« (25.5.22) NHK「病の起源」 プロローグ 免疫システムの誤作動  花粉症の原因 NHK, "the origin of the disease," "The malfunction of the immune system, cause of hay fever" | トップページ | (25.5.24) ためしてガッテン 脳梗塞の発見術 "Discovery technique of cerebral infarction" Gatten to try »

(25.5.23) 多国籍企業の節税対策 アップルと米政府の攻防 "Battle of the U.S. government and the Apple" tax-reduction strategy of multinational

Dscf6087

 世界の多国籍企業にとって最も重要な経営戦略の一つに節税対策がある。
これは当たり前のことでせっかく多額の利益を上げても法人税が高い国では、長良川の鵜になってしまう。
我々は政府に法人税を納めるために働いているのか、それとも企業の発展のためか」本音は法人税を納めたくない。

 最近この節税対策で最も注目を浴びているのがアップルで、世界最高レベルの利益を上げているのにアメリカへの納税額が6000億円程度なので、アメリカ上院が目をむいた。
アップルは毎年2兆円を上回る利益を海外に隠匿し、我が国への納税を回避している。実に怪しからん!!」

 もっともアップルにも言い分はある。
6000億円はアメリカの法人企業の中で最高の税支払企業だ。アップルは合法的に利益を得ており、(政治家がやっているような)カリブ海やケイマン諸島に利益を隠しているわけではない」と皮肉たっぷりに反論した。

 アップルの節税対策はもっとも税率の低い国の販売子会社を通して世界各国に製品を販売する方法である。
製造は中国、販売はアイルランド、販売先はヨーロッパとアジアというスタイルで、アメリカを通さないのが味噌だ。

 何しろアメリカの法人税率は35%と世界的に見ても高率だが、一方アイルランドでは何と2%の税率だという。
これなら利益をアイルランドで計上して2%の税金を払い、あとはアップルの内部資金になる。

注)アップルは09年から12年の4年間で約8兆円規模の利益を海外で上げたが、もしアメリカで納税したら税額が約2.5兆円だから、利益は約5,5兆円に落ちる。この2.5兆円を税金逃れとアメリカ上院は追求しようとしている。

 節税逃れはアメリカだけでなくイギリスやフランス、日本と言った法人税が高い国にはよく見られる現象で、イギリスではスターバックスが、イギリスで30億ポンドの売り上げがあるのに860万ポンドしか支払いがないともめていた(26%の法人税率で計算すると税金は7.8億ポンドになる)。
またフランスでは多国籍IT企業5社のフランス国内の売り上げに対する法人税の捕捉率はたった20分の1だとため息をついていた。

注)世界の国税地方税を含めた重税国の御三家は日本、アメリカ、フランスで(ただし計算の方法はさまざまで異なるデータもある)多国籍企業にとってこれらの国での売り上計上を少なくすることがもっとも重要な節税対策になっている。

 いまや節税対策は多国籍企業の重要戦略だから、各国がブーブーいってもどうにもならない。
そんなに税金を納めてほしいなら税率を下げて、税体系を単純明快にしろ」多国籍企業の鼻息は荒い。

 OECDではグローバル経済に見合った国際的課税ルールが必要だとの認識で一致し、以下の方針を定めているが実際はほとんど役に立っていない。

① 極端に法人税率が低い国の税率の見直し(アイルランドのような国のこと
② 利益ではなく事業規模に見合って税金を課す制度
(その国の販売額に応じて利益を分配し、それに課税するという方法。ただしこれでは消費税とさしてかわらない

 日本でも法人税は加速度的に低下している。これは日本経済の低迷にもよるが、もう一つ多国籍企業(日本の場合は多国籍製造業)が税率の低い国での製造販売を行うようにしているからで、もはや法人税の捕捉は不可能になりつつある。

注)法人税額の推移グラフ。ピーク時の4分の1近くになっており消費税より少ない。
http://blogs.yahoo.co.jp/phon_bb/31675934.html

