« (25.6.22) BS歴史館 「江戸のスーパースター 関孝和」 江戸は数学のメッカだった | トップページ | (25.6.24) 富士山の世界文化遺産への登録。なぜ自然遺産でないのか!!Registration to the world cultural heritage of Mount Fuji. Why not a natural heritage  »

(25.6.23) 中国金融機関のクレジット・クランチ 腐敗撲滅運動が金融機関を倒産させる Credit crunch of China financial institutions. Corruption crusade is to go bankrupt financial institutions

2168_012_2 

 中国の金融機関がリーマン・ショック前アメリカの投資銀行さながらの状況になってきた。
6月に入って金融機関が相互に資金を融通しあう短期市場から忽然と資金が消えて、上海の銀行間取引金利が急上昇し始めた。
5月までは2〜4%程度だったのが、6月20日には翌日物の金利が13.333%に急上昇したので、世界が慌てふためいた。
とうとう中国の金融機関にクレジット・クランチが発生したのか!!!!」

 私は金融機関にいたのでこうした短期市場コール市場ともいう)が凍り付いた場面を何回も見てきたが、本当に資金の出し手がいなくなってしまうのだ。
一般の人は知らないが金融機関は通常は多くの現金を持っていない。融資や投資に資金を運用しているので、最低限の現金しか持っておらず必要があれば短期市場で資金調達をする。
ところがそれが凍り付くと決済資金が入手できなくなって倒産してしまうが、こうした状況をクレジット・クランチ信用収縮)という。

 なぜ中国でこのようなクレジット・クランチが発生しているかというと、中国政府が大々的に行っている腐敗撲滅運動の一環で、担当している王岐山副首相大手金融機関中国工商銀行、建設銀行、中国銀行、農業銀行)を始め、中小金融機関を査察し、さらに全く機能していない監査委員会銀行、証券、保険ごとにある)の査察を始めたからだ。

 中国の金融機関は魑魅魍魎の世界と言ってよく(1990年代に日本の金融機関もアメリカからそういわれていた)、通常の融資のほかにいわゆるディリバティブ商品があるのだが、それが簿外になっていて全く実情がつかめなかった。
中央の監視が効かない(中国中央銀行の指示に従わない)融資の増加に業を煮やした中央政府が辣腕の王岐山氏をトップにして、この簿外の洗い出しを始めた。

 通常の国家であれば簿外の貸し出しは中央政府の金融政策を損なう金融問題だが、中国の場合はそこに贈収賄が絡んで腐敗問題になるところが違う。
金融機関は利権であって貸し出しには必ずバックペイが用意されて、金融機関を牛耳れば莫大な個人資産を築くことができる(だから中央が何を言っても貸し出しを緩めない)。

 王岐山氏はすでに1000人近い金融機関のトップを査察してそのうち400名近い幹部の首を切った。
これで慌てふためいたのが大手の金融機関ですっかりおとなしくなって、特に簿外のディリバティブ商品の購入を縮小し始めた。

 だがこのことは中小金融機関の資金繰りを著しく損なうことになってきた。中小の金融機関は主として地方政府と地方の建設会社幹部は地方の共産党幹部がなっている)の便利な財布なのだが、地方政府や建設会社が発行する小口債券を購入して資金繰りをつけていた(融資は規制されていたので商品化商品の購入を行っていた)。
中央政府がうるさいから融資はできませんが、ディリバティブ商品ならわかりっこありませんから購入しましょう

 そして中小金融機関はこの購入した債券をさらに大手銀行に販売して資金調達をしていたのだが、大手銀行がこの購入を止めたために、中小金融機関は悲鳴を上げだした。
誰でもいいからお金を貸してちょうだい。レートはいくら高くてもいい!!!」
これが短期金融市場の高騰の原因である。

 中国では簿外のディリバティブがフィッチ・レーティングスの推定で210兆円規模になっている。ちょうどリーマンショック前のサブプライムローンと同じ様相だ。
中央政府と中央銀行はこれが暴発したら大変なのでその縮小に乗り出したが、うまくソフト・ランディングできるか、それともリーマンショックと同じようなハード・ランニングになるかの瀬戸際になってきた。

