« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

(25.6.30) 日本政治の再出発 ようやくねじれ国会が収束する。Re-starting of Japanese politics. Twist the National Assembly finally converge.

23725_082 

 長い間日本の政治の実行力を奪っていた国会のねじれ現象はこの7月の参議院選挙で解消されそうだ。
もともとねじれが発生したのは2007年の参議院選挙で第一次安倍内閣が敗退したからだが、その後の日本の政治のダッチロールはひどいものだった。

 内閣がほぼ1年ごとで崩壊したのは主としてこのねじれ国会のためであり、衆議院で過半数を占めていていても法律などは参議院で否決され、再可決するには3分の2の多数がなければできなくなり日本の政治力が衰退した。

注)衆議院で再可決は可能だが、参議院は法律の審議を60日間延ばすことができ、その間に国会が閉会してしまうと法案を審議未了で廃案にできた。だから3分の2の再可決は常に使える宝刀とはいいがたい。

 特にこのねじれがひどく表れたのは福田内閣の時で、日銀総裁の国会承認ができず結果的に日銀生え抜きの白川氏がなったが、このあおりで福田内閣が崩壊してしまった。
また麻生内閣も参議院で問責決議案を採択されて崩壊してしまったので、ねじれ国会は自民党政権自公政権)のアキレス腱になっていた。

注)それに対して民主党政権が1年ごとに崩壊したのは主として、首相が無能だったためで野田氏を除くと高校の生徒会レベルだった。
なお福田首相の苦悩についてはかつて以下のように記事をまとめておいた。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/2093.html

 だが今回の参議院選挙では自民と公明を合わせて過半数を確保することは、東京都都議選の結果から見てもほぼたしかだ。野党第一党の民主党の凋落は確実だし、日本維新は橋下代表の慰安婦問題発言を受けてすっかり評判を落としたため、みんなの党以外競争相手がいなくなってしまった(ただし投票率が低ければ共産党はそこそこの頑張りを見せる)。

 国民が4年前に民主党に政権を渡させたのは、自民党の求心力が衰えてミスばかり目立ったからだが、民主党はミスなどというものでなく国家の存立を危うくすることを知った。
幸い第二次安倍内閣はいたって順調な滑り出しを見せており、アベノミクスに陰りが見え始めたこと以外は、外交などは目も覚めるような手腕を発揮している。

注)私は特に鳩山氏の首相としての資質に疑問を持ったが、そのことは以下に述べておいた。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/2268-4a75.html

 特に中国と韓国に対し冷たい関係であるのは、所詮ヤクザと仲良くしようとしても無駄だとという冷めた認識からきており、全方位外交などという八方美人は国際政治では不可能なのだからいったって妥当な外交姿勢と言える。
ここにきて日本が復活しているのはそうした政治姿勢が評価されているからで、特に中国から領土をかすめ取られたフィリピンベトナムは日本の姿勢を高く評価している。

注)韓国までヤクザというのは言い過ぎと思われるかもしれないが、どこの国でもあった従軍慰安婦問題を日本特有の問題といちゃもんをつけて落とし前をとろうとしているところは、やはりヤクザ稼業と言える。
パク・クネ大統領が執拗に日本を貶めようとしていることは「パク・クネ氏の歴史認識」という記事で書いておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-d57a.html

 またミャンマーはもう少しで中国の植民地になるところを日本との提携で独立を維持できたし、プーチンのロシアはシベリアを中国人から守るためには日本との提携以外に方法はなくなっている。
こうした外交を積極的に推し進めるためには足元が揺らいではだめで、ぜひとも自公政権で過半数を確保し安定政権になってもらいたいものだと思っている。

注)ミャンマー経済と日本の関係は以下の記事を参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/24424-1325.html

 参議院選で自民党が勝利すれば安倍政権は参議院の桎梏から逃れて久方振りの長期政権誕生が期待できる。
中曽根氏小泉氏に並んで安倍氏が日本の憲政史に名前を残せるかどうかの重大な選挙が、あと20日後に迫ってきた。
橋下氏のようなミスさえ侵さなければ、絶対有利なのだから堅実に勝利してもらいたいものだ。

注)日本に政治力がないのは首相が1年ごとに変わって、すげ替え人形になっているからで、中国の胡錦濤前主席は10年の任期だったし、オバマ大統領は8年だし、韓国の大統領の任期は5年だ。

Re-starting of Japanese politics. Twist the National Assembly finally converge.

Twist phenomenon of parliament who had claimed the execution of political power in Japan for a long time, it is likely to be resolved in the Upper House election this July.
Twist was originally generated in the Upper House election of 2007, the primary Abe Cabinet because he eliminated, but the Dutch roll of Japanese politics that followed became a terrible state.

Cabinet was destroyed by per year almost, it is because of this twisted Diet mainly. Such as the law is rejected by the Upper House, even if it has a majority in the House of Representatives, it will not be able to if there is a two-thirds majority to re-passed, political power in Japan faded.

This twist was badly appeared most especially, it was time for Fukuda Cabinet. Diet approval of governor of the Bank of Japan can not be, Shirakawa of the Bank of Japan was born as a result, but Fukuda Cabinet had collapsed in this tilt.
The Aso Cabinet also had collapsed ,been adopted the draft censure motion in the Upper House, twisted Diet had become Achilles heel of LDP rule.

But to ensure a majority in accordance with the LDP and New Komeito is nearly as clear in the Upper House election. Since the Democratic Party will decline, and  Hashimoto representative of Ishin Japan

has been dropped completely reputationis ,subjected to comfort women issue remarks it had no longer have competition than "Your Party" .

People were passed to power in Democratic Party four years ago in the election. Centripetal force of the Liberal Democratic Party is waning, it's because Liberal Democratic Party just failed . But Democrats know that they have a worse failure, endanger the existence of the state.
Second Abe Cabinet Fortunately is off to a good start fairly well, except that it began to see the signs of decline Abenomics, especially diplomacy is to demonstrate the ability eyes like wake.

In particular, it have come from the recognition of Abe, who was cold that between China and South Korea, Japan's relationship is cold, and it's no use trying to be friendly with the Yakuza after all. I say that it is quite reasonable diplomacy  because everybody's friend and all-round diplomacy is impossible in international politics.

If Liberal Democratic Party be  victory in the Upper House election, to escape from the fetters of the House of Councillors, the Abe administration is expected to be long-term administration birth.
Side by side to Mr Koizumi and Nakasone,  this serious election whether Abe can leave a name in the constitutional history of Japan, has been forthcoming after 20 days later.
If Abe do not even miss attacked like Mr. Hashimoto, because the LDP is favorable absoluteI want  LDP win consistently.

 

| | コメント (0)

(25.6.29) 中国経済の失速とコモディティ市場の崩壊 鉄鉱石も銅も金も値下がりだ!! Collapse of commodity markets and stall of the Chinese economy. Copper and iron ore and gold are fall! !

21513_011 

  コモディティ市場鉄鉱石、銅、金等)から急速に資金が逃げ出し始めた。
FRB のバーナンキ議長超緩和策の終了宣言中国経済の減速によるものだが、おかげで鉱物資源の輸出に頼っていたブラジル経済が悪化しているし、オーストラリア経済もひところの好調がうそのようになってきた。

注)ブラジル経済の停滞については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-5760.html

 コモディティ価格の上昇はもっぱら金融緩和によるもので、上がるものなら何でも購入していたからだが、さすがに最終需要者の中国経済が失速しては強気ばかりではいられない。
中国国内では鉄鋼や銅製品の過剰生産に悩んでおり、生産すればするほど赤字が積みあがるので、鉄鉱石や銅鉱石の輸入を控えるようになった。

注)現在中国の中小規模の鉄鋼会社は資金繰りが悪化し倒産や夜逃げが相次いでいる。

 世界中から資源を買い捲り資源国からは神様扱いだった中国も、今や普通の国になってしまった。そうなれば中国も日本並みの影響力しか世界経済に対してインパクトを与えることはできない。

 鉄鉱石にしろ銅鉱石にしろ金にしろ、2011年から傾向的に価格は低下していたが(中国は2012年に入って明らかに景気減速に入っていた)、ここにきて価格の下げ足が速くなっている。
直接的な契機はバーナンキ議長による超緩和策の終了宣言で、世界のディーラーは「これで資源価格のユーフォリアはおしまいだ」と手仕舞いを始めた。

注)2011年の最高価格対比で銅は▲35%、鉄鉱石は▲40%、金は▲36%値下がりしている。

 最後に残った原油価格についても先行きは明るくない。アメリカはシェール・オイルの生産が本格化してくるし、中国はこれ以上原油を輸入してどうするのと言った状況だし、ヨーロッパ経済は停滞したままだし、日本は天然ガス以外の需要はない。
現在95ドル前後で推移しており、コモディティの中では珍しく価格が安定していたが、先行きについては悲観的だ。

注)アメリカのシェール・オイル革命については以下の記事を参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-610a.html

 思えば1990年代から2011年までは世界経済は中国経済によってかき回されてきた。
世界中の資源を買いあさり、日本やベトナムやフィリピンの海底はすべて中国の海底だと海洋監視船や軍艦を派遣して強引に奪取しようとし、有り余る労働者をアフリカの独裁国に派遣しては道路や空港や港湾のインフラ整備を一手に引き受けてきた。

 アフリカ諸国はその見返りに資源の採掘権を中国企業に渡したのだが、そうした時代が今終わりつつある。
中国国内はバブル崩壊後の日本のように、地方政府が開発した売れない不動産の山が築かれている。
地方政府はそれを何とか糊塗するために融資平台を利用した資金調達や中央政府の資金をあてにしてきたが、そうした資金で糊塗できる限界を超えてしまった。

注)日本でもバブル崩壊後第三セクターの経営が悪化したが、地方自治体は税金を投入して何とか存続を図ろうとしたものだ

 日本ではバブルに踊った長銀や日債銀や拓銀や山一證券が倒産したが、中国もバブル企業の清算を行わない限り、ゾンビ企業ばかりになって、国際競争力などあったものではない。
だがこの調整はかなり長期間続くことが想定され、中国の失われた10年が今始まろうとしている。

 経済は国家体制がどのようなものであっても、最後は経済法則にしたがう。
ソビエト連邦が経済的に疲弊をして崩壊したように、中国経済も不良債権の山で崩壊するだろう。
かくして中国という20世紀型GDP拡大主義の国の失速で、GDP拡大神話は終わりを迎えそうだ。

注)特に最近の中国の金融クラッシュについては以下の記事を参照http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-9d6f.html

Collapse of commodity markets and stall of the Chinese economy. Copper and iron ore and gold are fall

Funds began to run away quickly (iron ore, copper, gold, etc.) from commodity markets.
It's due to the slowdown of the Chinese economy and FRB Bernanke's declare ,the end of easing measures . As a result, the Brazilian economy that was dependent on the export of mineral resources is deteriorating, and Australian economy lost booming at one time.

Rise in commodity prices is due to monetary easing exclusively. Fund had purchased anything  that goes up, China's economy of end-user has to stall truly, Ithey can not have just bull.
There are suffering from excess production of copper products and steel in China. Deficit rises because loading more when they produce, they can now refrain from imported copper ore and iron ore.

Also iron ore, copper ore and gold , the price was reduced to trend from 2011  (China had entered the economic slowdown clearly going into 2012)、but downward drift of prices come here faster.
A direct opportunity was Declaration at the end of easing measures by Bernanke, dealers of the world began unwinding "euphoria of resource prices is end," 

Also oil prices remaining at the end, future is not bright. Production of shale oil is coming into full swing the in United States. China is a situation that can not be imported crude oil any more. Europe's economy remains stagnant, and there is only demand for natural gas in Japan.
Crude oil prices have remained at around $ 95 currently, prices were stable unusual in commodities, but it is pessimistic about the future.

When I think, the world economy has been stirred by the Chinese economy until 2011 since the 1990s.
China was buying up resources around the world. In addition, China say the seabed of the Philippines ,Vietnam and Japan, all Includes in  China, China tried to take by force by dispatching warships and maritime surveillance ship. And China  dispatched to dictatorship African countries there workers, China has undertaken in one hand the infrastructure , ports and the airport road.

In return, African countries passed to the Chinese companies the mining rights of resources, but such age, there is coming to an end now.
Such as Japan after the bursting of the bubble, unsalable mountain of real estate that local governments have developed ,have been built to China

Yamaichi Securities and NCB and LTCB  danced the bubble goes out of business in Japan, as long as China does not perform the liquidation of bubble companies, become just zombie companies, international competitiveness is lost.
But, this adjustment will continue for quite some time , the lost decade of China is about to begin now.

Economy regardless of the state system, the end follow the economic law.
The Soviet Union as the collapse of the battered economically, China's economy would also collapse in a pile of bad debt.
Thus, in the stall of the country in the 20th century type GDP expansion principle of China, the myth of expanded GDP  is likely to come to an end.

 

| | コメント (1)

(25.6.28) 日本は体性幹細胞による治療の意外な超先進国 Japan, a surprising super-developed countries of treatment with somatic stem cells

21_711 

  私のように医学に対して多くの知識がないものからすると山中伸弥教授が開発したiPS細胞と、現在実際に治療が行われている体性幹細胞の区別がつかない。
先日クローズアップ現代で「体性幹細胞の闇」という番組を放送していたので興味深く見たが、おぼろげながらその違いが分かってきた。

注)大雑把にいうとiPS細胞は通常の体細胞に遺伝子を組み込んで幹細胞に変えたもので、一方体性幹細胞は人体の身体の中にある幹細胞を使用するもの。
iPS細胞は人間が作り出した幹細胞なので、正式の名称は「人工多能性幹細胞」という。
なお、iPS細胞については以下の記事にまとめておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-7b7d.html


 今日本では100か所以上のクリニックでこの体性幹細胞を使用した医療行為が行われていて、すでに1万人以上の人が治療を受けているという。
具体的な治療方法は患者の腹部の脂肪を取り出し、その中に含まれている体性幹細胞何にでも変化する細胞)を抽出して培養し、それを注射器や点滴で体内に戻すのだそうだ。

注)この治療はiPS細胞と違って人体内に存在する幹細胞を使用する。なお私は医学知識が不足しているので体性幹細胞があるのになぜiPS細胞を作り出すのかわからない。

 体性幹細胞はどのような臓器にでも変化するので、たとえば重篤な血管障害があるとその血管を再生したり、筋肉が委縮して身体を動かせない患者に投与すると筋肉が再生して身体を動かすことができる可能性があるという。
こうした患者に対して日本では治療が実施されているが、臨床試験もなくかつ厚労省の承認もなく行われている

 私はすべての医療行為は厚労省の承認のもとに行われているのだと思っていたがそれは誤解で、厚労省は医療保険制度との関連でのみ医療行為の承認をしている。
保険対象の医療については厚労省が承認いたします。しかし自由診療の世界は医者と患者の自己責任で行ってください」ということのようだ。

 このため日本ではこの最先端の医療に積極的な医師が、いわば実験的に体性幹細胞による治療を実施しているが、一方海外ではこの自由診療に一定の歯止めがかけられているのだそうだ。
問題の所在は体性幹細胞による治療はいきなり人体実験をしており、試行錯誤の過程で医療事故が発生することだ

 たとえば視力の衰えた患者の目の周りに体性幹細胞を注射してかえって網膜剥離になって失明したり、豊胸手術を行った患者が豊胸などならずに乳房にしこりができていた。
またしわ取りの体性幹細胞注射を行ってそこにあざができた患者がいた。

 私は当初この治療は難病で他に治療法がない場合に医師と患者が相談して実施しているものと思っていたが、どうやら美容整形にも適用されているようだ。
臨床試験も行われず厚労省の承認がない治療法で美容整形まで行うのはやはりやりすぎで、こうした最先端の医療は本当の難病で他に治療法がない場合にのみ行うべきものだろう

 番組に出演していた専門家は「臨床試験もせずに治療行為が行われると、一旦事故が発生した場合はその医療研究が10年から20年遅れてしまうので、安易に行うべきでない」とコメントしていた。
かつて心臓移植手術で札幌医科大学チームが失敗し、その後長い間心臓移植が行われなかった事例などを言っているのだろう。

 だが一方でこの自由診療による体性幹細胞診療は世界の重篤な患者から注目され、日本に集団でこの治療を受けに来ているという。
韓国では体性幹細胞による治療は法律で禁止されているため、韓国のバイオ企業が日本の医師と提携して、増殖させた体性幹細胞を日本で注入する医療が実施され、すでに8000名の患者が治療を受けているという(韓国だけで8000名だから全体では1万人をかなり上回った数字だとおもう)。
また番組ではロシヤバイオ企業がやはり世界中から患者を募り、日本のクリニックと提携して体性幹細胞治療(体性幹細胞の培養はロシアで行う)を行うビジネスモデルを作ろうとしていた。

 厚労省は今までこの自由診療による体性幹細胞治療に全く無関心で、すでに多くの患者がこの治療を受けていることにショックを受けていた。
あまりの拡大に驚いて厚労省は最低限のルールとして、医療のスタッフと設備についてチェックを行う法改正を準備していたが、今国会では継続審議になっている。

注)当初は医療効果もチェックの対象にしようとしたが、もともと臨床試験が行われていない医療行為だから効果まで含めると人体実験で医療効果を試していることになってしまう。

 私は驚くとともに感心してしまった。
なるほどね、自由診療の世界ではなんでもありで、医師と患者の自己責任で行われているのだ
日本では厚労省が承認した医療行為で事故が発生すると国の責任を問われるので、承認行為は遅々として進まず絶対に安全と海外で確認されて初めて承認される場合が多い。

注)厚労省は自由診療と保険診療の両方を同一患者に行う混合診療に反対しているが、自由診療については厚労省がノウタッチなので嫌がっていることを初めて知った(医療事故が発生した場合混合診療を認めるとどちらで起こっても厚労省の責任になるため)。
厚労省の体質については以下の記事にまとめて置いた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-b386.html

 こうした厚労省の体質に嫌気をさした患者と医師が自由診療という枠内で先端医療に取り組んでいるのが現実のようだ。
日本はこの分野で間違いなく世界の最先端を結果的に走っている。

 私はこうした動きに賛成で、特に他に治療法がない重篤な患者は大いに先端医療を自由診療で受けるのがいいと思う(反対に美容整形などに適用すべきでない)。
もちろん費用は掛かるがそれは自己責任の範囲の話で、お金を持っているが健康を損なっている人は金を持っている意味がないので、大いにこの治療法にかけてもいいと思う。

Japan, a surprising super-developed countries of treatment with somatic stem cells

From a person who does not have a lot of knowledge to medicine like me, I do not know the distinction between somatic stem cell treatment is being carried out in practice and iPS cells Professor Shinya Yamanaka was developed.
Look interesting, it has been found the difference while vague because it had been broadcasting the "darkness of somatic stem cells" in the show called "Today's Close-up".

In Japan, in the clinic of more than 100 locations, medical practice using this somatic stem cells have been done now, more than 10,000 people that are being treated already.
Treatment specific method is as follows.
Doctors take out the fat of the patient's abdomen. Next, the physician culturesomatic stem cells(cell change anything) contained therein. It told me that he returned to the body after a drip or syringe it.

Somatic stem cells to change in any organ.
For example, it is possible to regenerate the blood vessel there is a vascular disorder severe. Further muscle is shrunk, and administering it to a patient that does not move the body, may be able to move the body muscles playing.
Treatment with somatic stem cells have been implemented in Japan for these patients. But this treatment has been carried out without the approval of the ministry,and clinical trials  not performed.

I thought medical practice of all is being done under the approval of the ministry. But that is misunderstanding, the ministry has the approval of the medical practice only in the context of the medical insurance system.
It seems  "Ministry will made only for the approval of medical insurance target. However private practice, please go at your own risk and the patient's doctor" .

For this reason, in Japan, aggressive doctors who is interested in this state-of-the-art medical care , has carried out treatment with somatic stem cells experimentally . On the other hand, in the free practice, certain brake is applied in foreign countries.
The location of the problem, treatment with somatic stem cells have been experiments on humans suddenly, medical accident occurs in the course of trial and error.

