« (25.2.7) 日中局地戦争の可能性!! 中国海軍の新たな挑発 レーザー光線照射 | トップページ | (25.2.9) クローズアップ現代 「協同労働」という労働形態が日本で拡大し始めた »

(25.2.8) ロンドンオリンピックの敗戦責任と柔道女子日本監督陣の暴力行為 「負けたのに何時まで監督しているの!!」

24226_031  

 日本の女子柔道界はテンヤワンヤの大騒ぎになってしまった。
ロンドンオリンピックの強化選手15名が連盟で園田監督徳野コーチ暴力とパワーハラスメントを訴えた事件で、訴えられた全柔連は当初はこの訴えを握りつぶして園田監督の続投を決めていた。
園田も徳野も良くやっているのに女子選手の甘えじゃないか

 これに反発した女子選手が今度はJOCに訴え、さらに最近の運動部監督による暴力行為反対キャンペーンの波に乗って一躍日本最大のイッシューになってきた。
園田監督は辞任し、全柔連の強化担当理事吉村氏も辞任し、続いて徳野コーチも辞任した。

 徳野コーチは「ある特定の選手をたたいたり蹴ったりした」と述べている。
実際は恒常的に園田監督徳野コーチの暴力行為が行われていたのだろう。
だから15名の強化選手の訴えは正しかったのだが、従来はこうした動きが表面化することはなかった。

 今回動きが表面化したのは、JOC女子スポーツ専門部会の部会長山口香氏のバックアップがあったからだ。
当初選手から相談を受けた山口氏全柔連に調査を要請したが、全柔連園田監督に厳重注意という形で問題を収束しようとしたため、ならばJOCに正式な訴えを出させて事を表面化させることにした。
はっきり言えば今回の問題のフィクサー山口氏である。

 だが事の本質は誰が表面化させたかではなくロンドンオリンピックで女子柔道(男子もだが)が惨敗し、その責任を誰も取らなかったことにある
あの暴力行為を耐えたのはオリンピックで金メダルが取れると思って歯を食いしばって我慢していたのに、実際は金1、銀1、銅1しか取れなかったじゃないか。あの指導は一体なんだったんだ!!!」
女子の前評判は高く史上最強といわれていたのに、園田監督の力量が疑われた。

 だが全柔連はその園田監督の続投を決めたので女子選手が切れてしまった。
あの暴力だけしか能のない園田が監督を継続するなんて信じられない」という気持ちだったのだろう。

 かつて暴力行為を振るいながらも名監督といわれた人はいる。東京オリンピックで女子のバレーチームを世界一にした大松監督などはその典型で、鬼の大松といわれたものだ。
だが大松監督は暴力行為で訴えられることはなく、多くの選手に慕われていたが、その指導が正しくオリンピックの金メダルに結びついたからだ。

 園田監督はその対極にあり、厳しいだけで成果を挙げられない無能な監督と選手からは評価された。
この世界は成果がすべてで勝てない監督は無能なのだ
やはり園田監督はロンドンオリンピックの引責責任を取って早めに辞任すべきだったが、居座ったことによって傷口を深めた。

 それに女性の監督を男性が行う時代はもうすぎた。日本には多くの女子金メダリストがいるし、山口香氏谷亮子氏などはとても高い見識を持っている。
無能な男性監督など百害あって一利なしなのだから、全柔連も頭を切り替えて強化監督やコーチを女性にゆだねるのが一番だろう。

注)今回の問題には男性指導を続けようとする全柔連と、それに異議を唱えた山口氏を含む女性選手との確執があるが、男社会を何時までも続けるのには限界があることを示している。

なおロンドンオリンピックの評価については以下に纏めてあります。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-ab06-1.html

PR記事

私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます(iPhoneやiPad・iPodでもソフトを入れれば見れます。またアンドロイド系のスマホやタブレットにもソフト対応していますがパソコンは不可)。
なお、蝦夷地探訪記等の値段が200円になりましたが、ボリュームが多いとキンドルの最低価格が上がるので、私の意図的な値上げではありません。


出版済み

・ロドリゴ巡礼日誌(山崎新書 NO1)  定価 200円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記(
山崎新書 NO2)  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)
・ロドリゴ蝦夷地探訪記(
山崎新書 NO3) 定価200円(北海道東部の過疎地帯を放浪したときの記録)
・ロドリゴネパール日誌(
山崎新書 NO4) 定価200円(ネパールの明治時代を思わす山村での教育実習の記録)


なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html 

 

|

« (25.2.7) 日中局地戦争の可能性!! 中国海軍の新たな挑発 レーザー光線照射 | トップページ | (25.2.9) クローズアップ現代 「協同労働」という労働形態が日本で拡大し始めた »

スポーツ ロンドンオリンピック」カテゴリの記事

コメント

記事には関係ないですが、巡礼日誌が値上がりしたと云う事は、写真などが加わったのですね。さっそくサンプルを読んでみます。
iPodでのKindleは、なかなか使い勝手が良いです。

(山崎)写真を入れたとたんに記事量が増大してしまいました。まだ修正点は多いのですが、修正を重ねるつもりです。

投稿: バイオマスおやじ | 2013年2月 8日 (金) 07時48分

こんにちは
他のブログにはない文章力の豊かさと金融、経済の鋭い分析に惹かれて毎日読ませていただいています。読書会の報告も参考にさせて頂いています。

今回の女子柔道の暴力問題、なぜ女性監督が指導しないのかと思っていたところです。
女性監督では女子ソフトボールを育てた宇津木監督の例もあります。
「金メダリストが指導者、日本柔道連の幹部の道を保証されているのは男選手(すべてではありませんが)」とういう日本固有の古い体質が抜けきらない所為かと思います。
昔のスポ根もののスパルタ方式を踏襲しているようでは世界はもちろん中国にも勝てないはずです。
山口香監督(候補)には賛成ですが、谷前議員は道を誤ったという感があります。柔道を捨ててまで議員になることはなかったのでは。「柔道バカ」とまで云われたのですからその「バカ」を通すべきでした。
「柔道は柔道着を着たレスリングだ」という指摘がありました。「ポイント制」は仕方ないですが、男も女も「寝技」ばかり目立っては柔道の醍醐味がありません。
そういえば、東京五輪でのオランダのアントン・ヘーシンク選手が優勝した時も「寝技」だったように思います。
長文、失礼しました。

(山崎)コメントありがとうございます。とても内容の深いコメントをいただき感謝いたします。

投稿: 銀ちゃん | 2013年2月 8日 (金) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.2.7) 日中局地戦争の可能性!! 中国海軍の新たな挑発 レーザー光線照射 | トップページ | (25.2.9) クローズアップ現代 「協同労働」という労働形態が日本で拡大し始めた »