« (25.6.14) トルコの意外な内部分裂 オリンピック招致運動が振り出しに戻りそうだ!! Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! ! | トップページ | (25.6.16) 小説入門 三島由紀夫 金閣寺 »

(25.6.15) 中国とアメリカの仁義なき戦い。サイバー戦争のリーク合戦 War without a code of China and the United States. Leak battle of cyberwar

 22615_013

 中国とアメリカのサイバー戦争リーク合戦が熱を帯びてきた。
この7日と8日に行われた米中首脳会談はアメリカのオバマ大統領習近平主席を呼びつけたもので、主題は中国の情報部隊(61398部隊)によるアメリカ政府機関、防衛産業、先端産業、報道機関に対するハッキングを止めるようにこわ談判したものだ。

注)米中首脳会談の中身については以下の記事に記載しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-542f.html


 オバマ大統領は先に中国の情報部隊がニューヨーク・タイムズをハッキングした証拠を突きつけて習近平主席に迫った。
我が国に対する貴国のハッキングは我慢の限界を超えている。これ以上のハッキングを繰り返すならば我が国も挙げて貴国の軍事産業やネットワーク監視システムに対しサイバー攻撃を仕掛ける

 習近平氏は「我が国もアメリカからハッキングを受けているのだから、お互い様だ」と居直ったが、オバマ大統領のけんまくに気おされてその場は引き下がった。
しかし中国は日本と異なりアメリカに脅されてすごすごと引き下がるような玉ではない。

 さっそく中国の諜報機関がたらし込んだ元NSA(米国安全保障局)職員、エドワード・スノーデン氏の暴露記事がガーディアン紙に掲載された。
米政府による市民の通話やネット利用の情報収拾が日常的に行われている。これはNASの開発したPRISMというシステムを通じて行われた

 これでアメリカ政府は上を下への大騒ぎになってしまった。
NSAのアレグザンダー長官は「PRISMによって数十件のテロが未然に防がれ、この防諜活動はアメリカ国民の安全に資している」と強弁したが、まったく無関係の市民の電話やネットが盗聴されていたことで、オバマ政権の評判はまた一つ落ちた。

注)アメリカでは正当な理由があれば防諜活動が許されるが一般市民を対象にした無差別の防諜活動は許されない。

 しかし中国に取り込まれたスノーデン氏の爆弾はこれだけでなかった。氏は中国政府の保護のもとに香港に逃れここで第二の爆弾をさく裂させた。
さらに全世界の市民のネットも監視されており、分かっているだけで6万1千件のハッキングがなされた。この中には中国を対象とした数百件がある
これが中国政府がエドワード氏に言わせたかった内容で、「中国もアメリカからハッキングされているのだから、中国がアメリカをハッキングするのは当然だ」ということだ。

注)私は米中間のハッキングの非対称性に驚いた。アメリカでは政府機関やIT産業が常にハッキングされているが、中国では数百名規模の要人がハッキングされているだけらしい

 さらにスノーデン氏は「私は裏切り者でも英雄でもない。アメリカ人だ。犯罪を明らかにするためにここ香港にいる」と自己弁護したが、スノーデン氏が正義感だけでアメリカ政府のハッキング行為を暴露したとは到底思われない。
なぜ中国政府(香港は中国)の保護下にいて、アメリカの諜報機関の秘密活動を暴露しているかがポイントで、スノーデン氏は中国政府から正義と金と女を十分供与されているのだろう。人間は正義感だけでは生きていけないからだ。

 それにしてもこの中国政府のカウンターパンチは鮮やかだ。脅されたら脅され返すのが政治の常道で、いつでも反論できる材料をそろえておく所はさすがと言っていい。
私はいつも残念に思っているのは日本政府があまりにナイーブで、CIAのような諜報機関もNSAのようなネット監視機関も持っていないことで、これでは中国のハッキングを防ぐことなど到底できない。

 中国レベルになると品位もへったくれもないが、せめて世界が標準的に行っている諜報活動を日本も行わないと、国際政治では常に敗者になってしまう。
そのことが今回のスノーデン氏の暴露行動を見てよくわかった。

なおサイバー戦争に関する記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46749968/index.html


War without a code of China and the United States. Leak battle of cyberwar

Leak battle of cyber war between the United States and China have been hot.
US-China summit meeting held on 7 and 8 June this is what U.S. President Barack Obama has summoned the chief Xi Jinping. Subject matter, something that to stop hacking for media organizations and high-tech industry and the defense industry and U.S. government agencies by (61398 troops) intelligence units of China, President urged.

President Obama urged the president Xi Jinping and poses evidence that intelligence units of China has been hacking the New York Times earlier.
"It is beyond the limits of patience. China if repeated hacking, network monitoring system for the military and industry of your country, the United States launch a cyber attack hacking of China for our country"

Xi Jinping said countered, "China has also hacked from the United States," but the spot was withdrawn been overwhelmed by the anger of President Obama.
But China is not a country like dejectedly back down and threatened the U.S. unlike Japan.

Immediately, intelligence agencies in China had been captured, expose the original NSA (U.S. Security Agency) staff, Edward Snowden has been published in the Guardian.
"Information out of control of access to the Internet and call citizens by the U.S. government, has been carried out on a daily basis. This was done through a system called PRISM developed by NSA"

But the bomb of Snowden, who was captured in China was not only this. And fled to Hong Kong under the protection of the Chinese government, he was exploding a bomb in second here.
"Net of citizens of the whole world are monitored further, I only know, hacking of 60 001 thousand were made. There are hundreds of clearly defined that target China in this"
In what the Chinese government wanted to say to Mr. Edward this, "China because of hacked from the United States, China is hacking the United States rightly so," .
Now, the U.S. government has become a fuss to bottom up.

Alexander Secretary of NSA, commented as follows.
"Terror of dozens of is obviated by PRISM, this counter-espionage activities are capital to the safety of the American people"
However, by telephone or net of citizens unrelated had been eavesdropping at all, reputation of the Obama administration fell.

In addition, Mr. Snowden was self-defense as follows.
"Is neither a traitor, I am not a hero. I am American. In order to clarify the crime, i am in hong kong"
But, Mr. Snowden is exposed, the hacking of U.S. government only sense of justice, no one would possibly think.

The Snowden, why, what are under the protection of the (Chinese Hong Kong) China government.
And he doing? Exposed the secret activities of intelligence agencies in the United States. Mr. Snowden has been granted enough money and women and justice from the Chinese government. Human beings can not live only sense of justice.

Even so, this counter punch of China government is vivid. When threatened, it's common practice of political will return threatened. The place to keep a large selection of material that can be refuted at any time, can I say that China indeed.
What I regret is always, it's that the naive too, the Japanese government does not have any net monitoring body intelligence agencies like the CIA as well as the NSA. In this, Japan can not possibly be such as to prevent hacking of China.

Have no character when it comes to China level, Japan also do not do intelligence activities that the world is going to standard at least, it becomes the loser always in international politics.
It has been found well to see the exposure behavior of Edward's this, about it.

 

|

« (25.6.14) トルコの意外な内部分裂 オリンピック招致運動が振り出しに戻りそうだ!! Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! ! | トップページ | (25.6.16) 小説入門 三島由紀夫 金閣寺 »

システム サイバー戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.6.14) トルコの意外な内部分裂 オリンピック招致運動が振り出しに戻りそうだ!! Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! ! | トップページ | (25.6.16) 小説入門 三島由紀夫 金閣寺 »