« (25.5.18) 生活保護を拒絶して自殺をすることは罪か? 札幌の承諾殺人 To commit suicide reject the welfare 、is it crime? Consent murder of Sapporo | トップページ | (25.5.20) 北朝鮮と日本の意外な蜜月関係 何が外交に起こっているのか? »

(25.5.19) 私は世界のブロガーになれるのだろうか Google翻訳の苦闘 I become a blogger in the world. Struggle of Google Translate

Dscf6094_2

 私がこのブログを記載するようになってからほぼ7年が経とうとしている。毎日休むことなく記載し続けているのだから自分でも感心するが、おかげで記事数は2300を超えた。
これだけ書くと自分でも何を書いたのかすっかり忘れてしまうので、時々は読み直してみないと前後でつじつまが合わなくなってくる。

 普段は午前中に3時間程度をかけて記事を記載しているが、私の趣味であるマラソンレースに出場したり登山をすると記事を記載する時間がなくなる。その場合は書き溜めをするのだがこれが結構大変だ。
ブログなど個人的な好みで行っているのだから、何も毎日記載する必要はなく記載しなかったといって誰からも咎められる筋合いのものでもない。
それでもやめないのは何か修験者の修行のようなものになっているからだ。
あの天台宗の修行の千日回峰業のイメージだ。

 私のブログは一つの形式があって、最初に写真を掲載し、その次に記事を書き、さらに最近はそれに英訳をつけている。
写真は私の趣味でもっぱら自然の風物を撮ってはPicasaで編集している。私はこの編集処理が得意なので思いのほか写真の評判はいい。

 今私にとって問題なのは英訳でこれにはほとんど悪戦苦闘している。
もともと私は英語は得意とは言えず、大学入試のために勉強したというのが実態でその後の仕事も日本語ですべて行われたため、英語の技量を高める機会がなかった。
それなのに英訳を添付するようにしたのは、意外と私の記事を海外で読まれていることを知ったからだ。
多くは海外で生活している日本人が読んでいるのだが、中には日本人以外でこのブログを読んでいる(眺めている?)人がいることに気が付いた。

 ならばということで英訳を添付することにしたのだが、もちろん単語などはすっかり忘れているし、スペルなどは簡単な言葉でさえ間違えるから、もっぱらGoogleの翻訳ソフトを使用している。
しかしこの翻訳ソフトのレベルは非常に低い。英語を日本語にしても、日本語を英語にしても意味が通じることはほとんどない。

 それがどんなものか実例を示すが、下は英語を日本語にした事例である。

TOKYO (Nikkei)--Prime Minister Shinzo Abe pledged an all-out policy assault over three years to achieve a 10% jump in capital investment from the current level to an annual 70 trillion yen

Google翻訳
TOKYO(日経) - 安倍晋三首相は、毎年恒例の70000000000000円に現在のレベルから設備投資が10%増を達成するために、3年間ですべてのアウトのポリシー暴行を誓約

これは実際は「安倍晋三首相は、3年間を企業に設備投資を促す集中期間として政策を総動員し、設備投資額を現在より1割増の年間70兆円規模に引き上げる目標を掲げた」という内容である。

 この翻訳ソフトがいかにレベルが低いか理解していただけると思う。
だからこのソフトをそのまま使用してもだめで、ソフトが理解できる形に文章を作り直さなくてはならない

 日本文を英文にするときの基本的なポイントは以下の通りだ。

① 日本語には主語はない場合が多いが、英文には必ず主語がある。したがってすべてに主語を入れる。
② 複雑な構文はソフトは理解できない。したがって短文にして接続詞でつなぐ。
③ 微妙な表現(かしら、かもしれない、思われる)はやめてすべて断定形にする。
④ 特殊な日本語は訳せないので翻訳をあきらめる。

 そうやってもなかなか思うような英文にならない。
はっきり言って文法的な間違いや誤字は随所に存在するが、手を入れればGoogleの直訳よりは数段わかりやすくはなっている。

 私が今英訳をし続けているのは、そのうちに私のGoogle翻訳を操作する技術が向上することを期待していることと、記事を世界に向けて発信したいからだ
少々の間違いは許してもらおう、まあほとんどの人が日本語で読んでいるのだから、英語の間違いは大きな問題ではない」今はそう思ってトレーニング期間と割り切っている。

 はたしてこのブログの世界化は成功するだろうか。今は何とも言えないが日本のブロガーから世界のブロガーになるための生みの苦しみと思って努力をしている。

なお、Google翻訳については以前に一度記載したことがある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/24124-google-86.html

I become a blogger in the world. Struggle of Google Translate 

Almost 7 years has passed since I began to describe this blog.
I admire myself because it has continued to described tirelessly every day . Article has just over 2300
I've completely forgotten what I wrote myself because I wrote many articles.
Sometimes I do not try to re-read, the contents of the article will become not match before and after me.

