« (25.6.16) 小説入門 三島由紀夫 金閣寺 | トップページ | (25.6.18) 「おくりびと」と葬儀問題 死後対策はどのようにするか »

(25.6.17) 三浦雄一郎氏の快挙。私の冒険心にも火が付いた。 Feat of Mr. Yuichiro Miura. Caught fire to my adventure.

 20725_097

 先日クローズアップ現代で日本を代表する冒険家の三浦雄一郎さんの特集をしていた。
三浦さんはこの5月23日に、80歳の高齢で三度目のエベレスト8848m)登頂に成功し、世界最高齢のエベレスト登頂記録を書き換えた。

 三浦さんは5年ごとの年齢の節目にエベレストに登頂しており(70歳、75歳、80歳)、次の85歳の時は、これもヒマラヤのチョー・オュー8201m)から、次男の豪太さんとスキーで滑降する計画だそうだ。
何ともすさまじいまでの冒険精神で、85歳でそんな高度からはたしてスキーができるのかと思ってしまうが、一方で三浦さんならやりかねないとも思ってしまうから不思議だ。

 私は三浦さんは若いころから常に体調を管理して今に至ったのだと思っていたが、意外なことに60歳代には冒険から遠ざかり、体重が増えすぎて狭心症になっていたのだという。
その三浦さんが一念発起して肉体を鍛えなおしたのが70歳前で、父親の敬三氏90歳でモンブランをスキーで滑降すると言い出したからだそうだ(実際は99歳の時にこの夢を実現している)。
この敬三氏の影響を受け再び三浦さんの冒険魂がよみがえった。

 今回のエベレスト登頂に当たっての準備としては片足に5kg、両足で10kgの重しを付け、さらに30kg程度の荷物を背負って週に4回程度、長いときは8時間程度歩いていたそうだ。
おかげで体力が75歳の時よりも向上したというのだから驚いてしまった。

 実は私も30歳代のころ大阪支店に勤務していたのだが、会社に通う道すがら30kgのリックを担いで歩いていた。
大阪駅から淀屋橋までの距離で20分程度自宅から甲子園口までの20分程度だったが、それでもこの風体は会社で問題になってしまった。
あんた、なんでリックサックを背負って通勤するの?」
実は戦前の著名な登山家加藤文太郎の真似をしていたのだが、冒険家になる道は厳しい。
その後私は世間と妥協してこの行為を中止したが、もし続けていれば三浦雄一郎さんのようになれたかもしれない。

 だが今回の三浦さんの特集を見て私も期するところがあった。
そうか、人間は努力すればいくら年齢を重ねても体力は増加するのか・・・・
先日来たえてしていなかった筋肉トレーニングを再開した。腕立て伏せとスクワットと腹筋だ。
さらに食事にも気を付けて甘いものを口に入れることを止めた。
私は口が卑しくて特にまんじゅうやアイスクリームなどを見ると、とめどもなく食べてしまう。

 しかしこの甘いものは大敵で、一番の問題は意欲が減退することだ。冷蔵庫に甘いものがあればすぐに私が食べていたのだが、このところ冷蔵庫には食べる人がいないプリンやお菓子が溢れてしまっている。
トレーニングを再開して10日程度経つのだが、再び気持ちがハイになってきた。

注)人間も動物だから満腹感にしたると狩りをしたくなくなる。空腹こそが狩りに出かける前提条件だ。

 最近私の足は筋肉量が落ちて特に速く走ることができなくなっているが、三浦さんをまねて足におもりをつけて清掃作業をすることを思いついた。毎日2時間おもりをつけた歩行ならそれなりの効果はありそうだ。
「よっしゃ、これなら肉体改造に成功するかもしれない・・・・・・」

注)さっそく片足1.5kgのおもりを購入したが、結構重いのに驚いた。三浦さんの5kgはほとんど囚人の足かせの重さだ。

 年齢を重ねるとどうしても気持ちがネガティブになる。、周りも「お父さん、いい加減に危ないことはよして」なんて言うので本人もすっかり好々爺になってしまうのだが、三浦さんを見てそれではまずいと気が付いた。

 今年の夏のテーマは北アルプス縦走で約1週間かけて富山側から剣岳にとりつき、稜線伝いに上高地まで行くことを決めた。
途中はテント泊でできるだけ休まずに歩き続けるのが今回のテーマだ
三浦さんの快挙に比べれば及びもつかないがせめてこの程度のミニ冒険をしないと、精神的にも肉体的にも急激に老いさらばえてしまうのだろう。

なおクローズアップ現代の記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_2/index.html


Feat of Mr. Yuichiro Miura. Caught fire to my adventure.

The other day, NHK Today's Close-up has been a feature of Yuichiro Miura's adventurers on behalf of Japan.
On 23 this May, Mr. Miura was rewriting the Everest record of the world oldest and successful Everest(8848m) for the third time in summit in older 80-year-old.

Miura-san (70 years, 75 years, 80 years), which climbed to Everest milestone age of 5 years each. Next, when 85-year-old, this is also likely plans to Cho O~yu of Himalayas (8201m), to downhill ski with Gota's second son.

was wondering Miura and had to manage the physical condition at all times from a long time ago. But Surprisingly, body weight is on the rise and, away from the adventure in their 60s, Miura had become angina.
The Miura became 70 years ago, he was a shakeup of his own body. Keizo of his father, because he said, "to downhill skiing in the Mont Blanc at the age of 90".

He made a Preparing to climb Everest. He gave a weight of 10kg with both feet. In addition, about four times a week, I hear he was walking about eight hours when long shouldered the luggage of 30kg.
I got surprised because physical strength that he was better than when 75-year-old thanks.

But there was a place to see the feature of Miura, I also sake in mind.
"Is that so, if human effort, physical strength is increased even if I put the age ......"
I resumed training muscle. It is sit-ups and push-ups and squats.
I stopped that be careful to meal, put in the mouth sweet things further.
Mouth is humbly, looking and ice cream and buns in particular, I would eat without unrestrained.

However, something sweet in this powerful enemy, is the biggest problem, motivation is to decline. I was ready to eat if there is something sweet in the refrigerator. But at this, sweets and pudding no one to eat in the refrigerator is full.
I'm the passage ten days or so to resume training, but the feeling is getting high again.

Recently, muscle mass has fallen to my feet. I am no longer able to run fast especially. Therefore, we came up with that mimics the Miura, to the cleaning work by attaching a weight to the leg. If you walk wearing a 2 hour weight every day, moderate effect is likely.
"Alright, if this, you may succeed in body remodeling · · ·"

When we age, feelings will be negative by all means. People around you say, "Dad, it is good that it is dangerous lazily" he said.
Himself become good people old man completely. But, looking at the Miura, I noticed So to be bad.

The theme of the summer of this year, it was decided to climb to Tsurugidake from Toyama side over about one week in the Northern Alps traverse, go up to the ridge Kamikochi Tsutai.
It will continue to walk without rest as much as possible in a tent night, it's theme.
And will not stick as well and compared to the feat of Miura, but if you do not the mini adventure of this degree, you probably would have been an old man rapidly both mentally and physically.

|

« (25.6.16) 小説入門 三島由紀夫 金閣寺 | トップページ | (25.6.18) 「おくりびと」と葬儀問題 死後対策はどのようにするか »

NHK クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.6.16) 小説入門 三島由紀夫 金閣寺 | トップページ | (25.6.18) 「おくりびと」と葬儀問題 死後対策はどのようにするか »