« (25.2.3) インフラの維持管理は可能か? 老朽化するインフラの現状 | トップページ | (25.2.5) 大気汚染と中国の現状  成長限界に到達した中国経済 »

(25.2.4) 輸入大国日本の悲劇 輸入産業が悲鳴を上げだした!!

24226_014  

  このところの急激な円安によって日本の輸入産業が悲鳴を上げだした。
しばらく前までは輸出産業が悲鳴をあげており、トヨタは一円円高になると年間で300億円の営業利益が飛ぶといわれていたが、今は一円の円安で東京電力が年間300億円の営業利益が失われると言っている。

 電力業界は典型的な輸入産業で、しかも原発の停止からLNG原油の輸入が膨れ上がっており、1ドル91円換算約1兆円100円換算約2兆円の収益が吹き飛ぶ計算だ。
日本は11年が4兆円12年が7兆円の貿易収支の赤字国で、全体としては円安になるほうが損失が大きい

 確かに苦しんでいたシャープソニーの様な輸出産業の収益が改善してきたのは喜ばしいことだが、一方で電力料金は今後上昇しまた食料価格が上昇するから個人の生活は急激に悪化する。
私のような年金生活者はインフレに特に弱く、そうなると生活を切り詰めて生活防衛をせざるえない。

 従来日銀インフレターゲットを設けることに反対で、物価はイーブンであるのが望ましいとしてきたが、安倍首相の強い要請で2%の物価目標を設定した。
日銀が円を刷りまくることが確実になったので、それまで日本に集まってきていた資金は一斉に逃げ出し急激な円安になっている。

 日本全体の価値が低下しているので株価などは円安になった分だけ海外から見たら割安になり、投機筋が円を借りて株式の購入をしている。
株価が急上昇していて日本にいる限りは経済が活性化されたように見えるが、日本全体の価値が低下していることに伴う価格の調整に過ぎない(これを裁定取引といって世界のディーラーが日常的に行っている)。

 輸出産業が日本に回帰してGDPが増加する前に、輸入産業が悲鳴を上げて価格を消費者に転化する情勢になってきた。
すでに電力業界は4月から約10%の値上げを申請している。
今はアベノミクスと称して新聞をはじめとするメディアの多くが好意的だが、物価上昇が始まれば消費者は安倍政権に怒りをぶつける。
アベノミクストはただ物価を上げて庶民の生活を苦しめるだけか

 日本はここ15年余りもデフレが続いてきたが、おかげで私のような貧しい生活者は楽をさせてもらった。
年金は一定だからデフレの分だけ生活は向上して、とても豊かな気分になったものだ。
デフレは生活者にとって天国、生産者にとって地獄とは長谷川慶太郎氏が常に言っている言葉だ(だから日銀は生活者にとっても生産者にとっても影響がイーブンになる物価上昇率0%を目標にしてきた)。

 GDPをあげるには物価を上げるだけでは駄目で新たな産業の創設が必要だが、安倍政権はあいも変わらない公共事業一本やりでしかも新規投資に重点を置いている。
建設・土木業界には福音だが、不必要なものを管理していくのは地方自治体の役割で、その費用はどこからも出ない。
昨日も書いたがさいたま市では道路建設の計画を縮小しようとさえしている。

注)さいたま市の対応は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-a68a.html

 安倍政権の経済政策は「昔の名前で出ています」というもので、麻薬患者が麻薬の注射をして一息入れるのと同じだ。
今求められているのは輸入大国日本の進路と、国内産業として何を成長産業に位置づけるかという政治だ。
アベノミクスとは麻薬の注射でしかないことがそのうち誰の眼にも明らかになるだろう。

注)日本の成長産業として国内的には医療・介護産業しかないことは何度も記載してある。実際に従業員数が増加しているのはこの産業だけ。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-03c8.html

PR記事

私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます。

出版済み
・ロドリゴ巡礼日誌  定価 99円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)
・ロドリゴ 失敗記  定価 99円(若者が人生に失敗しないための指南書)

なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat53203102/index.html

 

|

« (25.2.3) インフラの維持管理は可能か? 老朽化するインフラの現状 | トップページ | (25.2.5) 大気汚染と中国の現状  成長限界に到達した中国経済 »

評論 日本の政治 安倍内閣」カテゴリの記事

コメント

山崎さんの記事は、iPodでも非常に読みやすい事を発見しました。

適当な改行と、文字列の字体と色分けの成果です。勿論、簡潔かつ当事者視点の文言の分かりやすさですね。

スマホやiPod使用者のファンも多いのではないでしょうか。

(山崎)現在スマホ等を使用して私のブログを見てくださっている方は読者の約1割程度です。

投稿: バイオマスおやじ | 2013年2月 4日 (月) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.2.3) インフラの維持管理は可能か? 老朽化するインフラの現状 | トップページ | (25.2.5) 大気汚染と中国の現状  成長限界に到達した中国経済 »