« (25.5.29) 四面楚歌になった橋下大阪市長 戦略的撤退は成功するか Osaka Mayor Hashimoto became to surround by enemies", "the success of the strategic withdrawal?" | トップページ | (25.5.31) ヘッジファンドのカモにされた日本の株式市場  »

(25.5.30) 安倍外交の中国・韓国包囲網  ミャンマー外交の見事な成果 "China and South Korea siege of Abe diplomacy," "outcome of Myanmar diplomacy"

 2255_021

  安倍首相の首脳外交には本当に感心する。東南アジアから始まり、アメリカ、ロシアとめぐって今度は中国とインドの緩衝地帯になっているミャンマーを取り込むことに成功した。
安倍首相の意図は明確で中国と韓国の包囲網である。中韓両国は日本を敵視しており、中国は尖閣諸島の領有権問題で日本に戦争を仕掛けさせようとしており、一方韓国は全く理不尽な従軍慰安婦問題を取り上げて日本を精神的に追い詰めようとしている。

注)ロシアとの外交の成果については以下にまとめて置いた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-babf.html


 だから安倍首相がこの二国を包囲するために中国の近隣諸国と手を握るのは、中国古来の兵法、遠交近攻策なのだ。
ミャンマーは長い間軍事政権が政治を行ってきてアメリカと敵対していたために、そのすきを狙った中国の金城湯地のような状態になっていた。

 中国はミャンマーに多くの経済援助をしたがすべて中国のためであり、中国と結ぶ舗装道路はミャンマーの資源を中国に運ぶためのもので、水力発電所はその電力を中国で使用するためだった。
さらに中国は一国支配をいいことにミャンマーを植民地扱いしてきたので、温厚なミャンマー人もとうとう堪忍袋の緒が切れた。

注)中国には2億5千万人の農民工という農奴がおり、また国内にチベット、ウィグル、内蒙古と言った植民地をもっている帝国主義国家のため、対外進出も戦前の帝国主義国家と変わりがない。ミャンマーを植民地扱いをするので、ミャンマー人が中国離れを始めた
これについては前に記事を掲載してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-aea7-1.html


アウンサン・スー・チーさんと和解し、民主化路線に舵を切ってアメリカと和解しよう。このままでは我が国は中国の植民地で、これではイギリスから独立した意味がない
昨年末からアメリカと和解が成立したので日本の出番が来た。
ミャンマーは人口が約6200万人で日本の半分程度、人件費は極端に安く中国の5分の1程度、そして性格は温厚でさらに相対的に教育水準が高い。

 安倍首相はそれまでの円借款5000億円をチャラにし、さらに910億円のODA政府開発援助)を供与すると申し出た。財政逼迫のおり何とも気前のいい話だが、もともとODAが返済されることはほとんどなく、有償でも借り換えを継続して実施的に無償援助と同じになっている。

 だからどうせ帰ってこないのだから、あっさりと債権放棄をしたほうが相手に対する印象がいいのと、さらに言えば中国支配からミャンマーを解放するための布石になる。
現在ミャンマー政府とのあいだでティラワ地区2400haの開発整備が推し進められており、ここを経済特区として火力発電所や水道施設及び港湾の整備(ただし港湾は中国が先行して整備していた)を行うことになっている。
910億円は主としてそうしたインフラ整備の資金なのだが、ミャンマーにはまともなインフラがない。

 特に電力事情が最悪で日常的に停電が発生していて、工場などは自家発電でかろうじて生産を継続している。これを解決しなければ工場誘致などは夢のまた夢だし、水道施設も老朽化して赤茶けた水しか出ない。
通信インフラなどは都市部の一部だけで、ほとんどの地域は未整備だ。
軍政の30年間の間、ミャンマーを支援してきた中国はこうした民政のための投資は行わなかったから、いまだにインフラは無きに等しいと言える。

 安倍首相の意図は、ここに中国沿岸の経済特区並みのベルト地帯を作り上げ、インフラ事業を含めて日本企業を大々的にミャンマーに投資させ、ちょうど隣国のタイのような関係を築きあげようとしている。
日本の投資はミャンマーの経済発展に役立つが、一方中国の投資は資源略奪型の投資だ。

 ミャンマー政府は本音では中国を嫌っており、日本のような民主的な国家とのタイアップを願っている。このタイミングをとらえて首脳外交を展開している安倍総理は大変な外交通だ。
ミャンマーの次はインドで、この首脳外交で中国包囲網は完全にひもを閉じることができる。
安倍首相は中国を外側から追い詰めようとしており、実際中国経済は失速し国内には独立運動が起きていて、中華帝国の前途は暗澹たるものになりつつある。

