« (25.5.6) 安倍外交の中国包囲網が完成した。中国への妥協派が戦争を準備し強硬派が平和を守る | トップページ | (25.5.8) バングラディシュの縫製業の隆盛とその劣悪な環境 The poor environment and prosperity of garment industry in Bangladesh  »

(25.5.7) シリアの内戦が地域紛争に発展した。ヒズボラとイスラエルの参戦 Civil war in Syria has developed into a regional conflict. Participation of Israel and Hezbollah

20725_074 

 ここにきてシリアの内戦は地域紛争の様相を呈してきた。レバノンのヒズボライスラエルがこの戦争に参戦したからだ。
2年前アラブの春の一環としてシリアで民主化運動が発生した時、チュニジアエジプトリビアのように独裁政権が打倒され、民主的な選挙が行われると予想されたが、どっこいそうは問屋が卸さなかった。

 紛争から2年たっても、「俺はエジプトのムバラクのような腰抜けではないアサド氏は意気軒高だ。
アサド政権がなかなか崩壊しないのは、ロシアイランが後ろ盾になって武器供与を行い、さらに隣国レバノンのヒズボラの義勇兵がアサド政権側で戦っているからだ。

 ヒズボラはレバノンの正式な政権ではないが実質的にレバノンを支配しており、もともとはイスラエル打倒を唱えている過激派だ。
このヒズボラがアサド政権を支援しているのはアサド政権と同じシーア派で、イランも同様にシーア派だからだ。
一方反体制派はほとんどがスンニ派だから、こちらはスンニ派のサウジアラビアカタールが武器を提供している。

注)スンニ派とシーア派の対立構造については以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-c824.html

 これまではシーア派対スンニ派の宗教対立という構図だったが、ここにきてイスラエルがこの紛争に参戦してきた。
構図が複雑になったのは、ヒズボラがシリアからイラン製やロシア製のミサイル供与を受けることが明白になったからだ。

 アサド政権はヒズボラの内戦参加の交換条件にヒズボラにミサイル供与を約束した。
これに慌てたのがイスラエルでヒズボラの主敵はイスラエルだから、ここにミサイルなんかが配備されたらイスラエルは国家存亡の危機に陥る。
今年に入ってから都合3回にわたってシリアの軍事研究所と運搬施設を空爆したが、これはミサイルの搬入を阻止するためだ。

 しかし収まらないのはシリアで、「イスラエルの攻撃は宣戦布告と見なす」との声明を発表した。もっともアサド政権は国内の反体制派との戦いでへとへとだからとてもイスラエルとことを構える余裕はない。

 シリア内戦がなかなか収まらない理由は、本当に紛争をとめるのはEU やアメリカの軍事力しかないが反体制派にEUもアメリカも加担していないからだ。

EUもアメリカもリップサービスでは盛んに民主勢力を支持するといっているが、武器供与は行っていない。
その理由は反体制派に多くのアルカイダ系武装組織が参加しているからだ。

注)シリアの内戦になぜEUやアメリカが参加を嫌がっているかの理由は以下に述べておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-d29d.html

アルカイダに最新兵器を供するなんてきちがい沙汰だ!!」
こんな組織に最新兵器を供与したりすればいつ何時自分たちがその武器で攻撃されるか分からない。
もちろん武器を提供せずに自身が参戦すればいいのだが、アメリカもEUも中東地区の参戦には懲り懲りしている。

 アメリカはイラクアフガンで直接戦争を行ったが、イラク戦争の大義名分だった核兵器などはどこにもなかったし(だからアメリカに大義はない)、アフガンではオサマビンラディンを殺害した以上、駐留する理由などなくなっている。
まあ、戦争したければ勝手にやってくれ」というのがアメリカとEUの本音だ。

 実際宗教戦争シーア派対スンニ派、ユダヤ対イスラム)に介入しても何ら得ることはないので、双方が疲れ切ってこれ以上戦争をするのが嫌になるだけ戦わせるのが歴史の知恵だ。
西洋ではカソリックとプロテスタントが30年間戦って(30年戦争)、その後はばかばかしくなって宗教戦争を止めたが(ウェストファリア条約を締結して互いにその宗派の存在を認めることにした)、シーア派とスンニ派の宗教戦争もユダヤとイスラムとの宗教戦争もへとへとになるまで戦争をさせるほうが、その後の平和につながる(途中で止めてもまた再開するだけだから止めるのが無駄)。

 国際社会としては紛争から逃れた難民の世話をすればよく(これを国連が行っている)、戦争好きの人間は戦場で殺し合いをしてもらって互いに戦士がいなくなるのを待っているより方法はない。

なお。シリアの内戦問題についての記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat48561052/index.html


(問) 戦争をどうしてもやめない場合は最後まで戦争をさせておくのがいい、という上記判断に対して貴方の意見を聞かせてください。

Civil war in Syria has developed into a regional conflict. Participation of Israel and Hezbollah


Civil war in Syria has been showing signs of regional conflicts. Israel and Hezbollah in Lebanon took part in this war.
When the pro-democracy movement has occurred in Syria as part of the Arab Spring two years ago, dictatorship is overthrown as Libya and Egypt and Tunisia, it is expected to democratic elections is to be done, but it was different in fact.

Even after two years of dispute, "I am not a coward like Mubarak of Egypt," Mr. Assad said.
Iran and Russia makes a weapon donor, Assad regime has not collapsed, volunteers of Hezbollah in neighboring Lebanon are fighting for Syria further.

Hezbollah is not a government official in Lebanon but has dominated the Lebanon substantially, it's extremists that advocate overthrow Israel.
This Hezbollah's support the Assad regime is the same Shia, Iran because it is Shiite as well.
On the other hand, dissidents, most of which are Sunni. This one has received to provide weapons from Qatar and Saudi Arabia of Sunni.

It was the composition of religious conflict of Shia versus Sunni far, Israel has participated in the conflict to come here.
Composition became complicated. It is because now that Hezbollah is subject to provision of Russian-made missiles and Iran made ​​from Syria.

Assad regime promised missile provided to Hezbollah in exchange for the participation of civil war Hezbollah.
Israel was in this panic. Main enemy of Hezbollah is Israel. Israel fall into crisis of national survival when something missile is deployed here.
This year, Israel bombed the transport facilities and military laboratories Syria three times convenience. It's to prevent the loading of the

missile.

On the other hand, Syria made ​​a statement of the "regarded as a declaration of war to attack Israel". But Assad regime is tired in the fight against dissidents in the country. So Assad regime, can not afford to set up things and Israel.

Why Syria civil war does not end easily but because they are with state to assist in the two companies. And the biggest reason is the EU America - because they do not complicit in dissident side.
It is said the EU and the United States also to support the forces of democracy actively in lip service, but has not been granted the weapon.
The reason, al-Qaeda armed system many organizations because he participated in the dissident side.

Never get any foreign intervention even if the (Shiite versus Sunni, Jewish versus Islam) to religious war. It is the wisdom of history and to fight's only become tired of the war to more both exhausted.

 


 

|

« (25.5.6) 安倍外交の中国包囲網が完成した。中国への妥協派が戦争を準備し強硬派が平和を守る | トップページ | (25.5.8) バングラディシュの縫製業の隆盛とその劣悪な環境 The poor environment and prosperity of garment industry in Bangladesh  »

評論 中東・アフリカ アラブの春 シリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.6) 安倍外交の中国包囲網が完成した。中国への妥協派が戦争を準備し強硬派が平和を守る | トップページ | (25.5.8) バングラディシュの縫製業の隆盛とその劣悪な環境 The poor environment and prosperity of garment industry in Bangladesh  »