« (25.5.15) NHK メイド・イン・ジャパン(2) 新成長戦略 その2 3Dプリンターの攻防 NHK "Made in Japan", new growth strategy, "Part 2", offense and defense of the 3D printer | トップページ | (25.5.17) 橋下大阪市市長のタブーへの挑戦 「軍隊と売春婦はつきものだ」 The brave challenge to this taboo of Osaka Mayor Hashimoto »

(25.5.16) シャープ復活の予感 円安で追い風が吹き始めた Premonition of revival Sharp Corporation. Tailwind began to blow in the weak yen.

Dscf6077

 ここにきてようやくシャープの苦境も峠を越しそうだ。12年3期が3760億円の赤字、13年3期が5453億円の赤字だからお世辞にも業況が回復したとは言えないが、外部環境は明らかにシャープに追い風になっている

注)シャープの苦境については何回ものべてきた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-4512.html

 もともとシャープの製品が高品質なのは世界中で認められていたが、リーマンショック以降の円高で全く価格競争力をなくしてしまった。
特に韓国のサムスンLG電子との液晶パネルの価格競争で敗れ、かつて世界シェアの80%を占めていた液晶は今では10%程度に落ちている。

 シャープの工場は中小型の液晶工場亀山に、大型の液晶工場にあるが、いづれも日本国内に建設したためリーマンショック後の円高の直撃を受けた。
それまで120円程度だった円は瞬く間に80円を割り込み、さらに分の悪いことに大型液晶パネルはバブル崩壊で消費需要が冷え込んでしまった。
そんな大きな画面でテレビを見てどうするの

 すべてがシャープの見込み違いになり、致し方なく台湾のホンハイに支援を求めたが、株価の急落でシャープ本体への支援669億円は沙汰やみになり、堺工場への660億円の出資だけが実現している。
ホンハイとの提携が十分になされなかったため、あわてたシャープはクアルコムサムスンからそれぞれ100億円の出資を仰いだが、これでは焼け石に水だ。
特に本年度は9月に2000億の社債の償還があるが、この償還金のめどが立っていなかった。

 結局はみずほ三菱UFJ3600億の与信枠を設定することで資金繰りのめどは立ったが、それまでシャープは銀行団の支援よりもホンハイやクアルコムと言った同業他社からの支援を優先していた。
金融機関指導になると資産の売却、不採算部門からの撤退、役員の退陣、従業員の馘首、給与の引き下げ、従来の下請けとの取引の見直し等営業基盤の縮小につながるからだ。

注)金融機関のセンスから行くと不採算部門の切り捨てと、従業員の馘首がもっとも効果が大きいと判断するが、経営側からすると非常に痛みの伴う措置だろう。

 しかし世の中は「塞翁が馬」だとつくづく思う。
それまで円高で悲鳴を上げていた日本経済は安倍首相の主導するアベノミクスですっかり円安基調に変わってきた。
すでに100円以上の円安になり、リーマンショック前の120円程度の円安になる可能性もある。

 何度も言って恐縮だが、アベノミクスとは円を印刷して市場にばらまく政策で、実際日銀は毎月7.5兆円の国債を購入している。これは年間に直すと90兆円だからほとんど日本の国家予算と同規模だ。
ありていに言ってしまえば国家予算を日銀が紙幣を印刷してファイナンスしていることと同じだから、これで円安にならないほうがおかしい。

 この円安がシャープに急に追い風になった。ヨットなどで向かい風の時は帆を巧みに操ってジグザグに進むというテクニックがいるが、追い風になればただ帆さえあげていれば前に進む。前者の時は経営判断の適否が会社の存続問題になるが、後者の時は素人でも経営ができる

 
 日銀が紙幣を印刷し市場にばらまいている限り、株式は上昇し不動産価格は上がり、円安になって輸入品の価格が上がる。株や不動産を含めた価格がインフレになって上昇するので、目端の利く人はこのインフレ利益を得ることができる。
ただし何回も言うがこれはその人が能力があるから収益が上がるのではなく、日銀がそう仕向けているからに過ぎない。

注)通常消費者物価という場合には株価の上昇や不動産の上昇は含まれない(家賃は含まれる)。したがって金融緩和の初期には消費者物価は上昇しない。
だが経済学的な視点で見ると株価の上昇も不動産の上昇もインフレ要因としてとらえるのが正しく、現在猛烈な勢いでインフレが高進しているとみるのが経済学的なセンス。


 この円安政策でシャープの経営は大幅に改善される見込みが出てきた。特に大きいのがライバル韓国のウォン高で、ウォンはリーマンショック前の水準に戻りつつある。
これで日本と韓国はもう一度仕切り直しをして競争できる環境下にたつのだから、経営手腕さえ間違わなければシャープの大復活は間違いない。

 円高局面では日本の輸出産業は青息吐息になり、一方円安局面では左団扇になる。その国の産業は結局政府の金融政策で成長したり衰退したりする。
私のようなシャープファンはこの円安局面での大逆転を期待しているが、今復活しなければ復活するときなどないのだから、大いに頑張ってもらいたいものだ。

問)なぜ資本主義体制では為替政策がもっとも効果を発揮する政策なのか考えてみてください。

Premonition of revival Sharp Corporation. Tailwind began to blow in the weak yen.

