« (25.5.13) LCC(格安航空会社)の勝ち組と負け組 ピーチの好調とエア・アジアの苦境 | トップページ | (25.6.15) 中国とアメリカの仁義なき戦い。サイバー戦争のリーク合戦 War without a code of China and the United States. Leak battle of cyberwar »

(25.6.14) トルコの意外な内部分裂 オリンピック招致運動が振り出しに戻りそうだ!! Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! !

Dsc01371

 トルコの最大都市イスタンブールで発生したデモは2週間以上続き収束の気配が見えない。
突然発生したこのトルコのデモには世界中が腰をぬかした。
何しろこのところのトルコ経済は絶好調10年、11年と9%前後の成長で、12年に入り3%前後に落ちたものの新興国としての地位を着々と築いていた。

 与党AKP(公正発展党)をはイスラム政党だが、エルドアン首相の支持率は安倍総理並で、国会の議席も3分の2に近いのだから、まさかこのトルコでこうした暴動が発生するとは誰も予想しなかった。
イスタンブールは2020年の夏のオリンピック開催招致国で東京と競っていたライバル都市だ。
猪瀬東京都知事がニューヨーク・タイムズの謀略に引っかけられ、「イスラム諸国は互いに喧嘩ばかりしている」とコメントしてから断然イスタンブールが優位と思われていた。

注)猪瀬都知事がニューヨークタイムズにひっかけられた経緯は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-38bf.html

 ことの起こりはイスタンブールの再開発計画で数本の樹木を伐採したことから始まる。
自然保護の運動家がこれに抗議し、それに日ごろ不満がたまっていた学生と、自由な言論を妨げられていると感じていた知識人が呼応した。
独裁者、エルドアンを打倒せ!!!」

 トルコの歴史に詳しくない人には意外かもしれないが、ここトルコはイスラム諸国では珍しく憲法上で政教分離をうたった西欧的な民主主義国家で、長い間この憲法を軍と裁判所が支えてきた。
一方エルドアン政権は穏健派イスラム政党でかつ憲法改正が党是である。
政教分離に反対して憲法改正を目指して勢力を拡大してきた。
イスラムはイスラムだ

 イランのような政教一致国ほどではないが、イスラムの精神で政治を行うとしており、これが西欧的な教育を受けた知識人や学生から反発を受けている。
「憲法を守れ!!」

 最もエルドアン首相は政権与党でここ10年間にわたって権力を掌握してきたから、当然のことにエルドアンと一蓮托生の経済利益集団がいる。
こうした企業がイスタンブールの開発の利権を一手に握っているため、一方でそうした権力から取り残され不満を抱えた一般住民がいる。
エルドアンの政策は金持ち優遇で、庶民は貧困している
このあたりは再開発事業で甘い汁を吸っている中国の共産党幹部に対する民衆の怒りとうり二つだ。

 実際のエルドアン政権は貧しく信心深い人のためにイスラム精神の大復活を呼び掛けて大衆的な支持を得、一方で資本家集団には再開発事業やボスポラス海峡の第3の大橋建設事業等で莫大な利益を供与してきた。
心も金もというのがエルドアン政権の神髄で、これが圧倒的な人気の秘訣だ。

 だがこうした宗教も利益もという政策は、都市部の打ち捨てられた人々の反発を呼び始めた(農村部の貧しい人々は宗教心が強い)。
エルドアン首相は対話を呼びかけたり、一方でデモを催涙ガスと放水車で追っ払ったり硬軟取り混ぜての対応をしているが、掌握はなかなか難しそうだ。

 こうして猪瀬都知事の失点もイスタンブールの暴動で帳消しになり、再びオリンピック招致運動は振り出しに戻った。

注)これでトルコの対シリア介入は全くできなくなった。とても人のことをかまっていられないという状況で、シリアのアサド政権を喜ばしている。

なお、トルコの実情について知識の少ない方は以下の記事が参考になる。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231226-3752.html

Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! !

Demonstration that occurred in the largest city of Turkey Istanbul can not see the sign of continued convergence more than two weeks.
Around the world was surprised The demo of this Turkey that occurred suddenly.
Turkish economy of this place is in high gear, with growth of around 9% in 2010, and in 2011, fell to around 3% to enter in 2012, but had been built steadily its position as the emerging countries.

Ruling party AKP (Justice and Development Party) is a Muslim political party, but the approval rating of Prime Minister Recep Tayyip Erdogan in the same extent as Prime Minister Abe of Japan, seats in the National Assembly was also close to two-thirds. So nobody expected these riots to occur in this Turkey.
In the Olympic host country of the summer of 2020, Istanbul is a city that was competing with Tokyo.
INOSE governor of Tokyo is applied to the plot of the New York Times, he commented, "Muslim countries is always fighting each other" . As a result, it was believed that the Istanbul is by far the dominant bidding activity.

Takes place of that, starting from that it has cut down the number of trees in this redevelopment plan of Istanbul.
Activists of nature protection protested against this. And students who are dissatisfied with accumulated on a daily basis has risen. In addition, the knowledge that people were feeling and are interfering with free speech, was in response to it.
"Dictator, Erdogan lay off the prime minister!"

It may be surprising to people you are not familiar with the history of Turkey, but is singing the separation of church and state in the Constitution rare in Muslim countries, courts and military have supported this constitution for a long time here Turkey.
On the other hand, Erdogan regime is a policy of the party is constitutional reform.
It rose to power with the aim of constitutional amendment in opposition to the separation of church and state.
"Islam is Islam"

While not about blending of church and state a country like Iran, but is going to do the politics in the spirit of Islam, this is, has received a backlash from students and intellectuals were educated Western manner.
"Defend the constitution!"
This is the slogan of the left-wing in Japan, it is the motto of the military and liberal political party in Turkey.

Erdogan in the ruling party, since has seized power for 10 years, there are economic interest groups of common destiny and Erdogan.
Because these companies are holding in one hand the interest of development of Istanbul, there are general population that has frustrated not get the benefit of such power.

Erdogan regime actually, has the support general-interest calling for a revival of Islamic spirit for human pious poor.
To the capitalist group, Erdogan prime minister has been granted the enormous profits in Bridge construction project, such as the third of the Bosphorus and redevelopment projects, on the other hand.
In the essence of Erdogan regime is that even gold and mind, this is the secret of the overwhelming popularity.

But this religion, also benefits of policy, started calling the rebound of the people who abandoned the city in terms of profit especially.
Erdogan has called for dialogue, but on the other hand, has been disbanded or by water cannons and tear gas the demo. Prime Minister has the support of a mix of hard and soft, but the grip is quite so difficult.

this way, conceded Inoki governor in riot of Istanbul, campaign to host the Olympics got back to square one again.

|

« (25.5.13) LCC(格安航空会社)の勝ち組と負け組 ピーチの好調とエア・アジアの苦境 | トップページ | (25.6.15) 中国とアメリカの仁義なき戦い。サイバー戦争のリーク合戦 War without a code of China and the United States. Leak battle of cyberwar »

評論 世界経済 トルコ経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.13) LCC(格安航空会社)の勝ち組と負け組 ピーチの好調とエア・アジアの苦境 | トップページ | (25.6.15) 中国とアメリカの仁義なき戦い。サイバー戦争のリーク合戦 War without a code of China and the United States. Leak battle of cyberwar »