« (25.2.11) 日本から仏像と仏典を奪い取ろう。 略奪したものはすべて韓国のものだ!! | トップページ | (25.2.13) 第3次バブルの始まり  アベノミクスはどのように収束するのだろうか? »

(25.2.12) バーチャルな犯人はリアル世界に出てきたところを逮捕せよ!! なりすまし襲撃予告犯の逮捕

004  

 遠隔操作ウィルス事件バーチャルな犯人を追い詰めるのには、犯人がリアル世界に出てきたところを逮捕につなげるのが現在の捜査方法のようだ。
昨年この事件で4人の誤認逮捕をしすっかり評判を落とした警視庁と県警が、今度は監視カメラの映像を分析して見事に犯人逮捕にこぎつけた。

 前回ひどい誤認逮捕をしたので今回は非常に慎重に捜査を進めていたが、ようやく勤めていた会社のPCから痕跡を見つけ出したという。
逮捕された片山容疑者は犯行を否認しているが、今回は真犯人である可能性が高い。

 なぜなら捜査の決め手が捜査当局の苦手なウイルスの解析や通信履歴等のバーチャルな証拠ではなく、監視カメラというすこぶるアナログな方法で犯人を特定しているからだ。
決め手となった映像は犯人が指定した江ノ島の猫で、犯人がこの猫にSDカードを取り付ける様子がばっちり写っていた。

注)合同捜査本部では22箇所のサイトにある90億件の通信記録の分析をしていたが、これほど記録が多いと最初から分析が不可能になる。ある特定のPCのログでない限り解析はできない。

 その後の片山容疑者の足取りも監視カメラを追うことでアパートを突き止めたというのだから、監視カメラによる捜査技術では日本は最高のレベルに達しているといえる。
実際世の中にはいたるところに監視カメラが設置されており、スーパーコンビニ商店街道路上に監視カメラがあり、人が集まる場所で監視カメラがないほうが少ない。

 かつてオーソン・ウェルズ1984年という小説を書いて、権力者が防犯カメラ等を駆使して人民を超監視社会に追い込むと警告を発したが、日本においてはもっぱら犯罪捜査に役立っている。
中国では確かに監視カメラが人民の動向の監視に使われているが、それは社会そのものの仕組みが監視社会だからで(防犯カメラがないときはもっぱら密告によっていた)、オープンな社会ではかえって犯罪防止に役立つといえる。

 だが私が今回の事件で気になったのは犯行声明の中で「以前事件に巻き込まれたせいで無実にもかかわらず、人生の大幅な軌道修正をされた」と言っていることだ。
実際片山容疑者は05年にインターネットに殺害予告を記載した罪で、1年あまりの実刑判決を受けている。

 捜査当局の従来のバーチャル犯罪に対する捜査レベルはもっぱらIPアドレスパソコンの住所)中心で、IP アドレスさえ合っていれば犯人としていたが、今回のように成りすましウイルスでの遠隔操作ではIP アドレスは決め手にならない。
バーチャル犯罪に対する警視庁や県警の体制は御世辞にも整備されているとは言いがたく、犯人がリアルの世界に出てこない限り犯人逮捕には及べない。

 だから05年に片山容疑者がやはり脅迫文を送ったとして逮捕されている件では、逮捕は誤認であった可能性が在り、そのときの対応を恨んで今回の事件を起こしたことは大いにありそうだ。

注)今回の遠隔操作ウィルス事件の誤認逮捕でも4名はいづれも犯行を認めており、御茶ノ水女子大幼稚園児を脅迫したとされた明治大学の学生は退学処分を受け、保護観察処分になっていた。

 警視庁はじめ県警のバーチャルな犯罪に対する捜査能力から見て、今までの犯人についての見直し作業が必要なようだ。

なお遠隔操作ウィルス事件の詳細については以下の記事を参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-469f-1.html



PR記事

 私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます(iPhoneやiPad・iPodでもソフトを入れれば見れます。またアンドロイド系のスマホやタブレットにもソフト対応していますがパソコンは不可)。
なお、蝦夷地探訪記等の値段が200円になりましたが、ボリュームが多いとキンドルの最低価格が上がるので、私の意図的な値上げではありません。


出版済み

・ロドリゴ巡礼日誌(山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記(
山崎新書 NO2)  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(
山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(
山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)


なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html

|

« (25.2.11) 日本から仏像と仏典を奪い取ろう。 略奪したものはすべて韓国のものだ!! | トップページ | (25.2.13) 第3次バブルの始まり  アベノミクスはどのように収束するのだろうか? »

システム ネット社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.2.11) 日本から仏像と仏典を奪い取ろう。 略奪したものはすべて韓国のものだ!! | トップページ | (25.2.13) 第3次バブルの始まり  アベノミクスはどのように収束するのだろうか? »