« (25.2.28) 規制緩和への挑戦が始まった。 医薬品開発のスピードをUPせよ!!! | トップページ | (25.3.2) BS歴史館 井伊直弼 鬼か改革者か  その1 »

(25.3.1) 韓国は国家的窃盗団か? 観音寺の仏像窃盗事件

20223_005  

 「韓国は窃盗団国家である」と言ったら一般的には悪口だがこれは本当の話である。国際法上も二国間の条約上もまた韓国や日本の国内法に照らしても韓国は紛れもなく窃盗団国家だ。

 昨年10月に対馬の神社仏閣から韓国人窃盗団により仏像2体大蔵経が盗まれ、犯人が韓国に逃亡したところを、(日本警察の依頼で)韓国の官憲が逮捕した。
ここまではいたって常識的な対応で、盗難品はすぐさま日本に返還されるものと思ったらまったく違っていた。

 「仏像の内一体は14世紀倭寇によって韓国から盗まれたものと思われるので、日本に返還する必要はなく日本がこの仏像を正当に取得したこと証明しない限り韓国に留めおくように」と大田地裁が仮処分の決定をしたからだ。

注)このときの経緯は以下の記事で詳述してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-9f8b.html

 信じられるだろうか、日本から窃盗団が盗んだ仏像(これは立件されている)を、韓国地裁がイチャモンをつけて国家的に奪ってしまおうと言うのだ。
裁判所はいかなる法的な根拠もなく決定を下し、それを根拠に韓国政府が日本に「歴史認識」を迫って強奪をすると言う筋書きだ。
窃盗団と地裁と国家が手を組んで日本から価値ある仏像をぬすんでいる。

 「歴史認識」はもちろん法律用語ではない。
また韓国でも法的には窃盗犯が盗んだものは所有者に返還することになっており、さらに日韓文化財輸出入禁止条約では韓国に不法に持ち込まれた文化財は日本に返還する義務がある。

 だが大田地裁は日本に「14世紀に正当に持ち込んだことを証明しろ」と難癖をつけた。
それなら同時に韓国の浮石寺ここで作られたことになっている)に「略奪されたことを証明しろ」と言うべきなのだが、証明責任は一方的に日本に押し付けている。
どうせ14世紀のことなど誰も証明できないのだから難癖をつけて韓国のものにしよう」と言うことだ。

 韓国の裁判所が如何ににひどいところかはいくつも例示がある。
韓国の憲法裁判所は昭和40年の日韓基本条約を無視して「元慰安婦の賠償請求権をめぐって政府が具体的措置をとらないのは憲法違反だ」との判決を出したが、これは政府とのできレースで、条約上はまったく請求権が喪失しているので裁判と言う形式で日本に圧力をかけたものだ。

注)なお日本軍に慰安婦がいたのは事実だがこれは韓国人(ただし当時は日本人)とか日本人とかの区別なく貧しい子女が慰安婦になっていたので、軍が特に徴用したわけでない。
このことについては以下のブログに詳述しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-af68.html


 さらに裁判所は中国人の靖国神社放火犯この人は韓国にある日本大使館に火炎瓶を投げ込んで8ヶ月間の服役をしていた)を日韓の犯罪人引渡し条約を無視して中国に身柄を引き渡した。
おばあちゃんが従軍慰安婦だったということで政治犯で無罪というのだが、なら8ヶ月間の服役はなんだったのかと聞きたいものだ(日本大使館の放火も政治犯だから無罪ではないのか?)。
このときも韓国政府は裁判所の決定という形で放火犯を日本に引き渡さなかった。

注)この経緯については以下に詳述してある。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-55ec.html

 仏像といい、従軍慰安婦問題といい、中国人の放火犯の扱いといいすべて法律や条約を無視している。
今回の韓国による仏像の窃盗は北朝鮮の日本人拉致に匹敵する暴挙といえる。
韓国は窃盗団を組織して日本から仏像を奪い、次は裁判所と手を組んで返還を阻止させ、最後は政府が「歴史認識」を持ち出して仏像を奪ってしまおうとしている。
日本からは何でもいいから盗んで来い。後は歴史認識で強奪だ。裁判所も政府もバックアップするぞ

 これが近代的国家といえるだろうか。明らかに国を挙げた窃盗団だというのが正しい歴史認識で、世界にもまれな泥棒国家だ。私が韓国を窃盗団国家と言った意味を理解してもらえるだろう。

注)韓国と日本の関係、特に従軍慰安婦と竹島問題は以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat52363416/index.html


PR記事

 私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます(iPhoneやiPad・iPodでもソフトを入れれば見れます。またアンドロイド系のスマホやタブレットにもソフト対応していますがパソコンは不可)。
なお、蝦夷地探訪記等の値段が200円になりましたが、ボリュームが多いとキンドルの最低価格が上がるので、私の意図的な値上げではありません。


出版済み

・ロドリゴ巡礼日誌(
山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記(
山崎新書 NO2)  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(
山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(
山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)

なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html

|

« (25.2.28) 規制緩和への挑戦が始まった。 医薬品開発のスピードをUPせよ!!! | トップページ | (25.3.2) BS歴史館 井伊直弼 鬼か改革者か  その1 »

評論 世界経済 韓国経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.2.28) 規制緩和への挑戦が始まった。 医薬品開発のスピードをUPせよ!!! | トップページ | (25.3.2) BS歴史館 井伊直弼 鬼か改革者か  その1 »