I thought initially, this treatment is assumed that if there is no treatment to other incurable diseases, conducts doctors and patients consult, but it seems to have been applied to cosmetic surgery.
Clinical trials not carried out, and it's done to cosmetic surgery in the treatment without the approval of the ministry, it is a problem. Medical care of these state-of-the-art should be taken only when there is no treatment to other , has carried out treatment with somatic stem cells experimentally . On the other hand, in the free practice, certain brake is applied in foreign countries.
The location of the problem, treatment with somatic stem cells have been experiments on humans suddenly, medical, has carried out treatment with somatic stem cells experimentally . On the other hand, in the free practice, certain brake is applied in foreign countries.

The location of the problem, treatment with somatic stem cells have been experiments on humans suddenly, medical accident occurs in the course of trial and error. accident occurs in the course of trial and error.

Experts had appeared on the show had commented as follows.
"Therapeutic intervention is performed without doing clinical trials, the medical research will delay 20-10 years if an accident occurs, then it should not be done easily."

But  somatic stem cell medical treatment of this free medical care is attracting attention from critically ill patients in the world ,and they come to Japan to receive this treatment .
In South Korea, for treatment with somatic stem cells are prohibited by law, biotechnology company in South Korea Joints partnership with Japanese physicians, medical care for injecting in Japan somatic stem cells grown is performed, the patient of 8,000 already are being treated.

The ministry is completely indifferent to the somatic stem cell treatment with this private practice , so the ministry was shocked that many patients have received this treatment already.
Amazed by expanding too much, as minimum rules, the ministry was preparing a legal revision to be checked for equipment and staff of the medical, but it is to continue deliberations in the current Diet session.

As well as I surprised, I've been impressed.
"I see, there is anything in the world of private practice, and it is done in self-responsibility of doctors and patients"
The ministry be held liable in the country if the accident occurred .
Therefore, the approval act is very slow, and it be approved for the first time been identified abroad and absolutely safe in many cases.

Reality was revealed that patients and physicians that refers to the anaerobic constitution of such a ministry, are working on cutting-edge medical within the framework of free medical care .
Definitely in this area, Japan is running consequently the state-of-the-art world.

I think in favor to this trend, critically ill patients who is no treatment other particular, should receive a free practice the advanced medical greatly .
Of course, the cost takes, but in the story of a range of self-responsibility, it does not make sense to have the money to people who have impaired health, it'll be subjected to this treatment much .

 

| | コメント (0)

(25.6.27) 最後のバブル大国、中国バブルが崩壊し始めた。影響は世界に及ぶのか? Bubble powers last, China bubble began to collapse. Affect whether the range in the world?

20120713_155920 

 時代の変わり目が早くてとてもついていけない。
FRBのバーナンキ議長がこの9月にもアメリカの超緩和策を転換するとアナウンスしたとたんに世界中が蜂の巣を突っついたような大騒ぎになってしまった。

 日本では昨年末からはじまったアベノミクスで株式も不動産も値上がりして資産家の懐が緩んでいたが、バーナンキ議長の一言でアベノミクスが終わってしまった。
世界中に金をばらまいていたアメリカが引き締めに入れば誰でもバブルに踊っているわけにはいかない。

 ミニバブルが終わったのはアメリカ日本だけかと思っていたら、ついに真打が現れた。
中国である。中国はリーマン・ショック時にも60兆円規模の財政資金を投入してこのバブル崩壊を乗り切っていたが、今その付けが一気に現れている。
こちらはまだバブルが崩壊していなかっただけ本格的なバブル崩壊だ。

 兆候はいたるところに表れている。短期資金が一時13%以上に上昇したり、中国の代表的な株式指数の上海総合指数奈落の底に落ちそうな気配になっている。
指数はすでにピーク時の3分の1まで落ちていたが、この一週間で5%以上の下落をしたので、投資家は真っ青になった。
一体中国に何が起こっているのだ。中国の成長は7.8%でなかったのか??」
GDPの成長率と実体経済の乖離の大きさに言葉を失いそうだ。

注)短期資金問題については以下にまとめておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-9d6f.html

 実は中国にはまともな会計基準などなく、特に国営企業は党の幹部の私物のようなものだから魑魅魍魎の世界で、儲かっているときは収益を海外に送金して隠し、儲からなくなると数字をごまかして平然としている。
すべてが安愚楽牧場と同じだと言えばイメージがわくだろう。

 今中国政府がもっとも懸念しているのは、アメリカのサブプライムローンと同様の不良債権が中国の銀行につみあがっていることで、中国発のリーマン・ショックが起こりそうなことだ。
中国中央銀行は融資についてはコントロールをしているが、いわゆる簿外の融資については全くコントロールが効かない。

 中国人はアメリカ人と同様儲かることならば何でもおこなうので、融資を絞られれてもあらゆる手段で中央銀行の目をかいくぐろうとする。
簿外の融資の形式も様々で、中国では国営企業に対する融資は甘いからこれを利用した迂回融資が盛んに行われている。

注)地方政府が信託会社を設立して資金を集める方法については以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b399.html

 景気回復のためには緩和政策が必要だが、不動産関連企業に融資をするとバブルを増幅するので、銀行融資は堅いと思われる国営企業に集中する。
鉄鋼業などは典型的にそうだが、一方融資をされても鉄鋼業界は過剰生産で青息吐息なので設備投資になどに使えない。
そこでこの融資金を利ざやをとって地方政府や不動産会社に迂回融資するのだが、一般に6%程度で調達して12%程度銀行間の短期資金レート並)のレートで貸し出しを行っている。

 だがここがいかにも中国的だが、企業からの迂回融資が中央銀行にばれると困るので、融資金を銀行に預金しそれを金融機関が融資をしたことにして、企業はバランスシート上に載せない.。
一方金融機関はこれも融資がばれるとまずいので、単なるコミッション取引にして手数料収入だけを計上する。
かくして地方政府や不動産会社に対する融資はすべて簿外になって中央銀行の目を逃れることができる。

 こうした簿外の融資(信託会社分を含めて)はS&Pの推定では350兆円規模に上っているが、本当は誰もその実態を知らない。
現在王岐山副首相をトップとする腐敗撲滅運動が実施されていて、この簿外の融資を洗い出しているが、王岐山氏といえども本当は何が何だかわからないだろう。

注)なぜ簿外融資を洗い出すことが腐敗撲滅運動に結び付くかというと、中国ではすべての融資にコミッションが要求され、共産党幹部の懐に入っているから。

 1990年代に日本の不動産バブルは崩壊し、2008年にアメリカを震源としてヨーロッパを巻き込んだサブプライムローンバブルが崩壊した。
そして最後まで残っていたバブル大国中国の不動産バブルが今崩壊しようとしている
この影響がどこまで及ぶのか、中国国内だけのバブル崩壊で済むのか、それとも世界を巻き込んだバブル崩壊になるのか、世界中がかたずをのんで中国金融界の行方に注目している。

注)中国は基本的に海外からの資金移動を制限しているので、バブル崩壊は中国国内にとどまり日本型のバブル崩壊になる可能性が高い。だがこうしたことは蓋を開けてみないと分からないのが普通で、リーマンショック時に財務大臣が「蜂に刺された程度」と称したがスズメバチだった例もある。

Bubble powers last, China bubble began to collapse. Affect whether the range in the world?


Turn of the era is too early, I do not keep up with the times.
Bernanke FRB has announced the United States will convert the easing measures in September. Then, it became a big deal around the world, such as poking a beehive.

In Abenomics that began from the end of last year, the bosom of assets house was loose because stock and real estate have risen in Japan.
Abenomics has gone over in a word of Bernanke.
America that was handed out money all over the world, enter the monetary tightening, everyone is no longer to dance to bubble.

If I thought that only the United States and Japan,Mini bubble that occurred after the Lehman Shock's was over, the star performer appeared at last.
It is China. China had survived the collapse of the bubble economy with the introduction of financial funds of 60 trillion yen to the Lehman shock. But bubble that was hidden has appeared at a stretch.

Signs are evident everywhere.
Short-term funds has risen to more than 13% time. In addition, it would be signs that Shanghai Composite Index stock index typical of China has become fall into the abyss.
Index had fallen to one-third of the peak already, but ,because she was falling more than 5% in the past week, investors have turned pale.

In fact,there is no such decent accounting standards in China.
State-owned enterprises, because it was something like the personal belongings of the executive of the party, to hide by sending funds overseas earnings when you are profitable, fudge the figures while the no longer profitable.

The Chinese government's most concerned about now is that a By bad debt similar to the sub-prime loans in the U.S. is building up to Bank of China, the collapse of Lehman Brothers from China is likely to occur.
China central bank has a control for the loan, but the control does not work at all for the loan of so-called off-balance sheet.

Like the Americans, the Chinese performed anything if that is profitable. When they are squeezed the loan , the Chinese try to write back of the central bank in any means.
Form of off-balance-sheet financing is also a variety. Loans to state-owned enterprises loose in China, bypass loan using this has been actively.

Easing policy is required for economic recovery, but lending to real estate companies amplify the bubble. So bank lending is focus on state-owned enterprises.
Such as the steel industry so typically, On the other hand, the steel industry in the overproduction be a loan, it can not be such as to capital investment.
Therefore, the entity bypass loan this loan. It is lent to real estate companies and local governments to take this margin loan. The loan raised by about 6% in general, the interest rates are borrowed at a rate of about 12%.

But bypass loan does troubles if it is
known to the central bank. So companies  deposit the bank loan. and the financial institution has made a loan to the real estate company it , company Remove from balance sheet on it.
On the other hand financial institutions so bad that the loan is known to the central bank this, they record only the commission money with a mere commission trading.
Thus, loans to real estate companies and local governments be able to escape the eyes of the central bank to become the off-balance sheet .

Financing of these off-balance sheet is up to 350 trillion yen in the estimation of the S & P, but who do not even know the actual situation really.
Corruption crusade that top the Deputy Prime Minister Wang Qishan is currently being conducted. It is washed out of this loan book outside, but in Mr. Wang Qishan, what could he do not know somehow.

Real estate bubble in Japan collapsed in the 1990s, the subprime mortgage bubble involving Europe as epicenter America in 2008 collapsed.
And bubble powers were left to the end, real estate bubble in China is going to collapse now.

| | コメント (0)

(25.6.25) 世界に英訳ブログを発信しよう。だが悪戦苦闘の毎日だ!!I want to place the English translation blog in the world. But it's daily struggle

22725_126 

 何とも悪戦苦闘の毎日だ。先月の中旬からこのブログに英訳を添付するようにしてみたが、その読者が添付前と後ではほとんど変わっていない。
まるで影響が出ないのでがっくりしている。

注)私のブログは一日平均して1000名の読者がいるが、その内1割が海外で見られている。もっともこれは海外に住む日本人が見ているのだと思うが、その中で英語で見ている人は20名から30名程度。

 私が日本語ブログに英訳を添付するようにしたのは、日本のブロガーから世界のブロガーに飛躍しようとの大志を抱いたからだが、現実は実に厳しい。
もともと英語の能力は低かったのでGoogle の翻訳機能を利用して翻訳しているのだが、この機能は非常に低くまともな英訳はほとんどできない。

 まずこの翻訳機能を使用する場合は日本語を英語スタイルに書き直さなければならない。また日本語には主語を飛ばす性質があるので主語を加えたり、複雑な構文を翻訳ソフトは理解しないので短文にして区切ったり、日本語特有の言い回しなどは全く受け付けないので分かりやすい言い回しに変えたりしなければならない。

注)このあたりの翻訳の難しさについては前に記事を記載しておいた
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-87a7.html

 私は日本語本文を作成するのにだいたい2時間かけており、さらに翻訳するのに1時間程度かかる。そしてリリース直前に30分程度見直しをしているので、平均的にこのブログ作成に3時間半程度かかる。
私は引退の身で時間は自由にあるのだが、それでもほぼ毎日の清掃活動JOGトレーニング草刈りをやっていると結構時間がとられるし、最近は中学生にボランティアで数学と英語を教えているので時間が足らなくなることがある。

 特にマラソンレースに参加すると一日がかりだからその日は全く時間がとれないし、体はくたくたなのでとても英訳まで手が回らない。私のブログに英訳があったりなかったりしているのはもっぱらこの体力との関係で決まってくる。

 私は自分の英語の能力が低いことはよく理解しているので、英訳レベルを少しでも向上させるために、毎日Weeklyという英字の新聞(毎週発行)を購読することにし、さらに大学入試用の英文法のトレーニングを開始した。
いくら英訳を添付してもその文章があまりに拙ければ読むほうもがっくりしてしまうだろうからだ。

 今のところ私の努力は残念ながら思ったほどの効果を上げていない。それでもまだ継続しているのは半年程度経てば私の英訳も外国人から見て相応に読めるレベルになるだろうと期待しているからだ。
一部に英語のコメントも入ってきているのだから、全く無駄だということもなさそうだと、精神を鼓舞している。

 21世紀はネットの時代で世界中の人が同じ情報にアクセスできるが、それでも映像を除くと英語での記載がない限り世界的に発信することはできない
私の試みは(自分の英語能力が低いということを考慮しなければ)先進的な試みで、特に日本が相対的に情報発信で後れを取っている現状からすると、他のブロガーももっと積極的に英語での発信を試みるべきだと思う。

(別件)現在私は中学生の英語と数学のボランティア教師をしております(さすがに中学レベルの英語は十分理解できます)

特に6月の試験で英語と数学のテストが平均以下でどうしたら学力が向上できるのか悩んでいる生徒がおりましたらご連絡ください(このブログのメール機能を使用して連絡してください)。
勉強は我が家で行いますのでおゆみ野周辺に在住している生徒が対象です。
なお、費用は無料です。

I want to place the English translation blog in the world. But it's daily struggle


It is a daily struggle. I try to attach the English translation on this blog from the middle of last month, but in the attached before and after, the reader has changed little.
Impact will not come out almost, I'm disappointed.

I have to be to attach the English translation to Japanese blog, and because he harbored high hopes of trying to leap to bloggers of the world from bloggers in Japan, but the reality is harsh indeed.
Originally, the ability of my English is low, I translated by using the translation function of Google, but the functionality of this Google is very low, decent English translation can scarcely.

So, when using the translation function, it must be rewritten English style Japanese. First, I will add the subject because there is property that omit the subject in Japanese. Translation software does not understand complex syntax, so we have to separated by a short. Such as the Japanese-specific wording is not accepted at all, it is necessary to change the wording or the easy-to-understand.

I have over a period of 2 hours roughly to create a Japanese text, and to translate further, take an hour or so. And just before release, so I have a 30 minutes review, to create this blog, take three and a half hours on average.

And there it is free time because I am retired, but I still take time because it is doing the mowing and JOG training and clean-up activities almost every day. Because I teach mathematics and English in junior high school students to volunteer more recently, time is not trivial.

When I participate in a marathon race in particular, that day can not get no time at all. The body is so exhausted, I can not until English translation. There is no English translation on my blog, I decided to come in relation to this physical strength exclusively.

Because it has been well understood that the ability of my English is low, in order to improve even a little English level, I have subscribed to the newspaper the letter that "Every day Weekly". In addition, I started the training of English grammar for the college entrance examination.
If you attach the English translation, the text is a very low level, people read the English would be extremely disappointed .

So far, my efforts have not been effective, unfortunately. Still, I have to continue. When it will be at a level that can be read when it is viewed from the foreigners of English after about six months, I expect.
Comments in English are also coming in part, it is not wasted at all.

The 21st century is the age of the net. People around the world have access to the same information.
Still Excluding the video, it is not possible to send to the world unless stated in English.
My attempt is advanced. I think on present showing that Japan lags behind in information dissemination in particular, other bloggers also should try the delivery of in English in a more aggressive manner.

 

| | コメント (0)

(25.6.25) 新興国で「貧者の反乱」が始まった。俺たちにも富を分けろ!! "Revolt of the poor" began in emerging countries. Distribute the wealth as well to us

P7240110_2 

 今年になってから新興国と言われてきた各国で貧者の反乱が始まっている。
ブラジルではあのサッカー好きのブラジル人がFIFAコンフィデ杯に反対して約100万人規模のデモを実施している。
しばらく前までワールドカップオリンピックの誘致に成功し、21世紀はブラジルの世紀だと言っていたのがうそのようだ。

注)ブラジル経済の実態の詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-5760.html

 またイスラムの優等生とまで言われて絶対的な自信をもち、2020年のオリンピック開催に向けて準備を着々と進めてきたトルコにも、100万人規模の貧者の反乱が始まった。
金儲けは首相と結びついた大企業だけで、国民は貧乏のままだというのだ。

注)トルコ経済の実態の詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-2e20.html

 中国は取り残された二億5千万人の農民工や中国発展の恩恵を受けない都市部の下層階級が毛沢東の肖像を掲げて各地で打ちこわしを始めた。
毎年20万件にも上る騒動が発生し、スト参加者を武装警官が片っ端から逮捕、拘留してきたがあまりに多くの人々が反乱を起こすので武装警察の能力を超えつつある(中国では防衛費よりも国内の治安経費のほうが多い)。

注)中国経済の成長が終わり、日本のバブル崩壊後と同様な状況になっていることは以下に述べておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-de9a.html

 またしばらく前までは絶対的な権力を行使していたプーチン政権にも黄昏が起こってきて、貧者に対する年金の支給も手当てもままならなくなっている。
ロシアの天然ガスの販売先が年々縮小して予算が確保できないからだ。

注)ロシア経済の実態については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231217-c6b2.html

 インドもIT産業はともかく、それ以外の産業はなかなか育たない。アメリカの圧力もあってウォルマートのような大規模店の海外からの参入を認めようとすると、貧しい小規模商店主たちがストをして鉄道を止めてしまう。

注)インド経済の実態については以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-998e.html

 21世紀は新興国の時代だと言われていたのにこの凋落ぶりはどうしたのだろうか。
どこの国もGDPの成長はほとんど止まって、せいぜい2%前後だからこれでは先進国と何ら変わらない。
中国のGDPは昨年7.8%程度だったが、この数字は加工された政治的数字で、本当は輸出入は停滞し(輸出入は相手あってのことで相手の経済が停滞すれば停滞する)、自慢の国内資本形成も実際は売れないマンションを作っては売れたように化粧しているだけだ(だから実際の成長率はやはり他の新興国と同じ程度だろう)。

 従来新興国は経済成長の恩恵を貧者にもばらまく(具体的には相応の職場が確保され社会保障を充実させる)ことで不満を吸収してきたが、その経済成長にストップがかかれば失業者が増大し、社会保障費は削られるので、貧者の反乱がおこるのはやむおえない。

だがそれにしても、なぜここにきて新興国経済までもがストップし始めたのだろうか。
最大の理由は富が一部に集中しすぎたからだと思う。中国が典型的にそうだがすべての富が党幹部に集中している。中国では党が政治・経済・軍事・警察の実権を握っており、公務員の地位は利権になっている。
リベートを持ってこい。そうしたら許認可してやる」

 地位が高くなればなるほどリベートが集中するから、共産党幹部は19世紀末のアメリカの資本家以上の富を集中してしまった。
これでは国内消費の太宗を担う中間所得層が形成できず、国内消費が伸びない(国内消費の割合はわずか35%にすぎない)。
それでも海外への輸出が伸びている間は何とかなるが、先進国経済は停滞し特にヨーロッパのGDPは減少に転じているし、アメリカも日本もようやっと成長しているのが現実だ。

 かくして輸出頼みの経済は崩壊し、一方国内に目を向ければ貧者ばかりが目立つ。
成長が終われば富の再分配が政治のイシューになるのはどの国も同じだ。
かくしてブラジル、トルコ、中国、インドで貧しい民衆が貧者の反乱を起こし始めた。

"Revolt of the poor" began in emerging countries. Distribute the wealth as well to us

In countries from getting in this year, has been said emerging economies, rebellion of the poor has begun.
In Brazil, people of Brazil that likes football against the Konfide cup of FIFA, and has implemented a demonstration of about 1 million people scale.
Until a while ago, Brazil has succeeded in attracting the Olympics and World Cup, and had said the 21st century's century of Brazil, it seems to lie.

Also to Turkey to have absolute confidence and is said to the honor of Islam, and has been working steadily to prepare towards the Olympic Games of 2020, revolt of the poor of one million people scale began.
"Making Money the only large company combined with prime minister, the public remains of poverty," they called.

Lower classes of urban areas that do not benefit from China's development and migrant workers of two hundred million 50 million people were left behind, began to break out in various locations on the set a portrait of Chairman Mao China.
Uproar of more than 200,000 each year occur in China.
Armed police arrested one and all the strikers, have been detained, but many people are insurgent too, while it is beyond the capabilities of the armed police.