I describe an article over the three hours in the morning everyday. However,when I compete in the marathon race,and the climbing, time , I do not have time to describe the article .In that case, I'm to write a reservoir, but this is the very hard.

There is one type of blog, I post the photos first. You wrote an article, in the end, I have put the English translation to it in the next.
I have edited in Picasa taking scenery of nature solely as a hobby my photos. Because I am good at this editing process, reputation in the photo is good.

The problem for me now is the English translation, which is struggling most.
Originally, I can not say very good at English. I was just studying for the college entrance examination in English. For subsequent work were also all in Japanese, had no chance to increase the skill of English.
But it still had to be to attach the English translation, and because I know that my articles are being read abroad

.So I decided to attach the English translation. But I have completely forgotten, such as word and spelling mistake even in simple terms. I have been using the Google translation software exclusively.
But this level of translation software is very low. Rarely communicate meaning even if English into Japanese, even if Japanese into English.

So, it is useless even to accept this software, you do not need to build a text into a form that software can understand.

Basic points when I translated into English the Japanese statement is as below.

① It may not be subject to  Japanese. On the other hand, there is always subject to English. So I put the subject to all.
②.Software can not understand complex syntax  So I connect in conjunction with the short sentence.
I quickened expression subtle, I want to assertive form all.
Software will not be able to translate a special Japanese, I give up the translation.

Even doing so, it does not become the English translation as expected.
To be honest, typographical errors and grammatical errors are present everywhere. When I fix, it is easy to understand the literal translation than Google.

The reason I continue to the English translation, because want to send to the world the article, and that is the hope that technology to manipulate the Google Translate can be improved.
"I'll let you forgive a little mistake, most people are reading this in Japanese well. So, mistake of English is not a big problem"
I realistic about the training period now.

 

|

« (25.5.18) 生活保護を拒絶して自殺をすることは罪か? 札幌の承諾殺人 To commit suicide reject the welfare 、is it crime? Consent murder of Sapporo | トップページ | (25.5.20) 北朝鮮と日本の意外な蜜月関係 何が外交に起こっているのか? »

システム ブログ ココログ」カテゴリの記事

コメント

山崎さんが、天台宗の修行の千日回峰業をイメージしてブログを著わしている知って、ハッとしました。
私は一読者に過ぎませんが、毎日ブログを拝見させていただきながら、この方を支えているのはそういうものではないだろうか、などという予感のようなものを得ていました。

ただ私の頭の中に広がったイメージは、天台宗のそれではなく熊野詣のそれでした。
熊野は、初期の大乗仏教経典である大日経の伝わった地で、『歩く』という行為が修行そのものでした。
やがてそれが、よりシステマチックな金剛頂経に置き換わり、『座る』という行為が修行の主流になってゆきます。
さらに時を経て、其々の仏が独立して一神教化してゆくわけですが、私は山崎さんの中に、初期仏教徒のような清廉さを観てきたような気がします。
そして、この人は人生の最後にそういう境地に達し、そのことについての記事を書くのではないか、
などと一人勝手に妄想していました。

文は人なり、と申しますが、つくづく不思議なモノだと思います。

(山崎)三太郎さんのコメントは褒めすぎで、少し恥ずかしくなります。でもありがとうございました。

投稿: 三太郎 | 2013年5月19日 (日) 14時48分

小職は山崎 様を鉄人とお呼びしておりますが、三太郎 様と同意見でございます。

(山崎)恐縮です。

投稿: ぽんぽこ狸 | 2013年5月20日 (月) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.18) 生活保護を拒絶して自殺をすることは罪か? 札幌の承諾殺人 To commit suicide reject the welfare 、is it crime? Consent murder of Sapporo | トップページ | (25.5.20) 北朝鮮と日本の意外な蜜月関係 何が外交に起こっているのか? »