« (25.6.12) iPod touchが動かない。英語のトレーニングができなくなった!! | トップページ | (25.6.14) トルコの意外な内部分裂 オリンピック招致運動が振り出しに戻りそうだ!! Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! ! »

(25.5.13) LCC(格安航空会社)の勝ち組と負け組 ピーチの好調とエア・アジアの苦境

22615_009 

 昨年鳴り物入りで登場したLCC(格安航空会社)の経営に勝ち組と負け組が現れ始めた。
勝ち組は関空を拠点とするANA系のピーチ・アビエーションであり、負け組は成田を拠点とするANAとエア・アジアの合弁会社エア・アジア・ジャパンである。

 LCCは料金が安いため搭乗率が勝負で乗客が少ないと赤字経営になってしまう。
ピーチの平均搭乗率が78%なのに対し、エア・アジアは64%でこの業界では70%あたりに損益分岐点があるから、エア・アジアはすっかり赤字会社になってしまった。

 もともと成田と関空ではLCCに対する対応が異なり、関空がLCC会社の参入に積極的なのに対し、成田はいやいやながらの対応のところが違う。
関空がLCC専用の搭乗口を設けたり、24時間運航であったり、着陸料の引き下げに応じたりしているが、一方成田は遅まきながら搭乗口の建設に着手したり、夜間に飛行禁止時間帯があったり、着陸料はかなり高い。

注)この関空と成田のLCCに対する対応策の違いについては以下の記事を参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-8e0f.html

 成田は長い間日本の国際空港としての位置づけがあったから、殿様商売でいくらでも航空会社が参入を希望していたのに対し、関空は当初から厳しい競争下に置かれた。
関西経済圏は東京に比べれば小さくかつ低迷しており、さらに悪いことに関空と顧客を取り合う飛行場が伊丹と神戸にある。

 もともとは関空が就航すれば伊丹は閉鎖する予定だったが、当初騒がれていた騒音問題は関空ができたとたんに下火になり、飛行場存続の大合唱になってしまった。
おかげで関空には予定していた国内線がほとんど就航せず、この結果関空は少ない国際線だけでは赤字経営なので、どうしてもLCC航空会社を呼び込まざる得ない立場に追い込まれた。
本当は着陸料を値切るLCCなんか嫌なんだが・・・・・・・・・しかし背に腹は変えられない・・・・

注)日本のLCCの現状については以下の記事にまとめて置いた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/24614-lcc-5116.html

 だが時代が変わったのだ。
私がまだ学生時代だった40年以上前は飛行機に乗るのはなにかステータス・シンボルでJALに乗ったというだけでみんなの羨望の的だった。
だが今では新幹線並みの感覚で飛行機に乗るが、LCCやスカイマークのような会社に比較して特にANAやJALの国内線の航空料金は高い(ANAやJALは国際線の赤字を国内線でカバーする収支構造をしていた)。

 国内の航空路線は東京・札幌、東京・福岡、東京・那覇あたりがドル箱で、一方その他の路線は閑古鳥が鳴いている。本数が少ないのと料金が高いためだが、ここにLCCが殴り込みをかけて航空革命を起こそうとしているのが実態だろう。

 現状ではLCCを取り込む姿勢の強い関空と手を組んだピーチが順調で、もともとLCCを見向きもしなかった成田と手を組んだエア・アジア・ジャパンは苦境に陥り、ANAエア・アジアマレーシア)が喧嘩別れして合弁を解消するところまで追い詰められた。

 どうやらLCC成功の条件は大都市圏の近くにあって交通の便が良いこと、空港会社が殿様商売でないこと、着陸料や施設使用料が安いことのようだ。
そうした意味で関空や神戸や千歳や福岡あたりは有望だが、成田や茨城や静岡あたりになるとLCCからもそっぽを向かれる可能性が高そうだ。

 LCC元年から1年たち、LCCにも淘汰の時代がやってきた

なお、航空行政に関する記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat48077031/index.html

|

« (25.6.12) iPod touchが動かない。英語のトレーニングができなくなった!! | トップページ | (25.6.14) トルコの意外な内部分裂 オリンピック招致運動が振り出しに戻りそうだ!! Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! ! »

評論 日本の政治 航空行政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.6.12) iPod touchが動かない。英語のトレーニングができなくなった!! | トップページ | (25.6.14) トルコの意外な内部分裂 オリンピック招致運動が振り出しに戻りそうだ!! Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! ! »