In addition to the Putin regime that has been exercised absolute power until a while ago, twilight has been going on. Payment of pension benefits to the poor and also, Putin no longer pay.
That is why sales destination of Russian natural gas is shrinking year by year, the budget can not be ensured.

IT industry is flourishing in India, but the industry otherwise not grow easily. At a pressure of America, Government of India has admit the entry of foreign large-scale stores like Wal-Mart, but the poor small business owner stops the train by the strike.

Although I have been said to be the era of emerging the 21st century, this decline first time I wonder what's up.
Of any country, the rate of GDP growth almost stopped, and no different developed countries in this because it is around 2%.

China's GDP was about 7.8 percent last year, but this figure is a political figure that has been processed. Really imports and exports stagnated, the domestic capital formation, and to make an apartment that does not sell, the Chinese government just are working with a number as further selling.

Traditionally, emerging markets have absorbed the dissatisfaction by spread to the poor the benefits of economic growth.
If e
conomic growth in emerging countries  stops, unemployment increases, social security costs are cut, revolt of the poor occurs.
But, why even the emerging economies would began to stop?

The biggest reason is because wealth was too concentrated in the part. China is likely to typically , wealth of all are concentrated in party executive. Party is at the helm of politics, economy, military and police in China, status of civil servants has become a concession.
Rebate is concentrated the more position becomes higher. Communist Party cadres, had concentrated the wealth of the capitalist over the American end of the 19th century. No longer are only the rich and the poor in the country.
Middle-income group responsible for most of the domestic consumption has not been formed. In this, domestic consumption is not growth.

Still, emerging economies can grow while the export to foreign countries is growing. However, developed economies are stagnant, GDP of Europe has started to decline in particular, the United States and Japan is growing slightly.

Thus, the only export economy collapsed, the other hand if you pointing your eye in the country, growth is uncertain just poor in prominently.
Growth has finished, re-distribution of wealth has become the issue of politics, every country is the same.
Thus, poor people began to cause a "revolt of the poor" in India and China and Brazil and Turkey.

 

 

 

| | コメント (0)

(25.6.24) 富士山の世界文化遺産への登録。なぜ自然遺産でないのか!!Registration to the world cultural heritage of Mount Fuji. Why not a natural heritage 

22725_087_2 

  富士山が晴れて世界遺産になった。とても喜ばしいことだがどうしても腑に落ちないことがある。
なぜ文化遺産で自然遺産ではないのだろうかということだ
日本では知床、小笠原諸島、白神山地、そして屋久島が自然遺産に登録されている。
こうした場所と富士山では何か相違があるのだろうか。そしてなぜ自然物の造形の富士山が文化遺産なのだろうか。

 1992年から富士山を世界遺産に登録しようと活動していた自然保護団体は、この富士山を自然遺産にしようとしていた。
その運動が挫折したのが2003年で、文化庁は富士山を世界自然遺産の申請登録リストに掲載しないと決定した。
理由はごみ問題し尿処理問題が片付かないからだということだが、この説明をそのままうのみにできない。

 ごみの清掃活動は野口健氏や自然保護団体が富士山ろくと富士山の清掃活動を積極的に行い、従来に比べると圧倒的に美しくなっていたし、し尿処理もバイオトイレ等を導入すれば解決のめどがたっていた。
本当の理由は地元観光業者と自然保護団体の利害が一致しなかったからだ

注)私も野口健氏の富士山ろく清掃活動に参加したことがある。詳細は以下の通り。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/21928-9b41.html

 もし富士山が世界自然遺産に登録されれば、登録された範囲の自然は手を加えることは禁止される。
ゴルフ場建設や遊技場などは持ってのほかで、道路建設も売店の出店もできない。
観光業者にとっては全く利益のない話で、それよりも指定などされず好き勝手に商業施設を建設したほうがいい。
実際に河口湖山中湖の周辺は旅館、ホテル、ボート屋がひしめいているし、かつては名勝と言われた忍野八海も今ではつまらない観光地になっている。

 この観光業者と自然保護団体の対立に困惑した文化庁は、富士山を自然遺産でなく文化遺産として登録する戦術に切り替えた。
奈良や京都の神社仏閣と同じ文化遺産ならば、観光施設を建設することは可能だし、また拝観料入山料)をとるのも自由だ。
もちろん指定される前のように好き勝手な開発はできないが、文化遺産を維持していくための措置ならば認められる。
かくして富士山は自然遺産ではなく文化遺産での登録になった。

 ところで今回富士山はユネスコの会議で正式に世界文化遺産に認められたが、従来から問題になっているし尿処理はどうしてもかたずけないといけないだろう。
富士山には年間30万人程度の登山者がいるが、この人たちが残すし尿は膨大な量になる。
これを時期を見て沢に流してしまうのだが、これでは富士山の沢はし尿だらけの沢になりまともに水も飲めない。富士山登山で糞尿の臭いをかいでは興ざめだ。

注)穂高のある上高地でも同じ問題があり、せっかくの清流梓川の水が大腸菌に汚染されている。

 登山客が少なければ自然に任せても支障がないが、30万人になればそうは言っていられない。当然入山料をとってし尿は利益者負担で処理するようにすべきでバイオトイレの建設資金を負担してもらう必要がある。
またごみについてはずいぶん改善されたとはいえ、油断すると青木が原の樹海に不燃物を捨てようと虎視眈々と狙っている廃品業者がいるのでこれも気を抜けない。

 富士山を世界でも屈指の清潔で誇れる山にしないとせっかく文化遺産に登録したかいがないので、これからが勝負というところだ。

注)2016年までにユネスコに保全状況報告書を提出しなければならないので、し尿処理問題はそれまでに何とか解決したいものだ。

なお尾瀬の自然保護問題は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/231014-fecc.html

Registration to the world cultural heritage of Mount Fuji. Why not a natural heritage

Fuji has become a World Heritage Site. It's very gratifying, but it can not quite come to a conclusion by all means to me.
Fuji became a cultural heritage, but why would not the natural heritage.
Yakushima,,

Shiretoko, Ogasawara Islands, and Shirakami Mountains, are registered with the Natural Heritage Site in Japan.
Between Mount Fuji and this place, I wonder there is any difference. And Mount Fuji is the molding of natural things, I wonder cultural heritage.

Originally, conservation organizations were working to try a World Heritage Site of Mount Fuji. In an attempt to try to natural heritage this Fuji, organization has been active since 1992.
In 2003 the movement's frustrated, Agency for Cultural Affairs has decided not to apply for registration published in the list of World Natural Heritage of Mount Fuji.
The reason has been described human waste disposal problem and waste problem is because not messy. However, it is not possible to appreciate as this description.

Conservation organizations and Ken Noguchi is proactively clean-up activities of Mt Fuji and good cleaning activity of dust, Fuji had become overwhelmingly beautiful.
Excreta disposal also be introduced, such as the bio-toilet, likelihood of resolution was standing.
The real reason, the interests of conservation organizations and local tour operator  did not match.

Mount Fuji is registered as a World Natural Heritage Site, then the nature of the range that has been registered, adding the hand of man is prohibited.
Such as playground and golf course construction is regulated in particular, road construction and opening of shop also can not be.
In the story there is no benefit at all for the tour operators, tour operators wanted to build a commercial facility at choice.
In fact, inn, hotel, boat shop are crowded the area around the Lake Yamanaka and Lake Kawaguchi. And Oshino Hakkai that was said once scenic spot has also become boring tourist attraction now.

Agency for Cultural Affairs, which was confused conflict of conservation organizations and tour operators,
  was switched to the tactic to be registered as cultural heritage rather than natural heritage of Mount Fuji.
Mount Fuji is in the cultural heritage the same as the shrines and temples of Kyoto and Nara, take the admission fee, nor it is possible to build a tourist facility also are free.
Of course, it is not a favorite hand development as before to be specified, but if the measures order to maintain the cultural heritage, it would be appreciated.

This time, Mount Fuji is recognized to the world cultural heritage formally at a meeting of UNESCO, it will have to solve the disposal of human waste that is a problem in the art.
There are climbers of 300,000 people per year in the Mount Fuji, but human waste that these people leave be voluminous.
It makes them flow through the swamp to look at this time, but the river of Mount Fuji becomes a swamp full of human waste, can not drink well water in this.

If you do not become a mountain Mount Fuji can be proud of in one of the most clean in the world, because there is no paddles that have been registered in cultural heritage, from now on, there is a need for real effort.

| | コメント (1)

(25.6.23) 中国金融機関のクレジット・クランチ 腐敗撲滅運動が金融機関を倒産させる Credit crunch of China financial institutions. Corruption crusade is to go bankrupt financial institutions

2168_012_2 

 中国の金融機関がリーマン・ショック前アメリカの投資銀行さながらの状況になってきた。
6月に入って金融機関が相互に資金を融通しあう短期市場から忽然と資金が消えて、上海の銀行間取引金利が急上昇し始めた。
5月までは2〜4%程度だったのが、6月20日には翌日物の金利が13.333%に急上昇したので、世界が慌てふためいた。
とうとう中国の金融機関にクレジット・クランチが発生したのか!!!!」

 私は金融機関にいたのでこうした短期市場コール市場ともいう)が凍り付いた場面を何回も見てきたが、本当に資金の出し手がいなくなってしまうのだ。
一般の人は知らないが金融機関は通常は多くの現金を持っていない。融資や投資に資金を運用しているので、最低限の現金しか持っておらず必要があれば短期市場で資金調達をする。
ところがそれが凍り付くと決済資金が入手できなくなって倒産してしまうが、こうした状況をクレジット・クランチ信用収縮)という。

 なぜ中国でこのようなクレジット・クランチが発生しているかというと、中国政府が大々的に行っている腐敗撲滅運動の一環で、担当している王岐山副首相大手金融機関中国工商銀行、建設銀行、中国銀行、農業銀行)を始め、中小金融機関を査察し、さらに全く機能していない監査委員会銀行、証券、保険ごとにある)の査察を始めたからだ。

 中国の金融機関は魑魅魍魎の世界と言ってよく(1990年代に日本の金融機関もアメリカからそういわれていた)、通常の融資のほかにいわゆるディリバティブ商品があるのだが、それが簿外になっていて全く実情がつかめなかった。
中央の監視が効かない(中国中央銀行の指示に従わない)融資の増加に業を煮やした中央政府が辣腕の王岐山氏をトップにして、この簿外の洗い出しを始めた。

 通常の国家であれば簿外の貸し出しは中央政府の金融政策を損なう金融問題だが、中国の場合はそこに贈収賄が絡んで腐敗問題になるところが違う。
金融機関は利権であって貸し出しには必ずバックペイが用意されて、金融機関を牛耳れば莫大な個人資産を築くことができる(だから中央が何を言っても貸し出しを緩めない)。

 王岐山氏はすでに1000人近い金融機関のトップを査察してそのうち400名近い幹部の首を切った。
これで慌てふためいたのが大手の金融機関ですっかりおとなしくなって、特に簿外のディリバティブ商品の購入を縮小し始めた。

 だがこのことは中小金融機関の資金繰りを著しく損なうことになってきた。中小の金融機関は主として地方政府と地方の建設会社幹部は地方の共産党幹部がなっている)の便利な財布なのだが、地方政府や建設会社が発行する小口債券を購入して資金繰りをつけていた(融資は規制されていたので商品化商品の購入を行っていた)。
中央政府がうるさいから融資はできませんが、ディリバティブ商品ならわかりっこありませんから購入しましょう

 そして中小金融機関はこの購入した債券をさらに大手銀行に販売して資金調達をしていたのだが、大手銀行がこの購入を止めたために、中小金融機関は悲鳴を上げだした。
誰でもいいからお金を貸してちょうだい。レートはいくら高くてもいい!!!」
これが短期金融市場の高騰の原因である。

 中国では簿外のディリバティブがフィッチ・レーティングスの推定で210兆円規模になっている。ちょうどリーマンショック前のサブプライムローンと同じ様相だ。
中央政府と中央銀行はこれが暴発したら大変なのでその縮小に乗り出したが、うまくソフト・ランディングできるか、それともリーマンショックと同じようなハード・ランニングになるかの瀬戸際になってきた。

 辣腕王岐山氏がこの難局を乗り切れるか、それともパンドラの箱となって中国経済崩壊の引き金になるか、実に見ものだ。

注)なお21日には中央銀行が短期市場に資金を投入したので翌日物のレートは8%台に低下した。査察を行えば行うほど金融機関は不安定になり、一方査察を緩めれば再び腐敗が蔓延する。王岐山氏にとって頭の痛い問題だ。

また中国の株価の低迷が中国経済の実態を表しているが、それは以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-c6e6.html

Credit crunch of China financial institutions. Corruption crusade is to go bankrupt financial institutions

Financial institutions in China have come to the situation just like the American investment bank in front of the Lehman shock.
Funds disappears suddenly from short-term market from getting in June, financial institutions lending each other mutual funds, Shanghai interbank interest rates began to soar.
Interest rate was 2-4% until about May, and on June 20, the overnight interest rate soared to 13.333 percent, the world was panic.
"At last, the credit crunch has occurred in financial institutions in China!!"

Because I was in the financial institutions, I've seen many times the scene was frozen (also referred to as call market) short-term market. Really, would no longer have the money lenders for short-term market.
Other people do not know, but typically, financial institutions do not have a lot of cash. Because it operates a fund or investment loan, it did not have only minimal cash, to raise funds in the short-term market if necessary.
But it is frozen, settlement funds are no longer available, financial institutions would go bankrupt. This situation is a credit crunch.

The Chinese government is going to a big way, why the credit crunch that such or have occurred in China, because it is part of the fight against corruption movement.
Deputy Prime Minister Wang Qishan will inspect large financial institutions,
and has
inspected the small and medium-sized financial institutions. In addition, Mr. Wang Qishan began inspections (bank, securities, insurance) of the Audit Committee that do not work at all.
It says financial institutions in China, the world of darkness. But there is a de-Derivative products in addition to the normal loan, but who did not grasp the situation at all it is turned off-balance sheet.

If it is a normal state, off-balance-sheet lending is financial problems that impair the monetary policy of the central government. But in the case of China, it is the corruption bribery issue at stake there.
Financial institution is a concession, back pay is always present in the lending. So, it is possible to build a huge personal assets if it becomes the top of the financial institutions.

By inspection of the top financial institutions nearly 1000 people already, Mr. Wang Qishan cut the neck of executives nearly 400 of them.
Financial institutions giant was panic in this, it is completely quiet, began to reduce the purchase of de-Derivative products of off-balance sheet in particular.

But this thing has come to prejudice significantly the financing of small and medium-sized financial institutions. Primarily, small and medium-sized financial institutions is a convenient wallet for construction companies and local provincial government.
Buy a small construction company bonds and local government issues, small and medium-sized financial institutions wore financing.

And small and medium-sized financial institutions, had the funding to sell to big banks further this bond that you purchased. But for the big banks stopped this purchase, small and medium-sized financial institutions began to scream.
"I lent the money from anyone good. Rates can do matter how high!"
This is the cause of the rise in short-term money market.

Estimates of Fitch Ratings, di Derivatives of off-balance-sheet is 210 trillion yen in China. Collapse of Lehman Brothers just before, it's the same as the aspect sub-prime loan.
Central bank and the central government, because it is very Once this is explosion, They embarked on the reduction. Chinese financial institutions, have come to the brink of or become a hard-running, similar to Lehman shock or, you can soft landing well.

| | コメント (1)

(25.6.22) BS歴史館 「江戸のスーパースター 関孝和」 江戸は数学のメッカだった

21523_0331

 私はこうした種類の人がとりわけ好きだ。江戸時代の天才数学者と言われた関孝和のことである。
関は甲府藩勘定方の御賄頭という役職の武士だったが、今でいう経理部係長程度の役職だ。
武士としては全く出世とは無関係で、ただひたすら甲府藩士の給与計算や土地台帳の面積の検算をしていたサラリーマン武士だった。
そしてもっぱら趣味で数学研究にいそしんでいたとう。

注)私は現役のときに人間はどこまで肉体を鍛えられるのかがテーマでそのことに熱中していた。目標は違うが関孝和と私は同じメンタリティーを持っている。

 その関の研究による数学が当時(江戸初期にあたる17世紀後半)の世界的レベルに達し、その業績はニュートンライプニッツに比肩されるいうのだから驚いてしまう。
江戸時代は関の功績もあり世界最高水準の数学王国だったのだが、残念なことに明治維新でヨーロッパの数学が導入され江戸時代の和算は顧みられることはなくなった。

 私も今回のBS歴史館江戸のスーパー日本人、関孝和」を見るまでは和算についても関孝和についても詳細は知らなかったが、現在関の業績は世界では広く認められ始めているという。
和算は現在数学とはだいぶ趣が違い、私たちは算用数字(0.1.2.3.4.・・)を使って計算を行っているが、関の和算は傍書法という記号(一見するとローマ数字に近いが内容は算用数字と同じ)を使用して計算をしている。

 これによってそれまで解くことができなかった未知数が二つ以上の数式の回答を出せるようになった。今流の言い方をすれば行列式の多元一次式が解けるということで、行列式を研究したライプニッツとほぼ同時期に行列式の一般的解法に近い状態まで到達していたという。
また円周率を小数点以下11桁まで正確に計算していたし、特に素晴らしいのはベルヌーイ数の発見で、ベルヌーイと同時期にこの数を発見している。
最も私にはベルヌーイ数と言われても全くぴんと来ないが、番組に出席していた専門家はΠパイ)と同じ程度に数学にとって基本となる数だと説明していた。

 日本は開国とともに欧米からの新技術を取り入れ、数学についても西洋数学を取り入れたが、なぜ日本人がこの西洋数学洋算)をいとも簡単に理解できたかの最大の理由がこの和算の隆盛にあったという。
日本は江戸時代世界最先端の数学王国で、今のインドのような国だったと言えばイメージがわくだろうか。

 当時は互いに難しい問題を絵馬として奉納し(一般公開し)それを解くのがブームになっており、知的レベルの高い人の娯楽になっていた。
日本では昔から「芸の前の平等」という原則があり、身分制度を超えて芸事の天才を素直に認める風習がある
たとえば「和歌の前の平等」では関東や東北の防人(農民)の歌でさえ万葉集に収録されていたし、平安朝の貴族社会では殿上人でなくても(身分の低い貴族や僧侶でも)、天皇や高級貴族のサロンに入ることができた。
また茶の湯では千利休が信長と秀吉の茶の師匠になって入る。

 和算の社会でも同じで、関の門人は能力があれば身分を問われなかったし、実際多くの和算塾があったがそこには女性や商人や少年少女が自由に出入りをして、能力だけで互いに競い合っていた。
一見固定的に見える身分制度も芸事の世界和算、俳諧等)では四民平等の自由競争社会だった。

 この平等性こそが和算を発達させる最大の契機で、知的レベルの高い人々はこの数学にのめりこんでいった。
何とも不思議な感じがするが、関孝和が現れる前にこの数学ブームの火付け役がいて、それは1627年に塵劫記じんこうき)を著した吉田光由である。この本には数詞、そろばんの計算の仕方、日常生活の問題とその解決法、能力のある人に対する難題の出題と、現在の良質の教科書に負けない教科書であったという(研究者が今読んでもとても面白いと言っていた)。

 優れた数学の教科書、関という世界的数学者の出現、それに関数学研究所と言ってもよい関門グループの形成により、日本の数学和算)は芸事の領域を超えて江戸時代の基礎を支える学問になっていった。
その結果が伊能忠敬の世界的レベルの地図の作成(伊能忠敬の地図作成メンバーに関グループのメンバーがいた)につながっていったという。

 私は本当に感心してしまった。昔の教科書では江戸時代は士農工商の身分制度でがちがちに縛られたとても窮屈な時代で、農民は年がら年中一揆をおこし、それを武士が弾圧していたと教えられた。
しかし実際は芸の前の平等が確立されたとても知的な社会だったようだ。

注)何度も言って恐縮だが私の高校時代の日本史は唯物史観に彩られていたため、民衆の権力に対する闘争史として描かれていた。

 江戸時代日本は世界最先端の数学王国だったが、それにしては現在はそうした評判をインドにとられてしまっている。
何とも口惜しく関孝和の偉業を少しでも見習ってこの日本に再び数学ブームを起こしたいものだとひそかに思っている。

なお数学教育についての記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat51314868/index.html
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat8793778/index.html


(募集)中学生に対する数学の1週間トレーニングをいたします(数学好きを一人でも増やすためのトレーニング)

