« (25.5.11) 刑事コロンボ「貿易統計の死角」 中国の貿易統計の架空計上 "Blind spot of Trade Statistics" Colombo Fictional recording of trade statistics of China | トップページ | (25.5.13) アベノミクスに対する庶民の対処方法 その2 こうして資産を守ろう How to deal with common people against Abenomikusu. "Part 2". Thus to protect the assets »

(25.5.12) アベノミクスの本質 「円安で中国経済と韓国経済を葬ろう」"Overthrow the Korean economy and the Chinese economy in the depreciation of the yen," the essence of Abenomikusu

Dscf6100

 いや、驚きだ。ここにきてアベノミクスの本質が明らかになってきた。徹底的な円安を仕掛けて輸出産業を復活させ、主敵の中国経済と韓国経済を蹴落とそうとの戦略だ。
かつてイギリスのサッチャー首相が徹底的な金融緩和策を行ってシティの大復活をさせ、イギリスを世界の金融王国に復活させて以来の大戦略と言える。

日本は結局輸出産業しか競争力がないのだ。パナソニックやシャープが赤字企業である限り日本の復活はない。円を擦りまくり金融緩和を演出して円安に誘導することだけが、日本経済復活のカギだ安倍晋三首相はそう決心したようだ。

注)アベノミクスの功罪については何度も述べてきたが、以下記事を参照。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat54917473/index.html

 この円安により日本企業の業績改善は著しい。上場企業の約半分が12年度の決算発表を行ったが、輸出産業を中心に増益に転じ、全体でも利益は30%UPしている。
特にトヨタなどはリーマンショック前の水準まで回復したのだから驚異的だ(ただしトヨタは社内努力の結果だと言っていた)。
もっとも収益の太宗は株式等の含み益が増加したことが大きいので、業績改善とまでは言い切れないが、それでも好決算であることは間違いない(昨年までは株式が下落していたのでいくら業績が向上しても決算数字は悪かった)。

 
 しかし日本経済全体でみるとここ2年間は貿易収支は赤字だから、円安は輸入産業にとっては一層の苦境になる。このため輸入産業の代表である電力ガスは料金値上げの申請が後を絶たないし、食品などもほとんどが輸入なので、さっそくマヨネーズの価格は上がったし、パンも値上げラッシュになるだろう。

 こうして見てみるとアベノミクスとは庶民生活を犠牲にして輸出産業の復活を図ろうという政策で、安倍首相としてはこれ以外に日本復活の道筋はないと考えているようだ。
実際日本の失われた20年間は基本的には円高基調だったが、その間日本を代表する輸出産業は韓国と中国の企業に蹴散らされてしまった。
ソニーなどは見る影もなく、パナソニックは大赤字で、シャープは倒産寸前だ。

 さらに中国経済の大躍進を許してしまって、豊富な資金を入手した中国は大軍拡に走り、日本から尖閣諸島をかすめ取とろうとし、さらに最近は沖縄は中国の領土だと言い始めた。
韓国はイ・ミョンバク前大統領が「日本は弱くなったので何を言ってもいい」と言い放って竹島に上陸した。

注)中国は過去中国の属国とみなした場所はすべて中国の領土だと言い始めている。この論法だと韓国や北朝鮮、ベトナムやタイまでも中国領土になり、当然沖縄は中国領になる。

 日本経済の縮小は同時に日本の政治力の縮小になって、中国と韓国から領土問題と歴史認識で押されっぱなしだったが、ようやく劣勢を挽回するチャンスが巡ってきたようだ。
庶民生活は犠牲にしても、日本の経済および政治力の復活が大事なのだ。第二次世界大戦時と同じ”ほしがりません、勝つまでは”の精神でいこう」安倍首相のラッパが高らかに鳴り響いている。

 停滞の20年間に日本は二つの選択肢があった。一つは円高を容認し今までためてきた資産で食いつなぐという方法で、「円が高ければ高いほど日本全体の資産価値は上がるのだから、所得収支で稼げばいいじゃないか」という日銀の前白川総裁金融立国主義)の政策がそうだった。
もう一つは黒田新総裁がおこなっている徹底的な円安で輸出産業を復活させるという政策で(輸出立国主義)、「昔の名前ででています」という政策だ。

京都にいるときゃ 白川ちゃんと呼ばれたの
神戸じゃ円高ちゃんと名乗ったの
ジミンの酒場に戻ったその日から 世界が注目するのをみたわ
昔の名前で でています

黒ちゃんの似顔絵を ボトルに書きました
晋三の命と書きました 
経済停滞のとまりぎに あなたが座るのこの目で見たわ
昔の名前で でています


 中国と韓国を蹴落とすには実に有効な政策だ。しかし一方で市民生活は窮乏化が始まっている。劇的な政策には必ずメリットとデメリットが背中合わせに存在する。
明日はデメリットの窮乏化に対する庶民の知恵について記載したい。

注)輸出立国主義をとってきた韓国の庶民生活が貧しいことは以下の記事で述べておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-958e.html

問)経済政策とはライバルを蹴落とすことだという政策をあなたはどう評価しますか?