 辣腕王岐山氏がこの難局を乗り切れるか、それともパンドラの箱となって中国経済崩壊の引き金になるか、実に見ものだ。

注)なお21日には中央銀行が短期市場に資金を投入したので翌日物のレートは8%台に低下した。査察を行えば行うほど金融機関は不安定になり、一方査察を緩めれば再び腐敗が蔓延する。王岐山氏にとって頭の痛い問題だ。

また中国の株価の低迷が中国経済の実態を表しているが、それは以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-c6e6.html

Credit crunch of China financial institutions. Corruption crusade is to go bankrupt financial institutions

Financial institutions in China have come to the situation just like the American investment bank in front of the Lehman shock.
Funds disappears suddenly from short-term market from getting in June, financial institutions lending each other mutual funds, Shanghai interbank interest rates began to soar.
Interest rate was 2-4% until about May, and on June 20, the overnight interest rate soared to 13.333 percent, the world was panic.
"At last, the credit crunch has occurred in financial institutions in China!!"

Because I was in the financial institutions, I've seen many times the scene was frozen (also referred to as call market) short-term market. Really, would no longer have the money lenders for short-term market.
Other people do not know, but typically, financial institutions do not have a lot of cash. Because it operates a fund or investment loan, it did not have only minimal cash, to raise funds in the short-term market if necessary.
But it is frozen, settlement funds are no longer available, financial institutions would go bankrupt. This situation is a credit crunch.

The Chinese government is going to a big way, why the credit crunch that such or have occurred in China, because it is part of the fight against corruption movement.
Deputy Prime Minister Wang Qishan will inspect large financial institutions,
and has
inspected the small and medium-sized financial institutions. In addition, Mr. Wang Qishan began inspections (bank, securities, insurance) of the Audit Committee that do not work at all.
It says financial institutions in China, the world of darkness. But there is a de-Derivative products in addition to the normal loan, but who did not grasp the situation at all it is turned off-balance sheet.

If it is a normal state, off-balance-sheet lending is financial problems that impair the monetary policy of the central government. But in the case of China, it is the corruption bribery issue at stake there.
Financial institution is a concession, back pay is always present in the lending. So, it is possible to build a huge personal assets if it becomes the top of the financial institutions.

By inspection of the top financial institutions nearly 1000 people already, Mr. Wang Qishan cut the neck of executives nearly 400 of them.
Financial institutions giant was panic in this, it is completely quiet, began to reduce the purchase of de-Derivative products of off-balance sheet in particular.

But this thing has come to prejudice significantly the financing of small and medium-sized financial institutions. Primarily, small and medium-sized financial institutions is a convenient wallet for construction companies and local provincial government.
Buy a small construction company bonds and local government issues, small and medium-sized financial institutions wore financing.

And small and medium-sized financial institutions, had the funding to sell to big banks further this bond that you purchased. But for the big banks stopped this purchase, small and medium-sized financial institutions began to scream.
"I lent the money from anyone good. Rates can do matter how high!"
This is the cause of the rise in short-term money market.

Estimates of Fitch Ratings, di Derivatives of off-balance-sheet is 210 trillion yen in China. Collapse of Lehman Brothers just before, it's the same as the aspect sub-prime loan.
Central bank and the central government, because it is very Once this is explosion, They embarked on the reduction. Chinese financial institutions, have come to the brink of or become a hard-running, similar to Lehman shock or, you can soft landing well.

|

« (25.6.22) BS歴史館 「江戸のスーパースター 関孝和」 江戸は数学のメッカだった | トップページ | (25.6.24) 富士山の世界文化遺産への登録。なぜ自然遺産でないのか!!Registration to the world cultural heritage of Mount Fuji. Why not a natural heritage  »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

何時も、大変勉強になります。
いよいよ、デッドエンドのカウントダウンの様相ですね
十分注意が必要ですね

投稿: T | 2013年6月24日 (月) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.6.22) BS歴史館 「江戸のスーパースター 関孝和」 江戸は数学のメッカだった | トップページ | (25.6.24) 富士山の世界文化遺産への登録。なぜ自然遺産でないのか!!Registration to the world cultural heritage of Mount Fuji. Why not a natural heritage  »