対象:おゆみ野地区の中学1.2.3年生。
内容:6月のテストにおいて数学の成績が悪かった生徒に対し、テスト内容を徹底的に理解させる
時期:相談に乗ります
費用:なし(関孝和氏の偉業をしのんで、授業料は免除)
連絡方法:このブログのメールかコメント欄を使用して連絡してください。

 

 

| | コメント (0)

(25.6.21) ブラジル経済の失速と抗議デモの発生 中国頼み経済のもろさ Occurrence of protests and stall of the Brazilian economy. The exposure of weakness in the economy that is dependent on China

20617_0331

 通常日本人はブラジル経済についてそれほどの関心を示さないが、過去10年にわたって平均で4%台の経済成長を続け、特に2010年は7.5%の成長だったため、ブラジルは中国、インドに並ぶ成長セクターとみなされてきた。

 しかし今そのブラジルの経済成長は終わり、インフレが頭を持ち上げ始め、このところなかったデモが公共料金の値上がりに反発して起こるようになった。
成長率は11年が2.7%、12年が0.9%で13年度も政府見通しは楽観的だが市場の予想はその反対だ。

 ブラジル経済のアキレス腱は物価上昇で、ルセフ大統領はこの物価上昇を抑えることを最優先課題とし、おかげで09年に9%台だった物価上昇率は毎年のように下がり、12年は5.5%まで下がったが、13年に入り再び物価は鎌首を持ち上げ始めた。現在は6%程度だが公共料金を始め、物価上昇要因には事欠かない。

注)中南米諸国は長い間国家予算の不足を紙幣の印刷で賄ってきた経緯があり、ブラジルもそうした国家の仲間だった。

 日本のようにデフレ脱却からあえいでいるような経済からすると、ブラジルの物価上昇は夢のような話だが、これも賃金の上昇が伴った経済成長下の上昇であればこそで、経済が失速すれば物価上昇だけが残ってしまう。

 なぜブラジル経済が好調だったかの最大の理由は石油や銅や鉄鉱石と言った資源価格が中国の驚異的な成長で大幅に上昇したからだ。
しかし中国の経済成長が終わった今、こうした一次産品の需要は急激に落ち込み始めた。

注)鉄鉱石価格の推移は以下参照
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_piorecr.html
また銅価格の推移は以下参照
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_pcopp.html

 しばらく前まではルセフ大統領は「先進国が金融緩和策を続けるから新興国の物価が上昇する」と言って非難を繰り返し、2年前には金融取引税株式や債券の海外からの購入者に6%の税金をかける)という投資抑制策をとっていたが、ここにきてその金融取引税を撤廃した。
大変だ、金融取引税なんかあるとブラジルから投資資金が逃げ出し株式相場が下落する!!!!」

 結局ブラジル経済も中国経済頼みの成長だったが、その中国が特に鉄鋼生産の過剰になやんで鋼材の投げ売りを始めている状況では、とても中国輸出に頼るわけにいかない。
リーマンショック後の超資金緩和でうなぎのぼりだった鉄鉱石や銅や石油と言った原材料も、頼みの中国が失速しては値下がりに転じるより仕方がない。

注)ブラジルの最大の輸出先は中国で中でも鉄鉱石の輸出の割合が高い。ブラジル全体の輸出に占める鉄鉱石の割合は約16%で、この国は鉄鉱石の輸出で持ってきたと言っていい。

 思えば2010年がブラジル経済のピークだった。当時ブラジルの鉄鋼石会社は超強気で新日本製鉄との交渉を、「ならば中国に販売しますから、新日鉄さん、購入しなくてもいいですよ」とうそぶいていた。
大統領は好調な経済を背景に遅れていたインフラの整備を行い、社会福祉の充実に有り余る国家予算を投じていた。
ワールドカップオリンピックもすべて誘致に成功し、「ブラジルの世紀」とまで言われていたが、中国経済に頼った成長は中国経済の失速に合わせて低迷するのも已むおえないだろう。

注)なお、新日鉄とブラジルの鉄鋼産業との攻防は以下参照。
 http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/2242-0706.html

また中国経済が失速した実態についてはNHKが特集を組んで報告している。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-1cbe.html


Occurrence of protests and stall of the Brazilian economy. The exposure of weakness in the economy that is dependent on China
 

Japanese usually do not show much interest for the Brazilian economy, but continued economic growth of four percent on average over the past decade. In particular, the growth rate of 2010 was 7.5%, Brazil has been considered a growth sector alongside China and India.

But economic growth of the Brazilian end, inflation began to lift the head now. Demonstration that was not extinct is, began to take place in opposition to the rise in utility bills.
Growth rate was 2.7% in the 2011, 2012 is 0.9%. Government outlook is optimistic even in fiscal 2013, but market expectations is the opposite.

Achilles heel of the Brazilian economy is a price increase. Rusefu President, was a top priority that you keep this price increase. As a result, the inflation rate was 9% units in 2009, down to every year, up 5.5 percent dropped in 2012. But prices began to lift the goose-neck again to enter in 2013. Now it is around 6%, but including utility bills, there is no shortage of price increase factor.

As Japan, from the economy such as those suffering from deflation, rising prices of Brazil is a dream come true.
However, this also what if the rise of economic growth under a accompanied by an increase in wages, only price increases may remain if the economy stall.

Why the biggest reason Brazilian economy is what was doing well,
Resource prices, which said iron ore and copper and oil, because increased significantly in the tremendous growth of the country.
But now that China's economic growth is over, the demand for these commodities began to decline rapidly.

Until a while ago, Rusefu president was repeatedly accused of saying, "developed countries continue from the monetary easing policy, prices of emerging rises" he said.
The Brazilian government, was taking measures to curb investment from overseas in that (make a 6% tax for buyers from overseas stocks and bonds) financial transaction tax two years ago. You come here, the government abolished the financial transaction tax.

After all, the Brazilian economy was also a growth of only a Chinese economy. But in a situation where China, has started the dumping of steel distressed excess steel production in particular, Brazil there will not be relying on China export so.
After the Lehman shock, even raw materials said oil and copper and iron ore was skyrocketing in the super fund mitigation, China since stalled, there is no choice but to turn to fall.

2010 was the peak of the Brazilian economy. Iron ore company of Brazil is super strong at that time, iron ore company was promoted in favor negotiations with Nippon Steel.
"If, I'll sell to China, It is good to not have to buy. Nippon Steel's"

Against a backdrop of strong economy, to conduct the development of infrastructure that was delayed, the President had spent the national budget to the improvement of social welfare.
Olympic and World Cup also succeeded in attracting all, it was said to the "century of Brazil," but growth relied on the Chinese economy began to slump to match the slowdown of the Chinese economy.

| | コメント (0)

(25.6.20) クローズアップ現代 人工光合成がエネルギー問題を解決する

Dscf00481

 人工光合成についてNHKのクローズアップ現代で取り扱っていたが、私のように化学と言えば中学や高校の時間に教わった化学がすべてである人間にとって、「人工光合成」と言われてもそのメカニズムも人類に対する重要性も知らなかった。
光合成って植物が太陽光線を使ってでんぷんを作り出すだす、あれだろう。それと人工光合成とどう違うんだい。わざわざでんぷんを人工的に作ってそれが何なのだい

 私は光合成というとでんぷんを作ることだと思っていたが、正確には有機物炭素の集まり)を作ることで、でんぷんだけでなくその中にはメタンエチレンメタノールエタノールと言った燃料を人工的に作り出すことができるのだそうだ。
そうか、人工光合成は人工的に燃料を作り出す技術なのか・・・・・・

 よく考えてみれば菜種やヤシから菜種油パーム油が作られているし、最近ではトウモロコシを原料にエタノールを作っていたのだから、驚くほうがどうかしているが、光合成=でんぷんの知識から一歩も出ていなかった私には驚きだった。

 この人工光合成の研究は日本が世界で最も進んでおり、特に基礎研究では太陽光線によって水を酸素と水素イオンに分解するメカニズムが大阪市立大学の研究チームが明らかにした。
それまで植物がどのようにして太陽光線を利用して水を分解するかわからなかったのだという(だからこれはノーベル賞ものの発見だ)。

 水を水素と酸素に分解するのは中学生の時電気分解で習ったが、電気は化石燃料を使用して生成されたものであり、一方この植物の水分解は太陽光エネルギーを利用して水を分解している。
ポイントは電気分解では再生可能エネルギーの使用ではないため、CO2増加による地球温暖化対策には何の貢献もしないことだ。
太陽光エネルギーだけで水を分解するのがポイントです

 こうして分解した水素イオンを使って、二酸化炭素と結合させ植物よりも生産性の高い有機物の生産を行う仕組みが人工光合成だという。
植物のエネルギー変換効率は約1%だが、これを10%程度にまで引き上げることができれば採算性に乗る」と研究者が言っていた。

 この人工光合成のアプローチでは植物と同じでは生産性が低いので触媒を使って生産性を高めるのだそうだ(飛行機が鳥より早く飛べるように植物に負けない光合成を促進する物質を見つけるのがポイント)。
ポイントはその触媒を見つけ出すことで、この研究では日本とアメリカが国家プロジェクトを立ち上げて先陣争いをしていた。
そうか、日本のように化石燃料を輸入に頼っている国は、太陽光線と二酸化炭素からメタンのような有機化合物を合成することができれば、中東の石油の桎梏から逃れることができるんだ

 この研究の重要性を放送を見て初めて理解したが、確かにこれは夢の技術だ。
原子力にも頼らず、化石燃料も必要とせず、ただただ太陽光線と二酸化炭素さえあれば燃料も食料も合成できるのなら、人類は初めて地球を汚すことなく共生することができる。

 かつて見た宮崎駿氏の「風の谷のナウシカ」では人々が風と共生していたが、人工光合成が軌道に乗れば石炭や石油と言った化石燃料を発見する前の、自然と共生していたあの牧歌的な時代に戻ることができそうだ。
人工光合成による最初の燃料の生産体制が整う目標は2030年だというから、あと17年間で、その程度生きながらえて原子力や化石燃料の時代が終焉するのを見届けるのも悪くなさそうだ。

注)クローズアップ現代は最近先端産業について取り上げることが多いのですが、その記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_2/index.html

| | コメント (0)

(25.6.19) NHK 中国激動 「怒れる民をどう収めるか」 高度成長の時代の終わりと分配問題

Image11

 このNHKの報道を見れば「なぜ中国の高度成長が終わったか」が明確にわかる。それまで中国の成長は国内投資貿易輸出)の二つのエンジンで急成長してきたが、今その二つが急激にしぼみつつある
国内投資には北京政府が行う全国規模の鉄道建設や水力発電所の建設や高速道路網の建設と、地方政府が地方の開発業者実際は地方の共産党幹部が経営している)と結託して行ってきた宅地開発があった。

注)中国の成長エンジンにブレーキがかかったことの詳細は以下の記事を参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-4e7a.html

 このうち宅地開発事業が全く行き詰ってきている
地方の宅地開発とは農民から使用権土地は国家の物なので農民は使用権しか持っていない)を取り上げ、勝手に開発業者に販売し農民には安い立退料で立ち退きを要求してきた。
もちろん住民の中には強硬に反対する者もいるが、その場合は地方政府は治安警察を使って主要なメンバーを投獄したり、反対派住民の住居を暴力団を使って焼き討ちしたり、ひそかに暗殺したりして抑え込んできた。

 中国では共産党がすべての権力を掌握しているので、警察権力と司法権力共産党の犬なのでこうしたことはいとも簡単に行われてきた。
なぜ中国の開発がこうも急速に行われたかの理由は、この暴力装置が有効に働いていたからだといえる。

 また資金面では金融機関から湯水のように資金を調達してきたがその調達方法も行き詰ってきた。金融機関が地方政府に対する融資(実際は融資平台という別会社)に対する融資を絞ったからだ。
地方政府が宅地開発でGDPを押し上げていたトリックは、今機能しなくなっている。

注)融資平台の実態については以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-de9a.html

 さらに中国にもIT革命の波が押し寄せ、インターネットの普及によってTwitter や Facebook やYou-Tubeやブログで住民が意見を発信し、それを多くの国民が見ることができるようになった。
もちろん共産党本部は自己にとって都合の悪い情報は遮断する措置をとっているものの、すべての情報を遮断できないのはこの世界の常だ。
一昨年の高速鉄道事故の場合は。いつものように鉄道省は情報を隠蔽し車両を地中に埋めたが、これがYou-Tubeで世界に流れて鉄道省は大恥をかいている。

注)高速鉄道事故の顛末は以下に記載しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/23727-93d5.html

 今回のNHKの報道はカン雲県陸荘村に発生した宅地開発のトラブルを扱っていた。
ここ陸荘村には戸数350戸、約3000人の住民が住んでいたが、地方政府が立ち退きを要求し、一戸当たり200万円の立ち退き料を支払った。

 従来であったらこれで問題は解決し、一部の住民が騒げば理由をつけて警察が拘留し暴行を加えて脅し揚げ、それでもいうことを聞かない場合は暴力団に命じてひそかに暗殺させるのが常だった。
しかしIT技術の発達は簡単に暴力行為の映像が世界に流れるため、メンツを重んじる北京政府は紛争が起こればそれを理由に地方政府の役人を更迭するようになった。

注)なぜ問題が複雑化するかの原因は中国のGDPの成長率が大幅に減速し、かつてであれば誰にでも職場を見つけることができたのにそれができなくなったことが大きい。
農地を追われた農民は失業者となって補償金で細々と生活しているので、簡単に地方政府のいうことを聞かない。


 困ったのは地方政府で、地方で暴動が発生すると簡単に首を切られてしまう。そのため地方政府としては従来方式の暴力で抑える方式ではなく、何とか話し合いに持ち込み金がかかるのは致し方がないとの方針に変えた。
せっかく築いた地位を棒に振るより金で解決したほうがいい

注)中国では共産党内部の派閥抗争が激しく、ミスが露見すると反対派がそれを理由にその地位を簒奪する。

 だが問題はその金である。
今回の陸荘村の案件では開発業者が地方政府に30億円支払い、使用権を買い取っている。
地方政府は一世帯当たり200万円を住民に支払ったが、350世帯部分で約7億円になる。地方政府の上がりは23億円で、これを上級組織に収めたり、自分たちのわいろとして山分けしたり、一部を地方政府の予算に組み入れたりしてきた。

 中国では公務員の給与は低いのでこうした開発事業の成果を担当者が山分けすることで生活を維持しており、さらに出世を望む場合は上級組織にわいろを贈らなくてはならない。したがって住民に対しては涙金で土地を収用し、文句のいう住民は警察権力で抑え込んできた。

注)中国では共産党員以外は人間扱いされず、ほとんど清朝時代の農奴レベルの扱いになっている。

 ここ陸荘村ではチョウさんという住民がこの措置に不満を持ち北京政府に陳情に出かけたので大騒ぎになってしまった。
さっそく北京警察と連携してチョウさんを拘束しカン雲県にしょっ引いてきたが、拘留中にチョウさんに逃げられ再び北京に行かれたら大変なので追っ手を差し向けていた。

注)中国では警察は弾圧組織だから、地方政府の要請で(当然ワイロが送られている)、その県からの陳情者を拘束することが平気で行われる。

 この番組では仲裁請負人という民間会社が中国にはできて、暴力装置そのものの地方政府と直訴以外にそのすべを持たない住民との間の仲裁を行っていたが、この事件をきっかけに仲裁が成立しそうな雰囲気だった。

 仲裁条件は地方政府は住民に安い賃料の住宅を提供し、補償額の増額交渉に応じることで、一方で住民は北京政府に訴えを起こさないというものだった
だが問題は誰がこの金を負担するかだ。
ほとんどの場合地方政府は金を山分けしてしまっているから住民に支払う金はない。
多くの場合は開発業者にさらに金を出させる方法だが、今まで湯水のように資金供給をしていた金融機関も、開発業者に資金を提供することができなくなっている。
何しろ融資した金のほとんどが焦げ付いているのだから、バブル崩壊後の日本と同じで、長銀や日債銀や北拓が倒産したあの前夜と同じになっている。

注)中国の地方政府に対する金融の実態は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b399.html

 だから地方政府としてももうこれ以上の開発は不可能なのだ。
そして開発ができないということは国内投資が停滞するということで、それは当然に中国のGDPがこれ以上伸びないことを意味する。
中国の高度成長の時代は終わりパイが増えない以上あとは分配の問題になるのは古今東西どこも変わりがない。
中国は分配の問題を巡って騙され続けてきた住民は怒り狂い、それまでは権力をむさぼって来た地方政府に対し、ちょうどフランス革命前の農民と貴族の対立のような様相を示してきた。

注)中国では毎年20万件の紛争が起こっているが、その規模と激しさが毎年エスカレートして暴力装置だけでは抑えきれなくなってきた。

 


 

| | コメント (2)

(25.6.18) 「おくりびと」と葬儀問題 死後対策はどのようにするか

21523_0421_2

 先日NHKのBSで「おくりびと」を放映していた。映画そのものはとてもよくできた映画で私は感心してみたが、同時に自分の死後対策について思いを巡らせてしまった。

注)「おくりひと」を見た感想文については以下に記載しておいた。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/201015.html


 私はもうすぐ67歳になり、神様のお迎えが近くなっているので、死後のことを考えておかなくてはならない年齢だ。
死後と言っても葬儀関連費用や墓や遺品の整理についてである。
これについて一番手間暇がかからない方法は葬儀も墓も遺品整理についても、もっとも簡便な方法を選択することだ。

 私の父親の葬儀は通常の葬儀を行ったのだが、来客の対応や葬儀の手配や飲食や送迎用のタクシーの手配でテンヤワンヤの大騒ぎになってしまった。
何しろ父親の友人や母親の友人についてはほとんど面識がなく(私は就職してから30年以上も故郷を離れていた)、誰が誰だかわからず、葬儀を行った後はすっかり疲れ切ってしまった。
父親を思い忍ぶ時間などは全くない。

 この経験があったので母親の葬儀家族葬にした。母親も家族葬を望んでいたので意見は一致したが、90歳にもなると知人親類と言ったものはほとんどいなくなり家族葬で十分なのだ。
一般に葬儀費用の平均は200万円程度だが、家族葬では100万円程度で済む。
そして何よりありがたいのは訪問客の対応をしないで済むことで、会場の受け付けもいらないし、タクシーや飲食の手配もしないで済む。

注)私が勤務していた会社の同僚やその両親の葬儀についても半分以上が家族葬になっている。誰しもあの葬儀のバカバカしさに気付いているのだろう。

 私の娘は一時おばあちゃんと住んでいておばあちゃん子だったが、「おばあちゃんとこうやって静かにお別れできて本当によかった」と述懐していた。
家族葬では子供の家族だけが集まるのだから何を決めるのも早く、遺産相続問題などもたちどころに決まるから簡単だ。

 葬儀は家族葬で簡便化できるが、次の問題はお寺さん対策だ。お寺さんには申し訳ないが墓やお布施の費用が馬鹿にならない。お布施などは相場があってないようなものだから、いくら包むべきかいつも悩まされる。
通常、墓やお布施や永代使用料でこれも200万円程度かかる。
そんなことなら最初からお寺との縁を切って自然葬にするのがいい(私は読経もいらないのだが、これを省くと葬儀らしからぬ状態になってしまいそうだ)。

 昔「世界残酷物語」という映画でネパールチベットだったかもしれない)では鳥葬というのがあって、死者の肉体を鳥(ハゲタカ)に食べてもらう場面があった。
当時は「何とも残酷だと」思ったが、今思えばこの鳥葬もなかなかいいものだ。死んで「千の風」のイメージで大空を飛び回る鳥の身体の一部になるのも悪くない。
日本の仏教は一部の熱心な宗派を除けば葬儀仏教になっており、人間を救済するという本来の使命ははっきり言えば終わっている。
だからお寺さんとはできるだけ付き合わないのがいいのだ。

 もう一つ問題になるのが一人暮らしの場合の遺品の整理だ。何しろ65歳以上の二人に一人は一人暮らしだ
整理しようにも価値あるものと、ないもののごっただから整理屋に頼むとだいたい30万円程度の費用が掛かる。
何とも馬鹿しいので自分で整理をしようとしてもタンスやテーブルや家電製品などはどうにも手に余る。

 整理屋に頼まないようにするには一人暮らしになればできるだけ生前に物を始末しておくことだろう。
物はあればあるだけ管理が難しいのだから、必要最低限にして鴨長明の心境になることだ。

 死後については自身は存在しないのだから本当は何を言っても無駄だが、家族に迷惑をかけないで済むように簡便を第一義に考えておくことが必要だろう。
家族葬にして、お寺との縁を切って骨は散骨にしてもらい、事前に不要物の整理をしておけば残された家族に迷惑をかけることはあるまい。
おくりびと」を見ながらそんなことを考えていた。

なお、私の死生観に関しては以下にまとめて入っております。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat47393797/index.html

| | コメント (0)

(25.6.17) 三浦雄一郎氏の快挙。私の冒険心にも火が付いた。 Feat of Mr. Yuichiro Miura. Caught fire to my adventure.

