« (25.5,21) NHK 病の起源 第一集 がん 人類進化が生んだ病 Disease origin , First collection, Cancer, Human evolution gave birth | トップページ | (25.5.23) 多国籍企業の節税対策 アップルと米政府の攻防 "Battle of the U.S. government and the Apple" tax-reduction strategy of multinational »

(25.5.22) NHK「病の起源」 プロローグ 免疫システムの誤作動  花粉症の原因 NHK, "the origin of the disease," "The malfunction of the immune system, cause of hay fever"

Dscf6115

 NHKが放送している「病の起源」は4回シリーズなのだが、その前宣伝のためのプロローグの放送があった。この中で腰痛無呼吸症候群が人類進化の結果だという説明があったが、中でも興味が引かれたのは免疫システムを人類(正確にいうと哺乳類)が装備した理由と、今その免疫システムに人類が苦しめられている実態の説明だ。

 いわゆるアレルギー症状とは本来外敵に向かう免疫システムが誤作動を起こして自分に向かってしまった状態で、食物アレルギーなどは典型的にそれで、また花粉症も同じなのだそうだ。

 哺乳類が生まれたのは今から約2億年前だが、その哺乳類にとって最も危険な外敵は吸血ダニだった。
私はダニに食われた経験がないが、一度食われると頭を皮膚の中に突っ込んで離れてくれないらしい。無理に離すと頭部が人体に残ってそこから多くの感染症が発生するというから恐ろしい。
この吸血ダニに対して哺乳類が対抗措置をとったのが免疫システムで、かまれると体内からIgEという酵素をだし、この酵素が炎症細胞を爆発させて炎症物質いわゆる毒)を出すのだそうだ。

 吸血ダニは哺乳類に噛みついて離れないから、血を吸いながら同時に炎症物質を取り込み、逃げ出すかあるいはこの炎症物質でショック死するのだそうだ。
これによって哺乳類はダニの襲撃から身を守りその後2億年にわたって繁栄しているのだが、哺乳類の子孫である人類も当然この免疫システムを受け継いでいる。

 人類と吸血ダニ、あるいは蚤、シラミとは長い間共生関係にあって、私の幼児期には小さな子供でシラミがたかっている子がいたし、家には蚤がいた。
こうした吸血性の小動物に対する免疫システムは人類にとって必須のものだったが、戦後の急成長により日本を含め先進国はすっかり衛生的な国になってしまった。

 免疫システムの誤作動が始まったのは、こうした先進国で、吸血ダニや蚤やシラミがいなくなるにつれて、外部から入ってくるもので何らかの異物を攻撃対象にするようになった。
最初に免疫細胞の誤作動が確認されたのは19世紀末のイギリスで、ヘイ・フィーバーという牧草にかぶれる病気が蔓延した。
牧草の花粉に免疫細胞が反応したのだという。

 日本においては昭和30年代からスギ花粉背高泡立ち草によって目や鼻が痛み、鼻水がのべつ幕なしに出る症状が増加し、さらに最近は卵アレルギー牛乳アレルギーが増加している。
これらはすべて、衛生環境が劇的に改善されて、吸血ダニ等がいなくなったために、暇を持て余した免疫細胞が花粉やある種の食べ物を敵と認識して炎症物質を放出し、それが人体を痛めつけているのだという。

これは外部環境の変化に人体の進化が追いつけない症状です。免疫システムはもはや不要なくらい衛生的な社会になったため、このシステムは入ってくるもので少しでも怪しいものは敵とみなして攻撃するようになったのです」と専門家が説明していた。
何とも皮肉な話だ。
平和になって軍縮をするようになると、軍人がわざと紛争を起こして軍備の必要性を認識させているのと同じだ。

 対応策としては適度に外敵がいるような状況を作るのがよく、あまり衛生的にしすぎるとこのアレルギー症状が出てしまうという。
我が家では私を除いてみんな花粉症に悩まされているが、私にはそうした症状は現れない。
私はあまり下着を変えないし、マラソンで疲労すると叢でも道路の上でも寝込んでしまうし、旅行では平気で駅や飛行場で寝ているし、年に1週間ぐらいはだれ一人いない山中にこもって動物並みの生活をしているが、どうやらこのことが私の免疫システムを古代人並みの正常な状態に保っているらしい。

