« (24.12.26) BSドキュメンタリー 「プーチンの野望 新たなる冷戦の火種 グルジア」 その3 | トップページ | (24.12.28) BSドキュメンタリー 「プーチンの野望 古いロシアの復活」 その4 »

(24.12.27) 肺がんだ!! 余命いくばくもないから巡礼の旅に出よう

2414_020  

  こうした話を正直に書くのはとてもつらいのだが、私はとても気が弱い。
テレビなどを見ていて悲しい場面が出てくるとチャネルをすぐに変えるし、サッカーで日本が負けそうになると思わずスイッチを切ってしまう。
お父さん、まだ私は見てるのよ!!」なんて娘に言われて、はっとわれに返るが、そそくさとテレビの前を離れてしまう。

 そんな訳だから今年の8月に毎年行っている健康診断の結果を通知されて心が動揺した。
肺に影があるので経過措置として3ヶ月ごとにCTスキャンでチェックするように」と書かれていたからだ。
タバコを一切吸わず、毎日走り回って健康そのものだと思っていたのに、なぜ肺に影があるのだ・・・・・・・・

 最初はそれでも「何かの間違いだろう」程度に思いながら3ヶ月ごとにCTスキャンをとっていたが、相変わらず経過措置が続いている。
何とも宙ぶらりんの状態で、だんだんと「もしかしたら本当に肺がんになってしまったのかしら・・・・」なんて思い始めたとたん左胸が痛むようになってきた。

 気にしなければ何でもないのだが、ふと左胸に手を当てたりすると鈍い痛みが感じる。
アー、俺は絶対に肺がんだ。たぶん半年の寿命だろう。放射線療法や抗がん剤の投与を始めるといっぺんで身体が弱ってしまうからこのまま人生を終ろう
そう決心をしたまではいいが、ますます左胸が痛み呼吸をすると苦しい。
おまけに吐き気までし始め、清掃活動のため遊歩道を歩くのも困難になってきた。
思えば昨年から草刈をしすぎたのがいけなかったのかもしれない。草だけでなく土ぼこりが立っていたのを無視して草刈をしたが、胸の中に放射性物質を含んだ土を吸い込みすぎたのだろう・・・・

 ここ1ヶ月ぐらい前から今まで購入しようとして躊躇していたものをアマゾンで大量に購入し始めた。
もう最後だし、お金を残しても仕方ないからほしいものはすべてそろえてしまおう・・・・・
毎日のように宅急便が届くのでかみさんが不思議がって聞いた。
最近やたらとものを購入しているけど、どうして??」

 先日から余命が分かったら最後の巡礼の旅に出る計画を立てた。
自転車でテントと寝袋を積んで、日本全国の神社仏閣をお参りしながら日本を一周しようという計画で、最後は「旅に病んで夢は枯野をかけ廻るという形で人生を終える計画だ。

 しかしその前に肺がんであることを最終確認するために、私の家庭医で最も信頼できる「かない内科」の金井先生の診断を仰いだ。
先生私の余命はどのくらいでしょうか・・・・
山崎さん、別段肺に影なんかありませんよ、健康そのものです

 聞いたとたんに今までの巡礼計画が雲散霧消してしまった。
左の肺も気にしなくなったとたん信じられないことに痛みが消えてしまった。
なんてことはない、いつものように勝手に自分で病気になっていただけだ
私の気の弱さもどうにかならないかと思うがこればかりはどうにもならない。
半年間肺がんで悩んでいたが、今回も精神的病で終わりそうだ。

なお、精神性の胃がん恐怖症については以下の記事を参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/23715-6c56.html

|

« (24.12.26) BSドキュメンタリー 「プーチンの野望 新たなる冷戦の火種 グルジア」 その3 | トップページ | (24.12.28) BSドキュメンタリー 「プーチンの野望 古いロシアの復活」 その4 »

健康」カテゴリの記事

コメント

最初はドッキリしましたが、読んでいくうちにほっと致しました。人ごとではないですね。最近肺がん食道がんで周りの親しい方が亡くなっています。1年弱でしたがそれまで元気で気がついた時は。。。。そいいう事で健康診断の結果も正しいのかなと思っていました。家庭医の方が正しい判断をしてくれて何よりでした。今年も色々な話題を取り上げてくださり有難う御座いました。良い新年をお迎えくださいませ。

(山崎)今年一年私のブログを読んでくださってありがとうございました。

投稿: みさき | 2012年12月28日 (金) 08時17分

初めまして 読ませていただいています。
でも初めの影は なんだったんでしょうね。
人間いつもはあまり直面しないことになると誰もが弱いものです。
自分も同じようになったら 平静でいられるかわかりません。

(山崎)未だに良く分かりませんが、気にしなければなんと言うことももありません。私の場合はほとんど病気は気の病ですので今度もそうしたものだと思っています。

投稿: Y | 2013年1月 3日 (木) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (24.12.26) BSドキュメンタリー 「プーチンの野望 新たなる冷戦の火種 グルジア」 その3 | トップページ | (24.12.28) BSドキュメンタリー 「プーチンの野望 古いロシアの復活」 その4 »