« (25.3.7) クローズアップ現代 転機の警察捜査 防犯カメラと通信傍受 | トップページ | (25.5.9) 中国の民主選挙の茶番 広東省ウカン村の実態 »

(25.3.8) KDPの山崎書店が倒産した 事業は難しい!!

2010_031  

 私が出版社を立ち上げてからほぼ1ヶ月がたった。軌道に乗っているとばかり思っていたがとんだ間違いだった。
たった一ヶ月で山崎書店が倒産してしまったからだ。
なんということだ、資本金ゼロで情熱だけの書店なのになぜ倒産するのだ!!!」信じられない。

 実はここ10日ほど前から私が利用しているKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)がうまく機能しなくなった。
更新をかけてもうんともすんとも言わないのだ。
今までは表紙がなかったので娘に頼んで岩波書店並みの表紙を作って更新をかけたのだが、この手順で何かがKDPの販売要件に触れたらしい。

 以来レビュー中のままでどうにも動かなくなった。KDPに照会を入れたら恐ろしい回答が来た。
あなたが更新をかけようとしている内容についてすでに第3者が無料で本を出版している。だからあなたが出版をするにはその著作権者であることを証明しろ」というのだ。
KDPのIDを送れば証明になるというので送っているのだが、これはIDでないとつきかえされてしまった。
なんということだ、何がIDかわからないがKDPで出版することができなくなっている・・・・・・・・・・
頭を抱えて考え込んだ。

 さらに先日KDPからさらに恐ろしいメールが届いた。
あなたは著作権があることを証明しなかったので出版を差し止めるという
以下の出版が差し止めされてしまった。

・ロドリゴ巡礼日誌(山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)


 かろうじて販売されているのは「ロドリゴ 失敗記」だけになっている。
なにかアメリカによって急に銀行口座を凍結されているイラン人商人みたいになってきた。
これじゃ、倒産じゃないか、一体どうすればいいんだ

 事業を経営するのは実に大変だが、このような形で出版ができなくなるとは思いもしなかった。今盛んにKDPとメールのやり取りをしているが、「あなたは正当な著作権者であることを証明していない」の一点張りでどうにもならない。

 資本金ゼロ、費用ゼロの出版社でも倒産することがあるのだ。夜逃げはしないが何とも悲しくなるような状況だ。

注)まだ確証は得られていないが、私が出版している本はブログを纏めただけだから、たとえば「ロドリゴ巡礼日誌」と検索すると自分のブログの内容が出てくる。
KDPから言うと他の第三者がすでに無料で(ブログだから)出版しており、私には著作権がないのではないかという疑問になる。

そこで私に正当な著作権者であることを求めているのかも知れない。

現在一旦倒産した商店の再建作業を懸命に行っているので、再建が可能になったら再び報告したい。


つい最近までKDPではしゃいでいた記事は以下参照。読むとむなしい。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html 

別件)カウンターの数字が間違っていましたので修正しました。

|

« (25.3.7) クローズアップ現代 転機の警察捜査 防犯カメラと通信傍受 | トップページ | (25.5.9) 中国の民主選挙の茶番 広東省ウカン村の実態 »

個人生活 山崎書店」カテゴリの記事

コメント

今朝ちょうど蝦夷地探訪記を購入したところでした。復活を楽しみにしています。

(山崎)ありがとうございます。まだ再建途中なのですが懸命にがんばります。

投稿: A | 2013年3月 8日 (金) 09時34分

毎日楽しみに読ませていただいております。

表題を少し替えて出版してみてはいかがでしょうか

よく分かりませんが同じ表題ですとブログのものと同一とみなされてしまうのではないでしょうか。

(山崎)サジェスチョン、ありがとうございます。次回からはそうするつもりですが現在あげた書籍はKDPで引っかかっているため変えても効果がありませんでした。著作権の確認作業は非常に厳格なようです。

投稿: ぽんぽこ狸 | 2013年3月 8日 (金) 13時42分

おおよそ同じような経験を私もしました。
数回のやりとりで解決できました。審査をしているのが人間なので、その時に当たる人によってアマゾン側に大きな違い対応の違いがあるように感じています。
ブログなどで同じような内容を既に発表しているときは、最初の登録時にその旨を通告しておくと問題がクリアできました。
KDPではアメリカでの判断と日本での判断が混在しているようなこともあるように感じます。
まだまだ、日本では初期段階なのでいろいろ起こるように感じています。彼らがもう少し経験を積んだら良くなってくるのではと期待しています。

(山崎)同じような経験をされている方がおられるのですね。情報提供ありがとうございました。

投稿: mae | 2013年3月17日 (日) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.3.7) クローズアップ現代 転機の警察捜査 防犯カメラと通信傍受 | トップページ | (25.5.9) 中国の民主選挙の茶番 広東省ウカン村の実態 »