« (25.1.29) プロジェクトWISDOM 「グローバル経済の未来は」を見て | トップページ | (25.1.31) ドイツが再生可能エネルギーから逃げ出し始めた!! 地球温暖化は留まることはない »

(25.1.30) NHK 「南方週末」と中国共産党宣伝部の死闘 どちらが倒れるか!!

Dscf5312  

 NHKのワールド・ウェーブ・トゥナイトで非常に興味深い特集を組んでいた。
この年初から始まった広東省広州市にある週刊誌「南方週末」と広東省共産党宣伝部との死闘の内幕である。

 中国ではインターネットや新聞・週刊誌・雑誌の検閲が日常的に行われており、もし当局の指導に従わないと「政府に公然と刃向かえば必ず敗者になる」と恫喝される。
共産党宣伝部は共産党内でも隠然たる権力を持っており、共産党指導部と反主流派がこのポストをめぐって熾烈な戦いを繰り広げてきた。

注)共産主義とは偉大な虚構でこの虚構を維持発展させるのが共産党宣伝部の役割。ここを抑えた方が権力を掌握できる。

 問題が顕在化したのは北京から広東省にやってきた共産党宣伝部の幹部が、自身の出世のために今までは事後検閲になっていたのを事前検閲に改め、党中央の主張を紙面に反映させるようにしたからだ。

 「南方週末」は中国の週刊誌の中で汚職や不正に敢然と戦いを挑み、特に広東省の共産党幹部にとって眼の上のたんこぶだった
よっしゃ、おれが南方週報を借りてきた猫にしてやる
広東省の共産党幹部の手で昨年1年間だけで書き換えさせられた記事は1034本にのぼった。

 今回問題になったのは正月特集の以下の記事で、検閲前と検閲後の記事を下記に示す。

(検閲前
中国の夢 立憲政治の夢
「中国ではまだ自由、民主、豊かで強い立憲政治が実現していない」

検閲後
我々は何時の時代よりも夢に近づいている
「中華民族の偉大な復興を実現することが近代以来の最大の夢である」

 前者の内容は中国の現実を正しく指摘しているが、後者は習近平総書記の演説の内容である。
ここには二つの問題があり、一つは検閲制度の違法性ただし中国では合法)、もう一つは習近平氏の演説の内容が虚偽だからだ。

 習近平氏は中華民族と言っているがそのような民族はいない。いるのは漢族、チベット族、ウィグル族、満州族、朝鮮族等50あまりの多民族であり、偉大なる復興とは清の乾隆帝の時代に、近隣諸国を植民地にしたその領域の復活を言っている(台湾や尖閣諸島や沖縄はしたがって中国の領土という主張)。

 今回の騒動はインターネットで広く国民の知るところとなったため、広東省宣伝部は「南方週末」との間で以下の手打ちを行った(高速鉄道事故と同じで隠蔽が不可能な場合は手打ちをする)。 

① 事前検閲は止めて従来の事後検閲に戻す。
② 今回の騒動を起こした「南方週末」の責任は問わない。
③ この取り決めは双方とも秘密にして外部に漏らさない。

注)秘密の情報が外に漏れたのはNHKの取材に「人物が分からないような形で協力」した記者がいたため。

 この南方週末の元編集長が次にように話していた。
多くの記者たちは今回の結果に満足していません。・・・しかし中国メディアで働いている以上不自由な職場はある程度受け入れなくてはならない。これが現実だ

 今回のNHKの特集が白眉だったのは、中国もメディアが敢然と北京政府と戦っていることを世界中に発信したことで、私も良くここまで取材ができたと感心したものだ。
しかしこの戦いはマスコミと共産党宣伝部の戦いの序章にすぎない。
マスコミが勝てば共産党は崩壊するし、共産党が勝てば「南方週末」の記者は強制労働所につながれるから両者とも妥協できないのだ。
果たしてどうなるだろうか、とても気になる。

なお、中国の社会問題は以下にまとめて記載しております。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat48428075/index.html


PR記事


私は過去に書いてきたブログを纏めて本にする作業を始めました。月に2冊程度の割合で出版いたします。KindleのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用していますので、電子書籍の端末を持っている方はアマゾンで購入できます。

 

出版済み
・ロドリゴ巡礼日誌  定価 99円(サンチャゴ巡礼フランス道の記事です)

なお出版の経緯については以下に詳述してあります。

http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-1b22.html

|

« (25.1.29) プロジェクトWISDOM 「グローバル経済の未来は」を見て | トップページ | (25.1.31) ドイツが再生可能エネルギーから逃げ出し始めた!! 地球温暖化は留まることはない »

評論 世界経済 中国経済 社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (25.1.29) プロジェクトWISDOM 「グローバル経済の未来は」を見て | トップページ | (25.1.31) ドイツが再生可能エネルギーから逃げ出し始めた!! 地球温暖化は留まることはない »