« (25.2.4) 輸入大国日本の悲劇 輸入産業が悲鳴を上げだした!! | トップページ | (25.2.6) KDPによる書籍発売のボランティア・インストラクターを開始した。 »

(25.2.5) 大気汚染と中国の現状  成長限界に到達した中国経済

24226_033  

 世界最先端の検閲制度をしいている中国政府でも、北京の空まで隠蔽することはできないらしい。
首都北京をはじめとする東北部一体を覆うスモッグについて世界が驚いた。

 何しろ首都北京がスモッグに覆われなかった日は1月はたった5日で、病院は喘息や呼吸困難な幼児で溢れかえっている。
ネット世論が紛糾して自動車の排気ガスや燃料用の石炭の使用制限が必要だと騒ぎ出し、特にガソリンの不純物の多さが大気汚染物質PM2.5の原因だと石油会社を追求し始めた。

注)中国の大気汚染は日本の20倍であり、場合によっては50倍になることは以下の記事で記載しておいた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-f699.html

 たまりかねた中国石油化工集団のトップが「汚染の原因は燃料の品質が悪いせいではない。政府の品質規制の基準が低いせいだ」と言ったので中国の民衆は鼻白んでしまった。

 なにしろ排気ガス規制の基準作りのメンバーはその7割が石油業界出身者で固められており、規制強化が叫ばれるたびに自分たちに都合のいい規制に骨抜きにしてきた。

あんたら、そんなきれいごとをことを言っていいのかい。規制を強化すると国有企業の利益がすっ飛び政府に対し税金を納めることができなくなる。
そうなると世界最速の軍拡もできなくなり、小日本から尖閣諸島を奪い返すこともできないじゃないか

 中国は国有企業共産党国家が一体になったコングロマリットのようなもので、国有企業の利益と共産党、国家の利益は一致する。
まあ、国民がいくら苦しんでも大事なのは共産党の利益だから、少々幼児が喘息になって死亡してもいたしかたあるまい
中国では人命は鳥の羽よりも軽い

 しかし問題が複雑なのは企業集団が特定の政治家グループの私物になっていることで、石油化学業界は元首相李鵬一族の私物である(だから正確に言うと国家を集団ごとに乗っ取ってい)。
日本的な感度では松下グループトヨタグループに相当するが、日本は政治と経済が分離しているのに対し、中国では一体だから党中央のトップは必ず企業集団を保有している。

注)清廉潔白といわれていた温家宝首相もレアアース産業を牛耳っていた。

 中国では大手国有企業の社長薫事長という)は次の共産党幹部候補者だから、ここでの手腕が評価されいくら税金を国家に上納したかによって将来が決まる。
張高麗も良くやったから常務委員にしてやろう」という感じだ。

 もう一つの出世の階段は地方の省や北京のような大都市のトップを歴任して、そこのGDPを拡大させることだから、地方政府は生産拡大に支障のあることはすべて嫌がる。
今回北京市では120社にのぼる企業の稼動停止減産命令360箇所の建設工事の一時中止命令を出したがこれは異例中の異例で、さすがに首都がスモッグだらけだと世界中に宣伝するわけには行かなかったからだ。

 中国の昨年度のGDP伸び率は7.8%10%以上の伸び率が不可能になってきたことは、いくら隠しても環境問題は誰の眼にも明らかになってきたからだ。
環境政策とGDP拡大はトレードオフの関係にあって、北京の空を取り戻すためには企業の操業短縮や公共工事の取り止めが必要になる。
昨年度の第4四半期12/10月~12月)は再びGDPは拡大基調になったと喧伝されているが、景気の急減速にあわてた中国政府が公共投資の拡大に走ったためで、おかげで環境はさらに悪化した。

 景気対策をすればするほど環境は悪化し、ネット世論が政府を攻撃する。
中国経済は環境の犠牲の上に成り立っている経済だが、そのシステムが崩壊すれば経済成長など夢のまた夢だ。
ここまで環境問題が明らかになってくると、中国経済は成長限界に達したといえそうだ。

注)ただし中国政府から公表されるGDPはかなり高いものになる可能性がある。これはGDPの数字を地方幹部が鉛筆をなめて報告するからで、中国では政治と経済が未分離で経済数字を政治の道具として利用している。

なお中国経済に関する記事は以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43974941/index.html


PR記事

私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます。

出版済み
・ロドリゴ巡礼日誌  定価 99円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)


なお出版の経緯については以下に詳述してあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html

 

|

« (25.2.4) 輸入大国日本の悲劇 輸入産業が悲鳴を上げだした!! | トップページ | (25.2.6) KDPによる書籍発売のボランティア・インストラクターを開始した。 »

評論 世界経済 中国経済」カテゴリの記事

コメント

>中国では大手国有企業の社長(薫事長という)は次の共産党幹部候補者だから、ここでの手腕が評価されいくら税金を国家に上納したかによって将来が決まる。

広域暴力団、山口組と同じシステムですね。

(山崎)共産党という一党独裁政権が国家の顔をまとった暴力団と同じということです。

投稿: Z | 2013年2月 5日 (火) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.2.4) 輸入大国日本の悲劇 輸入産業が悲鳴を上げだした!! | トップページ | (25.2.6) KDPによる書籍発売のボランティア・インストラクターを開始した。 »