 完全に衛生的な環境では免疫システムは不要になるが、そうした環境は人類史にとって初めての環境だから、人体の適用がとてもついていけないというのが実態のようだ。
だから適度に非衛生的なほうが人類としては病気にならない秘訣で、私の生き方もまんざらではないが残念ながら我が家での評判は最悪だ。

なお、がんの起源については以下の記事で記載しております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-6717.html 

NHK, "the origin of the disease," "The malfunction of the immune system, cause of hay fever"

"The Origin of the disease" by NHK is broadcasting is a four-part series. There was broadcasting the prologue for the advance publicity. Interest was drawn to This is why human beings (mammals) is equipped with the immune system. At the same, it is a description of the reality that human beings are suffering from the immune system.

The allergy symptoms, It refers to a state that had against him caused the working immune system is wrong. Food allergy is typical, hay fever's also the same.

Mammal was born and is about 200 million years ago. The most dangerous enemy is said to have been allodermanyssus for the mammal.
There is no experience that was eaten by ticks me. But you be eaten once, allodermanyssus not me away stuck in the skin on the head. The horrible it because he head remains in the human body to release the blood-sucking tick force, many infections will occur from there.

It is an immune system of mammals has taken countermeasures against this blood-sucking ticks. When bitten by this, the mammal out an enzyme called IgE from the body, put the inflammatory substance this enzyme is a burst of inflammatory cells.

Allodermanyssus not away bite to mammals. Therefore, blood-sucking tick capture the inflammatory material at the same time while sucking blood. And it die of shock in this inflammatory substance to or run away.
Mammals prosperous over 200 million years after that protect the body from attack by this mite. Human beings are descendants of mammals also have inherited the immune system naturally.

The human race is in a symbiotic relationship allodermanyssus, fleas, and lice. The childhood of me, lice do a small child, there was a flea in the house.
Immune system for small animals of these blood-sucking was something essential to humanity. But developed countries has become a country sanitary completely, including Japan by the rapid postwar growth.

Malfunction of the immune system began is these developed countries. As the disappearance of lice and fleas and ticks sucking blood, immune system began to attack in some foreign matter in those coming from the outside.
Malfunction of immune cells was confirmed first, is the United Kingdom of the end of the 19th century. There, disease rash to pasture called Hay Fever has spread.
It immune cells in response to pollen of the grasses.

In Japan, symptoms appear pain runny nose and eyes for grass foaming tall and cedar pollen from 1955 has increased. Milk allergy and egg allergy is increasing more recently.
These occurred because the health environment has improved dramatically, no longer have allodermanyssus etc.. Immune cells to release inflammatory substances by recognizing an enemy food and some kinds of pollen. It is hurting the human body.

As a workaround, the best to create such a situation there are predators moderately. This allergy symptoms would come out humanity is too much in a sanitary manner.
In my home, family suffers from hay fever everyone except me.

do not change the underwear too. I would fatigue a marathon, even plexus, I would in bed even on the road. In addition, sleeping in airport or station unabashedly in travel. One week a year, I live the life of the animal par and muffled in the mountains, not no one. This fact seems to keep to a normal state of ancient decent immune system my apparently.

Immune system is no longer needed in a hygienic environment completely. This is the environment for the first time for human history, such environments do not keep up so the application of human body.

 

|

« (25.5,21) NHK 病の起源 第一集 がん 人類進化が生んだ病 Disease origin , First collection, Cancer, Human evolution gave birth | トップページ | (25.5.23) 多国籍企業の節税対策 アップルと米政府の攻防 "Battle of the U.S. government and the Apple" tax-reduction strategy of multinational »

NHK NHK特集 病の起源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.5,21) NHK 病の起源 第一集 がん 人類進化が生んだ病 Disease origin , First collection, Cancer, Human evolution gave birth | トップページ | (25.5.23) 多国籍企業の節税対策 アップルと米政府の攻防 "Battle of the U.S. government and the Apple" tax-reduction strategy of multinational »