« (25.4.11) 北朝鮮の恫喝と戦争の可能性 戦争前夜に突入 | トップページ | (25.4.13) ようやくネット選挙が解禁になった。なぜ日本はこんなにネットを利用するのが遅いのだろうか »

(25.4.12) クローズアップ現代 広がる地下迷宮 都市の地下開発最前線

23416_040 

 普段地上ばかり歩いていると大都市の地下がどうなっているか分からないが、恐ろし程の建設ラッシュになっていることを知った。
最近渋谷駅の地下工事が行われ、今まで地上2階にホームがあった東横線を地下5階に移動させ副都心線と相互乗り入れするようになったのだが、その様子をクローズアップ現代でレポートしていた。

 工法は陸上部の線路の下に地下の線路を建設し、地下線路が完成した段階で地上の線路とドッキングさせる方法で、この方法ならばいかなる地上の線路も地下化できると担当者が説明していた(大都市部の地上を走る電車をすべて地下に移動させることが可能な工法)。

 私も渋谷駅ターミナル駅だとは知っていたが、ここにはJR2本、私鉄2本、地下鉄4本、計8本が乗り入れている。
しかも各線がほぼばらばらの方向に走っているのだから、地上地下を含めて迷路のような具合だ。

 
 日本の地下鉄について言うと、1925年の銀座線の建設が最初だそうで、当時は地盤の緩い東京の地下に地下鉄を作るなどキチガイ沙汰だと専門家に言われていたという。
そのためコンクリートで壁や天井をがっちり固める工法が当初から採用され、その後の地下鉄建設の技術的基礎を作ったのだそうだ。

 今ではシールド工法という機械による工法が一般的で、これだと一日に約20mは掘り進められ、同時にトンネル壁の建設もできるので非常に工事はスピードアップされている。
ただし問題があって使用できる地下は公共用地に限られ、実際は道路の下にのみ建設されているため猛烈な混雑になっている。
道路下にはすでに他の地下鉄やその他上下水道、通信、電気、ガス等の設備が埋設されているため、それを避けながら工事を進めることは並大抵の苦労ではないという。

 そのため2001年大深度法が制定され、地下40m以上の地下は公共財であることが制定され、公共の建設であれば地権者の了承なしに鉄道や道路や上下水道の建設ができることになった。
もっともこの法律の実施例はまだなく、現在神戸市で行われている水道管建設工事がその第一号になるという。

 それ以外にも東京と大阪を結ぶリニア新幹線の都市部はすべてこの40m以上の地下に建設が予定され土地収用問題を回避できるという。
日本における公共建設がべらぼうな金額になるのはすべてこの土地収用問題でもめるからで、かなりの人がごね得を狙って土地の収用に応じない。

 実際どこの道路も都市部では道路拡張がままならず、一部収用が終わったところは快適に走れるがすぐに道が狭くなったりして何とも日本の道路事情を悪化させている。
地下鉄建設ももはや公共の道路下ばかり通っていると工事が複雑怪奇になり、またカーブが多発するので、これからは大深度の地下を通らせるべきだろう。

 大深度法は私権を制約する方法として画期的なものだが、長い間たなざらしにされてきた。ここにきてようやく日の目を見ることができるようになったのは喜ばしい限りだ。
日本人の土地に対する執着は非常なもので、特にバブル最盛期のころは土地の収用問題は悩みの種だった。
その後は日本でバブルが崩壊し、土地は持っていればいる程価値が低下し、ほとんどの人が土地を手放したがっていた。

ここにきてアベノミクスで金を湯水のように印刷するので再び土地バブルが発生しそうだ。
だが幸いにも大深度法が制定されているので、すべての公共施設を大深度に建設すれば土地収用問題は回避できる。
たまたま公共施設が建設されることになった土地保有者が莫大な利益を得るシステムはどう考えても健全でない。
大深度法がこれからは有効に機能し、土地は本来公共財だとの認識が一般化するだろう。

なおクローズアップ現代のシリーズは以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/nhk_2/index.html


募集中)

中学生の数学と英語を教えます。


募集 若干名(おゆみ野地区の中学生)
対象 中学の数学と英語で苦慮しており、成績が中位以下の生徒
目標 学校の成績で中位レベルになる
費用 なし

このブログのメール機能を使用して応募してください。実際に生徒と面接して決定します。

勉強を教える趣旨は以下参照

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/25331-342c.html

 別件)現在おゆみ野クリーンクラブに対するカンパをお願いしております。

昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、ガソリン代、その他備品に使用いたします。

① カンパは一人3000円(ペンキ1.8L 一缶の値段)
年間のペンキは約10缶程度です。ほかにガソリン代や備品に充当いたします。

② カンパの件数、金額はこのブログで報告します。また決算報告は年1回行います。

③ 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。


・千葉銀行 鎌取支店(092)
・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)

または
・ゆうちょ銀行 店名058(ゼロゴハチ)
・おゆみ野クリーンクラブ 記号10500 普通預金口座(3695852)

 

|

« (25.4.11) 北朝鮮の恫喝と戦争の可能性 戦争前夜に突入 | トップページ | (25.4.13) ようやくネット選挙が解禁になった。なぜ日本はこんなにネットを利用するのが遅いのだろうか »

NHK クローズアップ現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.4.11) 北朝鮮の恫喝と戦争の可能性 戦争前夜に突入 | トップページ | (25.4.13) ようやくネット選挙が解禁になった。なぜ日本はこんなにネットを利用するのが遅いのだろうか »