« (25.5.24) ためしてガッテン 脳梗塞の発見術 "Discovery technique of cerebral infarction" Gatten to try | トップページ | (25.5.26) クローズアップ現代 農業技術の革命は可能か スマートアグリという幻想 "Today's Close-up", "revolution of agricultural technology possible?" Illusion of smart Agri »

(25.5.25) 国債金利1%の死闘 日銀とヘッジファンドの仁義なき戦い Fight to the Death of one percent government bond interest rates, "war without a code of hedge funds and the Bank of Japan"

 22524_017

  5月23日
の東京市場は大荒れになってしまった。国債の長期金利が1%になった途端に、株式の大量売りが発生し大騒ぎになって、結局1143円安の1万4483円で取引が終了した。
下落率は7%を越し、13年前のITバブル崩壊時以来の下落率になった。

 この株価の下落で分かったことは、ヘッジファンドは長期金利の1%を日本経済のデッドラインととらえており、この金利水準になれば株式を売り浴びせるように戦略をたてていたことだ。

 黒田日銀総裁としたら、この日ほど胃が痛んだ日はなかったろう。それまでは順調漫歩で株は毎日のように上昇し、一方長期金利は安定していたのだから「してやったり」というところだったろう。
だがやはり、「好事魔多し」だ。

 海外のヘッジファンドは「日本国債は絶対に下落する」(金利は上昇する)と読んでいる。
GDPの約2倍の国債発行などキチガイ沙汰で、これが1%以下の利回りで推移していること自体、「あり得ない白日夢」だと思っている。

いいか長期金利が上昇し始めたら、その時は株を一斉に売り浴びせろ」今か今かとチャンスを待っていたら、アメリカ国債の利回りが2%に上昇し、それにつれて日本国債の利回りも上昇した。
世界のファンドマネージャは世界市場で取引を行っているから、アメリカ国債の金利が上がれば、裁定取引での日本国債の金利も上昇する

注)価格で表現すればアメリカ国債が下落すれば日本国債も下落する。

 さっそくヘッジファンドは日本株式の売却を始めたが、一度下げ局面が始まるとすべてはコンピュータのソフトウェアが反応して、株価はいくらでも負のスパイラルに入る。値幅制限いっぱいに下がってそこで本日の取引終了となるが、黒田氏は生きた心地がしなかったろう。

 日本の金融政策のポイントは、国債の利回りをいつまで1%以内に抑えられるかにかかっている。
黒田日
はさっそく3兆円規模の資金供給を行うとアナウンスして、長期金利上昇を何とか押しとどめ、取引終了時点では0.8%水準まで戻していた。
株価は25日も乱高下し、とりあえずは下落した分の10%程度値を戻した。一息ついたが日銀と世界のヘッジファンドとの戦いは、この長期金利をめぐってこれからも熾烈を極めるはずだ。

 日銀は毎月7.5兆円規模の国債を買い支えて価格維持を懸命に行っている。
これは政府が発行する新規国債の約7割に相当する既発債を購入しているのだから、これでは政府の財布と何ら変わりがない。
無制限ともいえる国債を政府が発行し、それを日銀が買い支えるという構図が定着した。
まるでギリシャ国債やロシア国債並のジャンク債に海外から見れば見える。

買っているのは日銀だけだ。だが日銀は一方で2%の物価上昇を確約している。だから日本国債の金利は絶対に2%以上になる

 ヘッジファンドは債券や株式の先物で仕掛けており、もしこの戦いに日銀が負ければその時は日本経済は再び失われた30年に突入する。だから黒田日銀にとっても安倍政権にとっても背水に陣を敷かざる得ない。

 今回の長期金利1%の攻防は首の皮一枚で日銀が踏みとどまった。
しかし世界のヘッジファンドは今後も何回も仕掛けてくるはずだ。日本の株式は世界のヘッジファンドに支えられているが、その株価は国債の長期金利1%の動向で決まる
長期金利が1%に近づくたびに(価格が低下するたびに)ヘッジファンドは株式を売り浴びせ、一方日銀は国債価格の買い支えに狂奔するだろう。

