« (25.3.20) 預金者からは課徴金を取れ キプロス問題が火を噴いた! | トップページ | (25.3.22) アベノミクスと経常収支の崖 この崖を登りきることができるだろうか »

(25.3.21) 瀬又のこいのぼりとトーテンポール

_d  

 私の家から南方に自転車を走らせると5km程度で村田川という川にぶつかる。2級河川で御世辞にも水がきれいだとは言いがたいが、この川に沿って東京湾まで遊歩道が整備されており、格好のJOGや自転車のサイクリングコースになっている。

 この川の上流地区に瀬又という場所があるが、その瀬又清流会ができたのは平成8年で、それ以来この清流会は村田川の土手の草刈を行い、5月には村田川にこいのぼり川渡しを行ってきた。
このあたりではとても有名で私もこいのぼりの時期になると川渡しを楽しみにしてきた。

21419_0101  

 先日村田川をサイクリングしていたら瀬又で実に興味ある作業をしている人に出会った。10m程度の巨大な2本の丸太をくり抜いて、そこにの彫刻を施し色を塗っていたのだ。
これは鯉と熊のトーテンポールですか、どこに立てるのですか?」
こいのぼりの季節に合わせてあの橋のたもとに立てるんだ」  

 橋のたもとにはベンチが設置されており、昔から熊の親子の彫刻が設置されていたが、初めてその製作者にであった。
すべて、お一人で作られているのですか?」
まあ、そうだ。色塗りはこの地区のお母さんがたがしてくれたのだが、一部色の塗りなおしをしているんだ。しかしあまりやるとお母さんがたに申し訳ないので手直し程度だよ

B    

 鯉と熊のトーテンポールがそれぞれ一本ずつ出来上がりつつあり、熊はこの人のテーマのようなものらしい。
なにか地方で活躍する芸術家というような方で、すべてボランティアでトーテンポールを立ててしまおうとしていた。

 実は1ヶ月ほど前からここに丸太が運び込まれたのを知っていた。一人で黙々と丸太の皮剥ぎを行っていたので、すっかりここにログハウスを建てるのだと思っていら、勘違いだった。
来月の第一土曜日にこのポールを立てるから、見にいらっしゃい
時間をとって見に行きたいと思っている。

__   

 瀬又
はこのあたりではとても文化の香りがする地区となっている。それはこうした必ずしも有名ではないが(私が知らないだけかもしれないが)、地区の文化を支えている縁の下の力持ちのような人がいるからだとしみじみ思った。

 この近在の人ならばこの瀬又のこいのぼりとトーテンポールは是非見られることを勧める。遊歩道を散策しても最高だ。

なお、瀬又のこいのぼりについては以下にまとめてある。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat35269360/index.html

PR記事

 私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます(
iPhoneやiPad・iPodでもソフトを入れれば見れます。またアンドロイド系のスマホやタブレットにもソフト対応していますがパソコンは不可)。
なお、蝦夷地探訪記等の値段が200円になりましたが、ボリュームが多いとキンドルの最低価格が上がるので、私の意図的な値上げではありません。


出版済み

・ぼくが生きたとき(山崎書店 NO5)  定価 99円(いじめにどう立ち向かうかを自分の経験から書いてみました)
・ロドリゴ巡礼日誌(
山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記(
山崎新書 NO2)  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)


なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html

 

 

|

« (25.3.20) 預金者からは課徴金を取れ キプロス問題が火を噴いた! | トップページ | (25.3.22) アベノミクスと経常収支の崖 この崖を登りきることができるだろうか »

個人生活 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.3.20) 預金者からは課徴金を取れ キプロス問題が火を噴いた! | トップページ | (25.3.22) アベノミクスと経常収支の崖 この崖を登りきることができるだろうか »