 国家より多国籍企業のほうが決断も逃げ足も速い。いくら法人税を取ろうとしても節税国に逃げられては手も足も出ない。
各国の税制が直接税から間接税(消費税)に移って行っているのはこのためで、結局は自国で捕捉できるものにしか課税できないというのが実態だ。

注)グローバル経済下では国家が企業を選ぶのではなく、企業が国家を選んでいる。国家と企業の逆転現象が発生しているのだが、このことを正確に認識しているかどうかで、その国家の運命が決まる。

なお、アメリカ経済についての記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43809971/index.html

"Battle of the U.S. government and the Apple" tax-reduction strategy of multinational

There is a tax-reduction strategy in one of the most important management strategy for multinational companies in the world.
This is a matter of course, in a country that corporate tax is higher,
even if profits of large companies would have been exploitation revenue to the State.

Recently, Apple has been the most attention in this tax-reduction strategy. And even though the profits of the world's highest level, tax payments to the U.S. Apple is about 600 billion yen. Therefore, the United States Senate has occurred.
"Apple is to avoid tax . They have
been hidden in foreign countries the interests of more than 2 trillion yen every year. Apple, really rude!"

 
Apple countered.
"600 billion yen is a tax payment the best companies in the Corporate Business  of America. Apple has benefited legally, it is not hiding a profit in the Cayman Islands and the Caribbean"

Tax-reduction strategy of Apple, is a method of selling products around the world through a sales subsidiary of countries with low tax rates the most.
Apple made ​​in China manufacturing, sales Ireland, selling destination is Asia and Europe. And, Apple does not go through the U.S..

Corporate tax rate in the U.S. is a high rate even in the world with 35%, while it's tax rate of 2% in Ireland.
Apple has made Ireland a profit, pay a tax of 2%, after, profit is the internal funds of all Apple.

I found in France UK and Japan as well as the United States tax saving escape. The country corporate tax is high, it is a phenomenon that is common. It was dispute between Starbucks and government in the UK, but there are sales of 3 billion pounds Starbucks, there is no payment only 8.6 million pounds.
The capture rate of corporate tax on sales in France of five multinational IT companies had sighed that it is one of only 20 in France.

Tax-reduction strategy is a key strategy of multinational corporations now. Countries may say complaint, this does not help.
"Please lower the tax rate If you want to pay taxes so much. Please make straightforward tax system" is a rebuttal of multinational companies.

OECD is consistent in recognition of the need for international tax rules in line with the global economy. The OECD has established a policy of following, but basically useless  practice.

①, Country corporate tax rate is extremely low has  to review the tax rate(countries such as Ireland)
②, The plan to impose a tax on the business commensurate with the scale rather than the

profit(way that distributes the profits according to the sales of the country)

Income tax has declined at an accelerated pace in Japan. This is due to the downturn in the Japanese economy, but the cause of another, in the country cheap rate, multinational companies have to perform the sales and manufacturing (multinational manufacturing in the case of Japan). So that state to the capture of corporate tax is becoming impossible.

Multinational companies, to decide more quickly than government. Government is also trying to take a corporate income tax, can not do anything companies can escape the tax savings country.
Tax system in each country have gone moved to indirect taxes (consumption tax) from direct taxes. It is a reality after all, is that not be taxable only in the profit that can be captured at home.

 

 

 

|

« (25.5.22) NHK「病の起源」 プロローグ 免疫システムの誤作動  花粉症の原因 NHK, "the origin of the disease," "The malfunction of the immune system, cause of hay fever" | トップページ | (25.5.24) ためしてガッテン 脳梗塞の発見術 "Discovery technique of cerebral infarction" Gatten to try »

評論 世界経済 アメリカ経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.22) NHK「病の起源」 プロローグ 免疫システムの誤作動  花粉症の原因 NHK, "the origin of the disease," "The malfunction of the immune system, cause of hay fever" | トップページ | (25.5.24) ためしてガッテン 脳梗塞の発見術 "Discovery technique of cerebral infarction" Gatten to try »