"Overthrow  the Korean economy and the Chinese economy in the depreciation of the yen," the essence of Abenomikusu

I was surprised. Nature of Abenomikusu has become apparent to come here. It is a strategy of Japan is trying to win the Korean economy and the Chinese economy and, revived the export industry with thorough weaker yen.
Once, the British Prime Minister Margaret Thatcher, has caused the revival of the city by performing a thorough monetary easing measures. Abenomikusu be said that grand strategy since the revived kingdom of the financial world the United Kingdom.

The key to Japan's revival export industry. Bank of Japan makes a monetary easing, the depreciation of the yen in easing, it would revive the Japanese economy as a result," Prime Minister three Susumu Abe it seems to have so persists.

Improved performance of Japanese companies marked by the weaker yen. About half of the listed companies made ​​the earnings announcement of 12 year so far, but began to increase in the export-oriented industry, profits are UP 30% even whole.

Such as Toyota had recovered to the level before the Lehman Shock in particular.
But that unrealized gains on equity has increased because of their high Taizong of revenue, it can not say to the performance improvement, but no doubt still is a positive earnings.

However In terms of Japan economy as a whole, trade balance 's deficit two years here.
Depreciation of the yen fall into predicament of even more for the import industry.
Electricity and gas, which is a representative of the import industry is in the application of the rate increase revenues worse. Also since most imports and food, the price of mayonnaise went up immediately, and bread would be raised by Rush.

The Abenomikusu, it's policy of reviving the export industry at the expense of the life of the common man in this way you look. But Abe seems to think that there is no way of revival in Japan other.
20 years lost in Japan, was a strong yen trend basically fact, export industry on behalf of Japan during that time, had been scattered kick in enterprises in China and South Korea

.It had allowed a major breakthrough of the Chinese economy further. Turn that China obtained the rich funds ran a large arms, to usurpation the Senkaku Islands from Japan, Okinawa began to say it was the territory of China more recently.
Former President Lee, landed on Takeshima to say "Japan became so weak, it does not matter what to say" and in Korea

.Contraction of the Japanese economy was the reduction of the political power of Japan at the same time. It was keeping pressed on the historical awareness and territorial dispute from China and South Korea, but a chance to catch up recessive finally seems to have brought to Japan.
"I can sacrifice, resurrection of political power and the economy of Japan's important to life of the common man." Prime Minister Shinzo Abe has decided.

There were two options to Japan 20 years of stagnation. One is a way of living in assets that have been accumulated until now to tolerate the strong yen. A policy of (financial nation principle) Shirakawa former president of the Bank of Japan "asset value of Japan as a whole goes up yen is high. So Japan should I earn in the income account”

Another is the policy Kurokawa new president has done. Policy with thorough weaker yen, and revive the export industry it is (export nation principle).

It's a really effective policy to drop kick China and South Korea. But civic life has begun impoverishment on the other hand. Advantages and disadvantages are present in the back-to-back always to the dramatic policy.

|

« (25.5.11) 刑事コロンボ「貿易統計の死角」 中国の貿易統計の架空計上 "Blind spot of Trade Statistics" Colombo Fictional recording of trade statistics of China | トップページ | (25.5.13) アベノミクスに対する庶民の対処方法 その2 こうして資産を守ろう How to deal with common people against Abenomikusu. "Part 2". Thus to protect the assets »

評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しております。
山崎様の見方は珍しく一面的だと思います。JPYはUSDに対して長期的には上昇傾向にあるのは釈迦に説法かと。
日本国民の生活も順調に豊かになったのは事実。つまり円高と庶民生活の困窮は無関係と思います。

リーマン後、我が国以外の多くの国は自国通貨安政策を取り、結果として円高になったのはご案内の通り。
単なる調整過程に入り、今後の産業構造の変革が我が国の将来を決定するのだと思います。

また、重商植民地主義の時代でもあるまいし、他国窮乏化政策なぞありえないのでは。窮乏化する国は、その国の政策に問題あるのであって、決して他国が収奪したからではないと思います。
ジンバブエやミヤンマーの窮乏化は列強が収奪したからでしょうか?

アベノミクスの第3の矢こそが焦点でしょう。

投稿: ポテ太 | 2013年5月12日 (日) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.11) 刑事コロンボ「貿易統計の死角」 中国の貿易統計の架空計上 "Blind spot of Trade Statistics" Colombo Fictional recording of trade statistics of China | トップページ | (25.5.13) アベノミクスに対する庶民の対処方法 その2 こうして資産を守ろう How to deal with common people against Abenomikusu. "Part 2". Thus to protect the assets »