« (25.5.23) 多国籍企業の節税対策 アップルと米政府の攻防 "Battle of the U.S. government and the Apple" tax-reduction strategy of multinational | トップページ | (25.5.25) 国債金利1%の死闘 日銀とヘッジファンドの仁義なき戦い Fight to the Death of one percent government bond interest rates, "war without a code of hedge funds and the Bank of Japan" »

(25.5.24) ためしてガッテン 脳梗塞の発見術 "Discovery technique of cerebral infarction" Gatten to try

Dscf6080

 私は普段脳梗塞には無縁の生活をしているつもりだった。酒もたばこもやらず、運動はやや異常なぐらい実施し、夜になるとさっさと寝てしまう。これほど健康的な生活はないはずだったが、昨年異常な経験をした。

 突然右目の視野が狭くなりついには見えなくなったのだ。左目は見えているのだが右目は全く見えない。
一体何が起こったのだろう」狼狽しながらベットで寝込んでいたら、数分後にはまた右目の視野が少しずつ拡大し元の状態に戻った。

 あまりに異常な経験だったので近くの眼科で見てもらったら、「右目に血液を送る動脈が一時的に詰まり、それがすぐに解消したのだろう」との診断だった。
私の身体の中で梗塞が起こっていたのだ。
以来脳梗塞ついては関心を持っていたが、ためしてガッテンで脳梗塞の早期診断とt-PAという脳梗塞の特効薬についての番組を放送していた。

注)脳梗塞は日本では毎年20万人程度発生しているが、早期診断は難しい。

 t-PAを使用した療法を血栓溶解療法というのだが、詰まった血栓を溶かして再び血流を戻す療法である。
とても有効なのだが、脳自体はかつては血流が止まって4時間半程度で死滅する(かつては3時間と言われていた)。
したがって脳が死ぬ前に血流の回復をしなければならず、4時間半を超えればいくら血栓溶解療法をしても無駄で、かえって脳出血の可能性が増すなど副作用のほうが大きい。

注)実際は脳の生死をMRIで確認するのだが、ほとんどの患者が手遅れでt-PAの使用率は脳梗塞の患者全体の5%程度。

 だから脳梗塞の場合は時間との勝負で、早ければこのtーPAの投与でほぼ完全に正常な生活に戻れる。
しかし脳梗塞が発生したかどうかは、本人にはほとんどわからないのだそうだ。私の場合もしばらく寝込んだら元に戻ったのでそれが動脈の梗塞だったとは知らなかった。
人間は自分自身のことは楽観的に考える性質正常性バイアスという)があるので、ほとんどの人が私のようにしばらく寝て様子を見るのだそうだ。
まあ、大したことはあるまい。軽いめまいだろう・・・・・・・・・・

 イギリスでは、「本人は脳梗塞を自覚できない」との前提で第3者家族や友人)にこの脳梗塞の発生を見つけてもらい、素早くtーPAを投与して回復させる試みが実施されていた。
FAST(ファースト)という試みで、Face,Arm,Speach,Timeの頭文字をとったものだ。
脳梗塞になると顔が歪み、両手を上げても支えられなくなり、ろれつが回らなくなる
これは脳梗塞になった人の8割から9割の人がこの症状が出るので、家族が気が付いたらすぐに救急車を呼んで病院に運び込むのだそうだ。

注)このFASTキャンペーンの結果t-PAを施すことができた患者が、イギリスでは6倍以上増えた。

 日本では政府を挙げてのキャンペーンはないが、一部にこのFASTをまねた試みがされていた。いち早く気が付き脳が死滅する前なら全く後遺症を残さずに回復するのだから、FASTは確かに効果的だ。
すでに私は眼動脈の梗塞を一回発生させているのだから、次回に脳梗塞の症状が出たらすぐさま病院に駆け込むのがよさそうだ。

注)家族のチェックによって麻痺が残るか否かが決定されてしまう。家族との折り合いが悪いと一生身体に障害を持って生きることになるので注意がいる。

注)前回身体を壊した時の記事は以下の通り。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-8165.html


なお、ためしてガッテンの記事は以下にまとめて入っております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk/index.html


"Discovery technique of cerebral infarction" Gatten to try

was going to have a life free from the brain infarction . I do not drink alcohol, do not smoke tobacco, carried enough exercise, fall asleep quickly when it is night. I had a healthy life about this, but I have the experience abnormal last year.

Field of view of the right eye is narrowed suddenly, I was no longer visible at last. The left eye's visible but can not be seen at all the right eye.
"What would have happened to me."
If I have laid up in bed while dismay, the field of view of the right eye is also expanding little by little after a few minutes and returned to its original state.

It was an unusual experience too, I was diagnosed with eye nearby.
"Artery supplying blood to the right eye is clogged temporarily, it would have resolved it quickly"
That was the diagnosis.
In my body, but infarction was happening.
Since I was interested in cerebral infarction.
This time, it was broadcasting a program about the wonder drug of cerebral infarction of t-PA and early diagnosis of cerebral infarction in" Gatten to try"

Therapy with t-PA is said to thrombolytic therapy.
This is a therapy to dissolve blood clots jammed, return the blood flow again.
It's very effective, but the brain itself are killed in about four and a half hours blood flow is stopped once.

Therefore it is necessary to recovery of blood flow before brain death. If time exceeds the four and a half hours, it is no use to the thrombolytic therapy . Possibility of cerebral hemorrhage increases rather, more of a side effect is large .

So, in the case of cerebral infarction, it would be a game with time. As early as in the administration of this t-PA, and return to normal life almost completely.

On the other hand, cerebral infarction may or may not have occurred, the person does not understand most of the time. Also in my case, because it went back to the original if I  asleep for a while, I did not know it was infarction of the artery .
Human beings, there is a nature to think optimistic things themselves. Most people see how to sleep for a while.

In the UK, it is considered himself can not be aware of this condition, the patient was asked to find the occurrence of cerebral infarction in this (family and friends) a third party. Then, when the administration of t PA obtain quickly, symptoms were restored.
That's what an attempt of FAST (first), it was an acronym Face, Arm, Speach, of Time.
The human face is distorted when it comes to cerebral infarction, it is no longer backed by raising both hands, articulation will not rotate.

This symptom is a person of 90% from 80% of the people who became brain infarction. In the United Kingdom, by calling an ambulance as soon as family when noticed, the person is brought into the hospital.

 

 

|

« (25.5.23) 多国籍企業の節税対策 アップルと米政府の攻防 "Battle of the U.S. government and the Apple" tax-reduction strategy of multinational | トップページ | (25.5.25) 国債金利1%の死闘 日銀とヘッジファンドの仁義なき戦い Fight to the Death of one percent government bond interest rates, "war without a code of hedge funds and the Bank of Japan" »

NHK ためしてガッテン」カテゴリの記事

コメント

Report of beneficial options to discover more regarding watch well before you are left out.

(貴方がなくなる前によく見ておくべき有益なオプションのレポートだと思いました)

投稿: バレンシアガ | 2013年6月11日 (火) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.23) 多国籍企業の節税対策 アップルと米政府の攻防 "Battle of the U.S. government and the Apple" tax-reduction strategy of multinational | トップページ | (25.5.25) 国債金利1%の死闘 日銀とヘッジファンドの仁義なき戦い Fight to the Death of one percent government bond interest rates, "war without a code of hedge funds and the Bank of Japan" »