Predicament of Sharp is likely to finally peaked. March 31, 2012 is a deficit of 376 billion yen, ending March 31, 2013 is a deficit of 545.3 billion yen. It can not be said that business conditions have to have recovered to the compliment. Tailwind began to blow obviously the external environment.

Sharp products of high quality, it has been recognized worldwide. But Sharp have lost price competitiveness at all the appreciation of the yen after the Lehman shock.
Sharp was defeated in price competition in the LCD panel and LG Electronics and Samsung of South Korea. Sharp accounted for 80% of global market share once, but it has fallen to about 10% now.

Sharp has to Kameyama LCD factory of small-and medium-sized, the other hand is in the Sakai LCD plant large. Because it was built in Japan the factory, Sharp received a direct hit of the yen after the Lehman Shock.
Yen was 120 yen became the appreciation of the yen 80 yen. In addition, demand consumption of large-sized LCD panel has gone at a low ebb.

All became miscalculation of Sharp. Sharp asked for support of 66.9 billion yen to Hon Hai of Taiwan. But the support of Hon Hai, is not fulfilled to the sharp body in sharp decline in stock prices, only investment of 66 billion yen to the Sakai plant is achieved.

Partnership with Hon Hai has not been made sufficiently. So Sharp Corporation decided to get an investment of 10 billion yen each from Samsung and Qualcomm. It is a drop in the bucket in this.
In particular, there is a redemption of bonds of 200 billion in September this year, but the prospect of this redemption money was not cut off.

In the end, prospect of funding stood by Mitsubishi UFJ and Mizuho to set a credit line of 360 billion. Until then, Sharp was a priority to support from peers than support of banks.
When it comes to financial institutions guidance, it will lead to a reduction in the review of operational base of trade sale of assets, withdrawal from unprofitable department, resignation of officers, dismissal of employees, reduction in salary, and subcontractors in the past.

But I do not know what will happen in the world.
Until then, the Japanese economy had been screaming in the strong yen, turned into a yen weakening in Abenomikusu that led by Prime Minister Shinzo Abe.
Already, it is so weak 100 yen or more, there is also likely to be weaker 120 yen before the Lehman Shock.

The Abenomikusu, it is policy that spread in the market to print the bill. In fact, Bank of Japan is to buy government bonds of 7.5 trillion yen every month. The 90 trillion yen in the year, this will be the same scale as the national budget of Japan.

It is the same as the Bank of Japan is financed by printing a bill the state budget. So, the depreciation of the yen begins naturally.

Sharp Corporation, the depreciation of the yen became a tailwind suddenly. Appropriateness of management decisions will be a question of survival of the company when the head wind, management can be also an amateur when the tailwind.

The Bank of Japan, as long as they scattered in the market to print money, stocks will rise, real estate prices rise, the price of imported goods rises. Since increased prices, including real estate and stocks turned inflation, people with capacity can be obtained this inflation benefits.

In this weak yen policy, the management of Sharp Corporation, expected to be significantly improved came out. Won high of rival South Korea proceeded's particularly large, Wong is returning to the level before the Lehman Shock.
Now, South Korea and Japan stood in the environment that can compete with the refocus again. Management talent even if not mistaken, the vast revival of Sharp Corporation is no doubt.

 

|

« (25.5.15) NHK メイド・イン・ジャパン(2) 新成長戦略 その2 3Dプリンターの攻防 NHK "Made in Japan", new growth strategy, "Part 2", offense and defense of the 3D printer | トップページ | (25.5.17) 橋下大阪市市長のタブーへの挑戦 「軍隊と売春婦はつきものだ」 The brave challenge to this taboo of Osaka Mayor Hashimoto »

評論 日本の経済 シャープの経営問題」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見いたしております。

資本主義体制では経済価値の評価は通貨でなされます。
通貨自主権がある国では、当然ながら自国通貨安は対外債権評価高になるからだと思います。

投稿: ポテ太 | 2013年5月16日 (木) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.15) NHK メイド・イン・ジャパン(2) 新成長戦略 その2 3Dプリンターの攻防 NHK "Made in Japan", new growth strategy, "Part 2", offense and defense of the 3D printer | トップページ | (25.5.17) 橋下大阪市市長のタブーへの挑戦 「軍隊と売春婦はつきものだ」 The brave challenge to this taboo of Osaka Mayor Hashimoto »