« (25.6.19) NHK 中国激動 「怒れる民をどう収めるか」 高度成長の時代の終わりと分配問題 | トップページ | (25.6.21) ブラジル経済の失速と抗議デモの発生 中国頼み経済のもろさ Occurrence of protests and stall of the Brazilian economy. The exposure of weakness in the economy that is dependent on China »

(25.6.20) クローズアップ現代 人工光合成がエネルギー問題を解決する

Dscf00481

 人工光合成についてNHKのクローズアップ現代で取り扱っていたが、私のように化学と言えば中学や高校の時間に教わった化学がすべてである人間にとって、「人工光合成」と言われてもそのメカニズムも人類に対する重要性も知らなかった。
光合成って植物が太陽光線を使ってでんぷんを作り出すだす、あれだろう。それと人工光合成とどう違うんだい。わざわざでんぷんを人工的に作ってそれが何なのだい

 私は光合成というとでんぷんを作ることだと思っていたが、正確には有機物炭素の集まり)を作ることで、でんぷんだけでなくその中にはメタンエチレンメタノールエタノールと言った燃料を人工的に作り出すことができるのだそうだ。
そうか、人工光合成は人工的に燃料を作り出す技術なのか・・・・・・

 よく考えてみれば菜種やヤシから菜種油パーム油が作られているし、最近ではトウモロコシを原料にエタノールを作っていたのだから、驚くほうがどうかしているが、光合成=でんぷんの知識から一歩も出ていなかった私には驚きだった。

 この人工光合成の研究は日本が世界で最も進んでおり、特に基礎研究では太陽光線によって水を酸素と水素イオンに分解するメカニズムが大阪市立大学の研究チームが明らかにした。
それまで植物がどのようにして太陽光線を利用して水を分解するかわからなかったのだという(だからこれはノーベル賞ものの発見だ)。

 水を水素と酸素に分解するのは中学生の時電気分解で習ったが、電気は化石燃料を使用して生成されたものであり、一方この植物の水分解は太陽光エネルギーを利用して水を分解している。
ポイントは電気分解では再生可能エネルギーの使用ではないため、CO2増加による地球温暖化対策には何の貢献もしないことだ。
太陽光エネルギーだけで水を分解するのがポイントです

 こうして分解した水素イオンを使って、二酸化炭素と結合させ植物よりも生産性の高い有機物の生産を行う仕組みが人工光合成だという。
植物のエネルギー変換効率は約1%だが、これを10%程度にまで引き上げることができれば採算性に乗る」と研究者が言っていた。

 この人工光合成のアプローチでは植物と同じでは生産性が低いので触媒を使って生産性を高めるのだそうだ(飛行機が鳥より早く飛べるように植物に負けない光合成を促進する物質を見つけるのがポイント)。
ポイントはその触媒を見つけ出すことで、この研究では日本とアメリカが国家プロジェクトを立ち上げて先陣争いをしていた。
そうか、日本のように化石燃料を輸入に頼っている国は、太陽光線と二酸化炭素からメタンのような有機化合物を合成することができれば、中東の石油の桎梏から逃れることができるんだ

 この研究の重要性を放送を見て初めて理解したが、確かにこれは夢の技術だ。
原子力にも頼らず、化石燃料も必要とせず、ただただ太陽光線と二酸化炭素さえあれば燃料も食料も合成できるのなら、人類は初めて地球を汚すことなく共生することができる。

 かつて見た宮崎駿氏の「風の谷のナウシカ」では人々が風と共生していたが、人工光合成が軌道に乗れば石炭や石油と言った化石燃料を発見する前の、自然と共生していたあの牧歌的な時代に戻ることができそうだ。
人工光合成による最初の燃料の生産体制が整う目標は2030年だというから、あと17年間で、その程度生きながらえて原子力や化石燃料の時代が終焉するのを見届けるのも悪くなさそうだ。

注)クローズアップ現代は最近先端産業について取り上げることが多いのですが、その記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_2/index.html

|

« (25.6.19) NHK 中国激動 「怒れる民をどう収めるか」 高度成長の時代の終わりと分配問題 | トップページ | (25.6.21) ブラジル経済の失速と抗議デモの発生 中国頼み経済のもろさ Occurrence of protests and stall of the Brazilian economy. The exposure of weakness in the economy that is dependent on China »

NHK クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.6.19) NHK 中国激動 「怒れる民をどう収めるか」 高度成長の時代の終わりと分配問題 | トップページ | (25.6.21) ブラジル経済の失速と抗議デモの発生 中国頼み経済のもろさ Occurrence of protests and stall of the Brazilian economy. The exposure of weakness in the economy that is dependent on China »