 これからも仁義なき戦いは継続するが、日本の株式は業績を反映したわけでなく、単に日銀の金融緩和策だけで上昇しているのだから、やむおえない面はあるといえる。

なお、日本の金融政策(アベノミクス)に関する記事は以下にまとめて入っております。http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat54030854/index.html

Fight to the Death of one percent government bond interest rates, "war without a code of hedge funds and the Bank of Japan"

Tokyo market of May 23 has become a tempest. It caused a sensation long-term interest rates of government bonds is set to 1%, mass selling of shares occurs. After all, deal is finished in 14,483 yen 1143 yen depreciation.
The rate of decline over 7%, and became the rate of decline of the IT bubble collapse since 13 years ago.

That it was found in the decline of this stock, hedge fund sees a dead line of the Japanese economy, 1% of the long-term interest rates. To proceed with this level of interest rates, hedge fund had built a strategy to hurl selling stock.

Stomach will ached badly Kuroda governor of the Bank of Japan. Until then, shares had risen on a daily basis smoothly. On the other hand, long-term interest rates because it was stable, it would have had a place called "beauty all".
But still, it's "lights are usually followed by shadows".

Hedge funds overseas are determined as follows.
"Japanese government bonds to fall absolutely" (interest rate increases).
Mad rumor, such as government bonds of about twice the GDP, it is thought that this is itself has remained at yields of less than 1%, it's "day dreaming that impossible"

After waiting for a chance momently, the American government bond yield rose to 2%. It is pulled to it, yields of Japanese government bonds also rose.
Fund manager of the world will have done the deal in the world market, interest rates in the United States government bonds goes up, interest rates of government bonds in Japan arbitrage trading also increases..

Immediately, hedge funds began to sell in Japan stock, phase begins once lowered, computer software to react to all. And, stock prices go into a negative spiral plenty. Move down to the full daily limit where it is the close of trading today, but for Kuroda, comfortable living surely would not have.

Point of monetary policy in Japan will depend forever on whether be reduced to within 1% of this yield government bonds.
Make the funding of 3 trillion yen, the Bank of Japan Kuroda was somehow held back the long-term interest rates rise. Interest rates had returned to a level 0.8% in the deal at the end.
Share price volatility is also the 25th, the stock returns a value about 10% last. But, over the long-term interest rates, fight against hedge funds in the world and the Bank of Japan, should master the fierce in the future.

It has support to buy government bonds of 7.5 trillion yen every month, Bank of Japan is going to hard to price maintenance.
Currently, Bank of Japan has purchased the existing bonds of about 70% of new government securities issues. The Bank of Japan, said that the government's purse. .
Government will issue government bonds endlessly, the Bank of Japan is supporting buy it.

Hedge funds are gimmick in futures of bonds and stocks. If the Bank of Japan lose the battle if the Japanese economy enters the '30 lost again. So, even for Kuroda Bank of Japan, but also for the Abe administration, it will be take up a position in the backwater.

This time, with one piece of skin of the neck, offense and defense of one percent long-term interest rates, is likely to win the Bank of Japan.
However, hedge funds in the world many times in the future should also come gimmick. Shares in Japan is supported by hedge funds in the world, but its share price is determined by the trend of 1% long-term interest rates on government bonds.

 

 

|

« (25.5.24) ためしてガッテン 脳梗塞の発見術 "Discovery technique of cerebral infarction" Gatten to try | トップページ | (25.5.26) クローズアップ現代 農業技術の革命は可能か スマートアグリという幻想 "Today's Close-up", "revolution of agricultural technology possible?" Illusion of smart Agri »

評論 日本の経済 安倍内閣 金融政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.24) ためしてガッテン 脳梗塞の発見術 "Discovery technique of cerebral infarction" Gatten to try | トップページ | (25.5.26) クローズアップ現代 農業技術の革命は可能か スマートアグリという幻想 "Today's Close-up", "revolution of agricultural technology possible?" Illusion of smart Agri »