« (25.5.26) クローズアップ現代 農業技術の革命は可能か スマートアグリという幻想 "Today's Close-up", "revolution of agricultural technology possible?" Illusion of smart Agri | トップページ | (25.5.28) NHK 病の起源 第2集 脳卒中 早すぎた進化の代償 NHK, "the origin of the disease," the second time, "stroke", and "too early, the price of evolution" »

(25.5.27) 沖縄自民党の造反と沖縄独立運動

22511_025 

 沖縄問題は実に難しいと思った。沖縄県の自民党県連が参議院選のローカルマニフェストを作成し、普天間基地の移転先は県外と明記したからだ。
これは自民党本部との見解と真っ向から対立しており、本部からはローカルマニフェストの撤回を求められているが、県連は応じないという。

だめだ、県外とうたわなければ自民党は沖縄で敗北してしまう
県民の総意が県外である以上、それには逆らえないということだが、本音は「選挙が終われば(当選すれば)その段階で県内容認に変えるから選挙の期間だけ目をつぶっていてくれ」ということのようだ。

注)衆議院選挙で県内移転に反対していた西銘衆議院議員は、選挙が終わると県内移設賛成派になった。参議院選でも同じことをしようということ。

 何か沖縄にはヤマトンチュウには分からない怨念のようなものがあり、自民党議員としてもこれには逆らえないということのようだ。
なぜそのような怨念があるのだろうか。

 沖縄が一筋縄ではいかない原因は、遠く明治の初めに琉球処分と称するかなり強引な日本化政策がとられたことに始まる。
この措置でそれまで存在していた琉球王朝は消滅し、沖縄県として正式に日本の領土となったのだが、当然これに反発した旧支配層がいた。

 この支配層は清国に亡命王国復興運動を行っていたが、1894年日清戦争で清国が敗北したことでこの独立運動は後ろ盾がなくなり消滅した。
それが再び息を吹き返したのは1945年に日本が敗北し、沖縄と奄美群島をアメリカによって占領されたからだ。
沖縄と奄美群島は旧琉球王国の領土で、アメリカは当初この地域を日本から切り離し、プエルトルコのような準州に編入しようとしていた。

注)ペリーは日本と修好条約を締結する前に当時独立国だった琉球王国と修好条約を結んでいる。だから琉球処分後の沖縄は、アメリカから見ると日本の植民地になったという位置づけだった。

 それが日本に復帰することになったのは冷戦の激化のためで、アメリカは沖縄を準州にするよりも、日本全体をアメリカグループに編入し経済成長を促して経済大国にするほうが戦略的に優っていると判断したからだ。
日本を資本主義のショーウィンドウにしよう
この結果が1972年の沖縄返還で、これは戦争で切り取った領土を交渉で返還された世界史的にもまれな事例になっている。
だがその結果、アメリカを解放軍とみなし、それを後ろ盾に沖縄を独立させようとの試みは、アメリカの方針変更で潰えてしまった。

 私は長い間沖縄県民は日本に復帰するのを望んでおり、ほぼ全員の総意だと思っていたが、それは違うらしい。
琉球大学の調査で沖縄独立を支持する割合は最近でも20%〜25%の間にあり、5人に一人、または4人に一人は沖縄の完全独立を望んでいるという。
最も知事選挙では琉球独立を掲げた屋良朝助氏の得票率は1%だったから、沖縄県民は選挙では現実には完全独立は無理だと判断している。

 だが、ここにきて再び沖縄独立運動に火が付きそうな状況が現れてきた。
普天間の移設問題、オスプレイの沖縄配置、4月28日の主権回復記念日等に対する不満が一気に爆発したからだ。

 そしてさらにそれを複雑にしているのが中国による沖縄中国領土声明で、かつて琉球は中国の朝貢国だったから中国領だとの主張である。
最も朝貢国は琉球王国だけでなく、朝鮮は長い間、そしてベトナムや日本は一時的に朝貢をしていたから、これではすべて中国領になってしまう。

注)中国は過去の最大の版図がすべて中国の領土だと主張しているが、そんなことを言えば満州も朝鮮も日本領になる。

 中国の主張は帝国主義そのもので、21世紀のこの時代にとても認められるものではないが、中国は国策として「中国は琉球の独立運動を支援する」と公言している。
そして実際に沖縄の普天間基地移設闘争やオスプレイ配置反対運動で中国が後ろで巧みに糸を引いており、活動家の中に中国のスパイがはいっている。
かくして沖縄独立運動は世界政治のただなかに投げ込まれれており、沖縄問題はますます難しくなっているのだ。

注)アメリカ軍の沖縄の位置づけは微妙に変わってきており、それについては以下に述べておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/24211-2e2b.html


なお本日は青葉の森リレーマラソンに出場してすっかり消耗したので、英訳は休みです。

 

|

« (25.5.26) クローズアップ現代 農業技術の革命は可能か スマートアグリという幻想 "Today's Close-up", "revolution of agricultural technology possible?" Illusion of smart Agri | トップページ | (25.5.28) NHK 病の起源 第2集 脳卒中 早すぎた進化の代償 NHK, "the origin of the disease," the second time, "stroke", and "too early, the price of evolution" »

評論 日本の政治 普天間基地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.26) クローズアップ現代 農業技術の革命は可能か スマートアグリという幻想 "Today's Close-up", "revolution of agricultural technology possible?" Illusion of smart Agri | トップページ | (25.5.28) NHK 病の起源 第2集 脳卒中 早すぎた進化の代償 NHK, "the origin of the disease," the second time, "stroke", and "too early, the price of evolution" »