 20725_097

 先日クローズアップ現代で日本を代表する冒険家の三浦雄一郎さんの特集をしていた。
三浦さんはこの5月23日に、80歳の高齢で三度目のエベレスト8848m)登頂に成功し、世界最高齢のエベレスト登頂記録を書き換えた。

 三浦さんは5年ごとの年齢の節目にエベレストに登頂しており(70歳、75歳、80歳)、次の85歳の時は、これもヒマラヤのチョー・オュー8201m)から、次男の豪太さんとスキーで滑降する計画だそうだ。
何ともすさまじいまでの冒険精神で、85歳でそんな高度からはたしてスキーができるのかと思ってしまうが、一方で三浦さんならやりかねないとも思ってしまうから不思議だ。

 私は三浦さんは若いころから常に体調を管理して今に至ったのだと思っていたが、意外なことに60歳代には冒険から遠ざかり、体重が増えすぎて狭心症になっていたのだという。
その三浦さんが一念発起して肉体を鍛えなおしたのが70歳前で、父親の敬三氏90歳でモンブランをスキーで滑降すると言い出したからだそうだ(実際は99歳の時にこの夢を実現している)。
この敬三氏の影響を受け再び三浦さんの冒険魂がよみがえった。

 今回のエベレスト登頂に当たっての準備としては片足に5kg、両足で10kgの重しを付け、さらに30kg程度の荷物を背負って週に4回程度、長いときは8時間程度歩いていたそうだ。
おかげで体力が75歳の時よりも向上したというのだから驚いてしまった。

 実は私も30歳代のころ大阪支店に勤務していたのだが、会社に通う道すがら30kgのリックを担いで歩いていた。
大阪駅から淀屋橋までの距離で20分程度自宅から甲子園口までの20分程度だったが、それでもこの風体は会社で問題になってしまった。
あんた、なんでリックサックを背負って通勤するの?」
実は戦前の著名な登山家加藤文太郎の真似をしていたのだが、冒険家になる道は厳しい。
その後私は世間と妥協してこの行為を中止したが、もし続けていれば三浦雄一郎さんのようになれたかもしれない。

 だが今回の三浦さんの特集を見て私も期するところがあった。
そうか、人間は努力すればいくら年齢を重ねても体力は増加するのか・・・・
先日来たえてしていなかった筋肉トレーニングを再開した。腕立て伏せとスクワットと腹筋だ。
さらに食事にも気を付けて甘いものを口に入れることを止めた。
私は口が卑しくて特にまんじゅうやアイスクリームなどを見ると、とめどもなく食べてしまう。

 しかしこの甘いものは大敵で、一番の問題は意欲が減退することだ。冷蔵庫に甘いものがあればすぐに私が食べていたのだが、このところ冷蔵庫には食べる人がいないプリンやお菓子が溢れてしまっている。
トレーニングを再開して10日程度経つのだが、再び気持ちがハイになってきた。

注)人間も動物だから満腹感にしたると狩りをしたくなくなる。空腹こそが狩りに出かける前提条件だ。

 最近私の足は筋肉量が落ちて特に速く走ることができなくなっているが、三浦さんをまねて足におもりをつけて清掃作業をすることを思いついた。毎日2時間おもりをつけた歩行ならそれなりの効果はありそうだ。
「よっしゃ、これなら肉体改造に成功するかもしれない・・・・・・」

注)さっそく片足1.5kgのおもりを購入したが、結構重いのに驚いた。三浦さんの5kgはほとんど囚人の足かせの重さだ。

 年齢を重ねるとどうしても気持ちがネガティブになる。、周りも「お父さん、いい加減に危ないことはよして」なんて言うので本人もすっかり好々爺になってしまうのだが、三浦さんを見てそれではまずいと気が付いた。

 今年の夏のテーマは北アルプス縦走で約1週間かけて富山側から剣岳にとりつき、稜線伝いに上高地まで行くことを決めた。
途中はテント泊でできるだけ休まずに歩き続けるのが今回のテーマだ
三浦さんの快挙に比べれば及びもつかないがせめてこの程度のミニ冒険をしないと、精神的にも肉体的にも急激に老いさらばえてしまうのだろう。

なおクローズアップ現代の記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_2/index.html


Feat of Mr. Yuichiro Miura. Caught fire to my adventure.

The other day, NHK Today's Close-up has been a feature of Yuichiro Miura's adventurers on behalf of Japan.
On 23 this May, Mr. Miura was rewriting the Everest record of the world oldest and successful Everest(8848m) for the third time in summit in older 80-year-old.

Miura-san (70 years, 75 years, 80 years), which climbed to Everest milestone age of 5 years each. Next, when 85-year-old, this is also likely plans to Cho O~yu of Himalayas (8201m), to downhill ski with Gota's second son.

was wondering Miura and had to manage the physical condition at all times from a long time ago. But Surprisingly, body weight is on the rise and, away from the adventure in their 60s, Miura had become angina.
The Miura became 70 years ago, he was a shakeup of his own body. Keizo of his father, because he said, "to downhill skiing in the Mont Blanc at the age of 90".

He made a Preparing to climb Everest. He gave a weight of 10kg with both feet. In addition, about four times a week, I hear he was walking about eight hours when long shouldered the luggage of 30kg.
I got surprised because physical strength that he was better than when 75-year-old thanks.

But there was a place to see the feature of Miura, I also sake in mind.
"Is that so, if human effort, physical strength is increased even if I put the age ......"
I resumed training muscle. It is sit-ups and push-ups and squats.
I stopped that be careful to meal, put in the mouth sweet things further.
Mouth is humbly, looking and ice cream and buns in particular, I would eat without unrestrained.

However, something sweet in this powerful enemy, is the biggest problem, motivation is to decline. I was ready to eat if there is something sweet in the refrigerator. But at this, sweets and pudding no one to eat in the refrigerator is full.
I'm the passage ten days or so to resume training, but the feeling is getting high again.

Recently, muscle mass has fallen to my feet. I am no longer able to run fast especially. Therefore, we came up with that mimics the Miura, to the cleaning work by attaching a weight to the leg. If you walk wearing a 2 hour weight every day, moderate effect is likely.
"Alright, if this, you may succeed in body remodeling · · ·"

When we age, feelings will be negative by all means. People around you say, "Dad, it is good that it is dangerous lazily" he said.
Himself become good people old man completely. But, looking at the Miura, I noticed So to be bad.

The theme of the summer of this year, it was decided to climb to Tsurugidake from Toyama side over about one week in the Northern Alps traverse, go up to the ridge Kamikochi Tsutai.
It will continue to walk without rest as much as possible in a tent night, it's theme.
And will not stick as well and compared to the feat of Miura, but if you do not the mini adventure of this degree, you probably would have been an old man rapidly both mentally and physically.

| | コメント (0)

(25.6.16) 小説入門 三島由紀夫 金閣寺

 2262_020

  今回の読書会のテーマ本には頭を抱えてしまった。三島由紀夫の「金閣寺」である。
私はこの小説を学生時代に読んだはずなのだが、詳細は全く覚えていなかった。おそらく途中まで読んでその難解さに辟易して読むのを止めたのだと思う。
私が今まで読んだ小説の中でこれほど難解だと思ったのは、他にカミュの「異邦人」ぐらいだ。

 この小説の主人公は実在の人物で、昭和25年の夏、京都の鹿苑寺金閣寺を放火し、焼失させた寺僧である。
三島氏はこの寺僧の精神の遍歴を描くことで自身の思想を披歴している。
三島氏はのちに1970年45歳で市ヶ谷の自衛隊駐屯地で切腹して果てたが、この僧の放火と三島氏の切腹にはどこか通じるところがある。

 この小説はとても難解なのだが、それには三つの理由がある。一つは使用されている語句が難しく、私の知らない単語がいくらでも出てくる。特に禅宗関係の言葉はさっぱり分からない。
開定、朝課、粥座、作務、斎座、薬石、開浴、開沈」と言った特殊用語は私の知識の中にはないので、いい加減に想像するより外なかった。

 二つ目は文体が恐ろしいぐらいに重厚だ。通常の感覚の人だったら決して記載しないような文章がながながと続く。たとえばこれは主人公が蜜蜂を見ているときの情景だが、読んでいると疲れてしまう。

私は蜂の目になって見ようとした。菊は一点の瑕瑾もない黄色い端正な花弁をひろげていた。それは正に小さな金閣のように美しく、金閣のように完全だったが、決して金閣に変貌することなく、夏菊の花の一輪にとどまっていた。そうだ、それは確固たる菊、一個の花、なんら形而上的なものの暗示を含まぬ一つの形態にとどまっていた。それはこのように存在の節度を保つことにより、溢れんばかりの魅惑を放ち、蜜蜂の欲望にふさわしいものになっていた

 こんな文章が次々に続くのだ。
おそらく私だったら「目の前に蜂が一匹菊にとまって蜜を吸っていた」とだけ記すだろう。

 三つめはこれが思想小説だからだ。主人公と同じ大学に通う柏木という青年が副主人公として出てくるのだが、この青年は足に障害がある暗い性格の青年だ。そしてこの青年は認識によってすべての世界がなりたっていると説く。
認識とは別の言葉でいえば観念だが、世界はすべて観念によって成り立っていると主張する。

 柏木が主人公に自分の性体験を話す下りを読むと、実態ではなく自分の認識がすべてだと主張しているようだ。
しかし自分が純粋な欲望に化身することはできず、ただそれを夢みた。風のようになり、向こうから見えない存在になり、こちらからはすべてを見て、対象へ軽々と近づいていき、対象をくまなく愛撫し、果てはその内部にしのび入っていくこと。君は肉体の自覚というとき、ある質量を持った、不透明な確固とした「物」に関する自覚を想像するだろう。俺はそうではなかった。俺が一個の肉体、一個の欲望ととして完成すること、それが俺が、透明なもの、見えないもの、つまり風になることであったのだ

 これがセックス経験の説明だろうか。他者は存在せず、自分の認識しか存在しない。
主人公はこの柏木との討論に疲れていき、柏木の認識に引きずられそうになる。
次の場面は主人公が金閣寺を燃やす準備をすべて終え、最後の決断をする一歩手前の心象を記載したものだ。

「『私は行為の一歩手前まで準備したんだ』と私は呟いた。『行為そのものは完全に夢見られ、私がその夢を完全に生きた以上、この上行為する必要があるだろうか。もはやそれは無駄ごとではあるまいか。柏木の言ったことはおそらく本当だ。世界を変えるのは行為ではなく認識だと彼は言った。そしてぎりぎりまで行為を模倣しようとする認識もあるのだ。・・・・してみると私の永い周到な準備は、ひとえに、行為をしなくてもよいという最後の認識のためではなかったか・・・・』」

 主人公は最後の最後になって認識と行為について悩み、そして最終的には行為を選択する。
これは三島由紀夫の最後と実に相似形をなしている。

 この小説を書いた後三島氏は急速に右傾化していき肉体の鍛錬をし、認識(小説)によって世の中の変革を試みるようになった。
しかしそうした認識による行為が無駄だと知ったとき、三島氏は楯の会を結成し、最後に腹を真一文字に掻っ捌いて市ヶ谷の自衛隊駐屯地ではてた。
寺僧が放火をすることで、柏木の認識を否定したのと同じだ。

 読み終わった感想は何と観念的で重厚で恐ろしく持って回った小説だということだ。ストーリーはドモリだった寺僧が、その劣等感から金閣を唯一の存在と認識し、それを焼失させるという行為で認識の完成を見るという内容だが、三島氏の精神の軌跡としては理解できるが、「そんな馬鹿なことはないよ・・・」というのが正直な感想だ。

なお、小説入門の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43898465/index.html
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat31264874/index.html

| | コメント (1)

(25.6.15) 中国とアメリカの仁義なき戦い。サイバー戦争のリーク合戦 War without a code of China and the United States. Leak battle of cyberwar

 22615_013

 中国とアメリカのサイバー戦争リーク合戦が熱を帯びてきた。
この7日と8日に行われた米中首脳会談はアメリカのオバマ大統領習近平主席を呼びつけたもので、主題は中国の情報部隊(61398部隊)によるアメリカ政府機関、防衛産業、先端産業、報道機関に対するハッキングを止めるようにこわ談判したものだ。

注)米中首脳会談の中身については以下の記事に記載しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-542f.html


 オバマ大統領は先に中国の情報部隊がニューヨーク・タイムズをハッキングした証拠を突きつけて習近平主席に迫った。
我が国に対する貴国のハッキングは我慢の限界を超えている。これ以上のハッキングを繰り返すならば我が国も挙げて貴国の軍事産業やネットワーク監視システムに対しサイバー攻撃を仕掛ける

 習近平氏は「我が国もアメリカからハッキングを受けているのだから、お互い様だ」と居直ったが、オバマ大統領のけんまくに気おされてその場は引き下がった。
しかし中国は日本と異なりアメリカに脅されてすごすごと引き下がるような玉ではない。

 さっそく中国の諜報機関がたらし込んだ元NSA(米国安全保障局)職員、エドワード・スノーデン氏の暴露記事がガーディアン紙に掲載された。
米政府による市民の通話やネット利用の情報収拾が日常的に行われている。これはNASの開発したPRISMというシステムを通じて行われた

 これでアメリカ政府は上を下への大騒ぎになってしまった。
NSAのアレグザンダー長官は「PRISMによって数十件のテロが未然に防がれ、この防諜活動はアメリカ国民の安全に資している」と強弁したが、まったく無関係の市民の電話やネットが盗聴されていたことで、オバマ政権の評判はまた一つ落ちた。

注)アメリカでは正当な理由があれば防諜活動が許されるが一般市民を対象にした無差別の防諜活動は許されない。

 しかし中国に取り込まれたスノーデン氏の爆弾はこれだけでなかった。氏は中国政府の保護のもとに香港に逃れここで第二の爆弾をさく裂させた。
さらに全世界の市民のネットも監視されており、分かっているだけで6万1千件のハッキングがなされた。この中には中国を対象とした数百件がある
これが中国政府がエドワード氏に言わせたかった内容で、「中国もアメリカからハッキングされているのだから、中国がアメリカをハッキングするのは当然だ」ということだ。

注)私は米中間のハッキングの非対称性に驚いた。アメリカでは政府機関やIT産業が常にハッキングされているが、中国では数百名規模の要人がハッキングされているだけらしい

 さらにスノーデン氏は「私は裏切り者でも英雄でもない。アメリカ人だ。犯罪を明らかにするためにここ香港にいる」と自己弁護したが、スノーデン氏が正義感だけでアメリカ政府のハッキング行為を暴露したとは到底思われない。
なぜ中国政府(香港は中国)の保護下にいて、アメリカの諜報機関の秘密活動を暴露しているかがポイントで、スノーデン氏は中国政府から正義と金と女を十分供与されているのだろう。人間は正義感だけでは生きていけないからだ。

 それにしてもこの中国政府のカウンターパンチは鮮やかだ。脅されたら脅され返すのが政治の常道で、いつでも反論できる材料をそろえておく所はさすがと言っていい。
私はいつも残念に思っているのは日本政府があまりにナイーブで、CIAのような諜報機関もNSAのようなネット監視機関も持っていないことで、これでは中国のハッキングを防ぐことなど到底できない。

 中国レベルになると品位もへったくれもないが、せめて世界が標準的に行っている諜報活動を日本も行わないと、国際政治では常に敗者になってしまう。
そのことが今回のスノーデン氏の暴露行動を見てよくわかった。

なおサイバー戦争に関する記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46749968/index.html


War without a code of China and the United States. Leak battle of cyberwar

Leak battle of cyber war between the United States and China have been hot.
US-China summit meeting held on 7 and 8 June this is what U.S. President Barack Obama has summoned the chief Xi Jinping. Subject matter, something that to stop hacking for media organizations and high-tech industry and the defense industry and U.S. government agencies by (61398 troops) intelligence units of China, President urged.

President Obama urged the president Xi Jinping and poses evidence that intelligence units of China has been hacking the New York Times earlier.
"It is beyond the limits of patience. China if repeated hacking, network monitoring system for the military and industry of your country, the United States launch a cyber attack hacking of China for our country"

Xi Jinping said countered, "China has also hacked from the United States," but the spot was withdrawn been overwhelmed by the anger of President Obama.
But China is not a country like dejectedly back down and threatened the U.S. unlike Japan.

Immediately, intelligence agencies in China had been captured, expose the original NSA (U.S. Security Agency) staff, Edward Snowden has been published in the Guardian.
"Information out of control of access to the Internet and call citizens by the U.S. government, has been carried out on a daily basis. This was done through a system called PRISM developed by NSA"

But the bomb of Snowden, who was captured in China was not only this. And fled to Hong Kong under the protection of the Chinese government, he was exploding a bomb in second here.
"Net of citizens of the whole world are monitored further, I only know, hacking of 60 001 thousand were made. There are hundreds of clearly defined that target China in this"
In what the Chinese government wanted to say to Mr. Edward this, "China because of hacked from the United States, China is hacking the United States rightly so," .
Now, the U.S. government has become a fuss to bottom up.

Alexander Secretary of NSA, commented as follows.
"Terror of dozens of is obviated by PRISM, this counter-espionage activities are capital to the safety of the American people"
However, by telephone or net of citizens unrelated had been eavesdropping at all, reputation of the Obama administration fell.

In addition, Mr. Snowden was self-defense as follows.
"Is neither a traitor, I am not a hero. I am American. In order to clarify the crime, i am in hong kong"
But, Mr. Snowden is exposed, the hacking of U.S. government only sense of justice, no one would possibly think.

The Snowden, why, what are under the protection of the (Chinese Hong Kong) China government.
And he doing? Exposed the secret activities of intelligence agencies in the United States. Mr. Snowden has been granted enough money and women and justice from the Chinese government. Human beings can not live only sense of justice.

Even so, this counter punch of China government is vivid. When threatened, it's common practice of political will return threatened. The place to keep a large selection of material that can be refuted at any time, can I say that China indeed.
What I regret is always, it's that the naive too, the Japanese government does not have any net monitoring body intelligence agencies like the CIA as well as the NSA. In this, Japan can not possibly be such as to prevent hacking of China.

Have no character when it comes to China level, Japan also do not do intelligence activities that the world is going to standard at least, it becomes the loser always in international politics.
It has been found well to see the exposure behavior of Edward's this, about it.

 

| | コメント (0)

(25.6.14) トルコの意外な内部分裂 オリンピック招致運動が振り出しに戻りそうだ!! Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! !