なお安倍外交については以下に記事をまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat54917474/index.html

I really admire the summit diplomacy of Prime Minister Shinzo Abe. It starts from Southeast Asia, and has managed to capture the Myanmar now.
Abe's intention is clear, is the siege of South Korea and China. China and South Korea both countries are hostile to Japan. China has created a war to Japan in the territorial dispute of Senkaku Islands, while South Korea is trying to overthrow mentally Japan to pick up the unreasonable comfort women issue.

So, in order to surround the two countries, Prime Minister Abe joined hands with China's neighboring countries.
In order to have carried out political regime military for a long time, it was hostile with the United States, Myanmar had become a state such as a colony of China.

China has the economy a lot of help to Myanmar, but it is because of all China. Paved road that connects with China, it is a thing to carry on China resources of Myanmar. And hydroelectric power plant, it was for use in China its power.

"Let's settlement with the United States off the rudder to line democratization. Attempt reconciliation with Aung San Suu Kyi's. In this state, Myanmar is a colony of China, there is no sense that is independent of the United Kingdom".
The end of last year, a settlement is between the American and Myanmar.
Myanmar is about half of Japan about 62 million people population. Labor costs extremely cheap, it is about one-fifth of China. , And a good-natured personalitylevel of education is relatively high.

Abe offered to give up ¥ 500 billion yen loan, further, and extend ODA 910 billion yen (official development assistance). It is a story generous anything even though it has already been financial crunch. However, there is little that the ODA will be repaid originally. To continue to refinance even for a fee, which is the same as the grant-in-aid to implement manner.

Currently, under contract with the Myanmar government, the development of maintenance Tirawa district 2400ha has been promoted. It is supposed to be as a special economic zone here, performing maintenance of port facilities and water and thermal power plants.
91 billion yen is a fund of such infrastructure development mainly. There is no decent infrastructure in Myanmar.

Abe's intention is that make up the Belt of the special economic zone of the same level as China coast. Prime Minister Abe is trying to invest in Myanmar in a big way the Japanese companies, Japan is about to  build a relationship, such as in neighboring Thailand.
Japanese investment is to help economic development of Myanmar. On the other hand investment is in China's investment of resources looting type.

Myanmar government hates China in real intention. And, Myanmar hopes the tie-up of the national democratic, such as Japan. Prime Minister Abe that expand the summit diplomacy to capture the timing's is a very outside traffic.
In enhanced cooperation with India, next to the Myanmar can close the string completely China siege in this summit diplomacy.

|

« (25.5.29) 四面楚歌になった橋下大阪市長 戦略的撤退は成功するか Osaka Mayor Hashimoto became to surround by enemies", "the success of the strategic withdrawal?" | トップページ | (25.5.31) ヘッジファンドのカモにされた日本の株式市場  »

評論 日本の政治 安倍内閣 外交政策」カテゴリの記事

コメント

Hello there, just became alert to your blog through Google, and found that it's really informative. I am going to watch out for brussels. I will be grateful if you continue this in future. Numerous people will be benefited from your writing. Cheers!

こんにちは、グーグルを通してあなたのブログの警告をしりました。それは本当に有益だということがわかった。私はブリュッセル(?)に注意するつもりです。あなたが将来的にこれを続ければ私は感謝するでしょう。多数の人々は、あなたの文章から恩恵を受けられます。乾杯!

投稿: air max tn | 2013年5月31日 (金) 16時29分

Interesting post and 1 which needs to be more extensively known about in my view. Your level of detail is beneficial and also the clarity of writing is excellent. I have bookmarked it for you so that others are going to be able to see what you’ll want to say.

私の見解では、より広く知られれべき興味深い記事とおもいます。詳細のレベルはとても有益であり、また執筆は明晰です。他の人があなたが言いたいと思うことを知らせたく、私はあなたのためにこの記事ををブックマークしました。)

投稿: abercrombie italia | 2013年6月12日 (水) 06時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5.29) 四面楚歌になった橋下大阪市長 戦略的撤退は成功するか Osaka Mayor Hashimoto became to surround by enemies", "the success of the strategic withdrawal?" | トップページ | (25.5.31) ヘッジファンドのカモにされた日本の株式市場  »