministry has the approval of the medical practice only in the context of the medical insurance system.
It seems  "Ministry will made only for the approval of medical insurance target. However private practice, please go at your own risk and the patient's doctor" .

For this reason, in Japan, aggressive doctors who is interested in this state-of-the-art medical care , has carried out treatment with somatic stem cells experimentally . On the other hand, in the free practice, certain brake is applied in foreign countries.
The location of the problem, treatment with somatic stem cells have been experiments on humans suddenly, medical accident occurs in the course of trial and error.

I thought initially, this treatment is assumed that if there is no treatment to other incurable diseases, conducts doctors and patients consult, but it seems to have been applied to cosmetic surgery.
Clinical trials not carried out, and it's done to cosmetic surgery in the treatment without the approval of the ministry, it is a problem. Medical care of these state-of-the-art should be taken only when there is no treatment to other , has carried out treatment with somatic stem cells experimentally . On the other hand, in the free practice, certain brake is applied in foreign countries.
The location of the problem, treatment with somatic stem cells have been experiments on humans suddenly, medical, has carried out treatment with somatic stem cells experimentally . On the other hand, in the free practice, certain brake is applied in foreign countries.

The location of the problem, treatment with somatic stem cells have been experiments on humans suddenly, medical accident occurs in the course of trial and error. accident occurs in the course of trial and error.

Experts had appeared on the show had commented as follows.
"Therapeutic intervention is performed without doing clinical trials, the medical research will delay 20-10 years if an accident occurs, then it should not be done easily."

But  somatic stem cell medical treatment of this free medical care is attracting attention from critically ill patients in the world ,and they come to Japan to receive this treatment .
In South Korea, for treatment with somatic stem cells are prohibited by law, biotechnology company in South Korea Joints partnership with Japanese physicians, medical care for injecting in Japan somatic stem cells grown is performed, the patient of 8,000 already are being treated.

The ministry is completely indifferent to the somatic stem cell treatment with this private practice , so the ministry was shocked that many patients have received this treatment already.
Amazed by expanding too much, as minimum rules, the ministry was preparing a legal revision to be checked for equipment and staff of the medical, but it is to continue deliberations in the current Diet session.

As well as I surprised, I've been impressed.
"I see, there is anything in the world of private practice, and it is done in self-responsibility of doctors and patients"
The ministry be held liable in the country if the accident occurred .
Therefore, the approval act is very slow, and it be approved for the first time been identified abroad and absolutely safe in many cases.

Reality was revealed that patients and physicians that refers to the anaerobic constitution of such a ministry, are working on cutting-edge medical within the framework of free medical care .
Definitely in this area, Japan is running consequently the state-of-the-art world.

I think in favor to this trend, critically ill patients who is no treatment other particular, should receive a free practice the advanced medical greatly .
Of course, the cost takes, but in the story of a range of self-responsibility, it does not make sense to have the money to people who have impaired health, it'll be subjected to this treatment much .

 

|

« (25.6.27) 最後のバブル大国、中国バブルが崩壊し始めた。影響は世界に及ぶのか? Bubble powers last, China bubble began to collapse. Affect whether the range in the world? | トップページ | (25.6.29) 中国経済の失速とコモディティ市場の崩壊 鉄鉱石も銅も金も値下がりだ!! Collapse of commodity markets and stall of the Chinese economy. Copper and iron ore and gold are fall! ! »

評論 日本の経済 経済成長 医療分野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.6.27) 最後のバブル大国、中国バブルが崩壊し始めた。影響は世界に及ぶのか? Bubble powers last, China bubble began to collapse. Affect whether the range in the world? | トップページ | (25.6.29) 中国経済の失速とコモディティ市場の崩壊 鉄鉱石も銅も金も値下がりだ!! Collapse of commodity markets and stall of the Chinese economy. Copper and iron ore and gold are fall! ! »