Dsc01371

 トルコの最大都市イスタンブールで発生したデモは2週間以上続き収束の気配が見えない。
突然発生したこのトルコのデモには世界中が腰をぬかした。
何しろこのところのトルコ経済は絶好調10年、11年と9%前後の成長で、12年に入り3%前後に落ちたものの新興国としての地位を着々と築いていた。

 与党AKP(公正発展党)をはイスラム政党だが、エルドアン首相の支持率は安倍総理並で、国会の議席も3分の2に近いのだから、まさかこのトルコでこうした暴動が発生するとは誰も予想しなかった。
イスタンブールは2020年の夏のオリンピック開催招致国で東京と競っていたライバル都市だ。
猪瀬東京都知事がニューヨーク・タイムズの謀略に引っかけられ、「イスラム諸国は互いに喧嘩ばかりしている」とコメントしてから断然イスタンブールが優位と思われていた。

注)猪瀬都知事がニューヨークタイムズにひっかけられた経緯は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-38bf.html

 ことの起こりはイスタンブールの再開発計画で数本の樹木を伐採したことから始まる。
自然保護の運動家がこれに抗議し、それに日ごろ不満がたまっていた学生と、自由な言論を妨げられていると感じていた知識人が呼応した。
独裁者、エルドアンを打倒せ!!!」

 トルコの歴史に詳しくない人には意外かもしれないが、ここトルコはイスラム諸国では珍しく憲法上で政教分離をうたった西欧的な民主主義国家で、長い間この憲法を軍と裁判所が支えてきた。
一方エルドアン政権は穏健派イスラム政党でかつ憲法改正が党是である。
政教分離に反対して憲法改正を目指して勢力を拡大してきた。
イスラムはイスラムだ

 イランのような政教一致国ほどではないが、イスラムの精神で政治を行うとしており、これが西欧的な教育を受けた知識人や学生から反発を受けている。
「憲法を守れ!!」

 最もエルドアン首相は政権与党でここ10年間にわたって権力を掌握してきたから、当然のことにエルドアンと一蓮托生の経済利益集団がいる。
こうした企業がイスタンブールの開発の利権を一手に握っているため、一方でそうした権力から取り残され不満を抱えた一般住民がいる。
エルドアンの政策は金持ち優遇で、庶民は貧困している
このあたりは再開発事業で甘い汁を吸っている中国の共産党幹部に対する民衆の怒りとうり二つだ。

 実際のエルドアン政権は貧しく信心深い人のためにイスラム精神の大復活を呼び掛けて大衆的な支持を得、一方で資本家集団には再開発事業やボスポラス海峡の第3の大橋建設事業等で莫大な利益を供与してきた。
心も金もというのがエルドアン政権の神髄で、これが圧倒的な人気の秘訣だ。

 だがこうした宗教も利益もという政策は、都市部の打ち捨てられた人々の反発を呼び始めた(農村部の貧しい人々は宗教心が強い)。
エルドアン首相は対話を呼びかけたり、一方でデモを催涙ガスと放水車で追っ払ったり硬軟取り混ぜての対応をしているが、掌握はなかなか難しそうだ。

 こうして猪瀬都知事の失点もイスタンブールの暴動で帳消しになり、再びオリンピック招致運動は振り出しに戻った。

注)これでトルコの対シリア介入は全くできなくなった。とても人のことをかまっていられないという状況で、シリアのアサド政権を喜ばしている。

なお、トルコの実情について知識の少ない方は以下の記事が参考になる。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/231226-3752.html

Surprising internal division of Turkey. Campaign to host the Olympics is likely to return to the drawing board! !

Demonstration that occurred in the largest city of Turkey Istanbul can not see the sign of continued convergence more than two weeks.
Around the world was surprised The demo of this Turkey that occurred suddenly.
Turkish economy of this place is in high gear, with growth of around 9% in 2010, and in 2011, fell to around 3% to enter in 2012, but had been built steadily its position as the emerging countries.

Ruling party AKP (Justice and Development Party) is a Muslim political party, but the approval rating of Prime Minister Recep Tayyip Erdogan in the same extent as Prime Minister Abe of Japan, seats in the National Assembly was also close to two-thirds. So nobody expected these riots to occur in this Turkey.
In the Olympic host country of the summer of 2020, Istanbul is a city that was competing with Tokyo.
INOSE governor of Tokyo is applied to the plot of the New York Times, he commented, "Muslim countries is always fighting each other" . As a result, it was believed that the Istanbul is by far the dominant bidding activity.

Takes place of that, starting from that it has cut down the number of trees in this redevelopment plan of Istanbul.
Activists of nature protection protested against this. And students who are dissatisfied with accumulated on a daily basis has risen. In addition, the knowledge that people were feeling and are interfering with free speech, was in response to it.
"Dictator, Erdogan lay off the prime minister!"

It may be surprising to people you are not familiar with the history of Turkey, but is singing the separation of church and state in the Constitution rare in Muslim countries, courts and military have supported this constitution for a long time here Turkey.
On the other hand, Erdogan regime is a policy of the party is constitutional reform.
It rose to power with the aim of constitutional amendment in opposition to the separation of church and state.
"Islam is Islam"

While not about blending of church and state a country like Iran, but is going to do the politics in the spirit of Islam, this is, has received a backlash from students and intellectuals were educated Western manner.
"Defend the constitution!"
This is the slogan of the left-wing in Japan, it is the motto of the military and liberal political party in Turkey.

Erdogan in the ruling party, since has seized power for 10 years, there are economic interest groups of common destiny and Erdogan.
Because these companies are holding in one hand the interest of development of Istanbul, there are general population that has frustrated not get the benefit of such power.

Erdogan regime actually, has the support general-interest calling for a revival of Islamic spirit for human pious poor.
To the capitalist group, Erdogan prime minister has been granted the enormous profits in Bridge construction project, such as the third of the Bosphorus and redevelopment projects, on the other hand.
In the essence of Erdogan regime is that even gold and mind, this is the secret of the overwhelming popularity.

But this religion, also benefits of policy, started calling the rebound of the people who abandoned the city in terms of profit especially.
Erdogan has called for dialogue, but on the other hand, has been disbanded or by water cannons and tear gas the demo. Prime Minister has the support of a mix of hard and soft, but the grip is quite so difficult.

this way, conceded Inoki governor in riot of Istanbul, campaign to host the Olympics got back to square one again.

| | コメント (0)

(25.5.13) LCC(格安航空会社)の勝ち組と負け組 ピーチの好調とエア・アジアの苦境

22615_009 

 昨年鳴り物入りで登場したLCC(格安航空会社)の経営に勝ち組と負け組が現れ始めた。
勝ち組は関空を拠点とするANA系のピーチ・アビエーションであり、負け組は成田を拠点とするANAとエア・アジアの合弁会社エア・アジア・ジャパンである。

 LCCは料金が安いため搭乗率が勝負で乗客が少ないと赤字経営になってしまう。
ピーチの平均搭乗率が78%なのに対し、エア・アジアは64%でこの業界では70%あたりに損益分岐点があるから、エア・アジアはすっかり赤字会社になってしまった。

 もともと成田と関空ではLCCに対する対応が異なり、関空がLCC会社の参入に積極的なのに対し、成田はいやいやながらの対応のところが違う。
関空がLCC専用の搭乗口を設けたり、24時間運航であったり、着陸料の引き下げに応じたりしているが、一方成田は遅まきながら搭乗口の建設に着手したり、夜間に飛行禁止時間帯があったり、着陸料はかなり高い。

注)この関空と成田のLCCに対する対応策の違いについては以下の記事を参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-8e0f.html

 成田は長い間日本の国際空港としての位置づけがあったから、殿様商売でいくらでも航空会社が参入を希望していたのに対し、関空は当初から厳しい競争下に置かれた。
関西経済圏は東京に比べれば小さくかつ低迷しており、さらに悪いことに関空と顧客を取り合う飛行場が伊丹と神戸にある。

 もともとは関空が就航すれば伊丹は閉鎖する予定だったが、当初騒がれていた騒音問題は関空ができたとたんに下火になり、飛行場存続の大合唱になってしまった。
おかげで関空には予定していた国内線がほとんど就航せず、この結果関空は少ない国際線だけでは赤字経営なので、どうしてもLCC航空会社を呼び込まざる得ない立場に追い込まれた。
本当は着陸料を値切るLCCなんか嫌なんだが・・・・・・・・・しかし背に腹は変えられない・・・・

注)日本のLCCの現状については以下の記事にまとめて置いた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/24614-lcc-5116.html

 だが時代が変わったのだ。
私がまだ学生時代だった40年以上前は飛行機に乗るのはなにかステータス・シンボルでJALに乗ったというだけでみんなの羨望の的だった。
だが今では新幹線並みの感覚で飛行機に乗るが、LCCやスカイマークのような会社に比較して特にANAやJALの国内線の航空料金は高い(ANAやJALは国際線の赤字を国内線でカバーする収支構造をしていた)。

 国内の航空路線は東京・札幌、東京・福岡、東京・那覇あたりがドル箱で、一方その他の路線は閑古鳥が鳴いている。本数が少ないのと料金が高いためだが、ここにLCCが殴り込みをかけて航空革命を起こそうとしているのが実態だろう。

 現状ではLCCを取り込む姿勢の強い関空と手を組んだピーチが順調で、もともとLCCを見向きもしなかった成田と手を組んだエア・アジア・ジャパンは苦境に陥り、ANAエア・アジアマレーシア)が喧嘩別れして合弁を解消するところまで追い詰められた。

 どうやらLCC成功の条件は大都市圏の近くにあって交通の便が良いこと、空港会社が殿様商売でないこと、着陸料や施設使用料が安いことのようだ。
そうした意味で関空や神戸や千歳や福岡あたりは有望だが、成田や茨城や静岡あたりになるとLCCからもそっぽを向かれる可能性が高そうだ。

 LCC元年から1年たち、LCCにも淘汰の時代がやってきた

なお、航空行政に関する記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat48077031/index.html

| | コメント (0)

(25.6.12) iPod touchが動かない。英語のトレーニングができなくなった!!

 22522_028

 約半年前にアップルのiPod touchを購入して、それなりに楽しんでいたのだが先日から電源が入らなくなってウンともスンとも言わなくなった。
iPod touchも考えてみればコンピュータの一種だからこうしたトラブルが発生することを想定しなければいけなかったのだが、何となく音楽プレーヤーだと思っていたのでこの事態に慌てた。

注)私がiPod touchを購入した経緯は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-06a5.html

 私はこのiPod touchに大好きな演歌英会話を入れており、特に英会話は毎日の清掃時間中に聞いている。
なぜこの年になって再び英会話に挑戦し始めたかというと、息子の嫁さんがオーストラリア人で、孫が2才を過ぎたのだが信じられないことにこの孫が流暢な英語を話しだしたからだ。
何ということだ。私は中学から大学まで都合10年間も英語を学んだのに、全く会話ができない。ところが孫はたった2年で日常会話なら支障なく話している。これはどう考えてもおかしい

 日常会話で話されていることはほとんどたわいもないことで、単語そのものは中学の英語のレベルだから、書いてもらえればすべてを理解できる。しかし聞き取れないのだ。
最も私の場合は聴力に問題があって日本語でもまともに聞き取れないのだが、ボイス・レシーバーと称する音声拡張器を使用すれば通常の会話には支障がない。
「よっしゃ、再挑戦だ。単に耳の訓練が不足しているだけでトレーニングをすれば孫程度の英語は話せるはずだ

注)補聴器は非常に高価(片耳で20万円程度)だが、実際に使用してみると3万円前後の音声拡張器とさして機能面で変わりがない。私はあまりにバカバカしいのでこの音声拡張器を使用している。

 ここ1か月ほどそうした訓練をiPod touchを使ってしていたのに、そのiPod touchが動かなくては、勉強意欲が阻害されてしまう。
あわてて近くのケーズ電気に飛び込んで、iPod touch用のコードを買い込んだ。もしかしたらコードがどこかで切れたのかもしれないと思ったからだ。
しかしこれは全く関係がなかったようでどのコードを使用しても充電はできない。
次にパソコンのUSBの差込口の問題かと思ったが、他のUSBコードをさしいれると正常に動いているのでどうやらiPod touch本体の問題だと分かった。
しかしどうしたらいいんだ・・・・・・・・・・

 当面の対策としてiPod shuffleを購入してきた。これは音楽専用のiPod で、iPod touchのようにWeb検索も、メール送信写真も撮れないが何しろ5000円程度で安い
私がいま英会話のトレーニングを中断するのが嫌なので、このshuffleシャフル)に英会話ソフトをダウンロードしてとりあえずの危機を回避することにした。

 私がシステムの現役のころシステムを2系列にして、一方がダウンしたらすぐ別系列に切り替えるようにシステムを設計していたが、自分のこととなるとすっかり一系列で平気でいたことを反省した。
これを灯台元暗しというのか」苦笑した。

 iPod touchについてはアップルの電話相談窓口に電話をして指導してもらうつもりだが、何とも気が進まないのは、こうした電話窓口は通常かなり混雑していてつながるまでに相当の時間がかかることと、必ずしも問題がすぐに解決しないからだ。
「○○センターに本体を送ってください」なんてことになりそうで、電話するにも相応のエネルギーがいる。

 だがやはりiPod touchが半年で使用不能になるのは何とももったいない話だから気後れせずに電話相談をしようと思っている。

お願い)iPod touchが充電できず、電池マークが出てきて左端が赤くなっている(電気が切れたしるし)になった場合の充電方法をご存じの方がいたら教えてください。

なおスマートフォン、タブレット関連の記事は以下にまとめて記載してあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46019633/index.html

(6.13追加)
結局いろいろ試しましたがどうしてもうまくいかず、アップルに修理を依頼することにしました。

 

| | コメント (2)

(25.6.11) サイバー戦争と米中首脳会談 中国ハッカー部隊へのアメリカの警告

22522_016 

 現代戦争はサイバー空間の戦だが、現在までのところもっとも優位に立っているのは中国軍である。
どこの国でも情報部隊は整備されていて、アメリカのCIAやイギリスのMI6やイスラエルのモサドや旧ソビエトのGRUが有名だが、今は中国の情報戦略部隊61398部こそが情報戦の勝者になっている。

 あまりの被害の大きさに激怒したオバマ大統領が中国の習近平主席を呼びつけて直談判をした(これが7日から8日の米中首脳会談の主要課題で尖閣諸島問題は刺身のつま)。
これ以上我が国の軍需産業やIT産業のハッキングを繰り返すならば、アメリカも中国のネットワークをずたずたにするぞ!!!」

注)オバマ大統領の激怒については以前に以下の記事を記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-eb79.html


 習近平氏は相変わらず知らぬ顔の半兵衛を決め込んで「我が国も世界のハッカーからの攻撃を受けている」ととぼけて見せたが、アメリカからサイバー戦争を仕掛けられるとなるとさすがに困る。
特に中国にとってのウィークポイントはインターネットの監視システムで、中国政府にとって都合のわるい情報をこの監視システムで遮断しているが、それが破られてしまうと中国の実態が中国国民の目に明らかになる。
そうなると中国共産党幹部の汚職が白日の下にさらされ、人民解放軍が人民の圧力部隊であることを知られてしまう。
互いに手を携えてサイバー攻撃から身を守る手段を考案しましょう」と妥協案を示した。

注)アメリカは昨年10月にニューヨークタイムズにされたハッカー攻撃が、中国の61398部隊からの攻撃だとの証拠を突きつけて改善を迫った。この時のハッキングは温家宝前首相の隠し資産をニューヨークタイムズが暴こうとして中国から脅されたもの。

 今回の首脳会談でアメリカは対抗策をちらつかせて中国を脅したが、一方全く無防備に近いのが日本の防衛省や軍需産業だ。
三菱重工業IHIは中国から好きなようにハッキングされていて、分かっているだけでも昨年は約1000件のハッキングがあり、そのうちの6割が中国からの物だった。

 従来中国のサイバー攻撃は主としてシステム内部に侵入して情報を盗むのが主だったが、最近はレベルアップしてインフラシステムの中に忍び込んでそのインフラの制御システムを乗っ取るレベルまで発達している。
たとえば原発システムに忍び込んで、燃料棒の制御システムを破壊すれば福島原発の二の舞を引き起こすことができる。

注)インフラの制御システムに忍び込む手口は以下の通り。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/23127-nhk.html

 ここにきてようやく日本でもことの重要さを認識するようになり、関係省庁とインフラ関連企業を集めて、情報共有を図ることにした。
電力、ガス、水道、石油施設と言ったものだが、一か所でサイバー攻撃が仕掛けられたときはすぐさまその情報がいきわたり内部チェックができるようにしようということだ。

 日本はこのように専守防衛だが、このサイバー戦争では専守防衛では絶対に勝てない
こちらもハッカー集団を養成し常時中国のネットに侵入して、インフラを破壊できることを示しておかないと、交渉すらできない。
やめないと中国の鉄道システムをハッキングするぞ!!!」これでようやく互角なのだ。

注)中国の61398部隊の規模は1000人程度と推定されている。この程度のハッカー集団が必要になる。

 最もこうしたサイバー部隊は存在を知られるとピンチで、常に隠れた隠密のようにふるまわなければならない。
江戸幕府の公儀隠密服部半蔵のようなものだが、残念ながら日本にはそうした存在があると聞いたことがない。
安倍政権の下でこうした部隊を整備して中国の61398部隊と対峙しなければ、日本はサイバー戦争で中国の餌食になってしまう。すでにサイバー戦争は始まっているのだ。

なお、サイバー戦争の記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat46749968/index.html

| | コメント (0)

(25.6.10) ついに貿易統計の化けの皮がはがれた。中国経済は張り子の虎

22615_005 

 ほれ見たことかという状況になっている。中国の貿易統計のことである。
中国経済が堅調な証拠として、貿易統計の数字が常に前年度比二ケタの伸びを示していたが、案の定この数字がいかさまだったことが判明した。

 5月の貿易数字を見て一様に世界のエコノミストは愕然とした。何しろ輸出が1.0%の増、輸入は0.3%の減になったからだ。
中国の貿易が完全にピークを打って停滞、ないしは減少に転じていた。

注)世界のエコノミストから貿易統計の不突合を指摘されて、中国政府はやむなく正しい数字を5月から発表することにした。

 4月はこの数字が輸出が14.7%の増、輸入が16.8%の増だったのだからまさに様変わりだ。
だが実際はこの5月の数字が正しい数字で、4月までの数字は粉飾である。
一般に貿易統計は相手国があるので粉飾は難しいと思われているが、中国の貿易統計では香港は海外扱いだから、ここの子会社を通じていくらでも粉飾できる。

 輸出数字が少ないと思えば香港の子会社に商品を輸出すればいいのだし、輸入がすくなければ香港の子会社から輸入すればいい。
実際に品物を移す必要もなく書類上で易々とできるから(建前は商品の移動が必要だがワイロでいかようにもなる)、省のトップの指示があれば瞬く間に輸出入は増加する。
党中央が輸出増を求めているのだから、数字を作ってやろうではないか」

注)貿易統計のからくりについては以前にも「貿易統計の死角」という記事を書いておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-a24b.html

(25.7.25追加)
私は当初貿易額を増額させるために意図的に金額を膨らませたと思っていたが、それ以上の積極的な理由があった。中国国内では資金がひっ迫しているために香港市場で安く資金を調達し、それを地方政府や不動産業者に高利で貸し出し鞘を抜くビジネスが横行していた。
架空輸出をすることで、輸出代金としてドルを安く調達していたので中国人はやはりしたたかだ。


 中国のほとんどのマクロ数字には粉飾がある。特にひどいのがDGPで、これは共産党幹部の出世のメルクマールになるから、あらゆる手段を使用して粉飾を行う。
中国のGDPは国内投資と貿易からなっていて、特に国内投資のウェイトが大きい。

注)中国のGDPの内訳で際立って大きいのが総固定資本形成で約5割(日本は2割)、一方少ないのは消費支出で35%(日本は約6割)。

 これは橋や道路や鉄道等の公共投資のほかに、共産党幹部が実質的にオーナーになっているディベロッパーによる宅地開発がある。
中国各地に実に立派なマンション群が林立しているがこれを購入する人はほとんどいない。
もちろん焦げ付いているのだが、これもあらゆる手段で粉飾が行われ販売がされていることになっている。

注)経済成長率は忠誠度という記事を前に書いておいた。なぜGDPが粉飾されるのかはそれが出世につながるからだ。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/21910-f18a.html

 おかげで中国のGDPはなお7%台で推移しているが、実際は粉飾だらけで日本のバブル崩壊時と何ら変わりがない。
中国経済がまだ成長しているとおもっているエコノミストはこの粉飾の数字を見てそう判断しているのだが、よほどのお人良しと言っていい。

 ヨーロッパ経済は後退し、アメリカと日本はほぼ横ばいで、新興国と言われたブラジルやインドやロシアが景気後退期に入っているのに、なぜ中国経済だけが好調か。
答えは粉飾だからだ。

 長い間人々は中国経済の急速な成長を見てきたが、日本を抜いて世界第二位の経済大国になった途端に急ブレーキがかかってしまった。
国内的には賃金の高騰で輸出競争力がなくなり、一方マンションは売れ残って買い手は見つからず、調達した不動産資金は焦げ付いている。

  中国政府のしていることはひたすら人民元を印刷して倒産しそうなディベロッパーを支えているが、これは日本の例でいえば、倒産を先延ばしにして何とか責任逃れをした第3セクターと同じで、いづれは整理に踏み込まざる得ない。

注)中国の金融の実態については以下の記事を参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-de9a.html

 習近平主席は今オバマ大統領と会談をしていて、対等な大国間の関係を築こうとしているが足元は火を噴いており、本当はかちかち山の狸と何ら変わりがない。
中国の経済成長の時代は終わり、残ったのは粉飾を施した数字だけだ。
中国経済の実態は、今年が終わるころまでには張り子の虎だということが、誰の目にも明らかになっているだろう。

注)中国経済が日本型シンドロームにかかったことは先に述べておいた。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-f658.html

 

 

| | コメント (0)

(25.6.9) 皇居からランナーが締め出され始めた。 皇居周辺は誰のものか!!

