« (25.6.20) クローズアップ現代 人工光合成がエネルギー問題を解決する | トップページ | (25.6.22) BS歴史館 「江戸のスーパースター 関孝和」 江戸は数学のメッカだった »

(25.6.21) ブラジル経済の失速と抗議デモの発生 中国頼み経済のもろさ Occurrence of protests and stall of the Brazilian economy. The exposure of weakness in the economy that is dependent on China

20617_0331

 通常日本人はブラジル経済についてそれほどの関心を示さないが、過去10年にわたって平均で4%台の経済成長を続け、特に2010年は7.5%の成長だったため、ブラジルは中国、インドに並ぶ成長セクターとみなされてきた。

 しかし今そのブラジルの経済成長は終わり、インフレが頭を持ち上げ始め、このところなかったデモが公共料金の値上がりに反発して起こるようになった。
成長率は11年が2.7%、12年が0.9%で13年度も政府見通しは楽観的だが市場の予想はその反対だ。

 ブラジル経済のアキレス腱は物価上昇で、ルセフ大統領はこの物価上昇を抑えることを最優先課題とし、おかげで09年に9%台だった物価上昇率は毎年のように下がり、12年は5.5%まで下がったが、13年に入り再び物価は鎌首を持ち上げ始めた。現在は6%程度だが公共料金を始め、物価上昇要因には事欠かない。

注)中南米諸国は長い間国家予算の不足を紙幣の印刷で賄ってきた経緯があり、ブラジルもそうした国家の仲間だった。

 日本のようにデフレ脱却からあえいでいるような経済からすると、ブラジルの物価上昇は夢のような話だが、これも賃金の上昇が伴った経済成長下の上昇であればこそで、経済が失速すれば物価上昇だけが残ってしまう。

 なぜブラジル経済が好調だったかの最大の理由は石油や銅や鉄鉱石と言った資源価格が中国の驚異的な成長で大幅に上昇したからだ。
しかし中国の経済成長が終わった今、こうした一次産品の需要は急激に落ち込み始めた。

注)鉄鉱石価格の推移は以下参照
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_piorecr.html
また銅価格の推移は以下参照
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_pcopp.html

 しばらく前まではルセフ大統領は「先進国が金融緩和策を続けるから新興国の物価が上昇する」と言って非難を繰り返し、2年前には金融取引税株式や債券の海外からの購入者に6%の税金をかける)という投資抑制策をとっていたが、ここにきてその金融取引税を撤廃した。
大変だ、金融取引税なんかあるとブラジルから投資資金が逃げ出し株式相場が下落する!!!!」

 結局ブラジル経済も中国経済頼みの成長だったが、その中国が特に鉄鋼生産の過剰になやんで鋼材の投げ売りを始めている状況では、とても中国輸出に頼るわけにいかない。
リーマンショック後の超資金緩和でうなぎのぼりだった鉄鉱石や銅や石油と言った原材料も、頼みの中国が失速しては値下がりに転じるより仕方がない。

注)ブラジルの最大の輸出先は中国で中でも鉄鉱石の輸出の割合が高い。ブラジル全体の輸出に占める鉄鉱石の割合は約16%で、この国は鉄鉱石の輸出で持ってきたと言っていい。

 思えば2010年がブラジル経済のピークだった。当時ブラジルの鉄鋼石会社は超強気で新日本製鉄との交渉を、「ならば中国に販売しますから、新日鉄さん、購入しなくてもいいですよ」とうそぶいていた。
大統領は好調な経済を背景に遅れていたインフラの整備を行い、社会福祉の充実に有り余る国家予算を投じていた。
ワールドカップオリンピックもすべて誘致に成功し、「ブラジルの世紀」とまで言われていたが、中国経済に頼った成長は中国経済の失速に合わせて低迷するのも已むおえないだろう。

注)なお、新日鉄とブラジルの鉄鋼産業との攻防は以下参照。
 http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/2242-0706.html

また中国経済が失速した実態についてはNHKが特集を組んで報告している。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-1cbe.html


Occurrence of protests and stall of the Brazilian economy. The exposure of weakness in the economy that is dependent on China
 

Japanese usually do not show much interest for the Brazilian economy, but continued economic growth of four percent on average over the past decade. In particular, the growth rate of 2010 was 7.5%, Brazil has been considered a growth sector alongside China and India.

But economic growth of the Brazilian end, inflation began to lift the head now. Demonstration that was not extinct is, began to take place in opposition to the rise in utility bills.
Growth rate was 2.7% in the 2011, 2012 is 0.9%. Government outlook is optimistic even in fiscal 2013, but market expectations is the opposite.

Achilles heel of the Brazilian economy is a price increase. Rusefu President, was a top priority that you keep this price increase. As a result, the inflation rate was 9% units in 2009, down to every year, up 5.5 percent dropped in 2012. But prices began to lift the goose-neck again to enter in 2013. Now it is around 6%, but including utility bills, there is no shortage of price increase factor.

As Japan, from the economy such as those suffering from deflation, rising prices of Brazil is a dream come true.
However, this also what if the rise of economic growth under a accompanied by an increase in wages, only price increases may remain if the economy stall.

Why the biggest reason Brazilian economy is what was doing well,
Resource prices, which said iron ore and copper and oil, because increased significantly in the tremendous growth of the country.
But now that China's economic growth is over, the demand for these commodities began to decline rapidly.

Until a while ago, Rusefu president was repeatedly accused of saying, "developed countries continue from the monetary easing policy, prices of emerging rises" he said.
The Brazilian government, was taking measures to curb investment from overseas in that (make a 6% tax for buyers from overseas stocks and bonds) financial transaction tax two years ago. You come here, the government abolished the financial transaction tax.

After all, the Brazilian economy was also a growth of only a Chinese economy. But in a situation where China, has started the dumping of steel distressed excess steel production in particular, Brazil there will not be relying on China export so.
After the Lehman shock, even raw materials said oil and copper and iron ore was skyrocketing in the super fund mitigation, China since stalled, there is no choice but to turn to fall.

2010 was the peak of the Brazilian economy. Iron ore company of Brazil is super strong at that time, iron ore company was promoted in favor negotiations with Nippon Steel.
"If, I'll sell to China, It is good to not have to buy. Nippon Steel's"

Against a backdrop of strong economy, to conduct the development of infrastructure that was delayed, the President had spent the national budget to the improvement of social welfare.
Olympic and World Cup also succeeded in attracting all, it was said to the "century of Brazil," but growth relied on the Chinese economy began to slump to match the slowdown of the Chinese economy.

|

« (25.6.20) クローズアップ現代 人工光合成がエネルギー問題を解決する | トップページ | (25.6.22) BS歴史館 「江戸のスーパースター 関孝和」 江戸は数学のメッカだった »

評論 世界経済 ブラジル経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.6.20) クローズアップ現代 人工光合成がエネルギー問題を解決する | トップページ | (25.6.22) BS歴史館 「江戸のスーパースター 関孝和」 江戸は数学のメッカだった »