« (25.2.15) ためしてガッテン 増加している「亜鉛欠乏症」 | トップページ | (25.2.17) BS歴史館 壬申の乱 初めてイメージがわいた!!! »

(25.2.16) 成長戦略への提言 アベノミクスが成功するために!!

031

 お知らせ
 四季の道駅伝  一般5kmの部に出場する選手の皆様に


① 2月17日(日) 有吉中学校前の四季の道で、9時から受付を開始します。参加費500円を支払ってゼッケンを受け取ってください(
おつりがないようにしてくださると幸いです。5000円札、10000円札ではおつりを用意できません

② スタートは9時40分です。左側走行を守ってください。

③ 荷物は有吉中学校前のビニールシートに置いて置いてください。ゴールには運びませので、ゴール後スタート地点まで取りに来てください。なお役員が荷物の監視をしております。

④ 走路には2箇所道路と交差する場所があります。ポールが立っていたり、急角度で曲がったりしますのでこの場所ではスピードを落としてください。

⑤ ゴール後飲み物と記録表を用意しております。

 不明な点がありましたら、このブログのメール機能を使って確認をお願いいたします。

ここからが本文


 私は安倍総理の政治スタンスは好きだ。
特に中国や韓国、北朝鮮に対する断固とした対応や、日本が戦後アメリカによって押し付けられてきた東京裁判史観や、ソビエトや中共から押し付けられた左翼史観の見直しには賛成している。

注)私も学生時代に強い左翼史観の影響を受けたが、これからの克服が日本にとって最大の課題だと思っている。

 しかし経済政策についてはがっかりしてしまった。特に緊急経済対策20兆円の中身があいも変わらない公共事業中心で、これでは3年半前に民主党がその弊害を訴えて政権交代を果たしたのが何だったのだろうかと思ってしまう。

 日本にこれ以上の公共工事が不要なのは日本の人口が逓減し、特に地方では人がいなくなりつつあるからだ。
私は北海道が好きで毎年のように2週間程度の日程で歩いたり走ったりしているが、そのたびに感じるのは「人がまた少なくなった」という印象だ。
特に東部や北部はその傾向が強く、いたるところに打ち捨てられた牧場が点在している(昨年刈り取った牧草までが放置されていた)。

 しかし一方で北海道の道路ほどよく整備された場所はない。どこまでも一直線に伸びた道路は実に美しい景観だが、そこを歩いているのは自分ひとりだと思うと「そうか、この道路は夏の一時期、私が使用するために作ってくれた独占道路か」と思ってしまう。

 もう一つ例をしめそう。私は登山が趣味なのだが南アルプスの最南端に光岳てかりだけ)という2500m程度の山がある。ここから寸又川の方に下山するとこの川沿いに約40kmの林道が通っているのだが、いたるところに土砂崩れが発生していて徒歩でしか通れない。
したがってここを利用するのは登山者だけで、それも夏の一時期一日に数人利用すればいいほうだ(このルートは一部の登山愛好家しか利用しない)。

 しかし驚くべきことにこの道路の補修工事が行われていて砂防工事がされている。ここを利用するのは登山者だから数メートル幅の道路も砂防工事もまったく必要としないが、一旦作った林道は林道予算が計上され、ただ工事をするという目的で補修工事を行っている(正確に言うと山村ではこうした無駄な工事をすることで職場を確保し人口流失を防いでいる)。

 公共工事は一旦行えばそれ以降メンテしなければならず、半永久的に追加費用が発生する。
ただしメンテでは十分な予算確保ができないのでどうしても新規に不要な道路やトンネルや橋梁や港や飛行場を作りたがる。
その結果が笹子トンネルの天井落下事故で、このような絶対必要なトンネルさえまともに保守がされていないことが分かる。

 もはや公共工事の時代は終り、如何に不要な道路や橋や港を閉鎖するかという時代に入っている。
人がますますいなくなればこうした施設が不要になるのは当たり前なのだ。

 人口が減少する限り縮小均衡が最善の選択で、経済成長などありえない。
だから今日本に必要なのは何より人口増加策である。人口増加のためには子供を増やすことと、海外から外国人をよびこむことだ。
先日NHKの特集で中東のドーハを取り上げていたが、そこでは子供を生むと無条件に一人当たり2000万円政府から支給されていた。

 日本でも公共工事に20兆円を支給するくらいなら、子供一人生むごとに1000万円支給することにすれば、一年で20万人の人口増加に資することになる。
まったく無駄な公共工事をして将来に禍根を残すぐらいなら、将来の日本のために投資をするほうがはるかに有益だ。