22927_191 

  とうとう歩行者が怒ってしまったのだろうか。このたび皇居の周り約5kmの周回コースのマナーが千代田区の官民委員会から発表された。
一番のポイントはランナーにマナーを守らせることで以下の通りだ、

① 歩行者を優先とする。
② ランナーは反時計回りに走ること。
③ 狭い場所は一列で走ること。
④ 競技のスタート・ゴール地点は桜田門1か所とする。
⑤ スタートは全員一斉ではなく100人ずつの単位として、5分間隔を開けること。


上記の約束を守らない競技団体に対してはマラソンレースの許可を警察は出さない。

 私がここ皇居の周回コースを練習に使っていたのは勤めていた時だから、今から7年前までになる。
このコースはマラソンコースとしては最適で、途中で信号のようなものがないからレースを開催するにも最適だ。
しかも景観は日本でも有数な美しさだから、走っていても気持ちがいい。

 私はこのコースがとても好きだったが、当時はまだ歩行者との接触が危ぶまれるほどランナーは多くなかった。いわば物好きなランナーが走っている程度で花見のシーズン以外は十分な余裕があった。
それが急激にランナーが増えだしたのは石原前都知事東京マラソンを始めた2007年以降で、以来このコースはジョガーのメッカになってしまった。

 ここでの大会は5月に開催される皇居チャレンジ50km30kmもある)が有名だが、それ以外に毎週のように私設の(警察の許可を取らない)大会が開催されている。
一方ここは日本でも有数の観光スポットだから日曜日などは観光客とランナーが道を奪い合うような状況になってしまった。
千代田区が弱り切って指針を出したのはもっともだと思われるが、これで主要な大会の規制はできても一般ランナーの規制までは難しそうだ。

 皇居の周りの遊歩道は何回か拡張されて広くなってきたのだが、それでも一か所だけどうにもならない場所がある。
このコースの最高地点で千鳥ヶ淵の近くだが、石垣と道路がほぼ接していて遊歩道は二人が通るのがやっとの広さの場所が約50m程度続いている。
昔私がクリスマス・チャリティー15kmレースこれもとても有名)に参加していた時は、ここの遊歩道をもたもた走っているランナーがいると自動車道に出て走ったものだ。だがそれは本当はあまりに危険な行為だ。

 また私は現役のころまでは、今とは異なりかなり早いランナーだった。
特に国会議事堂前の下り坂などは脱兎のごとく走ったが、逆回りのランナーなんかがいるとぶつかりそうになってよけるのに苦労した。
だから走る方向を反時計回りと決めるのは有効な対策でもある。

 皇居周辺の周回コースは日本におけるマラソンコースとしては間違いなくもっとも人気のあるスポットだ。
国内にはこれほどの人気スポットはざらにない。
だからランナーが完全に締め出されたら大変なのでこの程度のルールはランナーは守って、歩行者から苦情が出ないようにするのは已むおえないだろう。

注)私は仕事の関係で日本の主要都市(県庁所在都市)と海外(ニューヨーク、ロンドン、シンガポール)に出張したが、早朝は必ずランニングコースを見つけてジョグをしていた。皇居周遊コースに匹敵するのはニューヨークのセントラルパークぐらいだろう

なお、マラソン関連の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44014135/index.html

 

 

| | コメント (0)

(25.6.8) アベノミクスの限界 超金融緩和の効果がもう切れてしまった

22615_022 
(アベノミクスを猫だましという

 アベノミクスあだ花だったことがはっきりとしてきた。
4月4日黒田日銀総裁異次元緩和策を発表して以来、一本調子に上昇してきた株価は5月23日以降急速に下降局面に入り、とうとう異次元緩和の時とほぼ同水準13000円以下にまで落ち込んでしまった。
黒田異次元緩和策の効果もここまでだったことが分かる

 一時は15500円まで上昇し20000円は近いとはやしていたのが嘘のような状況変化だが、もともと業績相場ではなく金融相場だったので「早くもバブルが崩壊した」という状況だ。
日本株が上昇していたのは、ここ半年の間にヘッジファンドを中心とする外国人投資家がほぼ10兆円規模で買い越しをしたからだが、今はその金が雪崩を打ったように引き上げられている。

 私は前にも記したがヘッジファンドは裏で談合を行い、国債の長期金利が1%を越すのを合図に一斉に日本株を売り浴びせたのだと思う。
日本株の上昇に気を良くした日本の個人投資家が大挙して提灯買いをしたが、この暴落で再び大きな深手を負った。
儲かるのは常にヘッジファンドというパターンは今回も踏襲された。

注)ヘッジファンドの手口については先にも以下のブログ記事で記載しておいた。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-a55f.html

 もともと日本経済が回復したわけでなく、円安で輸出産業が息を吹き返したが、一方で輸入産業が悲鳴を上げており、特に電力会社LNGの価格高騰で軒並み赤字経営に陥っている。
個人生活においてアベノミクスが始まる前と今で変わったことと言えば、食料品の価格が原材料の高騰を反映して上がり始めたことだけで、他にはさしたる変化はない。

 変化しているのは株価とここにきて通貨が動き始めた。
もともと通貨に関しても実体経済では変化の要因はなく、アベノミクスで通貨量が増加させることの不安での円安という側面が強かった。
円が値下がりする前に売ってしまおう
だがその円安の流れにストップがかかり、再び円高傾向に転じている。

 日本が超緩和策をとってから基本的には円安になっていただけで、もともと円安になる積極的な理由はなかった。
安倍首相のいう毎年2%の物価上昇で、日本円の価値が下がると見たヘッジファンドが円売り・ドル買いに走っただけで、これも株式と同様の金融相場でしかない。

 黒田日銀総裁が毎月7.5兆円規模で日本円を印刷してきたがこの効果もこの辺が限度のようだ。
アメリカもEUも日本も思いっきり通貨の印刷をしているので、一体どの通貨が本当に安くなるのか分からなくなっている。

 日銀としてはもう一度市場を驚かす超超異次元緩和策でも発表しない限り、現在の株安、円高の流れは食い止められそうもない。
これはバナナのたたき売りと同じでいったん始めると円の大安売りはとめどもなく続く。
ねえ、お姉さん、100円だよ、まだかい、じゃ死んだつもりで50円だ。ドロボーもってけ!!!」

注)日銀とヘッジファンドとの死闘は以下に記載しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-a0f2.html


 
やはり白川前日銀総裁の見識は正しかったようだ。金融を超緩和しても効果は一時的で再び超緩和のスパイラルに入っていく。日銀券は市中にばらまかれ、これを使用するのはヘッジファンドだけでマネーゲームで一般投資家をカモにしては肥え太っていく。
金融だけで経済を浮揚させようなどというのは、風の力だけで飛んでいるグライダーと同じで風向きが変わればすぐに失速するのは致し方ない。

注)白川前日銀総裁と安倍首相との確執は以下に述べておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-3a83.html

 

 

 

| | コメント (0)

(25.6.7) 映画鑑賞 エル・シド 40年ぶりに見てしまった Watching movies "El Cid," "I have seen first time in 40 years"

Img_0747 

 久しぶりに映画をじっくり見てしまった。NHKのBSプレミアムが放送したエル・シドである。
この映画は1961年に制作されており、当時最盛期にあったハリウッドが金に糸目をつけずに制作した大作だ。
私はこの映画を高校一年生の時に、親戚がいた福岡の天神の大劇場で見たが、度肝を抜かされた。
キリスト教徒ムスリムが戦う戦闘シーンの大迫力や、騎士同士が一対一で戦う場面などが目に焼き付いたが、しかしこの映画の時代背景については当時は少しも分からなかった

注)ベン・ハーの制作は1959年だからこのころがハリウッドの最盛期だったことが分かる。

 この映画はレコンキスタを扱っているのだが、レコンキスタとはムスリムイスラム)勢力に侵略されていたスペインの国土をキリスト教徒が奪還する運動で、8世紀から15世紀まで約800年続いた闘争だ。
だがその内容は純粋にキリスト教徒とイスラム教徒との戦いではなく、互いに合従連衡していたので、当時は何が何だかわからなかっただろう。

 この映画の主人公のエル・シドが活躍したのは11世紀で、当時はキリスト教徒の王国がスペイン北部に、一方南部には多くのムスリム系の王国があって、ちょうど日本の戦国時代のような状況だったと思えばいい。
エル・シドはスペイン文学の叙事詩「わがシッドの歌」でうたわれた英雄だが実在の人物でもある。日本でいえばヤマトタケルと義経をミックスしたような人物だ。

 伝説と実在が入り乱れているが、エル・シドが民衆のアイドルであったことは間違いなく、騎士として最高の栄誉と、あたるところ敵なしの活躍に国王以上の称賛がエル・シドに向けられた。
このことがカステーリャ国王アルフォンソ6世に疎まれ、何度も追放の憂き目にあっているが、戦争になると常に呼び戻されて軍の指揮を任されている。
あいつは嫌な奴だが、戦争になるとめっぽう強いから必要人物だ」ということだろう。

注)エル・シドはアルフォンソ6世の騎士でカスティーリャ国一番の剣客だった。

 エル・シドを演じたのは当時最高の人気俳優だったチャールトン・ヘストンでその妻のヒメナを演じたのがソフィア・ローレンだった。
ソフィア・ローレンが演じたヒメナは絶世の美女という想定で、エル・シド以外にもヒメナのために死んでもいいと思うような騎士もいたが、当時私はソフィア・ローレンが少しも美しいとは思わなかった。
なんでこんな目と唇が馬鹿でかい女性が美しいのだろうか、ひどいミスキャストでアメリカ人の美意識はどうかしているのではないか・・・・・・・

 その後私は西欧人の顔を見慣れてきてソフィア・ローレンが美しく見えるようになったが、あの時の違和感は今も記憶に残っている。
私はソフィア・ローレンを見ることで「美意識とは場所と時代で変わるものだ」ということを知らされた。

 それにしてもレコンキスタとはよく言ったものだ。もともとスペインはローマ帝国の領土その前はカルタゴ)で、その後ゲルマン人の侵入でローマが崩壊し西ゴート王国ができたが、それをウマイヤ朝ムスリム)が滅ぼしてイスラム国家に変えた。
その後800年間スペインはキリスト教徒とムスリムのモザイク国家になり、最終的にキリスト教徒がモスレムの最後の拠点グラナダを陥落させて、1492年にレコンキスタは完了したことになっている。

 しかしイスラム教徒の立場から言うとローマ帝国と同じぐらい長くイスラムがスペインを支配していたのだから、ここはもともとイスラムの領土であるという主張も成り立ちそうだ。
だから領土問題などは過去のある時期をとらえて自分の領土などと言っても仕方がない代物で、現状を追認するのがもっとも妥当な措置で、どうしても領土にするのならば戦争に訴えるより方法はない。

 およそ40年の歳月を経てエル・シドをじっくりと見たのだが、当時のアメリカの国力がこうした大作を作らせていたことをしみじみと認識させられた。

過去の映画鑑賞の記事は以下にまとめてあります。
(泥の川、岳)

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat44036154/index.html


(剣岳 点の記、おくりびと)
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat36842745/index.html


Watching movies "El Cid," "I have seen first time in 40 years"

For the first time in a long time
, I had a closer look at the movie. It is El Cid the BS premium of NHK was broadcasting.
The film has been produced in 1961. Hollywood at that time, was in golden age, was produced by investing a lot of money this movie.

When high school freshman, I saw a large theater of Tenjin in Fukuoka this movie.
A large force of battle scenes between Muslims and Christians, scene knights fight each other one-on-one was burned to the eye, but I did not know even a little about the background at the time of this movie.

The re-conquest is a movement Christians to recapture, the national land of Spain which had been invaded Muslim (Islamic) forces. It's a struggle that lasted for about 800 years until the 15th century from the 8th century.
But rather than fight against Muslim and Christian pure, its contents had alliances with each other.

El Cid hero of the film was to play an active part, is the 11th century. Kingdom of Christians in northern Spain, while there was a kingdom of many Muslim in the south at that time.
Just, it was situations such as the Warring States period of Japan.
El Cid is a hero that was sung in "Song of My Cid" epic of Spanish literature, but it is also a real person. It's someone like a mix of Yoshitsune and Yamato Takeru in the example of Japan.

Reality and legend is in disarray, but no doubt that El Cid was idle people. Praise surpass the king and the highest honor, to play an active part as invincible knight is directed to the El Cid.
This was wrong side of the world Kasuterya King Alfonso 6. And have run into exile many times El Cid. However, El Cid is always recalled when it comes to war, has been entrusted with the command of the army.
"It's a bad guy. However He is a necessary person because he confoundedly strong when it comes to war"

Charlton Heston was a popular actor of the best plays El Cid,
Sophia Loren played a Ximena his wife.
Ximena is a woman of great beauty, knight died for Ximena. At the time, I did not think Sophia Loren is beautiful.

"Why, woman and such a big eyes, big lips,. Wonder beautiful"

After that, I began to look beautiful Sophia Loren to come to seeing the face of Western people, discomfort at that time remains in the memory even now.
I know that the following by looking at the Sophia Loren.
"Sense of beauty is something that changes with time and place"

Even so, I used to go well with the re-conquest. Originally, in the territory of the Roman Empire, then, Germanic people disrupt Roman, Visigothic kingdom could be. Umayyad has destroyed the Visigoth it, Spain became the Islamic state.
Spain 800 years after that, became a national mosaic of Muslim and Christian. It is allowed to fall the Granada finally, re-conquest is supposed to be completed in 1492.

 

| | コメント (0)

(25.6.6) クローズアップ現代「住宅リノベーションの最前線」 我が家も復活できるだろうか?

22619_009 

 NHKのクローズアップ現代で興味深い放送をしていた。「住宅リノベーションの最前線」という番組だ。
最近は新しい言葉が次々に出てくるのでついていくのが大変で、リノベーションは最初イノベーション新機軸)のことだと思ったほどだ。

 住宅のリノベーションとはリフォームと異なり、マンションや住宅を大幅に改築して従来価値を取り戻す方法だという。
中古のマンションや住宅を現在の耐震基準建築基準に適合させ、間取りや設備を今風に変え、さらに外観を美しくすることで新築当時の姿にまで戻してしまう
そして新築住宅を購入するより2割程度安い価格で販売する手法だそうだ。

 従来日本では中古住宅はマンションであれ一戸建てであれ瞬く間に価値がなくなり、たとえば30年近く経つとマンションで購入時の3割程度、一戸建てでは土地価格しかないと言われてきた。

 私が現役の銀行員で貸出担当をしていたのは35年以上も前のことだが、当時不動産の評価をするとき、評価は土地だけしかしなかった。
相手先から「なぜ建物を評価しないのですか」と聞かれたが、「価値がないからです」(評価方法に建物は評価しないと記されていた)と答えたもののいつも不思議で仕方がなかった。
現実に使用価値があるのに、評価価値がないのはなぜか?」

注)最近になって日本もアメリカをまねた住宅価格指数が開発された。その内容については以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/23531-613b.html


 
番組では(中古住宅の評価が低いのは法的な制約が厳しく、それをクリアーすると多額な費用がかかり、そのために取り壊して作るほうが簡単だからと説明していたが、私はさらに隠れた日本独特の理由があると思っている。
西欧やアメリカでは中古住宅の販売が非常に盛んで、全販売戸数の約8割は中古住宅であり、所有者も住宅をリフォームしては購入時より高価な価格で販売するのを個人的なビジネスにしている。

 一方日本の中古市場は全体の14%程度で、政府はこれを20年後までに25%まで引き上げたいと指針を示していた。
80%と14%の差は単に法制度の不備だけでなく、はっきり言えば日本人は人の使用した家に住むのが嫌だからだ。

日本人の奥深くには清浄の精神があり、無垢で穢れのないものを最上とみなす精神がある。
なぜ日本人が割り箸を使い、茶碗はなぜ専用なのかの理由と同じだ。

注)井沢元彦氏が「穢れと茶碗」でこの日本人の精神を分析している。

 しかしそれも限界があり、特に日本人の所得がここ20年にわたって全く増えなくなってからは、そんなことも言えなくなってきた。特にアベノミクスが始まるまではデフレ傾向が続いていたから借金をして不動産を入手しても価格は下がり、一方借金は重くなるので何らいいことはなかった。
それなら安くて新品同様の住宅ならいいじゃないか
それがリノベーション住宅の登場の背景だ。

 耐震基準は約30年前に強化されたが、それ以前に建てられたマンションは基準を満たしてないため、リノベーションをするとかえって高額な費用が掛かってしまうことが多かった。
したがって、この耐震基準を満たし、なおも新築より2割程度は安いマンションを建築できなければこの業界は成り立たない。

 映像に出てきた建築士は、建物の重さを軽くすることが耐震基準に適合するためのポイントだと説明していた。
たとえばベランダの柵がコンクリートであれば、はるかに軽量で丈夫なアルミ等の柵に変えたり、屋上に給水塔があればそれを地下に移す等で耐震性を2割増加させていた。

 こうした軽量化を行い、新しい素材を使用して外装と内装を今風に変えれば耐震基準も建築基準法もクリアーできる。
構造はそのまま利用できるので骨組みを新規に組み立てるより50%は安くできるので、内装や外装を施しても新築マンションより20%は安く仕上がるのだという

 私は感心してしまった。我が家は築20年でいたるところにガタがきている。玄関ドアーは壊れるし蚊防止のネットなどはボロボロになっていたし、トイレのドアーが急に開かなくなったりしている。
一体どうしたらいいんだろう」と考えていたが、このリノベーションの手法で新築同様の建物が復活できるかもしれない。
あきらめていたがほのかな明かりが見えてきた感じだ。

なおクローズアップ現代の記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_2/index.html

| | コメント (0)

(25.6.5) NHK「エネルギー争奪戦、日本の逆襲」 天然ガスの時代

22620_019_2 

 私が好んでNHKスペシャルを見るのは時に非常に優れた番組を放送するからだ。
今回の「エネルギー争奪戦、日本の逆襲」もそうしたNHKでなければできない番組と言える。日本の商社がアメリカとロシアを相手にLNG(液化天然ガス)獲得競争をしている現状をリアルタイムで教えてくれた。

 現在の日本の苦境に火力発電所用のLNGの価格が飛びぬけて高く、世界でジャパン・プレミアムと言われている現状がある。
なぜ日本の輸入するLNG価格が高いかというと、従来から日本の電力会社は価格引き下げ交渉をまともにしてこなかった
価格などいくらでもいいのだ。燃料費が上がればそれをそのまま消費者に転嫁できるのだから、安定供給をしてくれる相手ならどんな価格でもいい

注)電力会社の体質については、東電を例に分析しておいた。なぜ高額なLNGを輸入しても平気だったかが分かる。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f255.html

 もう一つの原因は福島原発事故以降、電力会社はカタール詣でをして量の確保に狂奔したこともあって、供給者の言い値の価格になってしまった。
現在のLNGは単位当たりの価格はヨーロッパの12ドルに対して、日本は16ドル3割以上も高額になっている。

注)なおアメリカの価格は4ドルだが、これはLNGにしなくてそのまま天然ガスを利用しているから。天然ガスはマイナス162度で液化する。日本に運ぶ場合はパイプラインがないからこの液化措置がどうしても必要になり、アメリカから購入する場合でも(液化費用を含めると)10ドル〜12ドル程度の価格になる。

 現在日本は年間6兆円のLNGを輸入しており、このことが日本の貿易収支を赤字にする大きな原因になっている。
アメリカのシェールガスを何とか輸入できないものだろうか」それが日本の悲願だ。
アメリカの産出量は年々増加しており、現状は日本の年間使用量の6倍程度の生産が可能になり世界最大の天然ガス産出国になった。
おかげでアメリカでは石油化学工業がこの安価な天然ガスを利用して大復活している。

