« (25.1.24) 偉大な中国の偉大な実験 「人類はどこまで大気汚染に耐えて生き延びられるか?」 | トップページ | (25.1.26) 貿易赤字国家日本の針路 アベノミクスは失敗する!! »

(25.1.25) またやっちゃった!! ルーピー由紀夫ちゃんの愚かなパフォーマンス

Dscf5301_2  

  私は鳩山由紀夫氏が政界から引退したので、これでようやくお騒がせ人間がいなくなって日本の外交は正常に戻ると思っていたらとんだ間違いだった。

 先日中国から鳩山氏友愛に満ちた招待状が届き、元総理の資格で中国を訪問して「尖閣諸島は係争地域である」と表明して中国政府をことのほか喜ばせたが、さらに日本軍の残虐行為を謝すため南京大虐殺記念館を訪問し深々と頭を下げた。

注)南京大虐殺は中国のでっち上げであり、そんなことを言えば天安門事件で数万の学生をひそかに虐殺したのは何だと聞きたくなる。

 鳩山氏ルーピーいかれた奴)というあだ名がついているが、一般人ならともかく総理大臣経験者としては紛れもなくルーピーだ。
鳩山氏が首相であったとき、ようやくのことで決着していた普天間基地辺野古への移設を撤回し、「国外か県外、最低でも県外」と大見得を切ったが、その実どこにも移設先がないことが判明して首相を辞めてしまった。
良く勉強したら日米安保条約の重要性が分かった」というのがその弁明だが、小学生でも知っている常識に欠けていた。

 また12年4月には民主党最高顧問としてイランを訪問し、イラン首相に「IAEAの基準はダブルスタンダードで、イランは核開発をする権利がある」と述べて物議をかもした。
本人は「ぼくちゃん、そんなことは言わなかった」と弁明したが、そもそも最高顧問としてイランを訪問すること自体に問題があり、イランが鳩山氏を政治的に利用するのは当然だ。

 今回の中国政府の鳩山氏の招聘は明らかに中国の揺さぶりであり、ルーピーな人間はルーピーとしての利用価値があることを中国は良く知っていたといえる。
あまりな軽率な発言と行為に小野寺防衛相が「日本にとっては大きなマイナスだ。中国はこれで係争があると世界に宣伝し、国際世論を作ってしまう。国賊という言葉がひさしぶりに頭をよぎった」と述べたが、これが日本人の平均的な感想だろう。

注)もし鳩山氏が中国の要人だったらすぐに中国政府は銃殺刑にする。

 尖閣諸島を係争地にしたいのは中国で、そのために漁業監視船や航空機や艦船を日本の領海すれすれに遊弋したり、あるいはわざと領海内を侵犯している。
これはヤクザが他人の家に押し入って居座ろうとしているのと同じで、これが係争といえるのだろうか。
ここは私の家なので退去してください」というのが当然で、「ヤクザが居座る理由もあるようだ」なんて判断はやはりルーピーだ。

 さらに言えば尖閣諸島問題は単に日本と中国だけの問題ではない。
中国はここを皮切りに南沙諸島西沙諸島と言ったベトナムやフィリピンと領有権を争っている諸島を実力で奪い、次に台湾を香港化し、ほとんど中国よりになっている韓国を衛星国とし、最後は沖縄の独立派をあおって沖縄を中国の属領にしようとしている。

 だから尖閣諸島問題は太平洋戦争のガダルカナルと同じであり、この何もないちっぽけな岩礁の帰趨が東アジアの歴史的地図を決定づけようとしている。
残念なことにルーピー由紀夫ちゃんがこのことを理解する能力はないから、政界を引退しても元総理という資格で日本外交を相変わらずめちゃくちゃにしていきそうだ。

注)なお、鳩山氏の軽率な発言については以下の記事でも述べておいた。
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/23218-9a65.html

PR記事 四季の道駅伝の参加者募集 四季の道駅伝実行委員会

2月17日(日)おゆみ野四季の道で小中学生の駅伝が行われますが、今年より高校生以上の部 5kmが新設されました。
これは駅伝ではなく
5km走です。
募集を行ったところ参加者が現在
12名程度で、実行委員会が目標にした30名程度をかなり下回っております。

そこで高校生以上5kmの部の
追加募集を行っております。
参加希望者は、
氏名、男女別、年齢、住所をこのブログのメール機能あるいはコメント機能)を使用して申し込んでいただければ結構です。

なお詳細は以下の通り


・ 17日 9時より有吉中学校前で受付(500円の参加費用を払ってゼッケンを受け取る)
・スタート 9時40分 有吉中学校。
・ゴール 夏の道ののりくら公園(四季の道を一周)

・参加資格  おゆみ野あるいはその周辺に住んでいる住民
・荷物   出発地点において置きますのでランナーはゴール後出発地点に戻って回収してください。

 

 

|

« (25.1.24) 偉大な中国の偉大な実験 「人類はどこまで大気汚染に耐えて生き延びられるか?」 | トップページ | (25.1.26) 貿易赤字国家日本の針路 アベノミクスは失敗する!! »

評論 世界経済 中国経済 社会問題 尖閣諸島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.1.24) 偉大な中国の偉大な実験 「人類はどこまで大気汚染に耐えて生き延びられるか?」 | トップページ | (25.1.26) 貿易赤字国家日本の針路 アベノミクスは失敗する!! »