 又外国人を呼び込むことでは昔の長崎の出島を拡大したものを建設するといい。日本人は本質的に外国人嫌いでアンケートをとると8割から9割の人が外国人の受け入れを拒否する。
それならいっそ住む空間を分けてそこで規制緩和の実験を行えばいい。結果がよければ日本全体に適用し、駄目であれば出島の中だけの問題で済む。
所得税や法人税は無税であってもよく、消費税だけでもリッチな人々が増えれば十分ペイできる。

 今はそうしたドラスチックな成長戦略をとる発想の転換が必要で、何時までたっても無駄の上塗りをする公共工事では日本の衰退は確実といえる。

なお安倍内閣の経済政策については以下にまとめてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat52551955/index.html

 
PR記事

 私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます(iPhoneやiPad・iPodでもソフトを入れれば見れます。またアンドロイド系のスマホやタブレットにもソフト対応していますがパソコンは不可)。
なお、蝦夷地探訪記等の値段が200円になりましたが、ボリュームが多いとキンドルの最低価格が上がるので、私の意図的な値上げではありません。


出版済み

・ロドリゴ巡礼日誌(山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記(
山崎新書 NO2)  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(
山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(
山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)


なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html

|

« (25.2.15) ためしてガッテン 増加している「亜鉛欠乏症」 | トップページ | (25.2.17) BS歴史館 壬申の乱 初めてイメージがわいた!!! »

評論 日本の経済 安倍内閣 経済政策」カテゴリの記事

コメント

 公共工事について、私の体験を書かせてもらいます。以前、千葉県内の「地すべり地帯」の歴史調査をした時のことです。地すべり地帯とは、自然と地すべりが進行し、将来的にはなだらかな地形が形成される地域のことです。住民の方は「地すべり対策工事がなければ、住むことはできない地域だ。」とおっしゃって、国や県の予算で定期的に行われる工事(公共事業)の必要性を強調していました。
 しかし、周辺を車で走って分かったことは、その地域に土木工事業者が多く存在していることです。つまり、その地域に住んでる方の多くは、公共事業によって収入を得てその地域に住み、その為に公共事業が必要になるという構図ができているのです。もし公共事業がなくなれば、多くの人がこの地域から離れていくでしょう。そして、公共事業の必要もなくなるのです。多分、地すべりは自然に進行するでしょうが、それが地すべり地帯の自然の姿なのです。
 住民の方は「地すべり対策工事がなくなったら、海の方に引っ越すよ。食べていけないから。」と本音を漏らしていました。

(山崎)とても貴重な報告です。公共事業は本当は不必要なのだという事例をみんなで出し合うのはとても有益です。

投稿: 信天翁 | 2013年2月16日 (土) 07時15分

こんにちは
おゆみ野四季の道駅伝ご苦労様でした。

『出島』構想に関して(『安倍内閣の経済政策』については別途)

クローズアップ現代でも度々取り上げられますが、いわゆるニュータウンの抱えている問題を思い起こしました。
(発想が短絡なので途中を端折ります。)
経済成長期の初めに建設されたニュータウンでは
・ 高齢化
・ 人口減少(特に若年層の急速な減少)
・ 企業の撤退
・ 立替問題
⇒ゴーストタウン化
といった問題が挙げられています。いわば日本の縮図ですが。

そこで、ニュータウンの一区画を中層住宅に立替、外国人を呼び寄せ居住経済特区とする。
(自分的には分譲ではなく賃貸住宅を考えます。)
建設に要する費用は、公共工事予算の差し替えで行います。

その後を、山崎さんの『出島』構想に繋げて頂ければ。

毎度、思いつきで申し訳ありません。

(山崎)こうした案件はみんなでああだこうだと検討するのが大事で、思い付きであろうがなんであろうが提案してみるのが重要です。

投稿: 銀ちゃん | 2013年2月18日 (月) 13時30分

安倍政権の経済対策について共産党の志位委員長が「破綻が証明された折れた3本の矢」と批判していますが、この内「金融緩和」と「公共事業」については山崎さんのアベノミクス批判と同じですね。

民主党の細野幹事長が「アベノミクスで株が上がって円安になり、景気が良くなっているからと言って...」この人は何を言ってるのか認識が的外れです。山崎さんが指摘されているように「円安になった分、株価調整された」だけで景気が良くなった訳ではないですね。こういうご仁は落選して欲しかったです。

(山崎)私は安倍政権に成功をしてほしいと思っているのですが、成長戦略が本当の意味で(口先だけでなく)実施されない限り単なるインフレになることを指摘し続ける必要があると思っております。

投稿: 銀ちゃん | 2013年2月18日 (月) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.2.15) ためしてガッテン 増加している「亜鉛欠乏症」 | トップページ | (25.2.17) BS歴史館 壬申の乱 初めてイメージがわいた!!! »