 従来アメリカは天然ガスをアメリカとのFTATPP)締結国だけに輸出を許可する方針だったが、あまりに急激な生産量の増大で、日本にも輸出を解禁することにした。
だがアメリカのシェールガス生産者の思惑は、ジャパンプレミアム価格での販売であり、一方日本の輸入商社の思惑はヨーロッパ並みの価格だから、価格面での齟齬は大きい

注)住友商事はアメリカから安価なLNGを調達するための手段として、テキサスからアメリカ東海岸まで太いパイプラインを引く計画を立てていた。
こうしたパイプラインの建設やLNG液化設備の建設には3〜4年程度かかるので、輸入は早くて2017年ごろになる。


 一方もう一つの天然ガス産出国で、天然ガスを武器に世界戦略を練ってきたロシアがシェールガス革命でピンチに陥ってきた。
アメリカが天然ガスの輸入を止め輸出国になると、それまでアメリカにLNGを輸出していたカタールのような湾岸諸国が、このLNGを12ドル程度の安価な価格でヨーロッパに販売し始めた。
従来ユーロッパはほとんどロシアからの天然ガスの輸入に頼っていたので「もうバカ高いロシアの天然ガスを使用しないで済むし、ロシアからの政治的圧力から解放される」とばかり、輸入先を変えたのでロシア経済は大ピンチに陥った。

注)ロシアが天然ガスを武器にウクライナを脅しつけた経緯は以下に記載しておいた。http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/2117-a928.html

 プーチン大統領がエネルギー関係閣僚を招集して「このままでは我が国の国家予算を賄うことができない。日本やその他アジアに販路を拡大しろ」とはっぱをかけた。
何しろロシアの国家予算の半分はエネルギー販売企業からの上がりだから昨年は数百億ルーブルの予算不足に陥ってしまった。

注)ロシアのエネルギー関連企業は民間企業ではなく、国策企業でそこの収益は即国家の収益になる。

 4月に行われた日露首脳会談は安い天然ガスを調達したい日本と、何とか販路を開拓し高い価格で天然ガスを売りたいロシアとの同床異夢だが、一方でそれまではあり得なかったほどの蜜月関係を演出していた。
ロシアと日本は良きパートナーじゃないか。経済で結びついて主敵の中国を包囲しよう
日本とロシアはウラジオストックで日露合弁のLNG会社を設立することになり、これでロシアはサハリンと東シベリアの天然ガスの輸出拠点を確保できそうだ。

注)こちらは伊藤忠商事が食い込んでいたが、単に価格引き下げ交渉だけではだめで、ロシアの工業の近代化を図る手立てを日本とロシア間で行うことで、価格交渉力を持ちたいというのが伊藤忠商事の戦略になっていいる。

 このように商社(と資源エネルギー庁)は国家戦略としてアメリカとロシアに標準を合わせて食い込んでいるが、もう一つの戦略は熱エネルギーの効率的使用が可能になるガスタービンの開発だという。

 現在のガスタービンの平均的な利用率は40%程度で、あとの60%は無駄に空中にエネルギーを放出している(これが地球温暖化の原因にもなっている)。
これを60%程度まで引き上げるGTCCという技術を日本の三菱重工業GE+東芝連合軍の間で開発競争が行われていた。
三菱重工業は61%、GEは62%の効率化に成功したというから、今ある電力会社のタービンをすべてGTSSに変えれば、天然ガスを16ドルから12ドルに引き下げをしたのと同じ程度の効果年間1兆円の燃料費の削減)ができるという。

 40年前石油ショックを乗り切ってその後大発展した日本だが、今回の天然ガスショックを再び乗り切ることができるだろうか。
苦しんでいる日本に、確かにチャンスが巡ってきたと言える。アメリカとロシアから安価な天然ガスの輸入が可能になり、一方でGTCCという省エネ技術が浸透すれば、日本を悩ましている燃料費の増大による国家の衰亡から免れることができる。

 しばらく前までは原子力を制する者が世界を制すると思われていたが、福島の原発事故以来天然ガスを制する者が世界を制するという状況になっている。
日本の逆襲がぜひ成功してもらいたいものだと心から思っているとともに、この現状をつぶさに報告してくれたNHKに感謝したい。

注)シェールガス革命については以下にまとめて記載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat52342835/index.html

 

| | コメント (0)

(25.6.4) 江戸川 120km 24時間走を今年も走ったが・・・・・

___2  
(3日の朝焼け

  こういうのを満身創痍というのだろう。足の中指が水膨れになり、のどはどこかが切れているらしくものを飲み込むとひどく痛い。は完全に疲労困憊しており、痛めていた左ひざ痛が再発したみたいだ。腰はまっすぐにのばすことができない。そして胃腸が荒れ体中が倦怠感で満たされている。

 実は昨日2日)から今日3日)にかけて江戸川24時間走を行ってきた。
江戸川の河口の葛西臨海公園から江戸川と利根川の分岐点関宿まで行ってひっくり返してくる往復で120kmを24時間以内で走破する大会だ。

 大会と言っても私が自分で主催している。最近私はレースの主催者兼選手だ。
嬉しいことに途中の川間(45㎞)まで私の所属するちはら台走友会のメンバー3人が同伴してくれる。
それ以降は私の一人旅だが私はこの24時間走を今回を含めて4回、このところ毎年実施している。

 普通の人にとっては寝ないで24時間走るなんて狂気の沙汰としか思われないだろうが、私は自分の体力チェックの一環としてこれを行っている。
よっしゃ、今年も走れたからまだ生きていけそうだ」なんて感じだ。

 しかし正直に言えば毎年毎年24時間走がきつくなってきた。
今回は走友会のKさん45kmまで付き合ってくれたので、そこまでは順調に走っていたのだが別れてからが最悪だった。
まじめに走りすぎて体力を温存しなかったので、以降は疲労がいっぺんに出た。
疲れたらベンチや草原で寝ては体力の回復を待つ繰り返しだった。

22105_017
今は使用されていない給水塔

 それでも100kmまでは何とか走っていたが、100kmを超えてからは走るのも歩くのもほとんど速度が変わらなくなってしまった。
ならばと歩き始めたのだが、私は腰に腰痛があって、特に歩いているとお尻がしびれて感覚がなくなる。

注)走っているときは腰痛は出ない。おそらく身体を前傾しているからだと思うが、歩くときは垂直で特にかかとに体重がかかるので腰を痛めるのだろう。

 尻の感覚がないというのは何とも奇妙な感覚で、いくらたたいても何ともないのだがこれではトイレに行っても自分が何をしているのかわからないだろう。
寝れば一時的にしびれが取れるので寝てみたが、そうなると今度はお尻周辺の筋肉が悲鳴を上げる。かえってしびれていたほうがいいくらいだ。

 2日の朝7時にスタートして、翌日の朝6時に到着したから、今回は23時間かかったことになる。
私は好んで長距離ランをするのだが、それはハーフやフルでは全くスピードが出ず、かえって毎年スピードが低下しているからだ。
これでは超長距離ラン以外に活路はなさそうだ」そう思っている。

 幸いちはら台走友会でも超長距離ランをするメンバーが増えてきて、会長のSさんなんかも好んで長距離を走っている。
だが何回も言うがこの24時間走は年寄りにはきつい。
本当はもうこうした馬鹿げたことはやめたほうがよく、走った直後は身体のあちこちが痛んでいるので「これを最後としよう」と思うのだが、痛みを忘れると再開してしまう。

 まあ24時間走る体力があればその年に死ぬことはあるまいとの、保証書を得ているようなものだ。
今日(3日)はエネルギーがゼロになっている。本当はブログを書くのもおっくで、ようやっとのことでこの記事を書き上げた。

昨年の24時間走の記事は以下の通り。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-44e1.html

| | コメント (0)

(25.6.3) EU経済の不調と金融緩和策 資本主義はインフレでないと生き残れない

 21_354

  資本主義体制
は常にインフレを起こさないと生き延びることが難しいようだ。
ユーロ圏ではドイツをはじめとする緊縮派が、各国の財政赤字をGDPの3%以内に抑えるように経済を運営してきたが、経済は失速し完全に負のスパイラルに入っている。
13年1月〜3月のGDPは▲0.2%だったが、これは6四半期連続でマイナスであり、おかげで失業率は4月に12.2%と過去最高を記録してしまった。

 この失業率は平均だから、若者だけに限ってみると24%でユーロ圏の若者の4人に一人は失業している。
不動産バブルがはじけたままのスペインではさらにひどく、失業率は27%でスペインの若者だけに限れば50%程度だから、これでは若者が暴動を起こすのも無理ない。
緊縮ばかりで仕事を創出しない政治家は無能だ!!!!」

 しばらく前まで緊縮派の一員だった日本も、アベノミクス以降日銀が国債をほぼ無制限に購入しているので、すっかりインフレモードになり景気が上向いてきた。
ほれ、見てみろ。日本が財政規律を放棄して金を擦りまくったら、景気が回復したじゃないか。ヨーロッパもまねるべきだ

 フランススペインイタリアと言ったとても緊縮財政についていけない国々がドイツを突き上げたので、メルケル首相とオランド大統領が手打ちをして、しばらく緊縮財政はやめることにした。
各国にGDP対比3%以内にするのは1〜2年の猶予を与えるといものだが、その間は国債を発行して財政の穴埋めをするのだから、実質的に緊縮財政は棚上げされたようなものだ。

 なぜ緊縮財政だと資本主義が持たないかというと、政府が金を使わないと実際に使うセクターがないからだ。
現実は日本もヨーロッパも公共投資などは昔から十分に行ってきており、これ以上公共投資をしても維持費のほうがかかってしまう状況下におかれている(ヨーロッパなどはローマの昔から公共投資を行ってきた)。

 それでも公共投資をするのは当座の仕事ができるからで、失業対策にはなるし企業は利益を上げられるので、将来のことは二の次にして取り合えず、困った時の公共投資になる。
そしてその資金は国債を発行して賄い、その国債の購入は実質的に日銀が行っているのだから、これは日銀が金を印刷して渡しているのと何ら変わりがない

 当然インフレ基調になり株も不動産も値上がりして、市場にアクセスしている人の懐は豊かになるが、一方預金者や年金生活者や公務員と言った層のインフレ利益が得られない(あるいは非常の遅くに得られる)人々は生活苦にあえぐようになる。

注)消費者物価には株価や不動産の値上がりはカウントされない。だからそれほど物価が上がった感じはしないが、実際は株も不動産も商品だから、それを加味すると金融緩和により急激に物価は上昇している。

 しかしそれでも政府がインフレ政策を推し進めるのは、それがもっとも簡単な景気刺激策だからだ。
公共投資でも福祉予算でもなんでも増額するぞ。金は日銀が印刷してくれる。インフレになれば国の借金がチャラになるから、いくらでも日銀券を印刷しろ

 インフレは資本主義の宿アだと思う。十分に発展した資本主義国はそれ以上発展しても仕方のない段階に達するが、経済が成長しないと新規にこの体制に入ろうとする若者には職場を用意できない(年寄りがなかなか引退しない)。

 そこで無理やりに職場を創設するには政府が無駄な投資をして仕事を創設するしか方法がなくなる。しかしそのためには資金が必要で国債を発行するが、そのファイナンスは日銀が行う。
結局紙幣を印刷するだけだし、経済そのものはいらない仕事で回転しているだけだから、資金の回収はできない。
しかし、幸いなことに紙幣の増刷はインフレを引き起こすから、政府の借金は必然的になくなる。

 私が資本主義体制はインフレなくして生きられないというのはそのことで、実際アメリカも日本も、そして堅物のEUも全くふんどしのひもを緩めてしまい、世界中がインフレの花見酒に酔いしれることになってしまった。

 こうしたインフレ経済は常に行き過ぎてリーマン・ショックのようなクラッシュが発生するが、これも資本主義体制の宿アと言える。
この体制に終止符を打てばまた異なった社会(これを新しい中世という)が見えてくるが、当面は世界中が花見酒に酔いつぶれるより仕方ない状況になってきた。

注)新しき中世については前に以下の記事で述べておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-4a0a.html

またヨーロッパ経済については以下にまとめて記事が入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43160490/index.html






 

 

| | コメント (0)

(25.6.2) 元気なケヤキの木が枯死し始めた。 原因は何なのだ?

___2  

(右のケヤキの木が枯死をはじめた。本来なら左のケヤキのように葉が青々と茂ってなくてはいけない

  実はここ1か月余り気もそぞろになってしまう出来事が発生している。
四季の道のケヤキの木のことだ。
このケヤキ並木は約4年ほど前に強剪定をして、ケヤキというより巨大サボテンの通りになってしまい、それ以降樹勢が回復するまでは剪定を控えることになっていた。

 当時おゆみ野には「おゆみ野まもり人」という団体があって、この団体と市とのあいだでの話し合った結果、樹勢が回復するまでは四季の道のケヤキの剪定を控えることになった。
私が「おゆみ野まもり人」のケヤキ担当で、以降このケヤキの木の回復を見守ってきた。

 さすがに4年たつと昔の樹形が戻ってきてここ四季の道を歩くにも実に気持ちがいい。
ところが信じられないことに小谷小学校からイオンに向かう太鼓橋の手前のケヤキの木が一本、なぜか葉っぱをつけず冬枯れのままの状態になっている。

 当初私は単に葉の生育が遅いだけでそのうちに他のケヤキの木と同様に青々と茂るだろうと思っていたが、5月が過ぎ6月になったというのに立ち枯れたままだ。
これはいくらなんでもおかしい。このケヤキの木に何か起こっているに違いない

 私はほぼ毎日清掃活動をしているからそのたびに見上げて確認しているのだが、外形は全く問題がない。
かつてよくあった強剪定した場所から腐朽菌が入り込んで中を腐らせているような状況はない。
いたって健康そうに見えるのだが、何しろ葉っぱをつけない。

 先日このケヤキの木をよくよくチェックして見た。すると上部は全く問題ないが根元に猿の腰掛のようなキノコがまつわりついていた
手で取ろうとしたが完全にへばりついているので素手ではとても取れない。
翌日スコップを持ってこのキノコを除去してみたが、根のかなり深いところまで菌糸がはびこっていた。

これはもしかしたらこのキノコがケヤキの体内に入っているか、または根を腐らせているのではなかろうか。人間でいえばがん細胞がはびこっているような状況になっているのではなかろうか・・・・・・・
考えてみたが私は専門家でないので推測の域をでない。

 写真を撮って市の担当者のところにとりあえず報告を入れることにした。
これではせっかく成長し樹齢も40年は経っていると思われるケヤキの木が死んでしまう。
今まではケヤキの枯死は剪定作業のミスだけが原因と思っていたが、それ以外に外形は全くなんでもないがキノコの菌糸が中に入り込み、ケヤキを枯らすことがあり得そうだ。

 もしそうなら根元にサルノコシカケのようなキノコが生えたら、根を消毒するような措置が必要になるのだろう。
いづれにしても私の手には余るので専門家の対処をお願いすることにした。

なお、ケヤキ選定問題にかかる過去の経緯は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat15469332/index.html

| | コメント (0)

(25.6.1) 最後のフロンティア アフリカ 日本の成長のためにアフリカのエネルギーを取り込め "The Last Frontier, Africa," "for the growth of Japan, to capture the energy of Africa"

2255_016 

 TICADアフリカ開発会議)などと言われても普段は聞いたこともないが、日本政府主催で1993年以降5年ごとに日本で開催されている国際会議である。
もともとは日本が国連の常任理事国入りを果たす目的で、アフリカの首脳を集めてODAを大盤振る舞いしてきた会議だ。

 しかし常任理事国入りは中国の激しい反対にあって達成できず、単に日本がアフリカ諸国に資金援助するための会議になっていた。
ところがここにきて様相が一変した。
2000年以降アフリカが経済的にテイクオフしたからで、アフリカ平均で毎年の成長率は5%を超えている。

 これは平均だからナイジェリアと言った石油資源が豊富な国は急成長を遂げ、とても援助を与えるというような場所でなく、日本企業が進出してともに成長を遂げるパートナーになってきた。
今回のTICADはそうした意味で日本が官民挙げてアフリカの経済成長にキャッチアップする戦略的な会議になっている。

 従来日本とアフリカの関係はなかったも同然で、50か国以上も国家があるのに平均的な日本人は国名もその地理的場所も正確に答えられない。
私なども正確にイメージできるのはサハラ以北の国で、最近アラブの春が吹き荒れたエジプトやリビアやチュニジアと言った地中海沿岸の諸国とエチオピア)だけだ。

注)なおNHKからアフリカンドリームという先駆的な放送がなされていたが、その記事は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat39564086/index.html

 サハラ以南となるとアパルトヘイトで有名だった南アフリカとマラソン王国ケニアぐらいはイメージできるが、あとはアフリカという言葉でひとくくりになってしまう。
いわば遠くて知らない国ばかりだ。

 だがここアフリカに積極的に食い込んでいた国がある。
それは中国で、中国は資源外交がメインで人権は二の次だから、欧米諸国が付き合いを遠慮しているスーダンのような独裁国家にも利権を求めて積極的に進出している。
アフリカ全土との貿易額などは日本の6倍はあり、アフリカでの中国の存在感は際立って大きい。

注)他にかつての宗主国との関係も深いが、独立時に宗主国の資産を没収したりした国が多いのでかなりギクシャクした関係になっている。

 日本は遅ればせながらアフリカ進出を開始し始めたが、インフラや資源は中国に抑えられているため、主としてソフト面での支援が主体なっている。
たとえばホンダはナイジェリアでバイクタクシー用のオートバイの生産を始めたが、品質管理のノウハウをナイジェリア人に教え込むことに全力を注いでいた。
アフリカ諸国はもともと工業生産を行うことがなかったため、品質向上と言った製造業の基本的なセンスがない。

 
 アフリカ諸国は今でもほとんどが農業国なので、農業の生産性向上が必要で、モザンピークでは日本向け大豆の生産方式を農家に伝授していた。
映像に出ていた農家は「農地の一部なら生産をしてもよい」と答えていたので、今のところ半信半疑というような状況のようだ。

注)ほとんどの農家が自給自足的な農業をおこなっており、大規模農業は白人の農場を接収して分割したため少ない。

 アジアがテイクオフした後はアフリカだが、問題はここはいまだに独裁国家やテロの温床になっているので、すぐには期待した通りの成果は上げられないだろう。
しかし少し長いスパンで見て見ると、現在の人口が21世紀の半ばまでに20億人と倍増が予想され、最後のフロンティアであることは間違いない。
このフロンティアを取り込むために、日本もようやくアフリカに目を向け始めた。

なお、アフリカ経済に関する記事は以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat55384608/index.html


"The Last Frontier, Africa," "for the growth of Japan, to capture the energy of Africa"

It also is said to such as (Conference on African Development) TICAD, I've never heard usually. This is an international conference in Japan organized by the Government, has been held in Japan every five years since 1993.
Originally a meeting for the purpose of Japan to play a permanent member of the Security Council the UN, by collecting a summit of Africa, Japan has been a big treat ODA.

But purpose to become permanent member of the Security Council could not be achieved with fierce opposition of China Japan. Therefore, this meeting had been in a meeting for Japan's financial assistance to African countries simply.
However aspect was completely changed.
Africa will take off economically since 2000, the growth rate of each year is more than 5% in Africa average.

This is an average, country oil resources-rich, fast-growing more. Rather than places such as giving aid so, it has become a partner to achieve growth both Japanese companies to advance.
For the public and private sectors, the TICAD of this time, Japan is in a strategic meeting to catch up to the economic growth of Africa.

However, there are some countries that had bite aggressively here Africa.
It's China. , China is the main resource diplomacy, human rights in the secondary, even dictatorships like Sudan that Western countries are not allowed in the relationship, China has been expanding aggressively in search of interest.
The trade with Africa and China is 6 times that of Japan, Chinese presence in Africa is larger stand out.

Belatedly, Japan began to start the Africa advance. For resources and infrastructure is kept in China, in support of software is subject mainly Japan.
For example, Honda began production of motorcycle bike taxis in Nigeria. There, Honda has included teaching in Nigeria people the know-how of quality control. .
African countries did not have to carry out the industrial production originally. African people, there is no sense of basic manufacturing of quality improvement.

After Asia has takeoff, Africa take off the next. However, the hotbed of terrorism and dictatorship still exists in Africa. It will not be increased achievements of as expected immediately.
However, looking to see with a little long span, the current population is expected to double to 20 billion people by the middle of the 21st century, there is no doubt that it is the final frontier.
In order to capture the last frontier of the 21st century, Japan started to look to Africa finally.

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »